2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ブログパーツ

無料ブログはココログ

« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »

2005年11月

500万でF1に乗ろう!

「あなたを映画に 三越が1億円福袋」(FujiSankei Business i)

“このほか高額商品には、フランス南部のサーキットで本物のF1マシンの操縦を体験できるパリ・モナコ五泊七日の旅行(ペアで五百万円)”

何に乗せてくれるのかにもよるけど、F1に乗れてペアなら安いような気がしないでもないね。
でも、クラッシュさせたらどうすんのかね?

#すっげぇ分厚い契約書にサインさせられそう(^_^;)。

アウディR8がついに市販!?

「独アウディ、『ル・マン・クワトロ』ベースの新スポーツカーを投入」(nikkeibp.jp)

「R8」って付けるならやっぱオープンでさー、ノーズがあってさー、でっかいウィング着いてないとねー(笑)。

#さらにそれをベイス車にしてGTクラスに出場というのはどうか?

いま、そこにある詐欺

会社で実家からの電話が取り次がれる。
高血圧の父がついに倒れでもしたかと焦るが、電話に出ると当の父親。
なんでも鉄道警察を名乗る人物から、オイラを痴漢行為で捕まえたとの電話があったとか。
一切取り合わずさっさと電話を切ったそうなので、何ら被害は被っていないものの、不快かつ何らかの名簿がそういうヤカラの手元にあるという事実がやはり不気味。
かかってきた電話に対しては対処のしようがあるものの、名簿の流出は防ぎようがないだけに始末が悪い。もう、名簿を売る奴もそれを使って詐欺行為を働くヤツもホント死んでくれ。

ミニカー購入記(2005年11月28日号)

・オートアート 1/18 #55 マツダ787B('91 ル マン)
787Bのパッケイジを開封した状態の写真"タムタムで11,760円で購入(なんで今回に限って3割引だったのかは謎)。
日本車、そしてレシプロエンジン以外のエンジンが始めてル マンを制した歴史的マシーンである787Bが1/18で登場。当初は今年の春に発売予定だったのが(予約伝票の受付日は去年の10月30日!(^_^;))、延期につぐ延期の末ようやく発売に。まぁ年を越さなかっただけ良しとすべきか。
ドアオープンギミック有りの上、リアカウルは着脱可能で26Bエンジンが再現されているワンランク上の仕上がりと価格のシグニチャーライン。
重箱の隅をつつけば考証ミスやら解釈上の見解の相違、デッサン狂い等はあるのだろうけど、手の出せる範囲の価格でこれだけ再現してくれれば、個人的には十分満足のデキ。

「抹殺」は放送禁止用語

「テレビ番組ハシゴで暴言連発『姉歯は頭のおかしい人』」(Infoseek ニュース)

( ・∀・)つ〃∩へぇへぇへぇ〜
しかし「頭のおかしい人」はまだしも「抹殺」は何がいかんのかね?

やらしいショーバイするな、コトブキヤも

某アニメのワンコインフィギュアが発売されたので4個購入。
このワンコインフィギュア、ノーマル顔とギャグ顔+シクレってラインナップなんだけど、買ったのが全部ギャグ顔なので、不思議に思いつつもカネで解決しようとその手の店に行ったら、どうやらノーマル顔の方が混入率が低いことが判明。
商魂たくましいというよりは、既に下品の域に達してる商法に嫌気が差し、今後はコトブキヤの商品には手を出さないことを心に誓う。
それでいいんか? コトブキヤ。少なくともキミは一人顧客を失ったぞ。

バイバイ、バーンズ

「01年WRCチャンピオン、リチャード・バーンズが死去」(AUTOSPORT web)

合掌(;_;)。

バッテリーグリップに見る日本人的細やかさ

予告通りキスデジN用のバッテリーグリップ(BG-E3)を購入。
このバッテリーグリップってシロモノは、本体のバッテリーとそのフタを外して装着するんだけど、バッテリーをバッテリーグリップ側に入れ直すのは当然として、外したフタを収納できるようにスリットが設けられていて、フタの処理に困らないようちゃんと配慮されてるというスグレモノ。
バッテリーグリップではデフォの仕様なのかとか、キヤノンが始めたアイディアなのかとかは知らないけれど、「日本人の気の配りよう」みたいなのが現れているようで好感度高し。
実はアップルとかがデザインしたら、フタすら外さずに済むエレガントな解決策を考えつきそうだけど、久々日本人のアイディア力も捨てたもんじゃないなと見直したアイテム。

