2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ブログパーツ

無料ブログはココログ

« 2004年3月 | トップページ | 2004年5月 »

2004年4月

「ジェダイの復讐」×「ジェダイの帰還」

『スター・ウォーズ トリロジー DVD-BOX』(Amazon.com)

ファン待望の初期3部作がいよいよDVD化(個人的には特別篇よりアナログな匂いのプンプンするオリジナル版の方が好きなので買うかどうかはビミョー)。それにあわせてエピソードVIのサブタイトル「ジェダイの復讐」が「ジェダイの帰還」に変更されるとか。

原題のニュアンスからすると「帰還」の方が正しい訳だって議論が前々からあるのは知ってるし、どっちがいいか?って言われたら、そりゃ「帰還」の方がいいとは思う。だけど、20年も流通してるタイトルをわざわざ直す必要ってあるのかな?
「オイラが観たのはあくまでも『ジェダイの復讐』であって『ジェダイの帰還』ぢゃないもん」とゆー、ヘンクツおやぢの思い入れは置いておくにしても、「そんなら、『OK牧場の決斗』は『OK家畜囲いの決斗』に変えるのが“正しい”のかよ?」つーハナシになっちゃうと思うんだけどなぁ。

カフェリ190を買ってみた

今日から発売の「カフェリ190・感動の名車コレクション」を買いに会社を休んで近所のミニストップへ(ウソですたまたま用事があって午前中休んだついでに行ったんです)。
なんだ、天板のところが透明だから車種は選択し放題なのね(他の客のメイワクや店員の白い目を別にすれば)。とゆーワケで、お目当てのエスハチとZのモンテ仕様を無事Get。

デキはそんなに悪くは無いんだけど、近年のこのスケールの技術レヴェルから言えば全体的にラインが眠くてメリハリに欠けるしピラーも太すぎで、大味な印象がするのは否めない。具体的にどこがどう悪いとは言えないんだけど、なぁんか微妙に実車の魅力のポイントを捉えきれていない感じ。その点で言えば、同じスケールならYujinの「20世紀の名車コレクション」の方が上かな。原型担当のマックスファクトリーはフィギュアでは評価が高いようだけど、少なくともミニカーの原型には向いてなかったのではないかと。車の縮小&ディフォルメには、キャラ物とはまた別のセンスやスキルが求められるんだな、きっと(そーいや、キャラウィールも「ミニカー」として見ると、ちょっと辛いしね)。
第一、同じスケールのカプセルエムテック/ヨーデルが200円(ホンウェルならそれ以下)で買えることを考えると、コーヒーを入れて550円(つまりミニカー代430円?)ってのはチト高い。でもまぁ、フォローしてる車種がラインナップにあるコレクターなら、押さえておいても損はしないかと。

カフェリ190・感動の名車コレクション

「ミニストップ・ブルボン共同企画商品 オリジナルミニカー付き缶コーヒー『カフェリ190・感動の名車コレクション』発売」(ミニストップ)
<カフェリ190・感動の名車コレクション(全30本セット)>(e-MINISTOP)

こんどはミニストップかよ…、も、うんざり(;´д`)。
しかも「とりあえずトヨタ2000GT、ハコスカ、Zを出しときゃある程度は売れるだろう」って安易な姿勢が丸見えの車種選択はホント勘弁してくれ。




といいつつ、エスハチとZのモンテ仕様が欲しくて手を出してしまうんだな、これが。でも、バリが多いから手強そう…。
ところで原型がマックスファクトリーってのはミニカーコレクター的に喜ばしいことなんかね? ようわからん。

#ミニカーの入ったキャップが本体の缶と同じくらいの高さがあるんですけど…(笑)。

「京ポン」

京セラのAH-K3001V、2ちゃんねるでは「京ポン」と呼ばれ祭りになるくらいの人気らしい。

んなことより、何だよ、Mac用のドライヴァ無いのかよ! とっとと出せや、DDIポケット!ヽ(`Д´)ノ

#2ちゃんねらーに人気の端末‥‥なにやらとぉ〜ってもフクザツな気分になるのはなぜだろう?

