2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログパーツ

無料ブログはココログ

« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »

2005年10月

カフェリ190 感動の名車コレクション 第2弾

<ブルボン/カフェリ190 感動の名車コレクション 第2弾>(e-ministop.com)

あら、知らない間に第2弾が。
今回のテーマは「栄光のジャパニーズスポーツCar」だそうな。
ラインナップは、

  • '67 トヨタ2000GT・シルバー
  • '66 トヨタ2000GT・世界速度記録車
  • '68 トヨタ2000GT・SCCAレース仕様
  • '71 セリカ1600GT・ブルーメタリック
  • '71 セリカ1600GT・イエロー
  • '71 セリカ1600GT・ホワイト
  • '72 セリカ1600GT・レース仕様
  • '83 スプリンター・トレノGT-APEX・レッド
  • '83 スプリンター・トレノGT-APEX・シルバー
  • '83 スプリンター・トレノGT-APEX・峠仕様
  • '83 スプリンター・トレノ・フレッシュマンレース仕様
  • '89 スカイラインGT-R(R32)・ガンメタリック
  • '89 スカイラインGT-R(R32)・ブラック
  • '94 スカイラインGT-R V-Spec II(R32)・ホワイト
  • '94 スカイラインGT-R V-Spec II(R32)・シルバー
  • '90 スカイラインGT-R(R32)・レース仕様
  • '71 スカイラインHT2000GT-R・シルバー
  • '71 スカイラインHT2000GT-R・ブラウン
  • '72 スカイラインHT2000GT-R・レース仕様
  • '90 ホンダNSX・シルバー
  • '90 ホンダNSX・レッド
  • '90 ホンダNSX・ブラック
  • '92 ホンダNSX-R・ホワイト
  • '78 サバンナRX-7・グリーン
  • '78 サバンナRX-7・レッド
  • '78 サバンナRX-7・ホワイト
  • '81 サバンナRX-7・スパ・フランコルシャンレース優勝車
  • '68 いすゞ117クーペ・シルバー
  • '68 いすゞ117クーペ・イエロー
  • '68 いすゞ117クーペ・ブルー
の8車種30種類。
なんか、どっかで見たような車種ばっか(;´д`)。
出遅れちゃって一瞬焦ったけど、今回は欲しい車種が無いからスルーでいいや。やれやれ。

WONDA 赤と青の名車コレクション

グーグル様に聞いてもオフィシャルなリンク先が見あたらないのでメモだけ。

WONDA SHOT & SHOT(青)とMORNIG SHOT(赤)を買うとミニカーが付いてくるキャンペインがコンビニでスタート。
SHOT & SHOTにはトヨタ2000GT、トヨタカローラレビン、ホンダシビック、ホンダS800、マツダサバンナRX-7、いすゞ117クーペ(色は全て青)が、MORNIG SHOTにはトヨタ2000GT、トヨタカローラレビン、日産スカイラインGT-R、日産フェアレディZ、ホンダS800、マツダサバンナRX-7(色は全て赤)が付いてくるもの。スケールは不明。1/87より一回り小さく、月間自家用車×ローソンタイアップのとほぼ同スケール。

試しに1本買ってみたら、月間自家用車×ローソンタイアップのよりはモールドやディテイルの歪みが無くて好感持てるけど、とりたててコンプリに走りたくなるよなデキでは無かった。「特定車種コレクターが好きな車種を狙う分にはいいんじゃない?」レベルかな。

ミニカー購入記(2005年10月30日号)