ミニカー購入記(2005年11月26日号)

・スパークモデル 1/43 #17 ペスカロロC60 ハイブリッド('05 ル マン)
アート・ミニカーGINZAで4,872円で購入。
大メイカーワークス不在の上、アウディ狙い打ちとも言われたレギュレーションもあって、いよいよプライヴェイター勢の老舗ティーム、ペスカロロが悲願のル マン制覇なるか? が注目だった今年のル マンを走ったペスカロロC60(中の人はクラージュ)がスパークモデルから登場。
惜しくも2位に破れた16号車とどっちを購入しようか随分迷ったものの、やはり「現役しかもチャンピオンシップを争っている真っ最中のWRCドライヴァーがシーズン中にル マンにチャレンジした」というエポックを記念して、リタイアはしたもののロゥブ車をチョイス。
あと「2位になったことだし、もういい加減ミニチャンプスかイクソもこのクラスを出してくるのでは? そしたら16号車はそっちで…」という淡い期待を込めてのチョイス。
それはさておき、やっぱり仕上げが雑になってるのが気になるなぁ。ミラーは片方取れてたし、プレステのコントローラーのボタンのシンボル(△○×□ね)が入ってるラインのところはレタッチの跡があったし…。量より質を優先しておくれよ(´・ω・`)。>スパーク

・トミカリミテッド #34 バンダイスープラ('05 SUPER GT)
アソビットホビーシティで793円で購入。
リミテッドのスープラは1台で十分と思ってたけど、ここまでデカデカとライヴァル企業の社名・商品名(バクシード)が入ったマシーンをモデル化したという勇気というか面白さに敬意を表して購入。

カネ払ってるのにフリー版より機能が落ちるって…

「ニフティ、会員外でも無料の『ココログフリー』開始」(ITmedia)

なんかハラ立つわー。
バージョンアップも来年の3月だって。
ココログへの不信感1ポイントアップ。

あるイミ一番正しいiPod対抗機?

「背伸びしたいお年頃?——タカラの“女の子向けMP3プレーヤー”」(ITmedia) 東芝やソニーが大いに学ぶべきところの多いアプローチですな。 #記事初出時には読み飛ばしちゃったけど、これって最強・理想的なコピーコントロールCD回避策なんぢゃ…(笑)。

タカラトミー、新ロゴを発表

「トミー、タカラ 合併後も調和をもって 新ロゴ、基本思想を発表」(CNET Japan)

なるほど、トミーがタカラを背負っていく、と。

ミニカー購入記(2005年11月23日号)

・CATZ特注チョロQ #5 アウディR8('04 ル マンウィナー)
ミスタークラフトで2,100円で購入。
バルブブランドのCATZが販促用に特注した、走行後イメージのウェザリングを施したティーム郷のR8のチョロQがミスタークラフトで売っていたので購入。何でもアウディディーラー特注で、やはりウェザリングがされた、ウィングのマーキング違いも存在するとか。
もともとはCATZのバルブを購入すると貰えたらしい(だからかクリアケースにペラ紙1枚の貧相なパッケイジ)けど、一番安いので39,165円と、とてもチョロQのために出せるようなお値段では無いので、2,100円ならお買い得だったと言えるけど、ディーラーヴァージョンが1,260円なので判断が難しいところ。

Mac mini似のIHクッキングヒーター

<COMPACT IH>(空想生活)

いや、パクったとは言いませんけどね、言いませんけど避ける努力はすべきだったのではないかと。

北川、オートレースに出走!?

