2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

個人スポンサー協賛中

無料ブログはココログ

新型コロナウイルスのせいで中止・延期になった参加予定イヴェントまとめ

完全な個人的なメモだけど、せっかく未曾有の事態なので、参加予定だったのに中止・延期になってしまったイヴェントの記録を残してみる。

【2020年】
・3月21日~22日 AnimeJapan 2020(中止)
・3月27日~29日 第47回東京モーターサイクルショー(中止)
・4月3日〜5日 MOTOR SPORT JAPAN 2020(中止)
・5月2日~5日 コミックマーケット98(中止)
・5月3日~4日 SUPER GT 第2戦 富士GT500km(スケジュール見直しのうえ無観客開催)
・5月23日 KANA HANAZAWA Acoustic Live Tour 2020「かなめぐり2」[千葉・市川](延期→中止)
・6月13日〜14日 WEC 第8戦 ル マン24時間レースPV(9月20日に映画館でLV形式で開催)
・7月18日 SECONDSHOT FES-Girls Members-2020[夜の部](中止)
・7月16日〜19日 鈴鹿8時間耐久ロードレースPV(11月1日に延期予定→中止)
・9月 ヒーリングっど♥プリキュアLIVE2020(中止)
・10月16日〜18日 MotoGP 第17戦 日本グランプリ(中止)
【2021年】
・3月 第48回東京モーターサイクルショー(中止)←NEW!

ミニカー購入記(2020年8月31日号)

・スパークモデル 1/43 #2 ポルシェ962C('85 ル マン)
・スパークモデル 1/43 #26 ポルシェ911 GT1('96 ル マン)
Joshin webで各7,590円で購入。
962Cは、熟成が進んだ956に優勝を奪われてしまった投入初年度の1985年に、ワークスポルシェが投入した3台のうち3位に食い込んだ2号車(デレック・ベル/ハンス−ヨアヒム・スタック組)をチョイスしたもの。ロスマンズロゴは例によって(?)デカール添付。
優勝してないとはいえ、ロスマンズカラーの962Cがこんなに後回しになったのは謎。
911 GT1は、タイプ993をベイスに当時のGT1規定に合わせて開発。優勝したヨーストのWSC(オープンプロト)に続き、デヴュウイヤーにして2位・3位を獲得した2台のうちの、3位に入った26号車(ヤニック・ダルマス/スコット・グッドイヤー/カール・ヴェンドリンガー組)。
962C・911 GT1共にいつも利用しているショップが予約を開始しなかったので、比較的値引率の良かったJoshin webでポチッとな。
962Cの入荷自体は7月上旬だったものの、発売日の遅い方の商品と合わせての出荷だったため、911 GT1のリリースに伴い2台同時の入手となった次第。

ミニカー購入記(2020年8月26日号)

・ル・マン24時間レース カーコレクション 1/43 #23 童夢RL-81('81 ル マン)
書泉ブックタワーで2,536円で購入。
童夢 零ベースとしては3年目で、翌年からはCカー規定に移行するためラストのチャレンジとなった81年に参戦(予選20番手・決勝リタイア)したRL-81が、『ル・マン24時間レース カーコレクション』に加わったので確保。
ビザール名義の時はスルーしたけど、アマダカラーのRL-81はバリとして残してもいいかとコレクト。

ホビーオフでエアガンを処分してみた

当ブログや本家サイトではことさら披露していないけど、実は中学生の頃からモデルガン・エアガンのコレクションもしており、そこそこの数のモデルガン・エアガンが家の収納を圧迫しているので、ここのところチマチマ進めている断捨離企画の一環で、ホビーオフの買取に持ち込んでみることに。

MGC S&W M645

『特捜刑事マイアミ・バイス』のソニー・クロケット(ドン・ジョンソン)が使っていたのが印象的だったM645。
ギャルコのホリゾンタル・ショルダーホルスターが欲しかったけど、当時は手が出なかったなぁ(でも、後に『ダイ・ハード』ブームの時はデサンテスのホルスターは買った(笑))。買取額は500円。

MGC スプリングフィールド トロフィーマスター

『ベイシティ刑事<コップ>』で星野刑事(世良公則)使っていた、オールシルバーのカスタムガバ、通称“マギー”がカッコ良くて、当時ISPC競技用のゴテゴテとしたカスタムが主流だったカスタムガバの中、比較的構成パーツが近かったので買ったトロフィーマスター。
シングルアクションでブローバック無しでハンマーをコッキングする体の、MGCオリジナル機構“ハーレット・アクション”が面白いアイディアだった。
横向きに構えたガバのスライドを、後端を摘まんで引くのではなく、バレルあたりで挟むように持って横にスライドさせるガン捌きが、リアルかどうかはともかく斬新でカッコ良かったのよね。
このGM-6は固定スライドだったからマネ出来ないのが残念だったけど。
買取額は500円。