・ノレブ 1/43 #1 シトロエン クサラWRC('05 モンテカルロ)
アート・ミニカーGINZAで5,880円で購入。
今季、現時点で15戦中9勝の圧倒的な強さでドライヴァーズチャンピオンを決めたセバスチャン・ロゥブ駆るクサラWRCがノレブから登場。
その強さもさることながら、マイケル・パークの死亡事故で中断となったラリーGBで、このイヴェントで優勝すればドライヴァーズチャンピオンを獲得できたロウブが、中断時にトップだったにもかかわらず、そのような形でチャンピオンの座を得ることを潔しとせず、あえてペナルティを受けて順位を落とすというスポーツマンシップも印象的だった。
04年型はビテス版を買ってしまっていたので、ノレブ製のクサラは初購入。近年のノレブ標準クオリティで細部まで良く出来てるとは思うものの、イクソの倍という価格の価値があるかというとやはり微妙。まぁ、シトロエンのオフィシャルモデルサプライヤーということに敬意を表して目をつぶるけど。
それにしてもなんでラテンブランドは全般的に価格設定が高いんだろう?

・京商特注ミニチャンプス 1/43 #4 B・A・Rホンダ007 “Japan Power”('05 F1)
アート・ミニカーGINZAで3,528円で購入。
去年は鈴木亜久里以来14年ぶりにF1で表彰台を獲得、今季はいよいよ日本人初の表彰台の真ん中か? と期待されたものの、マシーントラブルや果敢さが裏目に出たクラッシュが相継ぎ、終わってみれば獲得ポイントはなんと1ポイントと結果が残せず、フェラーリからバリチェロが移籍してきた上バトンはウィリアムズへの移籍を翻意したため結局ホンダのシートを失ってしまった佐藤琢磨のBARホンダ007が、京商特注でなんとビックリ年内に登場。
カーボン調の地の紙パッケイジに“Japan Power”の文字がデカデカと入ってるのが特徴。今年の日本GPでは、鈴鹿特注ではなくこの“Japan Power”が500台先行販売されてたようだけど、何か違いがあるのかは不明。006のバーコード仕様と違いレーシングレボリューションマーキングなのがナイス。
琢磨車に関してはミニチャンプスも相当色気を出しているので、007もそんなに慌てなくても入手出来そうだし、コレクション価値的にはミシュランや鈴鹿なんかの特注品を狙うのがカシコイのだろうけど、「無理せず手に入れられる物を地道に」がモットーなので、予約が利いた今回の京商特注を押さえたもの…はいいんだけど、ノーズの先端のシャープさが足らないのはダイキャストの限界? F1カーの印象を決めるキィポイントだけにちょっと残念。あと最近、ミニチャンプスも個体差のバラ付きが大きくなってない? 結構デカール欠けやの塗りムラとか目立つのがあった。
ところで、実際のレースでは、レーシングレボリューション仕様は、新空力ディヴァイスが採用されて以降だけど、これはF1コレクター的には考証ミスの部類なのかな? それともタバコ柄がダメだから止む得ない処置?

・スパークモデル 1/43 #18 ダラーラLMP−ジャッドGV4('05 ル マン)
タムタムで4,872円で購入。
ここ数年のトレンドに合わせ、ダラーラLMPも翼端版がリアカウルから伸びるようになったのでバリとして買おうかと思ったものの、去年モデルはカラーリングがいまいちシュミじゃなかったのでスルーしたけど、今年のカラーリングは気に入ったので購入。

・タミヤ マスターワークコレクション 1/43 #33 ヤマハYZR-M1('04 MotoGP)
タムタムで6,552円で購入。
マスターワークから先月のチェカ車に続いて04年のメランドリィ車が発売に。
チェカ号はニューレイのを買ったのでマスターワークのフォルトゥナカラーはメランドリィ車をチョイス。やっぱカウルのダクト部分のデカールなんか絶対こんな風にキレイに貼れないよなぁ。