「GI第47回秋のスピード王決定戦イベント&プレゼント情報」(オートレース)
「オートメリッサG1 秋のスピード王決定戦」(オートメリッサ楽天市場店)

つっても先導車だけど(笑)。

見たいなぁ。でも今月はイベントとミニカー目白押しだったもんで、もう遊ぶカネ残ってないんだよなぁ…(´・ω・`)。

#いやしかし、オートレースの方がよっぽど北川のプロモに熱心ってマズくね?>スズキ

パワポがナナキュッパ…ただし1年間だけ

「PowerPointが7980円──使用期間1年限定で」(ITmedia)

お試しで使わせて通常版に移行させようって戦略にしちゃ高すぎだろう(ちなみに通常版は25,000円前後…って、そんなすんのか。あれが)。
つーかパワポなんか、このくらいの値段が適正価格だと思うんだけどねぇ。

#NTのワークステーション版とサーバ版の時みたいに、どっかのレジストリィをいじくりゃ無制限になっちゃったりして:-p。

やっぱりバッテリーグリップ買おうっと

C-Westのお二人の写真"昨日は小田倉様のC-Westのコスチューム姿を拝見しにもてぎへ。
縦位置での持ち方も、慣れと意識のおかげでかなり安定してきたため、手ブレはほとんどなくなったものの、やはり人混みで手を思うように張り出せない時に80mm以上の望遠で構えるのは厳しいので、バッテリーグリップを買う決心がつく。
もっとも最近は、そういうシチュエイションではあまり良い画にならない(目線が来ない、アングルが限られる等々)ので、無理に狙わなくなりつつあるんだけど、普通の時の安定感は増すからあっても損は無いな、と。

実はWPC EXPOの時、キヤノンのブースで周辺機器のお試しが出来たので、キスデジNにバッテリーグリップを付けた状態で持たせてもらってたんだけど、重さ的にはほとんど負担増にはならなかったし、どうせ気合いを入れて写真を撮りたいときは、荷物もそれなりになることがほとんどで、嵩が増すことはさして問題にならないことに気付いたのもきっかけに。

とゆーわけで、次の小田倉様の撮影会の前までに買いに行こうっと♪

ミニカー購入記(2005年11月20日号)

・エブロ 1/43 #8 ARTA NSX('05 SUPER GT)
・エブロ 1/43 #43 ARTA ガライヤ('05 SUPER GT)
アート・ミニカーGINZAで各3,192円で購入。
もともと先月発売予定だったNSXが今月にずれこんだため奇しくもARTAのGT500/300マシーンが同時リリースに。
今期「Honda Racing」としてARTA、TAKATA童夢への関与を深め、事実上のワークス体制で臨んだものの前半戦はパワー不足で苦戦、NAエンジンにスイッチしたら途端にスピードを取り戻したという不思議なGT500クラスの05年型NSXがエブロから初登場。04年型はエプソンを買ったので今年はARTAをチョイス。
マシーン自体は良くなり、チーム国光に6年ぶりの勝利をもたらすなど復活の機運は高まったものの、ホンダ同士でつぶしあったりしてチャンピオンシップ的には結果を残せず…と思いきや、地道にポイントを重ねていたARTA NSXが、第7戦オートポリスでの優勝で一気にランキングトップに躍り出るという、「売られた(政治的な)ケンカは技術で返す」とゆー、ホンダのバカ正直さというか哲学(なのか?(^_^;))がようやく実を結んだのが印象的だっただけに、カラバリの豊富さを優先させてのチョイスだったにも関わらず成績的にも成果を上げたマシーンになったのはラッキィ。
もっとも今回出たのは前期仕様なので、復活したマシーンという意味では、最近予告された後期仕様を買うべきだったかも。
一方ガライヤは、03年からGT300クラスにチャレンジしているASL(オートバックススポーツカー研究所)オリジナルのスポーツカー。エブロからようやくといった感じで初登場。
このガライヤ、スキモノの道楽止まりかと思いきや、意外にも(失礼)毎年チャンピオン争いをする程の実力を見せていて、GT300クラスを盛り上げる立役者として無くてはならない存在となっているので、エブロのラインナップに加わったのは素直にありがたい。

・ミニチャンプス 1/12 #65 ドゥカティデスモセディチ('04 MotoGP)
アート・ミニカーGINZAで6,720円で購入。
03年はデビュウイヤーにも関わらずRC211Vに肉薄したものの、04年は今ひとつ波に乗れなかったデスモセディチが登場。03年型に続きエースのカピロッシ車を購入。
タミヤのデスモセディチは真っ赤にさせられたのに、なんでミニチャンプスは治外法権なのかは不明。

もう、コーヒーだろうとコーラだろうとこぼし放題!

