2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

ブログパーツ

無料ブログはココログ

'18 日野レンジャー@MOTOR SPORT JAPAN 2018

昨年は、土曜日が某声優さんのライヴとバッティング、日曜は絶好のツーリング日和だったのでNC750Xの慣らしツーリングに充てたためパスした《MOTOR SPORT JAPAN》を2年ぶりに見物。
正直、イヴェントの内容は年々ショボくなっているので「必ず見なくちゃ!」というテンションで臨むイヴェントではないのだけれど、近いしタダだし他に用事がるわけでもなし、ということでお台場へ。

今日のお目当ては、今年のダカールラリーで排気量10リットル未満クラス9連覇・総合でも6位に食い込んだ日野レンジャー1号車(521号車)。
所用を済ませてから出かけたので、残念ながら11時45分からのデモランには間に合わなかったので、グリッドウォークとブース展示されていた模様をお届け。

グリッドウォークでは菅原照仁がファンサーヴィスに応じていたので、レンジャーをバックにパチリ。

#いやしかし、まさか荒天で日曜日の開催が中止になってしまうとは…。

ミニカー購入記(2018年3月18日)

・トミカ ホンダスーパーカブ
ヨドバシカメラ マルチメディア錦糸町で340円で購入。
今年誕生60周年を迎え、2018年モデルで外観をレトロスタイルの丸型ヘッドライト、ミラー、ウインカーに変更、エンジンは平成28年排出ガス規制をクリアするなどブラッシュアップを図り、生産も熊本製作所に移しての心機一転を図ったスーパーカブがトミカからリリースされたのでお買い上げ。
しかし、どうせなら初回限定カラーで見た目にかわいいパールシャイニングイエロー出して欲しかったなぁ

同時に発売されたドリームトミカのBTTF3版デロリアンも買うつもりだったのだけれど、自分が回ったショップでは瞬殺で今のところ手に入らず(・ω・)。

Red Bull Toro Rosso Honda DAY in TOKYOでハートレイのサインをもらって幸せ満開

もともとフォーミュラカーレースに対する興味は薄い管理人だけど、昨年のマクラーレンとホンダが決別を決めたあたりからのマクラーレンやフェルナンド・アロンソの、目に余るホンダdisりが癇に障るようになり、トロロッソ・ホンダへの判官贔屓が発動したうえ、トロロッソには'17 ル マンウィナーの一人であるブレンドン・ハートレイが加入したこともあって今年はちょっとF1──というかトロロッソ・ホンダへの注目度上昇中。
そんな最中開催される《Red Bull Toro Rosso Honda DAY in TOKYO》で、「微レ存とはいえハートレイにサインをもらうチャンスあるんじゃ?」というスケベ心が働き、イヴェント見物のため会場の六本木ヒルズアリーナに。

この日はとある映画の初日舞台挨拶観覧の予定があったので、観覧を済ませてから会場に着いたら14時過ぎだったので、15時からのメインセレモニーを待つファンで会場は既にこの賑わいで、ステージが眺められるエリアは壊滅状態(ホンダ想定の5倍集まったとか)。
なので「あちゃ〜、こりゃサインをもらうどころじゃないなぁ」と諦めつつ観覧場所を探していたら、ステージは見えないけれど、控え室らしきプレハブ側の、なんなら出待ちにはベストっぽいステージ袖が意外に手薄だったのでここに陣取って観覧。

メインセレモニースタートがスタートすると、コンテナがクレーンでステージに運ばれてきて、アンヴェイルならぬアンコンテナでSTR13登場。
コンテナ設置にえらい手間取ってたけど、本来目論んでいた演出が台無しだった模様(笑)。