こんなところで周平君が

チャンネルのザッピングしてたら、『なりギャル.TV』って番組に青山周平が出てるのを偶然発見。いやはや、あまりの偶然にビックリ。

番組サイトを見ると、この番組出身のガールズユニットのC-ZONEってのが今年の8耐でハルクプロのマスコットガールやってたらしんだけど、1度も見かけなかったなぁ。

はるまき的WPC EXPO 2005の楽しみ方

興味のあるフォーラムがあったので、何年かぶりにWPC EXPOを見学。そこでブログ主的に食い付いたネタをご紹介。

ノマドディアブロイオタGTRの写真

ノマドディアブロイオタGTRのミニカーの写真

ノマドSUPER GTのプロモーションでディアブロイオタを展示(JGTC仕様じゃないのはご愛敬?)。
自社の宣伝は特にしてなくて、フェラーリグッズの当たるゲームでアンケイト取ってた。でも1等賞は京商のディアブロイオタのミニカー(笑)…って、おいおい、もう出来てたんかい?
このアンケイトがまたふるってて、「生で見たいレースは?」の問いに、F1、スーパーGT、スーパー耐久等々が並んでるんだけど、中に「FIA世界選手権」ってのが。ハァ? F1もFIA世界選手権ですが? 一体これは何を指そうとしてたんだろう? WRC? GT?

アーティングのパネルの写真

思わぬところで本山の写真発見。偶然(?)ノマドの裏はFポンインパルをサポートしてるアーティングのブースが。
ここ、競馬予想投資ソフトなる少々怪しげなものを売ってるんだけど…(^_^;)。

ちなみにエプソンのブースではエプソン・ナカジマレーシング絡みのプロモーションは皆無。NSXの出力サンプルくらいはあるかと思ったんだけどなぁ。

しっかし、しばらく来ないでいたら、出店企業も少ないし中身も全然面白くなくてビックリ(まぁ、つまらなくなったから来なくなったのではあるけど)。だいたい前は床にカーペット敷いてなかったっけ? カーペット無いせいで、なんかえらいビンボくさかった。
こんな有様じゃ、吉本の芸人やらレイザーラモンHG呼んで客引きするような、なりふり構わなさにもなっちゃうわな。

北風と太陽の寓話を引用したがるヒト多いけどさ

「三木谷さん、北風と太陽は読んでないの」(goo ニュース)

どうせ身ぐるみ剥がれるなら優しくされた方がマシって意味なのかな?

#「どっちにしても旅人にとっちゃ大きなお世話」と喝破したナンシー関は偉大だったなぁ。

CBF1000!

<ホンダ CBF1000 ABS>(ホンダ 第39回東京モーターショースペシャルページ)

をを〜、CBR1000RR譲りのエンジンのツアラーとな!?
こりゃVFRの次の候補にいい鴨。

#まぁ、当分買い替える予定は無いけど。

@niftyのnoteブックサービス終了

「【重要】noteブック終了のお知らせ」(@homepage)

え〜、「人に見せられない日記」はnoteブック使ってたから無くなると不便なんだけどなぁ。

新しいサイクロン号

「映画「仮面ライダー THE FIRST」キャラクター設定」(映画「仮面ライダー THE FIRST」オフィシャルサイト)

いくらなんでも2号のロケットカウルはデカすぎぢゃない? まるで族車やん。
あと、サイクロン2号と言いつつ、画像は1号になってるぞ。一瞬CB1300を後方排気にしたのかとビックリしただよ。

悪いのは日経BPかはたまた銀行か

WORLD PC EXPOで聞きたいフォーラムがあったので受講申し込みをし、料金を払おうと持ってる口座のオンラインバンクで振り込もうとしたら、請求資料に記載された口座名義が漢字なもんでカナで入力してみると「今の時間だと照合が出来ない」と言われてしまう。
まぁ、口座番号さえ間違ってなければ問題なかろうと処理を続けると、日経BPが振込人名義の前に付けるよう指定した請求書番号が、そのオンラインバンクの指定可能文字列(10文字)を越えていて(11文字)結局振り込みが出来なかった(-_-#)。一体、この不愉快さはどっちにぶつけりゃいいんだ?