<防水ステンレスキーボード“頑丈打”&トラックボールマウス“頑丈丸”>(NIPPON STYLE)

キィボードに6万出す男気さえあればだけど…。

『隔週刊チャンピオン・バイク・コレクション』第34〜35号の予定

「第34号 ホンダRC162 '61 マイク・ヘイルウッド」(DeAGOSTINI)
「第35号 スズキGSX-R750 '02 グレゴリオ・ラビッラ」

こりゃまたずいぶんとシブ線とマイナーどころが揃ったな。
基本的にクラシックカーはスルーの方向だったけど、RC162はホンダの2輪初のチャンピオンマシーンだから押さえてもいいかな?
しかしロッシのRSWといい、GSX-Rのコロナといい、なんでビールブランドはロゴOKなんだろ?

ミニカー購入記(2005年11月17日号)

・『隔週刊チャンピオン・バイク・コレクション』  No.32 1/24 #46 アプリリアRSW250('99 WGP)
ビックカメラで1,790円で購入。
今や「偉大なライダー/チャンピオン」という定冠詞がすっかり定着した感のあるロッシが99年に250ccクラスでチャンピオンを獲ったRSWが登場。
昨日、ミスタークラフトで買おうと思っていたら、このシリーズとしては珍しく品切れしていて、普通の本屋でも見かけなかったことからもロッシ人気の高さが伺われる。
今考えると、ロッシのような歴史に残るライダーが125〜250〜500とステップアップしていくのをリアルタイムで(民放で)目の当たりに出来たのは幸せだったなぁ…(#SIGH#)。

ところで30号のマモラのNSの台座の表示が「NSR500」になってたそうな。
で、代わりの台座をそのうちどっかの号で付けるのでそれを買うか、買う気が無い号だったらサービスセンターまで連絡すれば台座だけ送ってくれるとか。なかなか好感の持てる対応ですな。
ただ、そーゆー大事なコトはウェブでも告知した方がいいんじゃ?

「OSのレプリカCD」ってイミがわからん

Microsoft Windows XP Professional Upgrade 20周年記念パッケージ(マイクロソフト)

「旧バージョンのオペレーティング システム インストール CD をお持ちのお客様なら、それら CD を特製フォルダに入れ替えていただくことにより」ってアンタ…。
ファン付きの超弩級ACアダプターの件といい、とことん地球に優しくない企業だなぁ、

ミニカー購入記(2005年11月16日号)

・ニューレイ 1/12 #3 ホンダRC211V('05 MotoGP)
ミスタークラフトで1,890円で購入。
今シーズンのRC211Vのビアッジ車とジベルノゥ車がいち早くニューレイから登場。ジベルノゥ車はミニチャンプスのを予約しているし、今年のレプソルライダーにはさほど思い入れが無いのでワークス211Vはニューレイで済ますことに。
実は割り引きのあるショップでも見かけたものの、1個しか残って無かった在庫はパーツがもげてしまっていたため、割り引きで買うのは諦め定価で買うことにしたもの。
デキはニューレイクオリティで特筆すべき点は無しで、このシリーズは話のタネに1台買えば充分って感じ。今年のレプソルカラーは青がずいぶん濃くなったとはいえ、ほとんど黒に見えるこの色はちょっと濃すぎでは?

