2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ブログパーツ

無料ブログはココログ

« JGTCトイの利権を巡る醜い争い? | トップページ | いまさら「メイカー完売」品が並ぶ不思議 »

1/1 スコープドッグの威容

長かったゴールデンウィークの締めとして、水道橋まで1/1 スコープドッグ(正確にはブルーティッシュドッグカスタム)を見に行く。

いやはや、とにかくデカい。

劇中やトイで人間との比率は分かってるつもりでも、やはり実際のサイズで見ると、その迫力にただただ圧倒される。
以外と(失礼)パーツの密度が高く、ハリボテ感が全くないのもビックリ。ニーパッドなんかのアール部分が叩き出しで出してあるナマナマしさと、塗装されていない素材の地肌や溶接跡のムキ出し感が、かえって「遺棄されたAT」的雰囲気を醸し出していて、「ちゃんとメンテすれば動くんじゃないか?これ」とまで思えてくるのがスゴイ。
ATってのは、「ロボット」としてはかなり現実味のある(?)デザインとサイズなだけに、カタチになって見ると、その完成度の高さからも「あってもおかしくない」オーラがビンビン出てた。

「デカいフィギュア」として評価するか「オブジェ」として評価するかで、意見は色々出るとは思うけど、アニメのロボットが原寸でそこに立っているという画は一見の価値有り。いいもん見せてもらったご祝儀にポスターを購入。

« JGTCトイの利権を巡る醜い争い? | トップページ | いまさら「メイカー完売」品が並ぶ不思議 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16457/4038660

この記事へのトラックバック一覧です: 1/1 スコープドッグの威容:

« JGTCトイの利権を巡る醜い争い? | トップページ | いまさら「メイカー完売」品が並ぶ不思議 »