tohotheater.jpのナビゲイション設計したヤツ、そこへ直れ

前売りを取り損なった『ウォレスとグルミット 野菜畑で大ピンチ!』東京国際映画祭での当日券を確保しようとtohotheater.jpにアクセスして購入ボタンも押すも、大混雑で帰ってくるはビジーのメッセイジばかり。
それはまぁ仕方ないとして、ようやく購入画面に繋がって席(のブロック)を指定、枚数を入力して次に行こうとすると「空いてないから取れない」と言われるがこれもまぁ仕方がない。
問題は、そこからブロック指定の画面に戻れず、終わるかイチからやり直すしか動線が用意されていないので、また購入ボタンを押すところまで戻されてしまうので、延々とビジーのメッセイジを見るハメになってしまうというタコなナビゲイション。
結局延々とこれを繰り返させられ、とうとうSOLD OUTになってしまう(-_-#)。
一体何を考えて席指定のステップに戻れるようにしなかったのか納得行く説明をしてもらおうかゴルァッ!(ノ`д´)ノ彡┻━┻

エラー画面のスクリーンショット

『コンバット!』が毎日見られる幸せ♪

《【懐かし海外ドラマシリーズ】コンバット!》

おお〜! 久々『コンバット!』がテレビで、しかもBSで、さらに毎日やるなんて!!
どうやらリマスタリングされたソースらしいし、これで気まぐれで出るDVDをアテにせず高画質の『コンバット!』の好きなエピソードを残せるのね(感涙)。

#しかし毎日だと結構消化するのが大変そう(^_^;)。

ミニカー購入記(2005年10月21日号)

・全日空 1/500 ボーイング747-400D ANAポケモンジェット“お花ジャンボ”
astyleで送料込み9,030円で購入。
ポケモンジェット第4段として2004年12月から就航した“お花ジャンボ”が、全日空純正ダイキャストモデルプレインシリーズから登場。
純正(中の人はヘルパウィング)だけあって、公募で選ばれた小学生によるデザインの、お花畑で遊ぶポケモンが全面にあしらわれたカラフルかつ細かいグラフィックが、タンポ印刷によって細部まで見事に再現されてて見ていて楽しいモデル。
代を重ねるごとにデザインがハデになってってる気がするけど、次はいったいどうなっちゃうんだろうか?(^_^;)

ラリージャパンをマシーンで振り返る

「RALLY JAPAN 2005 全車総覧」(AUTOSPORT Web)

おお、こりゃありがたい。専門誌でも全車紹介されることってなかなか無いからね。

こんなにMac mini似で良くアップルが放っておくなぁ

「【コラム】自作パーツ実験室 第34回 AOpen MINI PC - "mini"のサイズ・デザイン・高性能がついにDOS/Vでも(1)」(MYCOM PC WEB)

「Mac miniを彷彿とさせる」とか、「どことなく見覚えのある底面」とか、なんでこんな奥歯に物が挟まったような言いかたするんだろ? どう見てもパクリなんだから、ハッキリそう言えばいいのに。

なにを全日空商事は謝ってるんだろう?

1/500のお花ジャンボを予約注文してる全日空商事から「商品の製造都合によりご迷惑をおかけしております」旨が記載された詫び状が届く。で、商品は10月20日〜21日の間に発送するとのこと。
ん? お花ジャンボの発送って、元々10月下旬じゃなかったっけ? 20日出荷なら予定通りじゃん。
どっかの業界に爪の垢を煎じて飲ませたい律儀さですなぁ。

ローソン×ヤマハの1/12 FZR750一発必中

当選画面の原寸画像へのリンク

(*・∀・)人(・∀・*)イエイッ!