わざわざ国内で左ハンドル車を設定する意味

「フォルクスワーゲンポロに左ハンドル仕様を追加」(フォルクスワーゲン)

外車の場合、無理矢理右ハンドルにする分、かえって不具合・不都合な面があるのは知ってるけど、「わざわざ」左ハンドルに乗るのはイナカモノくらいだと思ってたんだが…世の中そうでも無いみたいね。

あの砂埃の中iBook広げる勇気は無かったかも

「観客席でもピットクルー気分〜INDY JAPANの『Pit Live TV powered by Intel』」(ITmedia)
「無線LANでモータースポーツを楽しむ〜『インディジャパン2004』映像配信サービスレポート」(PC Watch)
「サーキットにPCを持って行く理由」(PC Watch)

推奨環境がWintel PC/Zaurusなんで、iBookを持ってって見ようって気が起きなかったんだけど、良く考えたらバスツアーなんて、ノートPC持ち込んでみる絶好の機会だったんだから、ダメモトで持ってきゃ良かったかなぁ? 

AH-K3001V(・Д・)ホスィ

「DDIポケット、Opera搭載「AH-K3001V」を発表」(ITmedia)
「Operaで、携帯はこうなる——写真で見る『AH-K3001V』」(ITmedia)
「DDIポケット、待望の新型AirH”PHONE『AH-K3001V』」(ケータイWatch)
「DDIポケット、Opera搭載のPHS端末『AH-K3001』を発表——つなぎ放題コースに対応」(ASCII24)

いや、これ、去年のWORLD PC EXPOでの発表の時から気になってたんだよね〜。
なんてったって、POP3/SMTP対応だから、メールが一元化できるのが魅力的。ケータイでいながらウェブブラウザ(しかもOPERAだぜ奥さん)搭載ってのも面白いし、USBケイブルでパソコンと接続すれば充電されるってのもナイス。
カメラがちょっとショボすぎるのとPHS自体の先行きが怪しいのが気になるけど、とうとう手ぇ出しちゃうか? ケータイ。

『世界のレーシングカー』創刊

週刊デル・プラドコレクション『世界のレーシングカー』(全64巻)(デル・プラド)

週刊デル・プラド『カーコレクション』でお馴染みのデル・プラドから、1/43ミニカー付きパートワーク『世界のレーシングカー』が4月22日に新創刊。1号から10号までの予定は以下の通り。

1号:トヨタ7
2号:フォードGT MkII
3号:スバル インプレッサ WRC
4号:ランチア ストラトス
5号:日産スカイライン GT-R R32
6号:ジャガー Dタイプ
7号:三菱パジェロ エボリューション
8月:ミニ クーパー モンテカルロ
9号:ダットサン 240Z
10号:ポルシェ935 モービーディック

──って、何年の何仕様かくらい書いてくれや、デル・プラド(;´д`)。

しかしなぜにCMイメージキャラクターがサトエリのキューティーハニーか? イミがわからん。
定期購読申し込み特典のフィギュアも1号から3号まで付くトレカも、ミニカーファン的には嬉しくも何ともないぞ。一体何を勘違いしているのか、デル・プラドは。

月間自動車タイアップ オープンカーコレクション

<LAWSON×月間自家用車 共同プロジェクト オープンカーコレクション>(ローソン)
<月間自家用車×LAWSON 共同プロジェクト オープンカーコレクション>(月間自家用車)

あわわ、出遅れたら近所のローソンからはすっかり姿を消してたよ…○| ̄|_。
ちなみにスケールは1/105で、車種は──


  • ホンダS800
  • ホンダS2000
  • スズキカプチーノ
  • ダイハツコペン
  • トヨタソアラ
  • 日産フェアレディZ ロードスター
  • ユーノスロードスター
  • シークレット

──の8種類。
セブンイレブンのやつよりデキがいいという説も。
設定価格安いし、ヤフオクで欲しいのだけGetしちまうか…。
それにしても、ミニカー付けるとそんなに売れるのかねぇ? 正直この手のキャンペイン食傷気味なんだけど。

【4月21日追記】
別のローソンに行ってみたらまだ残っていたので、昨日・今日の2日で銘柄を変えて4本買ったら全部S800だった…(;´д`)。
デキは‥‥セブンイレブンのスーパーカーと際だった差は見られず、いくら欲しい車種でも、わざわざヤフオクに手を出すほどのことは無いなぁ。

#しっかし、なんで時々リストタグのふるまいが変わるんだろう? タグは別に間違ってないのに。

スタート・ユア・エンジンズ!

