2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ブログパーツ

個人スポンサー協賛中

無料ブログはココログ

ミニカー購入記(2019年8月15日号)

・ル・マン24時間レース カーコレクション 1/43 #87 ホンダNSX('96 ル マン)
書泉ブックタワーで2.490円で購入。
ホンダのワークス活動としては'95年で終息し、車両供給のみ受けてのチーム国光による単独参戦となった'96年のル マン。メインスポンサーにレイブリック(スタンレー電気)を迎え、飯田 章/高橋国光/土屋圭一トリオで挑むも総合16位・GT2クラス3位と、前年のクラス優勝から見れば期待外れの結果に終わった「レイブリックNSX」が、1/43の完成品マスプロダクトとしては初めて『ル・マン24時間レース カーコレクション』のラインナップに加わったので確保。
自分が知る限り、初のスパーク通常品より先行してのパートワーク版リリースとなるため、そのうち通常品にも加わるとは思うけど、長年待たされたこともあって、待ちきれずにお買い上げ(なのd、いずれ通常品が出たら買い直すだろうけど(笑))。
エブロ、ハウザック(京商)、TSM-Modelと、ル マン仕様のNSXに手を出したメイカーは数あれど、なぜか無視され続けた'96仕様(一応ダイヤペットはあるけど、スケールが標準規格じゃないし、市販車にカラーリングを施しただけの「ルック」なのでノーカン)が、廉価品とはいえよ〜〜〜〜〜〜〜〜やく入手出来たのは喜ばしい限り。
アマゾンのレビューを見る限りこのシリーズ、モノによっては仕上げの粗さが酷いとの報告が多かったので心配していたら、確かにウィンドウのクリアパーツが曇っていたり、シャシーとボディに隙間があったり、その隙間が左右不均等だったりと粗い点はあったけど、値段を考えれば個人的には許容範囲。
思えば、このNSXの身代わりに'97 レイブリックNSX買わなきゃJGTC/S-GT車両コレクト沼にハマることもなかったかもしれないのになぁ(笑)。

ミニカー購入記(2019年8月6日号)

・スパークモデル 1/43 #26 トロロッソSTR14('19 F1)
mamboxで7,052円で購入。
スパークのF1ミニカー、RB15に続き、今シーズンのホンダPU搭載F1マシーンのトロロッソSTR14が早くも入荷。
'19シーズンのトロロッソのドライヴァーは、'18シーズンを戦ったガスリーがレッドブルに昇格、ハートレイが放出となったため、出戻りのダニール・クビアトと、フォーミュラEで日産のシートを獲得したにも関わらず、契約を解除してまでトロロッソ入りしたアレクサンダー・アルボンのコンビ。
STR14も、RB15同様予約時点ではモデル化ラウンド未定だったけど、結局トロロッソとしては参戦250戦目にあたる中国GP仕様で登場。
どちらのドライヴァーにも特に思い入れがないのでキャリア優先でクビアト号を予約したけど、ウチのサイト的には、大ファンのロッシのパーソナルゼッケン“46”を「半分」にした“23”をチョイスしたアルボン号の方がネタになったんじゃないか? と後で気付くも、入荷直後のイギリスGPで、優勝したレッドブルのフェルスタッペンと共に、クビアトがトロロッソとしてはティーム発足後2回目、トロロッソ・ホンダ体制としては初の3位表彰台を獲得したので、チョイス的には結果オーライだったかな?(^ω^ ;)

『死にゆく者への祈り』DVD版のジャケットのダサさに泣く

先だってネットサーフィンをしてたら、VHSソフト以来長年映像パッケイジ化されることのなかった『死にゆく者への祈り』の円盤が発売されているのを発見。
映画自体は、ファロンの使う銃がソウドオフの水平2連ショットガンなのを皮切りに、ファロンがアンナとベッドを共にするところや、ラストでキリスト像にすがりつくシーンが、絵面的にも意図するメタファー的にもファロンのキャラじゃ無いし、IRAの粛正ティーム(片割れはなんと、まだ名前が売れてない頃のリーアム・ニーソン!)のエピソードは完全に蛇足、等々、あの原作の映像化としてはいささかメロドラマに振り過ぎな点が、原作のハードボイルドスピリットを損なっていて不満なのだけど、イギリスらしい湿っぽさ漂う映像は原作の雰囲気を捉えていて嫌いではなかったので、機会があれば映像を手元に残したいと思っていたのでポチッとなすることに。
画質の高さが鑑賞体験を上げる映画でもないのでお安いDVD版でいいやと思ったら・・・