いやはや、今回は最初に買った8本でレアアイテムのFZR750とシークレットのYZR500が出たし、効率よかったなぁ。

#普段クジ運悪い方だから、こうブラインドの食玩の引きがいいのが続くと不安になってきちゃう(笑)。

いくら安くてもロシア製ロケットぢゃねぇ

「堀江氏、『ジャパン・スペース・ドリーム』を設立、数年以内に宇宙へ」(MYCOM PC WEB)

宇宙船は前述のように、NPO Mashinostroyeniaが開発・保有している「Almaz Capsule」を使用する。同機関は1944年の旧ソ連時代に設立され、当初は巡航ミサイル、その後、大陸間弾道ミサイル(ICBM)やロケット・宇宙船も開発してきた。Almaz Capsuleも軍用として使われていたもので、1974年から83年にかけて、4機の打ち上げ実績があるそうだ。

いわば「中古」での利用となるが、この宇宙船を採用したことに関し、堀江氏はすでに実績があり、安全性が検証済みであることをあげる。「既存の技術、使い古されている技術、いい意味で枯れている技術がポイント」と同氏。


((((; ゜Д゜)))ガクガクブルブル
こーゆーセリフは『ドラゴンフライ』でも読んでから言ってくれ。

iTMSでお買い物

iTMSカードの写真"iTMSカードを使って初めてiTunes Music Storeで買い物をしてみる(親の頼まれものなんだけど)。
だいぶ前にQuickTime Proを米Apple Storeで購入した時のアカウント情報を日本向けに更新する手間があったり、購入の手順について若干説明不足な点はあったものの基本的には使いやすく、一度体験すれば病みつきになること請け合いの簡便さ。
なにやら更新中とやらで買えない楽曲があって、そういう場合ショッピングカートでの一括購入が出来ない、なんてこなれてない部分も見受けられるけど、さすがアップル、ユーザビリティ自体はかなり良い方だと思う。

たかが16ケタのコードのためにプラスティックのプリペイドカードを消費するのが、なんとなく地球に優しくない気がしてちょっと気になるけど、これはあれだ。テレカみたいにオリジナルデザインを可能にしてキャラクターグッズとしての価値を高めて、チャージした後も残したくなるようなソリューションを構築すれば解決だ!(そうか?)

あとはソニーポニーキャニオンなんかが、ケツの穴の小さいこと言ってないで、とっとと楽曲を提供してくれれば言うことないんだけどなぁ。
どうせMoraはMacサポートしてないんだから、Macユーザーに楽曲を売るルートとしてiTMSを利用すりゃみんなハッピィなのにね。

週間検索通信(2005年10月14日号)

先週・先々週と1件ずつくらいしか検索されてなかったので3週分まとめてご紹介。

[2005年10月12日]
・「ディック」
#フランシスならいくつかレヴュウが。お役に立ったのなら良いのですが。

・「club-F」
#う〜む、特にキャンギャル写真ページはアピールしてないのに、どっからclub-Fのキィワードで辿り着いたんだろう…(^_^;)。

[2005年10月06日]
・「島田」
#島田荘司かなんかをお探しだったのかな? すみません、国内物にはとんとうとくて。

[2005年10月02日]
・「プレストン」
・「コブラの眼」
#タイトルは何となく引っかかっていたんですが未読です。でも評価が高いのでそのうち読むかも知れません。

・「悪魔の遺伝子」
#未読です。

[2005年10月01日]
・「マジョレット」
#ミニカーのブランドは基本的には英語表記なので、「Majorette」で探してもらえればお探しのものが見つかったかも知れないんですが。

・「深夜」「深夜プラス1」
#読んだのかなり前なのでレヴュウは無いです。オールタイムベストに『もっとも危険なゲーム』のレヴュウならあるのですが。でも、ハードボイルドの傑作だと思います。

[2005年09月30日]
・「AUDI」
#ル マン出場車しか持ってませんが参考になりましたか?

・「燃える男」
#これも読んだのがかなり前なのでレヴュウは無いです。でも間違いなくオススメ出来る傑作です。未読ならばぜひ!(^_^)

・「極大射程」
#そういばキアヌ・リーブス主演で映画化ってハナシはどこ行っちゃったんだろう…。

[2005年09月22日]
・「写真コーナー」
#あー「写真コーナー」だと探せなかったかも知れませんね、すんません。

失われたウォレスとグルミットのセットや小道具…(つД`)

「『ウォレスとグルミット』の倉庫で火事、セットや小道具が焼失」(CNN.co.jp)

ガ━━━━━(゜Д゜)━━━━━ン !!!!
も、もったいなさすぎる…。

しかしニック・パークのコメントは大人だなぁ。

在りし日のセットの写真

このセットももう見られないのか…。

#こんな重大なニュースを取り上げない日オフィシャルサイトってどうよ?

