2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ブログパーツ

無料ブログはココログ

« 全知全能なる原監督 | トップページ | ミニカー購入記(2005年10月9日号) »

撮影会初体験

今日は、さらなる撮影技術向上を目指し、手持ちのレンズの特性を把握したり、こないだ買ってみたストロボディフューザーの効果の程を掴むための体系的なテストするという崇高な目的意識のもと、club-Fのモデル撮影会への参加を試みた‥‥‥でへ、小田倉様美しかったな〜(*´∀`)。<要はそれが目当てか

サーキットみたいにカメコが大勢いてポジション争いとかで気分悪くなるだけだったりしてもアホらしいので、とりあえず様子見で4部制(午前・ロケで2部/午後・スタジオで2部)中、3部のみに参加してみたが、参加者は自分含めて6名(えらい少ない気がするけどたまたま? こんなもんなの?)だし、やはり撮影会まで来るような人は真摯なファンなので気持ちよく撮影出来た。
さすがにスタジオの理想的な照明のもと撮影した写真は、野外やイベントホールなんかとは格段に写りの比較素材として参考になるし、何より、何の遠慮やてらいもなくじっくりと枚数を撮れるのがありがたい。
本日のチェックポイントとしては、

  • 同画角でのシグマ 18-200mm F3.5-6.3 DCと35-135mm 1:4-5.6 EFの比較
  • ルミクエスト ソフトスクリーンの効果
  • 露出補正にチャレンジ
  • AdobeRGBとsRGBの比較
の4点。
結果的に、レンズ差は正直ようわからんかった。
ディフューザーは、そもそもちゃんとライティングされてるので有意な差が出なかった。むしろ暗い場所なんかでテストした方が良くわかりそうな感じ。
露出補正については、女の子の肌はやはりこまめに設定した方がキレイな肌色が得られそうなことが分かったものの、逆にヘタにいじるとヤケドしそうでもあるので、こういうスタジオ撮影でも無い限りは積極的に使わなくても良さげ。
カラースペイスについては、sRGBの方が若干鮮やかな印象。ディスプレイ上での使用が前提ならディフォルトのsRGBで十分かも。
等々有意義な知見が得られ、所期の目的は十分果たせた。

そういえば、途中何度か光量は足りてるはずだし、露出はお任せなのはその前後と変わらなかったのに、どっちのレンズでもオートフォーカスが全然効かなくなった時があったけどあれ何が悪かったんだろう?

« 全知全能なる原監督 | トップページ | ミニカー購入記(2005年10月9日号) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16457/6300036

この記事へのトラックバック一覧です: 撮影会初体験:

« 全知全能なる原監督 | トップページ | ミニカー購入記(2005年10月9日号) »