土曜日にツインリンクもでぎで開催されたインディ・ジャパン300マイルを初観戦。

いやいや、正直見る前までは「オーヴァルコースのレースなんて単調でつまらないだろう」とかタカをくくってたが、オープニングセレモニーでの一人一人を呼んでのドライヴァー紹介、オープニングパレイド、海兵隊軍楽隊の演奏、ブルーインパルスのアクロバット飛行など、「テッテーテキに盛り上げてやろう」とゆーアメリカらしい演出の数々に思わず心を奪われ、スタートでの大音響には思わず鳥肌が立ってしまった。

レース自体も、ハイスピードでのテイル・トゥ・ノーズ、サイド・バイ・サイドのバトルや、フルコースコーション時のピットストップの駆け引きなど、最近(特に赤い車の一人勝ち状態が続いてるここ数年)のF1では味わえないエキサイティングな展開は結構燃える。

確かに、「手前は早すぎるし壁際を走るのでなんも見えず、向こう側は遠すぎる」(ま、これは双眼鏡さえあれば無問題だけど)とか、「様々なRのコーナーを駆け抜けるマシーンとドライヴァーのパフォーマンスが見られない」とか、「なまじイコールコンディションのためクルマ別の個性が出ない」とかの、インディ(オーヴァルコース)ならではの不満も無いでは無いが、「とにかくスピードを出したもん勝ち」、というのが「見える」単純明快さは本能に訴えるものがあり、食わず嫌いでいた不明をひたすら恥じるばかり。いや、いいもん見させてもらいました。

日帰りのバスツアーだったため、渋滞で時間が押してパドックツアーの時間が削られてしまったり、表彰式も見ずに出発してしまうタイトなスケジュールだったので、キャンギャルを追っかけるブースを冷やかすヒマが全然無かったのが心残り。ゆっくり出来るよう、ツアーじゃない観戦も一度してみたいな。

そのうち日本はジャニーズと吉本に乗っ取られるんだろうな

「『ハウル』主要キャラ発表 木村拓哉さんが声優初挑戦」(YOMIURI ON-LINE)

実写版『サンダーバード』のV6っつーのでも、もうだいぶテンション下がってるのに、ハウルまでジャニーズ起用かよ…。そういや、大河も慎吾に続いてタッキーだろ? そんなにジャニーズ頼りでホントにいいのか? 日本のエンタメ。

その女性の身に何がっ!?

帰宅途中の乗り継ぎ駅のホームで、パンプスが片方だけ階段の一番下に落ちてた。
駆け込み乗車をしようとして脱げてしまったものと思われるが、靴を拾うことよりも電車に乗ることを優先したその女性、いったいどんな切羽詰まった状況にあったと言うのだろうか?

“浴玩”ってジャンルがあったのか

<タカラ 1/144 レスキューメカシリーズ>(タカラホビー.com)

タカラサンダーバード関連プロダクツって、おこちゃま向けで全然萌えなかったんだけど、これは企画がいいのでちょっと惹かれるものが。
磁力牽引車のキャタピラーユニットのコンバートで、鉄の爪戦車や電波発信車がラジコン化出来るってアイディアも面白いし。
これで高速エレベーターカーを3台同時にラジコンで操作出来たら言うこと無かったんだが(さすがに無理?)。
あとは、同スケールのジェットモグラと高速エレベーターカーの3台目も出してくれれば完璧。プロポーションさえ良ければ。
それはさておき、1/144だと組み合わせる2号が無いのが残念。タカラは責任を持って2号も出すべし(当然、もう企画してる?)。

#しかし「お風呂で遊べる大人の浴玩」って、いくらなんでもこれで遊んじゃう大人は、人としてダメ過ぎるだろう?(笑)

【5月5日追記】
タカラのサイト内に関連情報がアップされたのでリンクを追加。
ちなみに1/144シリーズにはケッダーマンがスーパーバイザーとして参加してるそうな。それなら期待してもいいかな?

『プロジェクトX』はツメが甘かったなぁ

今日放送された『プロジェクトX』ヨシムラの回。内容的には無難にまとめていたし、不二雄や浅川邦夫、横内悦夫にコメント取るのはまあ順当としても、入交昭一郎やマイク・ボールドウィンにまでコメントを取っているのにはビックリした(富樫ヨーコの尽力があったと見るがどうか?)。竜洋でGS1000を実走させての再現映像にも感心。普段、あざといとケチを付けつつも、ポップの不屈の闘志にはやはり感動してしまった。

が、しかし、なぜにエンディングの映像にYZFを使うか? NHK

#そうそう、まるで森脇(のみ)がヨシムラの跡を継いだかのように見えるあの終わり方もいただけなかったぞ。

自分がスルーした物がホメられてる悔しさ

「手ぶれ補正とフリーアングル液晶で実はお買い得」(河田和一規の「デジカメナビ」@ケータイWatch)
「すげぇ実用的なレンズ機構と性能『PowerShot S1 IS』」(週間スタパトロニクスMobile@ケータイWatch)

どっちもホメてるなぁ、PowershotS1 IS…。しかし、揃いも揃ってAF時の「液晶フリーズ」に触れていないと、「なんかしらの圧力」を疑いたくなるよね? ね?<チョイスしたZ2の記事が全然載らないことも合わせて被害妄想モード炸裂中

“レース用オートバイの公道仕様車”と言うからには

このぐらいのことはしてもらわないとねえ、奥さん。

サンライズロボ祭り

<伝説巨人イデオン アクションフィギュア>(やまと)
<超合金魂 無敵超人ザンボット3>(魂ウェブ)

やっと出るか…p(T-T)q
オイラもガンダム世代だけど、ハナシ的にはイデオンの方が好きだったし、ロボデザイン的にはザンボットの方が好きだったのでかなり嬉しいっス。
あとはやまとのイデオンにポーズを取らせて壊れないのを祈るのみ(^_^;)(だからロボットを非金属フィギュアで出すのはホントはキライ)。

#ヤヴァイなぁ、どっちも結構予約で埋まってるなぁ。イーグルの二の舞にならないよう、値引き有りにこだわらずにとっとと予約しちゃうか?

“金田のバイク”がブレイク中

「AKIRAコーナー」(東京モーターサイクルショー)
<1/12 金田のバイク>(たのみこむ)

ここに来て何やら妙に盛り上がってる“金田のバイク”。いつまでも“金田のバイク”ぢゃカコ(・Α・)ワルイから、大友は裏設定でいいから名前を決めてあげるべきでわ?

#それにしても「超合金エキスポ」って一体…(;´д`)。

D70への対抗策?

「キヤノンが『EOS Kiss Digital』のブラックモデルを追加発売 "キヤノン EOS Kiss Digitalブラック"」

EOS Kiss Digitalはカジュアルイメージで攻めてるからブラックボディは出さないと思ってたけど、やはりD70を意識したのかしらん?

#カメラは黒に萌える人なので、慌てて飛びついてたらえらい悔しい思いをするところだった。優柔不断も時には吉。

ル・マンはなぜか強いね、スズキ

「北川、日本人初のル・マン制覇 」(F1 EXPRESS)

せっかく勝ったのにスズキのサイトですらスルーですかそうですか…。

【4月12日追記】あれ? いつの間にか4月8日付けで記事が載ってる。10日くらいに見たときも載ってなかったんだけど、キャッシュが残ってただけかな?

#イクソのミニカー、ル・マン仕様はスルーしてたけど、このGSX-Rは出たら買おうかな。

さて注目の『プロジェクトX』のタイトルは…?

「不屈の町工場 走れ魂のバイク」(NHK)

なるほど、そうきたか〜。確かに今「世界の技術を支える/凌ぐ日本の町工場」をフューチャーするのムーメブメントだからね。
まあ、そんなムーブメントに乗るまでもなく、POPの業績は取り上げるだけの価値はあるんだけどね。

#スタジオゲストは不二雄じゃなくて森脇夫妻なんだね。

« 2004年3月 | トップページ | 2004年5月 »