なにこの海賊版み溢れる雑コラジャケ画?(´・ω・`)

こんな背景の暗いシーン(画像はアマゾンから拝借)から無理矢理ファロンを抜き出してるから不自然極まりないしレイアウトもセンス悪い。
え? じゃあBlu-ray版は? と思って見たら、こちらは公開当時から使われている、悩めるミッキー・ロークのヴィジュアル・・・。
アニメやアイドルものならコレクター心理を煽るためにBDとDVDでジャケ画変える意味はあると思うけど、こんなマイナー作で、わざわざコストかけて劣化版作るとか、わけがわからないよ。
テレビ放送時の吹き替え音声も入れてるところは買えるだけにもったいないなぁ。

ミニカー購入記(2019年7月6日号)

・スパークモデル 1/43 #33 レッドブルRB15('19 F1)
mamboxで7,052円で購入。
トロロッソでの1年間の「お試し期間」を経て、レッドブルレーシングは'19シーズンからパワーユニットサプライヤーをルノーからホンダへスウィッチすることを決定。ホンダはレッドブルとトロロッソの2ティーム・4台にPUを供給することに。
開幕戦のオーストラリアGPでマックス・フェルスタッペンがいきなり3位表彰台を獲得(ホンダとしては2008年以来11年ぶりの表彰台)し、第3戦 中国GPではやはりフェルスタッペンがポールポジションを獲得し、ホンダPUの戦闘力が着実に上がっていることを示すも、以降第8戦終了時点まで上位争いに食い込めなかったものの、第9戦 オーストリアGPで、ついにフェルスタッペンがホンダF1としては2006年以来13年ぶりとなる優勝を挙げたRB15を早くもスパークがモデル化。
予約時点ではモデル化ラウンド未定になっていたけど、PPを獲得した中国GP仕様をピットボード(自分のは、個体差か自立しなかったけど(^ω^ ;))のオマケ付きで再現。
どうせ特注が出るだろうけど、スパークもどうせ予約時TBCにするなら、もうちょっと様子見てオーストリアGP仕様をリリースすれば良かったのに(笑)。

鈴鹿8耐参戦マシンTECH21カラー「YZF-R1」展示イベント@秋葉原駅

月末の8耐を控え、YZF-R1発売21周年を記念して、ヤマハの8耐におけるエースナンバー“21”の元ネタであるTECH21カラーを復刻させて今年の8耐に参戦することを発表しているヤマハが、東京と大阪でそのTECH21カラーのYZF-R1の展示イヴェント《鈴鹿8耐参戦マシンTECH21カラー「YZF-R1」展示イベント》を行うというので、7月1日から3日の3日間展示される秋葉原駅に、会社帰りに寄ってきた。

電気街口のコンコースにミニカーのパッケイジみあるディスプレイが設置されており、その中に8耐仕様のR1と市販車が展示されてた。

レーシングバイクと駅構内の案内看板の組み合わせがなんともシュール(笑)。

さすがに整髪料は復刻しないけど、ちゃんとTECH21のロゴはバンバン使うんだね。
せっかくならグッズの先行販売とかすりゃいいのに。

背面はこんな感じ

残念ながら、ただディスプレイしているだけで、説明員がいるわけでもなく(警備のお兄ちゃんはいたけど)、ノベルティやフライヤーを配るでもないので、スキモノにしかリーチしないような気がするんだけど、実際のところプロモーション効果はどのくらいあるのかね?

2019 鈴鹿8耐で往年のTECH21ファンに嬉しいキャンペーン実施!

「『TECH21グッズ』で1,000名様に『ヤマハ8耐オリジナルTシャツ』をプレゼント!」(2019 鈴鹿8耐スペシャルサイト)

おお、あるぞあるぞ、TECH21の使用済みムース缶とチケットホルダー(笑)。
8耐はすっかり足が遠のいちゃったけど、限定Tシャツ欲しいし久々行ってみちゃう?
でも、1000名は意外と早く予定数達しちゃいそうだなぁ。

ミニカー購入記(2019年6月29日号)