東京マルイ コルトXM-177E2

映画『HEAT』にかぶれてAR-15系カービンが欲しくなり、当時それなりに調べてXM-177だと当たりを付けて購入。
その後、映画『ブラックホーク・ダウン』に感化されてコルトM733(劇中の主要デルタ隊員が使うのはM727アブダビカービンだけど)を入手し、長年「AR-15系カービンが2丁あってもなぁ」と思っていたところ、つい最近AR-15系カービンのことを調べた流れで改めて『HEAT』登場銃を調べたらM733だったことが発覚(^ω^ ;)。
「ならXM-177は心置きなく処分してしまおう」と今回の断捨離対象に。買取額は2,500円。

MGCのガスガンなんて、値段が付いただけめっけもんだし、電動ガンはサバゲーで戦力になってナンボで、絶版品だから価値が高まるってもんでもないからまぁこんなもんなのかな?

【後日談】
以前からピカティニーレイル&フォアグリップ装着のモノモノしいM4が欲しかったこともあり、アマゾンでSISという中華メイカーの、値段が安い(4,500円!)のだけが取り柄のM4A1(ライセンス取ってないからか商品名は「D96」)を発見してしまいポチッてしまう(断捨離とはいったい…?)。

特定のM4バリエイションをモデル化したというより、M4にS.I.R.タイプのハンドガードを装着したカスタムモデルを模した感じらしい。
値段なりのディテイル感だし(とは言え一体成形としてはがんばって造形してると思う)、プラスチッキーさやバリ・ゲイト跡の残り具合や、ハンドガードが結構ガタつくなど、全体的にチープな感じがするのは否めないけど、お座敷ブンドド用としては充分なクオリティ。
唯一、フォアグリップが、グリップ底部のスクリューを締めて固定する形式なんだけど、ある程度まで締め込むとモナカの合わせ目が開いていってしまううえ、レイルの溝と噛ませるスクリューが無いためガタつくのが不満。

そこで、アマゾンで安いフォアグリップを探してみたら、マグプル MOEのRVGレプリカグリップが送料無料で650円というのを見つけ、追加購入して取り付けたらだいぶいい感じに♪
このグリップも、アマゾンのレビューでは、「サンプル写真にはある刻印が無い」「バリがある」「加工しないと付かない」等々ネガディヴなレビューもあったけど、レプリカといってもショップによって実は製品自体が違うのか、自分が購入したのは刻印入りだしバリもなく、むしろ本体の方が精度が怪しいくらいのレイルにガッチリハマったしと、当たりの製品だった模様。

【さらに後日談】
結局中華クオリティに満足出来ず、改めて調べたら、クラウンモデルのエアコッキングのM416D(HK416D)が実売4千円台で買えることが分かり(“M4”で検索したので引っかからなかった)、なにげにエアガンでは最安値をマークすることが多いあきばお〜で購入してフォアグリップを移植。
さらに特殊部隊カスタマイズとしては定番のドットサイト、フラッシュライト、バックアップサイト、レーザーサイト(型バッテリィケース)等のアクセサリィを、極力安くポチりまくったとさ(^ω^ ;)。

メイド・イン・フィリピンのためか、成形ムラのマーブル模様は浮いちゃってるけど、梨地になっているのでプラスチッキー感は抑えられてるし、未可動パーツのディテイル感が段違いなので、中華M4より満足度は遥かに高くて、カスタムも含めてイイ感じ♪

ミニカー購入記(2020年8月14日号)

・スパークモデル 1/43 #21 日産R390('97 ル マン)
駿河屋で7,260円で購入。
97年に日産ワークスとしてル マンのGT1クラスに送り込んだ3台のR390のうち、マーティン・ブランドル/ヨルグ・ミューラー/ウェイン・テイラーがドライヴした21号車(予備予選ではトップタイムをマーク。決勝はミッショントラブルでリタイヤ)がスパークからリリースされたので、メインで利用しているショップが予約受け付けをしなかったので、値引率がまぁまぁ良く、送料の無料のうえ代引き手数料がかからない駿河屋で予約購入。
実車を見た印象からすると、赤色がちょっと暗すぎる気がするけど、現物は経年退色した可能性もあるから、こんなもんなのかも知れない。
これで'97モデルのR390は、タミヤ、京商に続いてようやく3台が揃うことに。
記憶が確かなら、ル マンカーのコレクションはタミヤのR390からスタートしたはずなので、このクルマが3台揃うのはちょっと感慨深いものがあるなぁ。

ミニカー購入記(2020年8月9日号)