自分の観覧位置からでは、マシーン観察はこれが精一杯。
ま、まぁ、どうせプレゼン仕様には興味ないからいいんだけどねっ。

イヴェントには、ドライヴァーのピエール・ガスリー&ブレンドン・ハートレイ、ティーム代表のフランツ・トスト、ホンダの山本雅史モータースポーツ部長が登壇。
サッシャの司会で、前座のBMX・MTBパフォーマンスの感想を皮切りに、ガスリーとハートレイのキャリア紹介や今シーズンにかける意気込みを聞いたり、トスト代表と山本MS部長に新たなパートナシップの状況を聞くトーク〜メディア&観客の質疑応答タイム〜トストの締めの挨拶の後フォトセッションの流れで進行。
トークショウは、トロロッソのラテンノリなのか、テストが好調だったこともあってか終始和やかムードだったのが印象的(トストが、日本人のメンタリティを学ぶセミナーで「日本人の『できるかもしれません』というメールは、だいたい『できない』という意味だと教えた」というエピソードを冗談めかして披露するくだりは笑った〜)。
質疑応答コーナーで最後に指名されたファンからの「マシーンに名前を付けますか?」との問いに。
ガスリー「“ガスモビル”なんてどう?」
ハートレイ「僕は付けないなー。でもみんなに名前を考えてもらうのもいいかもね」
ということで、急遽STR13 ハートレイ号のネーミング募集ハッシュタグ(@ToroRosso @ BrendonHartley #NameTheCar)が決められ、その流れを受けてトスト代表が「じゃあ、名前が採用された人は鈴鹿にご招待するよ」という実にフランクな対応に会場大盛り上がり。
しかもステージ終了後、ドライバー2人が自主的にファンサービスを始め、目論見通りこちら側にも足を運んでサインに応じ始めてくれたので、スパーク製 '17 919 ハイブリッド 2号車のミニカーにサインをもらうことに成功♪

でも、これ、ぶっちゃけトロロッソがまだ中団グループのティームで、F1キャリアがまだ浅い二人だからなせる神対応だよね。
これがマクラーレンだったら、去年アロンソが渋谷でやらかしたようなパニック必至だもん。

なにはともあれ、トロロッソ・ホンダにはがんばって頂いて、恩知らずのアロンソに吠え面かかせてやってもらいたいもんですな。

EF70-300mm F4-5.6 IS II USMを買い増し

レンズ資産を絞ってしばらくは落ち着いていたものの、富士のS-GT観戦のような、ピットウォークではRQを、レース中はクルマを撮りたい欲張りさんとしては、EF100-400mm F4.5-5.6L IS USMを担いで歩き回るのは体力面でチト辛い。
ということで富士での自分的定番撮影スポットであるダンロップコーナーなら300mmあれば十分なので、ついつい便利ズームのシグマ 18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSMで日和ってしまうものの、これだとAFが遅いので歩留まりが悪い(ように感じる)。
そんなモヤモヤを感じていたところに、安価ラインながらナノUSMを搭載したことでAFが「Lレンズ並みの爆速」とも評されるEF70-300mm F4-5.6 IS II USMが発売され、これなら携帯性も悪く無さそうなのでアマゾンで価格ウォッチを続け、5万を切ったのを見計らって、レンズフード[L-HOODET-74B]とセットでポチッとな(レンズフードも同時購入出来るので、Joshin webのマーケットプレイス出店分)。お代はレンズ:49,800円+フード:3,810円=53,610円也。
とりあえずデヴュウ戦は5月のS-GTかな? 戦果が楽しみ♪

RX-0 ユニコーンガンダム Ver. TWC[デストロイモード]をG7 X Mark IIで撮る

電撃ホビーウェブ実物大ユニコーンガンダム立像製作苦労談が掲載されているのを読んで、「そーいや実物大ユニコーンガンダム立像のデストロイモードってちゃんと撮ってなかったな」と思い出し、蒲田で開催されたとあるオンリーイヴェントに出かけたついでにお台場に寄って、描写力比較も兼ねてG7 X Mark IIで撮影。

強度や構造上変形を諦めた部分もあるとはいえ、変形後も破綻やアラが見当たらないのはすごい。
う〜む、やっぱデストロイモードの発光ギミックは夜見たいなぁ。そのうち撮りに来ないと。

一方G7 X Mark IIの描写については、よく「一眼レフ並みの画質」と評されるけど、こういう明るい被写体はパキッと解像してくれるけど、ボケ部分のモアレ(?)の不自然さはやっぱ気になるなぁ。
あと、なまじセンサーサイズが大きくなって被写界深度が浅くなった分、ピント合わせ位置や絞りに気をつけないとピンボケ写真みたくなってしまうのが困りもの。
う〜ん、コンデジにはもっと気楽さを求めてるんだが…(^ω^ ;)。

ミニカー購入記(2018年3月3日号)

・エブロ 1/43 #6 WAKO'S 4CR RC F('16 SUPER GT)
mamboxで円で購入。
'16シーズン、メインスポンサーをENEOSからWAKO'Sに変更。前年でドライヴァーを引退した脇阪寿一を監督に据え、ドライヴァーは継続の大嶋和也とトムスから移籍したアンドレア・カルダレッリコンビという陣容で挑み、優勝こそ無かったものの、堅実にポイントを重ねランキング2位を獲得したルマン6号車(第1線 岡山仕様)がようやく入荷(なんで第5線 富士仕様からこんなに間が空いた???)。
もともとローテイションで6号車を買う予定だったのだけれど、ENEOSカラー目当てのところ、スポンサーが変わっちゃったのは計算外だったなぁ。
まぁ、ENEOSカラーよりWAKO'Sカラーの方が好みだから特段問題ではないんだけれど(^ω^ ;)。