増感も悪くないじゃん

このところキスデジNで写真を撮るときは、少しでも上達しようとプログラムモードを使い、シャッタースピードや光の加減に応じてフラッシュを焚くようにしてりして、なるべくカメラまかせにしないように心がけているんだけど、モーターショーのようなホールイベントだと、明るい照明が当たっていない車両なんかをフラッシュを焚いて撮ると、フラッシュが届かない範囲がえらく暗く沈んでしまうのを回避する手段の模索として、ISO感度の調整にTOYOTA MOTORSPORTS FESTIVAL 2005でチャレンジ。
今までは何となくISO感度を上げるとノイズが増えることから「増感は悪」みたいに思ってたんだけど(良く考えてみれば、銀塩ではASA400をフツウに使ってたのに不思議なハナシではある)、実際使ってみると、コンデジで普通に撮ったのより全然目立たないレヴェルのノイズだったので拍子抜け。なんだぁ、これならこれからは積極的に増感を活用しようっと。

[サムネイル画像をクリックすると非圧縮の画像が表示されます]

増感した写真の拡大画像へのリンク
ISO400に増感した写真
増感無しでフラッシュを焚いた写真の拡大画像へのリンク
増感無しでフラッシュを焚いた写真

第3弾はひとつグンが1話で乗ったスペシャルカブとかどう?

第1弾は欲しいバイクが無かったのでスルーしたけど、第2弾は欲しいバイク目白押しだったので、週間少年マガジン カスタムバイクコレクション 第2弾を6個購入。

  • グンのCB
  • 秀吉のカタナ×2
  • 研二君のZ2
  • 研二君のZ2改FXモドキ
  • キングのカタナ

と、最低限欲しいと思っていたバリ伝の2台とキングのカタナがイッパツで出揃ったのでこれにて終了。
元カタナ乗りとしてはディーブのカタナってのもあるに越したことは無いんだけど、元ネタのエピソード読んでないためさして思い入れもないので深追いはしないことに。

第1弾を買わなかったので知らなかったんだけど、タンクやフレイムがダイキャスト製なので、これはフィギュアというよりリッパなミニカー。
ハンドルやミラーが左右で角度が違っちゃってたり、ランナーからのカッティングが雑だったり、仕上げも若干粗めと、アオシマクオリティが端々に出ちゃってるけど、400円という値段を考えれば十分納得の範囲のプロポーションやディテイルの再現度。
普通のミニカーの値段出してもいいから、部品の精度を上げて仕上げを丁寧にしたハイグレイドヴァージョンが欲しくなっちゃうなぁ。

[サムネイル画像をクリックすると拡大画像が別ウィンドウで表示されます]

「だけど今は…こいつに乗るんだ」
CB750F右側の拡大画像へのリンクCB750F左側の拡大画像へのリンク
ホンダCB750FB
巨摩 郡
「あばよ秀吉 あの世で鬼でも…ぶっちぎれ」
秀吉のカタナ右側の拡大画像へのリンク秀吉のカタナ左側の拡大画像へのリンク
スズキGSX750S カタナ
聖 秀吉
「サイコォ オレのZIIーッ」
ZII右側の拡大画像へのリンクZII左側の拡大画像へのリンク
カワサキZ750RS(ZII)
菱木研二
「正直いってうんざりしてるんだよオレ」
ZII改FX右側の拡大画像へのリンクZII改FX左側の拡大画像へのリンク
カワサキZ750RS(ZII)改FXモドキ
菱木研二
「あばよキング 首都高の青い鳥」
キングのカタナ右側の拡大画像へのリンクキングのカタナ左側の拡大画像へのリンク
スズキGSX750S カタナ
首都高のキング

#グンが全日本で乗ったNSR250やGPのNSR500なんかもラインナップして欲しいけど、「カスタム」じゃないから無理かなぁ。

週間検索通信(2005年11月11日号)

ネタがなかなか揃わないので月刊化しつつあるこのコーナー、今回も3週分まとめてご紹介。

[2005年11月9日]
・「マツダ」
#やっぱりみんなカタカナ(日本語)で検索するなぁ。検索性に配慮するなら日本語にしないとダメかな。

[2005年11月4日]
・「コーンウェル」
#「バーナード」なら何冊かレビューがありますが「パトリシア」は未読です、参考になりましたか?

・「suzuki AND GSX AND 1200」
#乗ってたイナズマは750だったので参考にならなかったかも知れませんね。

[2005年11月1日]
・「ミステリーズ」
#創元のミステリィ専門誌だとしても、山口雅也の短編だとしても読んだことが無いのでお役に立てませんでしたね、申し訳ないです。

[2005年10月30日]
・「kajima」
#トミカのMX-R01でもお探しだったかな? 残念ながら持ってません。いつかは手に入れたいんですけどね〜。

[2005年10月20日]
・「8耐」
#ツーレポとキャンギャルフォトがありましたがお楽しみ頂けましたか?