『隔週刊チャンピオン・バイク・コレクション』第32〜33号の予定

「第32号 アプリリアRSW250 '99 ヴァレンティーノ・ロッシ」(DeAGOSTINI)
「第33号 アプリリアRSV1000 '02 芳賀紀行」

偶然にも2号続けてアプリリア、しかもイクソ通常版で未リリースのアイテムなので押さえようかな。

#RSWの金型あるんなら原田車も出しておくれよ、デアゴ(´・ω・`)。

あとは1/12 FZR750を当てるだけ

ローソン《ヤマハバイクコレクションキャンペーン》が始まったので、早速対象商品を1本ずつ購入。珍しくその1回で狙っていたレアアイテムのFZR750とシクレのYZR500のGetに成功。これで欲しいアイテムは手に入ったので基本的には買い足さずに済みそう。

FZR750の写真
'85 FZR750(TECH21)
YZR500の写真
YZR500(ケニィ・ロバーツ)

#と思いきや、うっかりローソンのレシートを捨ててしまった…○| ̄|_ 普段は滅多にレシートその場で捨てないのに、なんで今回に限って…。

ミニカー購入記(2005年10月9日号)

MICRO X TECH 1/35 パームトップR/Cアーマー ジープウィリス
アソビットホビーシティで4,788円で購入。
ドラゴンの小スケールラジコンシリーズであるパームトップR/Cアーマーの新作は、ウイリスジープをミリタリィモデル標準スケールの1/35で再現。クオリティはドラゴン標準で仕上げは若干雑気味ながらプロポーション自体は、スケールモデルと称しても決して恥ずかしくないデキ。
極小スケールのラジコンもいまや珍しくなくなったけど、ジープみたいなオープンボディで、しかもインジェクションキットばりのプロポーションとディテイルを持ったスケールモデルがラジコン操作可能というのはやはり斬新。やはり勢いがあるメイカーの出すものは面白いものが多いなぁ。

撮影会初体験

今日は、さらなる撮影技術向上を目指し、手持ちのレンズの特性を把握したり、こないだ買ってみたストロボディフューザーの効果の程を掴むための体系的なテストするという崇高な目的意識のもと、club-Fのモデル撮影会への参加を試みた‥‥‥でへ、小田倉様美しかったな〜(*´∀`)。<要はそれが目当てか

サーキットみたいにカメコが大勢いてポジション争いとかで気分悪くなるだけだったりしてもアホらしいので、とりあえず様子見で4部制(午前・ロケで2部/午後・スタジオで2部)中、3部のみに参加してみたが、参加者は自分含めて6名(えらい少ない気がするけどたまたま? こんなもんなの?)だし、やはり撮影会まで来るような人は真摯なファンなので気持ちよく撮影出来た。
さすがにスタジオの理想的な照明のもと撮影した写真は、野外やイベントホールなんかとは格段に写りの比較素材として参考になるし、何より、何の遠慮やてらいもなくじっくりと枚数を撮れるのがありがたい。
本日のチェックポイントとしては、

  • 同画角でのシグマ 18-200mm F3.5-6.3 DCと35-135mm 1:4-5.6 EFの比較
  • ルミクエスト ソフトスクリーンの効果
  • 露出補正にチャレンジ
  • AdobeRGBとsRGBの比較
の4点。
結果的に、レンズ差は正直ようわからんかった。
ディフューザーは、そもそもちゃんとライティングされてるので有意な差が出なかった。むしろ暗い場所なんかでテストした方が良くわかりそうな感じ。
露出補正については、女の子の肌はやはりこまめに設定した方がキレイな肌色が得られそうなことが分かったものの、逆にヘタにいじるとヤケドしそうでもあるので、こういうスタジオ撮影でも無い限りは積極的に使わなくても良さげ。
カラースペイスについては、sRGBの方が若干鮮やかな印象。ディスプレイ上での使用が前提ならディフォルトのsRGBで十分かも。
等々有意義な知見が得られ、所期の目的は十分果たせた。