・グッドスマイルカンパニー 1/64 #0 グッドスマイル 初音ミク AMG('18 SUPER GT)
タムタムで3,300円で購入。
EVAレーシングのように1/64しか出ない車種ならともかく、1/43をリリースしてるGSRのミニカーは1/64に手を出すとキリが無いので、お気に入り絵師のかんざきひろデザインの'18モデルだけ押さえることにして、久々タムタムでミニカー購入。

PSPのバッテリィ膨張問題、我が家の場合

数年前から定期的に話題になっていたようだけど、ここに来て改めてTwitterを中心にPSPのバッテリィ膨張が話題になっているので、『俺の妹がこんなに可愛いわけがない ポータブルが続くわけがない』をプレイしたいがために購入し、攻略後は放置していた我が家のPSPをチェックしてみたら・・・

あ・・・
(しかも、筐体色に合わせてデコったインプレッサWRCのデカールが、クリアケースと癒着して剥がれちゃったのも悲しい…)

あ・・・・・・

蓋が外れる、バッテリーに亀裂が入る、といったような一触即発な状態ではないけど、確実に膨らんでいて冷や汗(^ω^ ;)。
買ったはものの、プレイ途中で投げ出しちゃった『GA Slapstick WONDER LAND』もいつかはクリアしようと思ってたけど、もはや純正品のバッテリィは手に入らず、互換品しかないらしいし、さてどうしたものか…。

ミニカー購入記(2020年7月19日号)

・隔週刊 F1マシンコレクション 1/43 #1 ロータス100T('88 F1)
書泉グランデで2,536円で購入。
『隔週刊 F1マシンコレクション 』のラインナップに、マクラーレンに移籍したセナの代わりに前年チャンピオンのプロストが加入。MP4/4と同じRA267Eエンジンを積んではいたものの、サスペンションの開発の方向性を誤り期待したパフォーマンスを発揮できず、プロストをもってしても3位表彰台を3回得るのがやっとだったロータス100Tが加わったので確保。
これでホンダF1第2期のホンダエンジン搭載マシーンは一通り揃ったかな。
ちょっと出遅れたしアマゾンでは在庫切れになっていたので焦ったけど、さすが書泉、ちゃんと残ってた

エブロのS-GTミニカーの大量キャンセルはなにかの前触れか?

「ご案内新商品、発売中止のお知らせとお詫び」(エブロ)

2017モデルは出たのにいつまで経っても2016年モデルのNSXがリリースされないからどうしたことかと思っていたら、まるまるキャンセルってどーゆーこった???ホンダ車率の高さも気になる。ARTA予約してたのに…。
自分、伊集院 光ばりのルール馬鹿だから、こうやって欠けた年度とか出ると一気にモチベ下がるんだよなぁ。
それに2018、2019のチャンピオンマシーンも未だアナウンスすらされてないし…エブロになにが起きてるんだ?

#ちょっとツイッター検索したら案の定荒れてるし、4月の時点で板東正敬監督がこんな愚痴言ってたのか。

WRCの番組に芸人はいらんです

「今日は大事なお知らせです!!マーク7月から番組がパワーアップします 今月は #テレビ朝日ラリージャパン応援団 として #EXIT が加わります #世界ラリー を代表するドライバーたちの魅力を2人とともに熱く!!チャラく!!お伝えします」(テレ朝 ラリージャパン応援宣言)

いやチャラくお伝えしなくていいです。マジで(´Д`;)。
今をときめく(笑)アンジャッシュ・渡部 建を使ったでお馴染み『地球の歩き方』といい、テレ朝の編成は芸人使わないと死んじゃう病にでも罹ってるのか?

#そして案の定酷かった…。これまでは録画残してたけど、EXIT出てる間は残さない。
#意外にもツイッター上は沸いてないけど、みんな黙殺してるのかな?(^ω^ ;)

谷口信輝が安藝社長のカウンタックLP400をインプレッション

「プロドライバーですら四苦八苦 谷口信輝、憧れのスーパーカー「ランボルギーニ・カウンタック」1日オーナー体験」(ねとらぼ)

SUPER GTが国際モータースポーツ?・・・はともかく、カウンタックの給油口がこんなところに付いてるなんて知らなかったわ〜(笑)。
それより個人的に食いついちゃったのがカウンタックの後ろにしれっと置いてあるテレコールカラー(原田レプリカ)のTZM50Rだよ!
この駐車場、グッスマの事業所のあるビル地下のでしょ? てことはグッスマ関係者の愛車である可能性大だよね。このオーナーとは話が合いそう。
てか安藝さん、バイクも好きならロードレースのスポンサーも考えてよ〜。

«さらば<キッチン南海>