・「メール」
#スパムメイル対策でメイルアドレスを晒すのは止めてます。何かお伝えいただくことがあればBBSの方にどうぞ。それとも検索エンジンと勘違い系?

[2005年10月15日]
・「武蔵小杉」
#小杉に縁が無いわけじゃありませんが、お役に立てるようなネタは無かったかと。それとも検索エンジンと勘違い系?

ミニカー購入記(2005年11月11日号)

・スパークモデル 1/43 #4 アウディR8('05 ル マン)
タムタムで4,872円で購入。
今年はR8を手に入れたプライヴェイター勢の常連、チームオレカの今年の参戦モデルがスパークモデルから登場。スパークのR8もバリとして押さえておこうと、今年のR8勢では一番カラーリングがハデなチームオレカをチョイス。
ここ数年プレイステーションがメインスポンサーだけど、今年は『グランツーリスモ4』のプロモカーと言った趣のカラーリングで、プレステのコントローラーが大胆にあしらわれたグラフィックが楽しい。
デキの方は、ディテイルの凝りようはさすがスパークといった感じで、ミニチャンプスやイクソを凌駕するほどだけど、最近デカールや塗装の仕上げがちょっと雑になってきたような…。

iPodを頭に差して歩く

「iPod nano内蔵型『コードレス』ヘッドフォンが登場へ」(ITmedia)

手探りで操作してる姿は相当おバカっぽいだろうな〜(^-^)。

個人的にはshuffleにもnanoにも使えて、純正のLanyardヘッドフォンみたいにコードがジャマにならないIceBudが欲しい鴨。

ミクロアクション 1/18 スコープドッグ

<装甲騎兵ボトムズ DX1/18スコープドッグ>(アマゾン)

おお、ミクロアクションのキリコを乗せて遊べるスコープドッグが出るのか。
1/18クラスの大きさなら、やまとスコタコよりは手を出しやすそうだし、造形の解釈もこっちの方が好みっぽい。こりゃゼヒGetせねば。

サークルKサンクス限定 1/64 Ferrari F1 Collection

<Ferrari F1 Collection>(京商)

ヘタすりゃ、本業のビーズコレクションなんかより熱心かつスケジュール通りに展開してるサークルKサンクスコラボミニカー第7弾はフェラーリF1マシーン。
どうやらダイドーのダブリマシーンもある模様。なぁんか、ナメられてるような気がするのはオイラだけか?

ミニカー購入記(2005年11月8日号)

・ノレブ 1/43 #176 ポルシェ911(953)('84 パリダカウィナー)
・ノレブ 1/43 #205 プジョー205 ターボ16('87 パリダカウィナー)
アート・ミニカーGINZAで各5,880円で購入。
最近、ラリーカーに熱心なノレブからパリダカウィナーが一挙4種類も登場。'96のZXラリーと'00のシュレッサーはイクソ版を持っているのでパスし、'84ウィナーの953と'87ウィナーの205 T16を購入。“DAKAR”のロゴが入った専用パッケイジでなんとウェザリングが施されてる。
205 T16のパリダカウィナーなんて名車が旧ビテス以来10数年ぶりというのも摩訶不思議な話しだけど、まずはリリースされたのを素直に喜びたい。
911はポルシェが始めてパリダカを制した記念すべきマシーン。ロスマンズロゴが無くてマヌケなのが何とも残念。しかもウェザリングのせいで社外品のデカールが出たとしても貼れないのが困りもの。
デキの方は205をイクソ、911をミニチャンプスと比べるとやはり若干大味感が。まぁ、年・メイカーバリエが豊かになるので良しとするけど。

11人抜きにケチつけるつもりはないけど

「YZR-M1のロッシが11人抜きで3位表彰台獲得」(ヤマハ)

1シーズンに2回もスペシャルデコレイション仕様に乗らないでくれよ。ミニカー化されたらどうするんだよ〜(;´д`)。

【11月11日】
案の定、ミニチャンプスからラグナセカのロッシ/エドワーズ車、バレンシアのロッシ車の予定が発表に…○| ̄|_。

新刊洋書が市価の半額で買える時代

チーム郷が優勝した2004年のル マン24時間耐久レース。日本人のファンとしては記念すべきル マンなので、DVDが出たらぜひ買おうと思っていたものの、今年のル マンが終わった時期になってすらナゼか一向に出る気配無し(´・ω・`)。しかも輸入盤でガマンしようにもリージョン1だし…○| ̄|_。 しょうがないので、せめてイヤーブックだけでもとアマゾンで注文することに。アマゾン扱いのは6,535円だったけど、マーケットプレイスに海外から新品で何と2,993円の出品があったので「ポチっとな」。 先月の21日に注文してから「10-14日以内に到着」の予定通り2日には配達が。ただし家を空けていたのと忙しく取りに行けなかったので、実際の受け取りは今日に。

いやしかし、リンドバーグとかなら1万円するものが、家にいながらにしてこんなお値段で買えてしまうこともあるとは、便利な時代になったもんだねぇ。

#ところで今見ると、買った値段の出品無くなっちゃってるけど何でだろう?(^_^;)

ミニカー購入記(2005年11月4日号)

・トミカ 第39回 東京モーターショー開催記念トミカ No.2 スバルR1
東京モーターショー会場で525円で購入。
すっかりお馴染みになったモーターショー開催記念トミカが今年も登場。パールホワイトの車体色に“TOKYO MOTOR SHOW 2005”のロゴがタンポ印刷されてる。
前回までは全種コンプリしてたけど、いいかげん水増し感のあるトミカには辟易してきたので、今回はウォッチ範囲かつレギュラー品を持っていないR1のみ購入。
車体のディフォルメ感はいいんだけど、フロントフェンダーとタイヤの間が空きすぎなのがちょっとマヌケ。

開催記念トミカ スバルR1の写真

進行が東MAXって…

しかも出川まで出てるよ、うぜぇ…(;´д`)。>『Hondaスペシャル体感!体験!仰天ワールド!知って得するモータースポーツ』
それはさておき、モータースポーツ初心者として出てたのが島崎和歌子、藤崎奈々子、 安めぐみ、浜田翔子‥‥って、(゜Д゜)ゴルァ! 浜翔のどこがモータースポーツ初心者やねん!(笑)

ここはひとつキヤノンも18-200mmレンズを

「ニコン、11倍ズームレンズ『AF-S DX VR ズームニッコール ED 18-200mm F3.5-5.6G (IF)』」(デジカメWatch)

ニコン純正で18-200mmでしかも手ブレ補正機構付きか、いいなぁ。キヤノンも純正で同等レンズ出さないかなぁ。え? ウデと知識で止めろって? そりゃごもっとも(´・ω・`)。

通常の3倍のレプリカヘルメット

「『仮面ライダー響鬼ホンダ』のバイクヘルメット、LaLaBit Marketで受注開始」(BANDAI NETWORKS)

いや、いくらハンドペイント・金箔使用つったって、15万弱は高すぎだろう(;´д`)。
普通のレプリカの約3倍でねぇの。そんなん被れねぇっての。
仮面ライダー響鬼Hondaのレプリカが欲しい人は、転写紙使用でも「実用的な」価格の方が嬉しいに決まってんじゃんね。
バンダイは何か根本的な点でファン心理をはき違えてる気がする。

綾波レイ専用オードトワレって何だよ(;´д`)。絶対頭おかしいよ、バンダイ。

エブロ11月発売分延期予想!

「11月発売予定新製品」(エブロ)

【11月17日結果を追記】
現時点で写真が無いのは怪しいなあ(ダイナシティとニスモ400R)。←的中
あと、ガライヤもまず間に合わない気がする。←ハズレ
NSXはチーム国光が出て'05モデルが全滅か、その逆のパターンって感じじゃないかな。←全滅でハズれ

#つーか、ガライヤ、ロードスターの一部以外は全滅って惨憺たる有様なんだけどね(^_^;)。

« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »