2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ブログパーツ

無料ブログはココログ

« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »

2005年5月

ローソン ヨシムラスペシャルバイク スタッフウェア到着

《ローソン限定 ヨシムラスペシャルバイクミニチュア プレゼント》のダブルチャンスで当選したスタッフウェアが到着。
結構カサがあるので、てっきりもうすぐ配達される予定の、ヤフオクで落としたRC211Vでも来たのかと思ったら違った。
ちゃんと化粧箱に梱包されてるのにはビックリ。シャツ自体も、この手のノベルティにしては縫製がしっかりしてるように見えるし。
さぁて、次のPOPS MEETINGの時にこのシャツ持参して不二雄のサインでも貰おうかな?(^-^)

化粧箱の画像"スタッフウェアの画像

で、零-50のミニチュアはまだ?

ミニカー購入記(2005年5月31日号)

・ミニチャンプス 1/12 #46 ヤマハYZR-M1('04 MotoGP)
アソビットシティ2番館でアソビン券(3,000円以上の買い物で200円引きしてくれる割引券)を使って6,520円で購入。
去年ホンダから電撃移籍し、決して戦闘力では有利とは言えないM1で、並み居るRC211V勢を蹴散らして見事チャンピオンを獲得したロッシ車がミニチャンプスから登場。
03年型から比べると、ぐっとエッジの効いたシャープなデザインになったカウルが、哀しいかな表現しきれていないのがなんとも残念。これはダイキャストで再現しようとする以上しょうがないんだろうなぁ。そういう面でのクオリティは、やはりマスターワークに期待するしかないか(´・ω・`)。

ドラゴン 1/35 ラジコン ウィリスジープ

<ドラゴン 1/35 Palm-top R/C Aromor Jeep Willys>(童友社)

ドラゴン製1/35のラジコンジープが6月登場予定。
なんたって完成品としては初(?)の1/35をチョイスした慧眼に拍手。そうそう、やっぱウィリスはミリタリーモデル標準の1/35でなきゃ。
弾薬箱風パッケイジや無線機型コントローラー、ジェリカン型の充電器などの小物もシャレが効いててイイ感じ。

いやしかし、1/35のジープがラジコンで遊べるようになるなんて、いい時代になったもんだなぁ。ケースが無駄にデカくて(何故にこんなにデカい必要が?)しまい場所に困るのが難点だけど。

ミニカー購入記(2005年5月29日号)

・カララマ 1/72 #10 プジョー206WRC('00 オーストラリア)
・カララマ 1/72 #31 プジョー206WRC('03 サンレモ)
・カララマ 1/72 #2 プジョー206WRC('03 モンテカルロ)
ミニカーショップイケダ日暮里店で各420円で購入。
安価でプロポーションが良いことで人気のカララマ(ホンウェル)から206WRCが登場。入荷リストによるとccもあったらしいが、瞬殺だったらしく見あたらなかった。でもまぁ、金型を使い回し倒すホンウェル(笑)のこと、いずれシュコージュニアラインでも出るだろうから、さほど焦らなくてもいいか、と。
市販車の206は正直プロポーションが悪くてあまり感心しない出来だったが、このWRCのプロポーションは良好。オーヴァーフェンダーの方がディフォルメしやすいんだろうか?
しかし'00のデルクール車と'03のバーンズ車はともかく、サンレモの31号車って誰だよ? こんなのイクソですらヴァリエイションしてないんじゃないか? ホンウェルは、時々車種セレクトのセンスが理解出来ないときがあるよなぁ。

『隔週刊チャンピオン・バイク・コレクション』第20〜24号の予定

「第21号 ホンダNSR500 '99 アレックス・クリイヴィーレ」(DeAGOSTINI)
「第22号 MVアグスタ500 '67 ジャコモ・アゴスティーニ」
「第23号 ホンダNSR250 '88 アルフォンソ・シト・ポンス」
「第24号 スズキRGB500 '81 マルコ・ルッキネリ」

む〜ん、ここしばらくは持ってるのかウォッチ外のばっかだなぁ。
エルフとかNSR250の大ちゃん車とか早く出してくれよ〜。

ミニカー購入記(2005年5月27日号)