ミニカー購入記(2018年2月21日号)

・スパークモデル 1/43 #91 ポルシェ911 RSR('17 ル マン)
mamboxで6,426円で購入。
ポルシェはWEC/ル マンのLM-GTE'17年規定対応マシーンとして、911の技術上のアイコンであるRR方式を捨てミッドシップ化を断行。外観は911の水平対向6気筒4リッターNAエンジンをリヤアクスル前方に搭載し、リアの大型ディフューザーなどエアロ面も大幅に刷新した911 GT3 RSRを、ワークスティームから2台をシリーズに投入。
ル マンでは、新車にも関わらず、序盤はライヴァルであるフォード、アストンマーティン、コーヴェットと遜色無い走りを披露、日曜日の朝には91号車(パトリック・ピレ/リヒャルト・リーツ/フレデリック・マコヴィッキ組)が一時トップを奪う活躍を見せるも、終盤ライヴァル勢に先行を許したうえ、パンクに見舞われ表彰台を逃し4位という惜しい結果に。
もともとポルシェのLMGTカーは、他社と比べるとレーシングカーとしては見かけのケレン味が足りなくてコレクト心をくすぐられなかったのだけれど、今回は技術上のパラダイムシフトがあったこともありお買い上げ。

ミニカー購入記(2018年2月9日号)

・ホットウィール アストンマーティンDB10(『007 スペクター』)
Yahoo! オークションで300円(送料250円)で購入。
007シリーズ第24作にしてダニエル・クレイグ ボンドとしては4作目の『007 スペクター』に登場した、アストンマーティンがこの映画のためだけにV8ヴァンテイジをベイスに製作したボンドカー、DB10のホットウィールをヤフオクで落札。
ミニチャンプスが1/43のボンドカーシリーズを途中で投げ出しちゃったので、本格的スケールモデルが入手出来なくなったのでトミカサイズ──この場合は「マッチボックスサイズ」の方が適切かな?──を押さえるしかないんだけど(コーギーじは1/36なのでウォッチ範囲外)、さりとてホットウィール自体には興味ないのでリリースされたことすら知らずにいたら、たまたまヤフオクで見かけたのでビッドした次第。

ポロ ラルフローレンの発熱ジャケットがステキすぎる〜

「冬季五輪の米国チームは、ラルフローレンの「発熱するジャケット」で記録に挑む──その開発の裏側」(WIRED)

今朝のNHKのニュースでレポートしてたの見たら、電熱ウェア自体は、バイクウェア界隈では珍しくなくなってるけど、さすがポロ ラルフローランだけあってデザインがカワイイし、“(導電性)インクはアメリカ国旗の形になっている”が、実に巧妙に柄になっててシャレオツでめっちゃ欲しくなった(でも、お高いんでしょう?(^_^;))。
翻って日本のユニフォームって、どうしていつもああダサいんだろう???

ミニカー購入記(2018年1月15日号)

・スパークモデル 1/43 #1 フォードフィエスタWRC('17 モンテカルロ)
mamboxで6,426円で購入。
'17シーズン、Mスポーツはフォルクスワーゲンの活動休止に伴いシートを失ったセバスチャン・オジェを獲得して挑み、勝ち星的には開幕戦のモンテカルロ、第6戦 ポルトガルの2勝に留まり(Mスポーツとしては第7戦 イタリア、第10戦 ドイツをオットタナック、第12戦 GBをエルフィン・エヴァンスがそれぞれ優勝)、特に後半戦は苦戦した印象が否めないものの、オジェの堅実な走りにより着実に上位グループフィニッシュを重ねたことでドライヴァーズチャンピオン5連覇を達成した、2017年規定に則ったフィエスタWRCのモンテ仕様がスパークからリリースされたのでお買い上げ。

・エブロ 1/43 #46 S Road CRAFTSPORTS GT-R('17 SUPER GT)
mamboxで8,078円で購入。
SUPER GT '17シーズンのGT-Rはローテでモーラ 46号車をチョイス。
後半巻き返してランキング2位に食い込んだ23号車以外のGT-Rはどこも苦戦したため、本山 哲/千代勝正コンビの46号車もランキングは12位と、成績的には振るわなかったけど、モーラは'18シーズンは参戦しないって話なので、区切りとしては良い選択だったかな?

«R90CK 24号車の落札価格は1億7300万円!