・MZRacing特注スパークモデル 1/43 #5 クッズDG3('95 ル マン)
MZRacingで8,100円で購入。
マツダ本体が経営不振からモータースポーツ活動に関する支援を打ち切った後も、マツダスピードはアメリカでロータリーエンジン搭載車でレース活動をしていたジム・ダウニングとジョイントし、ダウニングが制作したプロトタイプカーシャシーに20B 3ローターエンジンを搭載したクッズDG3で95年のル マンに参戦。寺田陽次郎/ジム・ダウニング/フランク・フレオントリオで総合7位・WSCクラス3位を獲得。
このマシーン、予約情報を見落としてたんだけど、MZRacingのメルマガで、寺田御大の直筆サイン入り背景紙付属で限定40台のMZRacing特注版が発売されることを知ってポチったもの。
パッケイジは通常品そのままとはいえ、直筆サイン入りで通常品と値段が一緒というのはおトク感高い。

ミニカー購入記(2019年6月23日号)

・ハイストーリー 1/43 スズキジムニーシエラ(JB74W)JC(ジャングルグリーン)
でじたみん Yahoo!店で7,980円(送料630円)−610ポイントで購入。
4代目ジムニーに大型バンパーとオーバーフェンダーを追加し、1.5ℓ直列4気筒エンジンを搭載した小型自動車登録ヴァージョンのジムニーシエラのヨンサンのミニカーが、ハイストーリーからリリースされたので、ネット通販で割引率の良い店を探した結果、でじたみんが一番安かったのでポチッとな。
シエラは、オバフェンのエクステリアとグリーンの車体色の組み合わせが軍用車チックで、とても個人的中二病心をくすぐるのでジャングルグリーンをチョイス。
クオリティ面では、MARK43の方がスジ彫りがシャープだし歪みも少なくて精度が高く、ボディの面取りもハイストーリー版は造形が眠いので、メーカー絞るならMARK43の方がオススメ。

ミニカー購入記(2019年6月20日号)

・スパークモデル 1/43 #42 ストラッカ・童夢S103-日産('15 ル マン)
mamboxで6,242円で購入。
童夢は新たなLMPカープロジェクトとして、2014年規定に適合し、LMP1/LMP2の両クラスに対応できるシャシーを設計し、ストラッカレーシングと共同でS103を制作。当初は2014年のWEC 最終戦からの投入予定だったものの、パーツの擦り合わせに難航して2014年シーズンの参戦をキャンセル。2015年から参戦を開始したものの、2017年からLMP2クラスのシャシーマニュファクチャラーが4社に絞られるという新規定を受け、ストラッカがシーズン途中でギブソン015Sへのスウィッチを決めたため、シルバーストーン(9位・クラス3位)、スパ(14位)、ル マン(リタイヤ)の3戦のみの参戦で表舞台から姿を消し、結果的に童夢最後のLMPカーとなった童夢S103が入荷。
一応童夢のLMPカーということで予約購入したけど、まさかこんなかわいそうな子になるとはなぁ…。
しかもスパークにしては珍しくリリースまでに間が空いたので、予約したことすら忘れてたし(^ω^ ;)。

・スパークモデル 1/43 #68 フォードGT('18 ル マン)
mamboxで6,577円で購入。
'18年のル マンでLMGTE-Proクラス3位に入ったフォードGTの68号車(ジョーイ・ハンド/ディルク・ミューラー/セバスチャン・ブルデー組)がスパークからリリースされたので予約購入。フォードGTは、デヴュウイヤーの'16モデルをTSM-Model、'17モデルをイクソ(未発)、'18モデルをスパークと、近年のル マンカーとしてはメイカーのバリエイションをバラけさせることが出来てコレクターとしては嬉しい限り。

ミニカー購入記(2019年5月30日号)

・スパークモデル 1/43 #10 シトロエンC3 WRC('18 ラリー・カタルーニャ)
Joshin webで6,367円で購入。
'18年仕様のシトロエンC3 WRCは、ここ数年の不振ぶりからチャンピオン争いに絡めそうにない以上、コレクション的には古巣から3戦(第3線 メキシコ、第4戦 ツール・ド・コルス、第12戦 スペイン)のみのスポット参戦ながらWRC復帰を果たしたセバスチャン・ロゥブ車を押さえるしか無いよね! ということで、復帰戦となるツール・ド・コルス仕様を予約購入したものの、第12戦 ラリー・スペイン(カタルーニャ)で、往年の王者らしい走りで2013年以来5年振りに勝ち星を挙げたため、どうせコレクトするなら「優勝イヴェントっしょ!」ということで買い直し。
入荷情報を見落としていて、たまたま別のミニカーの情報漁っていて今月リリース済みだったのを発見したため、値引率の良いJoshin webでポチッとな。

«ミニカー購入記(2019年5月26日号)