・Altaya “24 HORAS DE LE MANS” 1/43 #15 オレカ−ダラーラLMP02−ジャッド('02 ル マン)
Yahoo! オークションで1,900円で落札。
日本での発売が期待される、イクソ製ミニカー付きパートワーク誌“24 HORAS DE LE MANS”のラインナップのもの。スパークモデルが予告してたけど、いつの間にか立ち消え(?)になってしまったため初のモデル化のレア物…の割には競走相手もおらず開始価格で落札。同じシリーズのマクラーレンやダウアーポルシェは結構入札があるのに。
通常品でもまだ予告されていないオレカ−ダラーラが、ミニカーのみとは言え1,900円とお手軽価格で出品されていたので落札。ホントは雑誌込みで欲しいんだけど、まぁ贅沢は言いっこ無しってことで。
恐らく『隔週刊チャンピオン・バイク・コレクション』のミニカー同様、通常品からコストダウンを計っている部分があるはずだけど、単品で見る限り特にあからさまな手抜き感は無し。オレカ独特の細いラインのデカールも結構キレイに張ってある。クルマに対する思い入れ具合によっては、ぜんぜんこれでオッケーなクオリティ。ぜひとも日本でも発売して欲しいんだけどなぁ。

ミニチャンプスなりの気遣い?

先日入荷したミニチャンプス製ティーム郷のアウディR8。よくよく見てみると(つーか、数なんか気にしてないから、某ショップの入荷案内にそう書いてあるのを見て始めて気付いたんだけど(^_^;)、台座に生産数の記載が無い。
これは、生産数を大幅に上げたので生産数を明記する意味が無くなったってことなのか? はたまた生産数を明らかにしないことで希少感を煽らないように配慮したってことなのか? 等々、色々と想像をたくましくしてしまいますなぁ。

#実はそんな深遠な理由じゃなくて、単に忘れたんだったり、コスト削減のためだけだったりして(笑)。

雑誌の記事は全て読まないといけないらしい

「羽賀研二さん:名誉棄損で逆転勝訴、光文社に損賠命令」(MSN-Mainichi INTERACTIVE)

「雑誌の読者が表紙しか見ないとは考えにくく」ってあんた。キョーミ無い記事だったら読みトバすことだってあるだろうが。

そもそも官公庁のサイトでAqua風画面デザインってのもどうかと思うけど

「文化庁サイトにMac OS Xのアイコンが?」(ITmedia)

両方のアイコンを同じ大きさにして重ねてみたら(ヒマかよ)、ペンがビミョ〜〜〜に違うけど、せいぜい切り抜き上の誤差レヴェルの差で、間違いなくパクってるな、こりゃ。
しかし、仮にもプロのウェブデザイナーならヤヴァイって判断つくだろうから(まさか、そんな判断が付かないような輩が横行してるのか?)、「ラフのつもりで作ったのがそのまま通ってしまった」っつぅ、 いつぞやのPalm系サイトのスタンプラリー用画像がパクられた時と同じようなパターンなんだろか?

ちなみに、システムそのものは便利そうなので試してみたんだけど、てっきり「それっぽいフォーマットのHTMLかPDFが吐き出されて、印刷すれば、ハイ、おしまい」なのかと思いきや、文面をコピペして利用しろだって(;´д`)。詰めが甘すぎるよ文化庁。

【追記】その後、該当ページは削除され、アップルに対し謝罪まで行われる事態に。予想通り「アイコンは仮のデザインで、修正する予定だった」とは言ってるけど、ねぇ?(笑)
夜のNHKのニュースにまで採り上げられていたのはビックリした。

#パクりそのものには目くじら立てる気は無いけど、ダマで消して、謝罪までしてるのにサイトに何のリリースも載せないのは感心しないぞ。

8耐とタイアップしたコンピレイションアルバム

『Heat 8 Hours Beat 80's』(Amazon.co.jp)

今年のテーマソングに決まったヨーロッパの"The Final Countdown"を始め、'80年代ロックの名曲が詰まったコンピレイションアルバムが6月1日に発売。

ガードナーのコメントも入っているというブックレット目当てで買ってしまおう。

#む〜、欲しいCDに限ってアマゾンで割り引きしてないよ(´・ω・`)。

ピットロード『戦国自衛隊1549』仕様自衛隊車両

<『戦国自衛隊1549』グッズ>(famima.com)

ピットロードのインジェクションキットを『戦国自衛隊1549』の劇中仕様に仕立てた製品群が6月登場予定。
90式、74式、61式の各戦車(1/72)の完成品と、87式偵察警戒車、82式通信車、89式装甲戦闘車(1/35)のインジェクションキットが有り。

う〜、戦車の完成品は欲しい鴨。「どうせなら統一スケールで!」とか思うけど、既存のキットベースじゃしょうがないか。

#いやぁしかし「自衛隊全面協力」なんて、『戦国自衛隊』がハリボテ61式戦車とフルスクラッチ電着64式小銃だったのを思うと感慨深いものがありますなぁ。

これでヨドバシが来た日にゃどうするんだ? ラオックス

「ラオックス、業績予想を下方修正」(PC Watch)