そういえば、途中何度か光量は足りてるはずだし、露出はお任せなのはその前後と変わらなかったのに、どっちのレンズでもオートフォーカスが全然効かなくなった時があったけどあれ何が悪かったんだろう?

全知全能なる原監督

「原監督就任会見『全知全能かけ戦い抜く』」(goo ニュース)

“全知全能”ならそりゃ優勝も間違いなしデスネ

バクシードもバカにしたもんじゃない

とゆーわけでバンダイスープラが組み上がる。
バクシード バンダイスープラの写真
スナップフィットだしこの部品点数で「組み上げる」ってのもオコガマシイけど、キット組んだのは数年ぶりなので、これでも結構お腹いっぱいになった。以外にプロポーションが良いのにも感心。こんな薄っぺらい3次曲線のカナードが一体成形ってのにもオドロキ。
それにしても、こんな1/24クラスの、しかもグラフィックの無いマシーンのスポンサーシールすら微妙に曲がるわ左右同位置にならないわでいやんなる(;´д`)。改めて中国のミニカー工場の女工さん達の苦労には頭が下がる。
しかしこんな有様で、失敗が怖くていまだ手を付けてない1/43のCLRなんかマトモに貼れるんだろうか…。

せっかくスポンサードしてるのにねぇ

プラモデル・ラジコンショーで買ったバンダイスープラのバクシードを組んでたら、エブロのシールがあることに気付く。
なんだ、バンダイスープラにもスポンサーフィー払ってるんぢゃん。それなのにリリース予定がなかなか立たないとなると、やっぱ背後にバンダイの陰謀があるんぢゃないかと勘ぐっちゃうよねぇ(笑)。

マークス? ペテル? ソレハイッタイダレデスカァ?

「マークス・グロンホルム」に「ペテル・ソルベルグ」…、いったいフジの『スポルト』が報じたラリーはどこの世界のラリーのハナシなんだろう?

デジタルフォトプリントを試す

8耐の時にキスデジNで取った画像を試しに何枚かプリントしてみた。使用した機械はビックカメラに置いてあったPrint Rush
コンパクトデジカメで撮った画像をプリントしたものを見せてもらったことはあるものの、自分のデータをプリントしてみるのは始めて。
コンデジ(150万画素)のデータでも、キャビネサイズなら解像度的には全く問題無いのは知っていたものの、もはやパっと見は銀塩をプリントした印画紙と遜色ない仕上がりを手にすると、改めて技術の進歩に感心する。
ただ、データで見るより肌の色がくすんで見えてしまっている(特に陰った部分)のがチト気になる。選んだ写真がたまたまそうだったのか、RGB→CMYKの誤差なのか、はたまた機械の特性なのか。もうちょっといろんなデータをプリントして特性を把握してみようっと。

ミニカー購入期(2005年10月1日号)

・イクソ 1/43 フェラーリ 512BB #71('92 ル マン)
ヤフオクで1,500円で落札。
512BBは、スーパーカーの中では一番好きなクルマだったものの、LMはちょっとのっぺりしててイマイチ萌えない上、以前からリリースされていたベスト製は、デキもカラーリングもパっとしないのにあの値段だったのでスルーし続けていたところ、ついにイクソから納得のいくクオリティの出たと思いきや、ちょうどリリースが重なりカネが無かったので様子見をしたら買いそびれてしまい、どうしようかと迷っていたところこの値段で出品されていたのを発見して入札。開始価格で落札。

« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »