2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ブログパーツ

無料ブログはココログ

« チャーミーの腹黒さ | トップページ | わたしのジェニーちゃん、コスプレイヤーなのぉ♪ »

手塚治虫は草葉の陰でどう見てるのやら

今、秋田書店の各コミック誌で、『ブラック・ジャック』アニメ化記念と銘打って、秋田お抱えのマンガ家に『ブラック・ジャック』をリメイクさせる企画を展開中。
折しも『鉄腕アトム』の1エピソードを浦沢直樹がリメイクした『PLUTO』が話題沸騰中。
リメイクとしての出来映えの差が気になり、昔好きだったこともあり、たがみよしひさ版をチェック。

う〜〜む、本人以外が書いたものとしては無難にまとまってるけど、「たがみに描かせる必然性」とか「さすがたがみ、こう来たか」と言ったオドロキとかは皆無(恐らくたがみ以外のもこんなものなのだろう)。
手塚治虫の原作をまさに換骨奪胎して独自の世界感を築き上げ、浦沢の作家としての凄みすら感じさせる『PLUTO』が与えるエモーションには遠く及ばない、というのが正直なところ。
他の作家の出来映えを見ずにどうこう言うのは気が引けるけど、どうせこれだけの作品のリメイクに挑むんだから、もっと志を高く持って臨んで欲しいなぁ。

« チャーミーの腹黒さ | トップページ | わたしのジェニーちゃん、コスプレイヤーなのぉ♪ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16457/1924373

この記事へのトラックバック一覧です: 手塚治虫は草葉の陰でどう見てるのやら:

« チャーミーの腹黒さ | トップページ | わたしのジェニーちゃん、コスプレイヤーなのぉ♪ »