さ〜て、ツブれる前にとっととポイントを使い切って、持っててもちっとも嬉しくないポイントカードなんか返却しちゃうか。

#もっとも、使いでがあるほど溜まってもいないわけだが(;´д`)。

脇阪、童夢と袂を分かつ

「ル・マン ドライバー変更のお知らせ」(童夢)
(修正前のリリースの画面ショットはこちら自動車部的自動車論
「ル・マン24時間耐久レース 参戦見送りについて」(JS Style.com)

う〜む、童夢のリリースをチェックしてなかったから気付かなかったが、こんなことになってたとは…。
なんか最悪の形で決裂してしまったようで、なんとも残念だなぁ(´・ω・`)。

プロジェクトX流美談のウラ

「プロジェクトX:「番組内容違う」とNHKに申し入れ」(MSN-Mainichi INTERACTIVE)

感動物語に仕立てたくて誇張してるなぁとは思ってたけど、捏造しちゃいかんだろ。

ミニチャンプスカタログ2005 Edition1

年々厚くなる一方のミニチャンプスのカタログが登場。例によって気になるアイテムをピックアップ。

  • MotoGPマシーンは、残念ながらスズキ・カワサキは'04・'05共にスルー。
    日本のファンとしては中野王子のZX-RRは欲しいトコロなんだがなぁ(´・ω・`)
  • 去年のカタログで予告されたFW11に続きFW11Bも予定に。つっても一体いつになることやら
  • ミニチャンプスもフォードMk IIを予告。'66のゼッケン3と、めずらしくいきなり優勝車をぶつけてこないのが不気味(笑)
  • 今までル・マン ヒストリーセットでしか入手出来なかったポルシェ917Kの'70ウィナーが通常品として登場‥‥って、ポルシェの特注品は通常品とはダブらせないんじゃなかったの? あのルールはレースカーには当てはまらないのか?(;´д`)
  • 917Kは'71ウィナーも予定に。ブルム製持ってるけどミニチャンプスから出るんだったら買い直しちゃうなぁ。オートアートとどっちが早いだろ?(別に予告はしてないけど出ると踏んでるので)
  • スーパーカー世代にはたまらない935。これ絶対手に入れるの苦労するだろうなぁ(;´д`)
  • モビーディックも通常品の予告が。しかもル・マン ヒストリーセットと違い本戦仕様なので買い足さないと
  • ん? '04のリュック・アルファンの911 GT3は出ないのか? 期待してたのに
  • あれ? TS Collectionとかが載ってないけどなんでだ?

今年のミニチャンプスはバイクの方が大変そうだな。

ミニカー購入記(2005年5月22日号)

・トミカ ホンダ VFR 白バイ
アソビットシティ2番館で302円で購入。
緊急車両には全く興味はなく、単に今の愛車がベースになってるというだけの理由で購入。この世代のVFRとしては恐らく世界初の模型化。
それはいいんだけど、アッパーカウルが小さいのかフロント回りがデカイのか、プロポーション的にはえらいバランスが悪い。しかもサイドスタンドが付いてるものの大きさ・形が適切でないため、ちょっとした弾みで倒れる近年希にみるデキの悪さ。カネ返せゴルァヽ(`Д´)ノ
さらに、とある目論見があって2個買ったら、1個はカウルの組み付け不良で外れてたし、1個はフェンダーにカビのような汚れが付いてる不良品スレスレの品質管理の甘さ。マヂでトミーに送りつけてやろうかと思っただよ。

いま、最も危険なショッピングモール

デーモンは現れるわ、童子は現れるわ、サンストリートって危ないなぁ、うっかり近づかないようにしないと(笑)。

ミニカー購入記(2005年5月21日号)

・ノレブ 1/43 ウィリスジープ
ミニカーショップコジマで6,930円で購入。
ノレブからウィリスジープが登場。モダンノレブらしくそこそこ繊細なデキ。
どうも普段軍用車両をラインナップしていないメイカーも、ウィリスだけはモデル化する誘惑に勝てないらしい。

・マジョレット 1/57 フォードフォーカスWRC('04 メキシコラリー)
ミスタークラフトで336円で購入。
以前入荷した時は瞬殺だったマジョレット印のブリスターパックが、307WRCやフォーカスを加えてミスタークラフトに大量入荷してたのでフォーカスをGet。マルティン車もラインナップにあるけど、ミスタークラフトでは見かけなかった。
マジョレットのラリーカーはおしなべてプロポーションが良くてよろしい。

ミニカー購入記(2005年5月20日号)

ミニチャンプス 1/43 #5 アウディR8('04 ル マン ウィナー)
タムタムで4,872円で購入。
待望のティーム郷のR8がついに登場。ブログ主はイクソに比べてミニチャンプスが優れていると盲目的に考えているクチではないが、ウィング回りの繊細さやデカールの張りムラの無さなどの全体的なデキの良さ(そもそもイクソはスティッカーの向きを間違ったりしてるし)で、このR8に関してはミニチャンプスの方に軍配を上げるな。

最近、メディアでやたらとヲタ文化が取り上げられるね

「アイドルに群がる中年“秋葉族”秘密の聖地 」(きょうの出来事)

人というのは、自分の理解の範疇を超えた趣味嗜好行動に走る集団に“○○族”とレッテル貼りをすると、とりあえず分かった気になるようで(笑)。

ミニカー購入記(2005年5月19日号)

・エブロ 1/43 #16 M-TEC NSX('04 JGTC GT-LIVE USA)
タムタムで3,990円で購入。
エブロのロゴがデカデカと入った去年のオールスター戦仕様のM-TEC NEXが「奇跡の再入荷」(c)ミスタークラフト(笑)。最近タムタムはこういうレア物に色を付けるケースが散見されるようになった。
正直、この金メッキカラーリングはヤンキー趣味的であまり好きじゃないんだが、ホンダだしGT300チャンプだし購入。
しかしこのメッキの塗り分けは良くやったよなぁ。これが出来るのにG'ZOXのメッキ部分は何でデカール処理だったんだろう? あれだと細かすぎるんだろうか?

ボランティア(R)

「角川の『NPO』『ボランティア』商標取り消し・特許庁」(NIKKEI NET)

こんな単語の登録申請を許諾する特許庁の判断力もどうかと思うんだが…。

#ぢゃあ、『セックスボランティア』なんて書名の本の片隅には「ボランティアは角川書店の登録商標です」とか書いてあったりしたんか?

2007年、ロッシはどこで走っている?

「MotoGPロッシ、2007年からF1か」(AUTOSPORT WEB)
「ロッシがF1参戦を否定」(nikkannsports.com)

AUTOSPORTの記事が14日付け、日刊スポーツの記事が17日付。たった3日でナゼ180℃方針転回とも言える一貫性のない発言が?
どっちかつーとAUTOSPORTの方が希望的観測から早まった記事を書いたって感じか?

そうかぁ、ジョブズはタイトルが気に入らなかったのか

「ジョブズCEOの新しい伝記『iCon』」(Hotwired)

いや、別にジョブズ本人が決めたのかどうかは分からないけど(笑)。
“iCon”なんて、上手いシャレたタイトルを考えたと思うんだけどなぁ。
ま、アップルに好意的に解釈すれば、商標上の配慮を求めたのに受け入れられなかったのが気にいらなかった、ってところかな。で、たぶんアップルの言いグサも高圧的だったんだろうね。

しかし、こないだのITmediaの記事の「私の理解している限りでは、事実関係で修正すべき点や間違いがあるかどうかをWileyが尋ね、これに対して彼ら(Apple)は、自分たちが唯一満足できるのはその本を出版しないことだと告げた」と、今回の「簡単な事実確認のため、同書の原稿が送られてきたさい、アップル社はタイトルの変更を求めた。だが、出版元の米ジョン・ワイリー・アンド・サンズ社がこれを拒否したため」じゃ、同じ事を語っていても印象がまるで違うね。
どっちがどっち寄りのバイアスを強めているかは分からないけど、どっちにしても真に「公正な報道」なんてこの世に存在しないんだろうね。

シスが米企業に与える損害は6億2700万ドル?

「『Star Wars』最新作公開で、欠勤者続出の見込み」(japan.internet.com)

ホンマかいな(笑)。
だったらいっそ、ダービーやメルボルンカップみたいにクニを挙げての休日にしちゃえ(ダービーは別に休みにはならないんだっけ? うろ覚え)。

#しかし、何でIinternet.com発の記事なのにITmediaの記事の方が詳しい?

おっぱい星人必携(?)フィギュア

<天上天下FIGURE COLLECTION 《榎木ともひで版》>(海洋堂)

別パーツになっているおっぱいの裏のスプリングでブルブル揺れるそうな。まさに技術の極北といった感じですな。乳揺れの様子はこちら

#乳揺れで思い出したけど、いくら巨乳キャラだからって、SEED DESTINYで乳揺れ作画をするのは間違ってると思ふ。

アメリア・ドナヒーって誰やねん

なんか映画の方は見損なってたんだけど、アメリア役ってまだブレイク前のアンジョリーナ・ジョリーだったんだ。
しかし、ライム以外はみんな名前が変わってるけど、何の必要があってそんなことするんだろ?

