2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ブログパーツ

無料ブログはココログ

« タレの香り漂うコンビニ | トップページ | ミニカー購入記(2005年7月29日号) »

スコタコ温故知新

遅ればせながらタカラアクティックギア スコープドッグを購入。
サイズと降着ポーズを含めた可動範囲の大きさの割にはプロポーションもまとまっているし、ディテイルの情報量も適切でなかなかの秀作。良く言われているように、仮想敵(?)のハイコンプロと比べてしまうと、情報量的に「アクション+アーティスティック」なんてネイミングが名前倒れに感じてしまう面があるのは否めないけど、ブログ主はハイコンプロのスジボリ(とスジボリへの墨入れ)はかえってスケール感を損なってると感じてるので、このくらい控えめなモールドのほうが好ましく感じる。
ただ、このスケール(1/48)をチョイスした意味が全く不明。遊びやすさやヴォリュウム感を出す意味からも、もう一回りか二回り大きいサイズの方がベストサイズのような気がするんだけど。
あと、やまと1/12 スコープドッグと言い、最近のスコタコの立体物のプロポーションに対する「解釈」は、どうもブログ主が抱いている適正プロポーションよりスマート過ぎるのがチト不満。これはまぁ、あくまでも主観だからしょうがないけど。

で、リアルタイムでボトムズに親しんだ世代が、このくらいのサイズの立体物と言って思い出すのが、名作ボトムズガムのキット。20年の技術差を見比べるために手持ちのボトムズガムのATと記念撮影。

アクティックギア スコープドッグとボトムズガム マーシィドッグの写真

スコープドッグ(レッドショルダーカスタム)は残って無かったので、マーシィドッグとパチリ。
ガムのオマケと比べてもしょうがないけど、さすがにAGはディテイルがシャープで細かい。

アクティックギア スコープドッグとボトムズガム ブルーティッシュドッグの写真
フィアナ〜!
でも、ことプロポーションに関してはボトムズガムの方が「正解」な気が…。

色々モンク付けたけど、ターボカスタムとサンサ戦仕様を出してくれりゃ神に認定するから頑張ってシリーズ続けてくれ。>タカラ

« タレの香り漂うコンビニ | トップページ | ミニカー購入記(2005年7月29日号) »

コメント

懐かしいですねぇ、ボトムズガム。僕も買ってましたよ。
確かにスコープドックって、あのボッテリした感じが
重量感になって、「メカ!」って感じで良かったんですよねぇ。

当時のプラモは、ボディ側面(腕をつける所)が別パーツで、
接着剤を使っても接合部が弱かったなぁ・・・。
って、アレはスコープドックじゃなくて、ダグラムのソルティックだっけ!?

そうなんですよ〜、スマートなロボっていうより兵器の無骨感を出して欲しいんですけどね〜。

腋のパーツ分割がどうなってたかは忘れましたが、確かにタカラのキットは、パーツの分割が細かくて、ガンプラよりMMモデル並の作り応えがあったような覚えがあります。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16457/5203914

この記事へのトラックバック一覧です: スコタコ温故知新:

« タレの香り漂うコンビニ | トップページ | ミニカー購入記(2005年7月29日号) »