ミニカー購入記(2005年5月14日号)

・カバヤ 菓子付きミニカー #5 プジョー307WRC('04 モンテカルロ)
・カバヤ 菓子付きミニカー プジョー206cc グリーンメタリック
つるかめランドで各105円で購入。
206をGetしたんで気がゆるんでたんだけど、307WRCもあるのをすっかり忘れてた。たまたま見つけて良かった。低く構えたシェイプの再現度は206WRCよりイイ感じ。
ccは既にシルヴァーを持っているが、色はこっちの方が好きなので買い直し。

ファンのBlogでアニメの公式カットが使えるように

「テレビアニメ公式カットをBlog向けに大量配信 ファンを巻き込みPR作戦」(ITmedia)

ん? オイラはこの判決を根拠に“引用”なら無問題だと思ってたんだが。出版物と映像とじゃ扱いが違うのかな? ちょっと本気で調べてみようかな。

第44回 静岡ホビーショーあれこれ

「第44回 静岡ホビーショーレポート─タミヤブース」(ミニカーショップ スタイル!!)
「第44回 静岡ホビーショーレポート─エブロブース」

静岡ホビーショーの情報がアップされ始めてますな。気になったアイテムをピックアップ。

  • タミヤから1/22(また、なんつぅツブシの効かないスケールを…)でWGP/MotoGPマシーンのシリーズが。
    もっとも、中の人はイタレリ製。1/64 コレクターズクラブと同じパターン。
    正直、このクオリティの製品に「タミヤ」のブランドを冠するのはいかがなものかと…。
  • マスターワークにM1のフォルトゥナカラーが追加。'04のRC211Vのマスターワークは放置プレイですか?(つД`)
  • あとなんたって隼X-1のマスターワークがっ!(このレポートだと扱い小さいけど)
    嗚呼、これで買ってあるキットに手をつけることは無くなったな(笑)
  • エブロはトヨタR89-CVと日産R88C、ADVANカラーのNSXが楽しみですな
  • エブロの1/10のカブってのにも心惹かれるモノが

なんだかんだと欲しいものイパーイ。困ったもんだ。

これで「ご主人様」が全国区に

「18歳少女3カ月監禁 首輪と鎖で拘束『ご主人様と呼べ』」(goo ニュース)

これがいわゆる「キモヲタ」君の犯行だったら「やっぱり」となるだろうに、この事件を教訓に「イケメンには気を付けろ」とは絶対ならないところに世の不条理不公平不合理を感じるのは、非モテ系のヒガミか?(笑)

#「ご主人様」がらみで、メイドカフェに入り浸るヲタに結びつけて「歪んだ性欲」みたいな結論を導こうとするアフォマスコミが現れるに1票。

なっち、またやっちゃった

《「オペラ座の怪人」の字幕 珍訳集》

「なっち」つってもこっちじゃなくてこっちね。
映画『オペラ座の怪人』でまた超訳をぶちかましてる模様。

しかし、おすぎの言いぐさも凄いな。プロだからこそ質が問われるんだろうが。
つぅかその論法で行くと、「プロが作った映画」にモンク垂れてるお前は何なんだってハナシになると思うんだが。

#あ、リンク先のページからの飛び先には2ちゃんもあるので、会社で見てる方は要注意。

萌えアイテム×萌えアイテム=激萌え‥‥というワケではないらしい

「『モータースポーツの聖地』でメイド喫茶のメイドさんがレースメイドをするらしい」(アキバBlog)

おかしいな。メイド服も萌えるし、レースクイーンにも萌えるオイラがこのニュースにちっとも萌えないのはナゼだ。

トミカとチョロQの結婚

「タカラ:トミーと経営統合へ バンダイ・ナムコで危機感」(MSN-Mainichi INTERACTIVE)

バンダイ×ナムコに続いてタカラ×トミーですか。厳しい時代ですなぁ。
当面コレクターに直接影響は無いだろうけど、もしかしたらフルアクションサンダーバード2号みたいなこだわった製品はもう出ないかも知れないねぇ(´・ω・`)。

ミニカー購入記(2005年5月12日号)

・チョロQ ワールドファイティングビークルシリーズ 陸上自衛隊82式指揮通信車 迷彩塗装
ミスタークラフトで1,260円で購入。
コンバットチョロQよりこだわった作りのワールドファイティングビークルシリーズに82式指揮通信車が登場。6輪がイカニモな感じでカッコイイ。
このシリーズは、ディフォルメ具合とディテイルの細かさのバランスがいいので毎回楽しみ。シリーズ名に「ワールド」と付いてるんだから、早く他の国のヴィークルも出して欲しいなぁ。

「きょうび」が京都弁だっとは知らなんだ

ゆうべの『Matthew's Best Hit TV』内の「なまり亭」で初めて知った。
オイラ、昔から普通に使ってた(ちなみに東京生まれの東京育ち)からてっきり共通語かと思ってたのに。

Palm歴5年目にしての衝撃的事実

会社ではHotSyncをケイブルでやってたんです。

そのケイブルのコネクター部分が壊れたんで買い替えたんです。

うっかりHotSyncボタンの無いタイプを買っちゃったんです。

HotSync出来ないよ! ヽ(`Д´)ノ ウワァァァァン!とか思って数ヶ月放置しといたんです(それで済んでたのもどうかと思う)。

「でも出来ないはずないよなぁ」とか思ってPalmのHotSync画面をしげしげと眺めてたんです。

ふと思いついて画面中央のHotSyncのアイコンをタップしてみたんです。

HotSync出来ました‥‥○| ̄|_。




#ましてや「ケイブルを挿すとHotSync出来るPalmwareはないか?」なんつぅ、間違ったアプローチで解決策を模索してたなんて口が裂けても言えない。

M1のマスターワークは6月23日発売

「タミヤ新製品案内 (2005年6月)」(タミヤ)

う〜む、M1はロッシ車=ミニチャンプス/ノリック車=マスターワークと買い分けるつもりだったんだけど、このままマスターワークが先に出ちゃったらガマン出来るか自信が無い…(ガマンしろよ、大人だろ)。

ほのぼのニュースの裏側

「東京湾の鯨を追い立てる過激報道陣!」(LOHAS in 房総)

福知山線の事故の時も別の意味で問題になったけど、一体何を考えているのやら…。

新潟県中越地震での悪行三昧にしてもそうだけど、今やネットのおかげで自分たちの行状が“世界中に”発信される可能性があることにそろそろ気付よな。

片面2層録画への道は遠い

DVDレコーダーの「片面2層(DL)」メディア再生にちょい不安?(デジタルARENA)

DVDレコーダーの何が不満って、「2時間を超えるソースは画質を落とすしかない」ことなんで、片面2層式が早く普及して欲しいんだけど、下位(後方)互換がこの有様じゃなぁ…。

しかしフリーズしちゃう組み合わせまであるけど、気付かずに突っ込んじゃうことあるだろうに。規格策定側ももうちょっと考えて欲しいよなぁ。

弁当箱(Mac mini)を重箱積み

<MicroNet mini Mate>(MicroNet)

Mac miniとピッタリサイズで、重箱のように重ね置きが出来る外付けハードディスク。秋葉館取り扱い中。

こりゃ(・∀・)イイ! せっかく本体がエレガントでも、大抵周辺機器のせいで台無しになるものね(もっとも最近の懸案はドック類なんだが…)。
ハードディスクだけじゃなく、各種メディアドライヴのリリースきぼん。

#このコンセプトを見てCONIGLIO PCを思い出すオイラはオールドタイプですかそうですか。

富士のピットウォークで見えてきたDiMAGEのアラ

レースイヴェントのように、距離は近いものの光線の具合が千差万別で、アングルやフレイミングに凝りたい被写体(ギャル)から、遠方の動きの早い被写体(クルマ)までの様々な状況でDiMAGE Z2を使って見て、初めて浮き彫りになった気に入らない点をつらつらと書き連ねてみる。

  • ズームのレスポンスが悪い。スウィッチを操作してからモーターが動作し始めるまでにタイムラグがあり、ズーム率をとっさに変更したい際イラつく
  • で、いざ動き出すとモーターの動きが早すぎて、ズーム率の調整が小刻みに出来なくてイラつく
  • レンズが明るい(ワイド側:F2.8/テレ側:F3.7)割には、ギャルの顔をズームを撮ろうとした時、パラソル程度の影でもピントが合わなくなる時がある
  • ジェットAFが自慢のようだが、富士のような長い直線をグランドスタンドから狙うような、割と恵まれた状況でも、動きが追いつかずフレイムアウトしたりピンぼけしたりする
  • モーターサイクルショーの時に気付いて、今回も気になったが、どうもフラッシュをカメラ任せにすると、焚いて欲しいときに光らず、焚いて欲しくないときに光る時がままある(しかもフラッシュを焚くとてかり過ぎてしまう)
  • 影が結構ノイジィな画になる

等々、いずれも銀塩時代に使ってたオートフォーカス一眼レフ(EOS)や、それまで使っていた単焦点・ズーム無しのデジカメでは気にならなかった(まあ、印画紙→ディジタルへ移行したことで、撮った写真の閲覧環境が変化したことや、こちらのウォンツの変化もあるとは思うのだが)のに、Z2のような中級機にしたばかりに気になる「帯に短し襷に長しぶり」が表面化し、イッキに一眼デジカメが欲しくなってしまった(まぁ一眼にしたから解決するモンダイとは限らないけど)。
でも、「買って1年しか経って無いからなぁ、ガマンガマン」とか思ってたら、「どんなデジカメでも1年経ったら価値は半減以下。1年で使い切るつもりで」なんて心強い(?)おコトバが(第一、1年もたたずに生産完了にするようなメイカーに義理立てする必要もないわな)。無事ボーナスが出たらEOS Kiss Digital Nでも買っちゃおうかなぁ…。

いまさら「メイカー完売」品が並ぶ不思議

某ミニカーショップを覗いたら、とっくの昔にメイカー完売になっていてプレ値で取り引きされてる、エブロの人気アイテム'04 ザナヴィ ニスモ Z、モチュール ピットワーク Z(いずれも前期)、エプソン NSXとかがフツーに売られてた。しかもそのショップの通常通り2割引で。
いったいどこが隠してた在庫が出てきたんだ? それともエブロが増産したんか? どっちにしても、なんかイヤな感じだなぁ。

1/1 スコープドッグの威容

長かったゴールデンウィークの締めとして、水道橋まで1/1 スコープドッグ(正確にはブルーティッシュドッグカスタム)を見に行く。

いやはや、とにかくデカい。

劇中やトイで人間との比率は分かってるつもりでも、やはり実際のサイズで見ると、その迫力にただただ圧倒される。
以外と(失礼)パーツの密度が高く、ハリボテ感が全くないのもビックリ。ニーパッドなんかのアール部分が叩き出しで出してあるナマナマしさと、塗装されていない素材の地肌や溶接跡のムキ出し感が、かえって「遺棄されたAT」的雰囲気を醸し出していて、「ちゃんとメンテすれば動くんじゃないか?これ」とまで思えてくるのがスゴイ。
ATってのは、「ロボット」としてはかなり現実味のある(?)デザインとサイズなだけに、カタチになって見ると、その完成度の高さからも「あってもおかしくない」オーラがビンビン出てた。

「デカいフィギュア」として評価するか「オブジェ」として評価するかで、意見は色々出るとは思うけど、アニメのロボットが原寸でそこに立っているという画は一見の価値有り。いいもん見せてもらったご祝儀にポスターを購入。

JGTCトイの利権を巡る醜い争い?

先日ネタにしたトミカリミテッドのJGTCカーの発売予定が何らかの「大人の事情」により大幅に変更に。

発売日品番車名
6月25日0054TAKATA童夢NSX
0055G'ZOX・SSR・ハセミZ 04年仕様
7月23日0056ARTA NSX 05年仕様
0057EPSON NSX 05年仕様
0058レイブリック NSX 05年仕様
8月27日0059カルソニックインパルZ 05年仕様
0060G'ZOX・SSR・ハセミZ 05年仕様

え〜、スープラ勢が全滅してますな…。
一部にはバンダイの陰謀説が囁かれてるようだけど、もしホントだとしたら、後からしゃしゃり出てきて何をエラそうにしているのだ、バンダイは。

スナップオンのミニチュアツールボックスのスケールは1/8

SuperGTを見に行った富士スピードウェイに出店していたスナップオンのブースで、こないだネタにしたミニチュアツールボックスが20,000円のセイル価格で売られていたのでGetしてしまう。
「実は引き出しが全部開くわけではない」とか「工具も一部はモールド処理」など、「開けてガッカリ」な点が無きにしもあらずだけど、基本的には良く出来てておおむね満足。
Quantoにはスケールが明記されてなかったけど、箱にはしっかりと1/8の記載が。
ありゃ、つーことはミニチャンプスギロイの1/6だと小さくて、ギロイの1/10だとオーヴァースケールなのねん。
一番近くてイタレリの1/9だけど、わざわざ作る気はしないしなぁ(しかもイタレリ製ぢゃ…)。ま、1/6と1/8なら誤差の範囲内だから、1/6のバイクと組み合わせちゃえばいいか。

#展示品かなんかの特価品だからしょうがないんだろうけど、小物に欠品があることくらいあらかじめ言ってくれや(つД`)。>スナップオン

高速道路で見たバッドユーザビリティ

  • 高速の料金自動支払機において、挿入方向はともかく、挿入面を選り好みするなんて、どこのバカが考えた仕様か?
  • 「ここから2輪車の二人乗り禁止、この出口で下りてください」って掲示を、出口真横の電光掲示板だけで表示したってイミなんだろがっ

小田倉タン来ると知ってりゃ、ギャルパラピンナップも持ってったのに(´・ω・`)

新装なった富士スピードウェイで開催されたSuperGT第2戦 富士GT 500kmレースを見に行ってきたので雑感などを。ちなみにGT観戦は96年のSUGOで一度見て以来。

さすが日本で唯一「見せ物としてのレース」の「魅せ方」が成功しているケースだけあって楽しかった。
なにせカッコイイレースカーとキレイなおねえちゃんという、漢の浪漫を刺激する2台アイテム(はいはい、性差別的な発言すんませんね)がこれでもか! というほど見られるのだから楽しくないワケがない。
純粋なレースファンの中には、「レースに半裸のギャルなんぞ無用!」という硬派な意見の方も多かろうが、今や盛り上がる重要なファクターであることは確かなのでブログ主は容認派。
なんだかんだ言っても、レーシングカーとレースクイーンなんて、研ぎ澄まされた美しいもの同士が並んでいる様子は画になるし。
GTフラッグ入場の写真正直言うと、GTイメージガールがCDまで出すのはハシャギ過ぎぢゃないの? とは思っていたのだが、そのテーマソングが流れる中P-ch!がGTフラッグを持ってコースを通り過ぎていくとグリッドガールが整然とグリッドに向かい、そこにGTカーが爆音轟かせてやってくるカッコ良さにはおじさん鳥肌が立っちゃったよ(単純)。
インディのセレモニーのような歴史の重みや突き抜けたハデさには欠けるけど、これはこれで日本らしくていいんじゃないかな、と。

とにかく、観客に喜んでもらおうという関係者の熱意が感じられるのが○。
GPのピットウォークだと、ライダーなんてほとんど出てこない(特に決勝日だと)のに、決勝直前にも関わらず、ほとんどのドライヴァーが気さくに写真撮影やサインに応じてる姿にはホント頭が下がる。
シリーズ全戦でやってるのかは知らないけど、車&ドライヴァーとレースクイーンの待機場所を分けることで、「目的」が違う人たちが一斉に押し寄せて収集が付かなくなることを避ける工夫をしていたのも感心。
純粋なスポーツ(?)と違い、「客が入って(ひいては広告効果が上がって)ナンボ」のモータースポーツは、レース自体の面白さを含め、客をどんだけ楽しませることが出来るかがキモなんだから、他のレース関係者が見習うべきことは多いのではないかと感じた。

それにしてもさすがGTのレースクイーンは粒ぞろいで目移りしちゃうねぇ(*^_^*)。
そういや、メディアでもないんでもないパンピーのシャッターにも「ありがとうございま〜す♪」と挨拶を返すのにはビックリした。教育が行き届いてますなぁ。
しかし、GPやモーターショウとかでギャル対カメコの図式は見慣れてるつもりだったけど、GTでのカメコの熱気はチト異常すぎやしないかい? さすがのオイラも引いたよ。

#ところで、あーゆー物販ブースでプレ値のミニカーを定価の商品と何の説明もなく一緒くたに並べて展示するのはあまり感心しないぞ。>M-Collection

ミニカー購入記(2005年5月3日号)

『週間チャンピオン・バイク・コレクション』 No.18 1/24 #41 ヤマハYZF-R7('00 WSB)
アソビットシティ2番館で1,790円で購入。
前号のVTRに続きイクソ通常品より先駆ける形になった、4ストではめっぽう速いが2ストでは‥‥だったハガノリが駆ったR7。
芳賀もその実力と人気の割にはタイトルに縁が無い不運な人。今年もスズキの好調振りに押されてイマイチ目立たないし。個人的にはあのラフな走りはあまり好きじゃないんだけど、ヨーロッパじゃエライ人気があるらしいし、がんばって欲しいもんだ。

ソリド 1/18 レーシングコレクションシリーズ

ソリドから1/18で1,150円という安価なWGP/MotoGPマシーンのリリースが決定。
ウェブにカタログ写真をアップしてる某ショップの画像を見る限り、マイストとどっこいどっこいと言ったデキっぽい。
まぁ現物を見て、デキ次第では1台くらい押さえておけばいいって感じかな?

« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »