2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ブログパーツ

無料ブログはココログ

« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »

2005年12月

単焦点の威力

先日の撮影会でEF50mm F1.8IIを初投入。
シグマ 18-200mm F3.5-6.3 DCと交換しながら撮影。せっかくの単焦点なので、実験がてら絞り優先モードで絞りを変えながら色々撮ってみた。
このレンズを買うときにネットで調べたとおり、解放側ではピントが激シビア。どこにピントが合ったんだか良くわからない画や、意図してない場所にピントが合ってしまった画を大量製造してしまう(ま、そのための実験だし。こーゆー実験が気軽に出来るのがデジタルのいいところ)。
それでもピントがバッチリ来た画は、解像感といい、シャープさといい、シャドー部分の色ノリといい、確かに多焦点レンズにはない描写力の高さがハッキリと出てビックリ。なるほどこれはハマる魅力を持った悪魔のレンズだわ。
あと、多焦点だとISO感度を上げないとシャッタースピードが稼げない暗さでも、ISO100のままでも撮れてしまうレンズの明るさはやはり強力。
積極的に撮影ポジションを変えないと画が単調になってしまいがちというデメリットはあるものの、やはりこの写りの良さは魅力的。状況さえ許せば、撮影会なら単焦点1本で通したくなるほど気に入ってしまった。

ミニカー購入記(2005年12月28日号)

トミカリミテッド #100 レイブリックNSX('05 SUPER GT)
ヨドバシカメラで750円で購入。なぜか今までは660円で売ってたのに750円に値上がりしてた。
リミテッドのSUPER GTシリーズにNSXの05モデルが追加。TAKATA童夢も同時発売だったけど今回はレイブリックだけで抑えておく。Bピラーの「74」ステッカーが泣けてくる(;_;)。
なんと04のカラーリング替えだけでなく、金型も改修されててビックリ。

『隔週刊チャンピオン・バイク・コレクション』第37〜39号の予定

「第37号 ホンダRS125 '91 ロリス・カピロッシ」(DeAGOSTINI)
「第38号 ヤマハYZR500 '01 マックス・ビアッジ」
「第39号 アプリリアRSW250 '02 マルコ・メランドリ」

ビアッジのYZRは持ってるし、チャンピオンマシーンではあるけど、カピロッシもメランドリも特に思い入れは無いからスルーでいいかな。

ミニカー購入記(2005年12月24日号)

・イクソ 1/24 #50 ドゥカティデスモセディチ('04 MotoGP)
ラッキーマークIVで特価品を1,900円で購入。
一気購入時は予算的に厳しかったし、さりとて余裕が出来たからといって買う気になるほどの思い入れも無かったためスルーしてた、ダンティンティームのデスモセディチ(ホジソン車)が投げ売りされてたので、この値段ならいいかと確保。これでティーム的には一応網羅。シャウス車はよ〜っぽどのお買い得品でも無い限りはこのままスルーでもいいや。

ミニカー購入記(2005年12月23日号)

・スパークモデル 1/43 #26 DBA4 03S−ザイテック('03 ル マン)
当時18歳の最年少慶大生レーサーの参戦として話題になった、下田隼成が03年にル マンデビュウを飾った際に駆ったDBA4 03Sを、Yahoo! オークションで4,580円で落札。
車名の“DBA”は、マシーンの知的財産権を所有していた、デンマークの新聞社デン・ブラ・エイビスの頭文字で、マシーンそのものは、2002年に倒産したレイナードが作ったものがベイス(このあとザイテックに売却)。
だいぶ前に出たものの、何となく買いそびれているうちに店頭から消えてしまったので慌ててヤフオクを漁って確保。やっぱ初登場のマシーンは押さえておきたいからね(それがいかんっちゅーの)。

ミニカー購入記(2005年12月22日号)

何の因果か給料日前に購入予定品が3台の日本勢祭り、しかもレッドラインが含まれていたので計22,344円の出費(´Д`;)。週明けの給料日が待ち遠しい。

・レッドライン 1/43 #40 フェラーリF40 GTE('95 ル マン)
アート・ミニカーGINZAで12,600円で購入。
「日本一のフェラーリ使い」太田哲也が95年のル マンでドライブしたF40 GTEがレッドラインから登場。
F40はディティールカー、イクソが既にリリースしてるけど、やはりワンランク上の仕上がりのレッドラインから太田号が出たのは喜ばしいこと。

・スパークモデル 1/43 #24 WR LMP04−プジョー('05 ル マン)
アート・ミニカーGINZAで4,872円で購入。
今年はノーズのラインとサイド全面が黒(23号車のノーズは赤)に塗られ精悍さを増したWRプジョーが今年もスパークモデルから登場。当然寺田御大が乗って総合27位・LMP2クラス5位に入った24号車を購入。

・スパークモデル 1/43 #13 クラージュC60−ジャッド('05 ル マン)
アート・ミニカーGINZAで4,872円で購入。
ヨコハマがクラージュコンペティションと組み、中野信治を乗せるというセミ日本ティームとも言える体制で挑んだものの、残念ながらリタイヤに終わったアドバンカラーのクラージュC60を、アドバンカラーに惹かれて購入。
ちなみにニューアドバンカラーってことになってるんだけど、どこが変わったのかようわからん(^_^;)。

今回のスパークはどちらも特に目立つ不具合がなく一安心。この調子で安定した品質をキープして欲しいな。

「在庫」のチカラ

結局物欲に負けて、キスデジ用に単焦点レンズEF50mm F1.8IIを買ってしまう。
今回買い物したのはヨドバシカメラ
ホントはポイントがちょうど1万円分貯まってるさくらやで買おうと思ってたんだけど、さくらや・メイカー共に在庫が無いと言われたので、仕方なくヨドバシに行ったらあっさり在庫があったもの。
在庫を抱えるリスクという大人の事情は頭では分かってるけど、購買者からすればこれだけでもうヨドバシの好感度がアップしたのは言うまでも無し。
つくづく「在庫が豊富」ということもリッパな「ブランド」なのだなぁと感じ入った次第。

「できる」シリーズが出るゲームコンソールって…

<できるXbox 360 公式ガイド>(インプレス)

よっぽどマニュアルがタコかインターフェイスがなってないんかしら?

年間シングルチャートに齢を感じる今日この頃

「2005年 年間シングルチャート」(オリコン)

特にベスト3が、好き嫌いは別にしても、そんなに売れてた感じがしない曲ばっかに思うのは、単にトシとって付いてけなくなってるだけかしらん?(;´Д`)

ミニカー購入記(2005年12月18日号)

・エブロ 1/43 #100 チーム国光アドバンNSX('96 JGTC)
アート・ミニカーGINZAで3,192円で購入。
96年に国光御大と“ドリキン”土屋のコンビでJGTCにデビュウしたアドバンカラーのNSXがエブロから登場。
かつてダイヤペットからノーマルNSXをアドバンカラーにしただけの「ルック」は発売されたものの、スケールも1/40とコレクター向きではなかったので、事実上初のモデル化。もっともベイスはこの間出たル マン仕様のまんま。
この調子でバリ展開していって、早く'97 ル マンのレイブリックカラーも出して欲しいなぁ。

・エブロ 1/43 #43 チームイオタ ザイテック04S('05 ル マン)
アート・ミニカーGINZAで3,192円で購入。
05年のル マンで下田隼成が駆ったザイテック04Sがエブロから登場…とは言っても実は03・04年モデルも出したスパークモデル製。予定されてるフェラーリと言い、ここのところエブロはミニマックスとの協力関係を深めてるけど、これからはこういうメイカーの垣根を越えた協業でコスト削減とラインナップ拡充を図る動きが増えていくんだろうか?
車体の状態チェックで見落としたけど、台座が逆向きに組み付けられてた(車名のプリントがパッケイジ奥に向いていた)。エブロでこんなイージィなケアレスミスは初めて見たので今後にチト不安が。もっともこれはスパーククオリティと見るべきかな?

週間検索通信(2005年12月16日号)

[2005年12月16日]
・「B」「グループ AND B」「GROUP AND B」
・「959」
#カテゴリ情報は含んでないので探しづらかったようですね、すみません。
#959はパリダカ仕様を1台持ってるだけです〜。

[2005年12月10日]
・「黒の狙撃者」
・「リーアム・デヴリン」「デヴリン」
#ここのところヒギンズ関連のキィワードが良く出てきますね。なんでだろ? 需要が高そうならヒギンズコーナーでも作ろうかな。
#『黒の狙撃者』はレヴュウを書きためるようになる前に読んだのでレヴュウはありません。でも、ディロンシリーズに連なるデブリンが登場する話としてはかなり高水準であることは保証します(^-^)。

[2005年12月2日]
・「vr4」
#トロフューとモータープロ製の2台しかないですねー、お目当ての物でしたか?

[2005年11月28日]
[2005年11月26日]
・「テロリストに薔薇を」
#2日おいて検索されてるけど同じ人かな? これもレヴュウはありませんが、スピーディーな展開、粋で味わいのあるラストはヒギンズの良いところがいかんなく発揮されてるなかなかのお話しですよ。

[2005年11月9日]
・「ジャック・ヒギンズ」
#ヒギンズは色々とレヴュウがありますが、脂の乗った頃の作品が弱いのでお役に立てたかどうか。

2階から落としたらバラバラになるっちゅうの

アソビットホビーシティの1/43のミニカーコーナーの陳列台で、「2階から落としても壊れないから安心」なるPOPを見かける。
いやいやいやいや、子供用で比較的頑丈なダイヤペットでも2階から落としたら壊れるだろう。
ましてや細かいパーツの多い本格的ヨンサンミニカーなんざ、1mくらいでもパーツがはじけ飛ぶっての。
何を考えてこんないい加減なPOPを付けたんだ? アソビット4階の担当者は。

マウスの中の幽霊

先日会社のWindows機用にあきばお〜でバルクのBasic Optical Mouseを購入。
このマウス、中に小人さんでも住んでいるのか時々奇行に走る。
操作中、パッドから浮かせたわけでもないのにマウスポインターが一気に画面端まで飛ぶなんてのはザラで、マウスに触れていないのにポインターが勝手に画面内をゆっくりと横切ったりすることも。今日にいたっては画面内を激しく飛び回るご乱心ぶり。
う〜ん、やっぱバルク品なんかに手を出したのが敗因かなぁ。

ミニカー購入記(2005年12月15日号)

・CM'S ラリーカーコレクション SS.2 三菱編

[サムネイル画像をクリックすると拡大画像が別ウィンドウで表示されます]
ギャランVR4の拡大画像へのリンク
ギャランVR4 #7 ('91 アイヴォリィ・コースト)
篠塚健次郎
ランサーエボリューションの拡大画像へのリンク
ランサーエボリューション #8 ('93 モンテカルロ)
ケネス・エリクソン
ランサーエボリューションIVの拡大画像へのリンク
ランサーエボリューションIV #1 ('97 アクロポリス)
トミ・マキネン
ランサーエボリューションVの拡大画像へのリンク
ランサーエボリューションV #1 ('98 カタルーニャ)
トミ・マキネン
ランサーエボリューションVIの拡大画像へのリンク
ランサーエボリューションVI #1 ('99 ニュージーランド)
トミ・マキネン
ランサーエボリューションVIIの拡大画像へのリンク
ランサーエボリューションVII #7 ('01 モンテカルロ)
トミ・マキネン
カリスマGT シークレットの拡大画像へのリンク
シークレット:カリスマGT #2 ('98 グレートブリテン)
リチャード・バーンズ

あみあみの通販で5,896円(+送料500円)で購入。
CM'S(シーエムズ)のブラインドボックスミニカーシリーズの第2弾 三菱編が到着。
当初9月下旬の発売予定が延びに延びて12月10日に発売になったものの、注文しておいたあみあみへの入荷が12日にずれこみ、振り込み、不在で再配達の末、ようやく今日になって手にすることが出来た。
当然ランチア編も1月に延期がアナウンスされてるけど、実際のところどうなることやら。

ということで、今回もブログ主が買ったボックスの並びを紹介。

ギャランVR-4ギャランVR-4
ランサーエボランサーエボ
エボIVエボIV
エボVエボV
シークレットエボVI
エボVIIエボVII
箱手前

(注:あくまでもブログ主が買ったロットでのケースであり、この並びを保証するものではありません)

ラリーカーコレクション 三菱編のボックスを開けた写真と、今回も年代順なので、ミニマムコンプリは結構しやすいかも(いやぁ、どこぞのぼったくりメイカーに見習って欲しい姿勢ですなぁ)。
ちなみに今回のシークレットは98年グレートブリテンのカリスマGT。なるほど、ウィンフィールドカラーあたりを持ってくるかと思ったらこうきましたか。
デキに関しては、良くも悪くもスバル編と同等。スバル編ではとにかく酷かった品質管理面は、車輪が取れているような論外なのはなかったものの、VR-4のマッドフラップが豪快に車体から跳ね上がってた(;´Д`)。ある程度の進歩があったことは認めるけど、次回のランチアではもう一踏ん張り欲しいところ。

盛り上がってるな〜W-ZERO3

「前日の夕方6時から並ぶ人も──『W-ZERO3』の当日販売分に60人」(ITmedia)

なんか話題性や熱狂度じゃすっかり負けてるね。Xbox360。

プレデター気分が味わえるスキージャケット

「iPodとBluetoothに対応のスキージャケット発売」(ITmedia)

うっかり間違ったボタンを押すと自爆したりして(するかい)。

W-ZERO3がPalm OSだったら…

「『W-ZERO3』予約受付開始、店頭には八剱社長も登場」(ケータイWatch)

WILLCOM R&D SPORTグッズをGet出来たのに〜(違)。

SUPER GT参戦車種がよりヴァラエティ豊かに

「06S-GTに新チャレンジャー、マセラティMC12に紫電、そしてフォードGT40も」(AUTOSPORT WEB)

おお、ティーム郷がGTに帰ってくるのか。それは楽しみ。
それにしても、どのクルマも参戦が実現してミニカー化されたら欲しくなるのが目に見えてるなぁ。GTから手を引くなら今か?(笑)

もうアホらしゅうてラオックスで買い物なんてしてられまへんわ

Mac OS X TigerとPhotoshop CS2のアップグレイド版をヨドバシで購入。発生したポイントは約10%の3836ポイント。
何と、この1年半でラオックスで貯めたポイントを1回で貯めちゃった勘定。
最近は在庫が豊富で割り引きのあるタムタムでミニカーを買うことが増えてしまい、ラオックスでの買い物率が減ったとは言え、やはりラオックスの1%というポイントは論外。
経営もいささか怪しいし、とっととポイント使い切ってラオックスは見限っちゃおうかな?…つっても、使い甲斐があるポイント貯まってないけどね(笑)。

ミニカー購入記(2005年12月10日号)

・ミニチャンプス 1/12 #6 ホンダRC211V('04 MotoGP)
アソビットホビーシティで6,720円で購入。
04シーズンモデルとしては最後発となった211Vが、レプソル2台、キャメル2台と一挙にリリース。購入したのはもちろんリオと日本の2勝を挙げた玉やん車。M1のチェカ車も同時入荷だったので、玉やん車のみ狙いじゃなかったらエライことになってた。
ちなみにレプソルもキャメルも上1本・下2本出し仕様。テイルカウルの裏面とツライチにぶったぎられた上2本仕様はどこも再現しないのか、残念。

ミニカー購入記(2005年12月8日号)

・ル マン43 1/43 #85 日産R88S('88 ル マン)
ヤフオクで4,290円で落札。
定価で買う気はさらさら無いのでヤフオクをウォッチしていたら、4割り引き相当の出品があったので入札。幸い開始価格のまま落札(その後4,000円の出品を見つけてしまったケド…)。
87年のR86Vに続いて88年のR88Sがトップモデルから登場…といっても、手元の資料やググってもちっとも詳細が掴めないので、R86Vのデカール違いだけなのが正解なのかどうかもわからん(^_^;)。車名もサイトによってはマーチ88Sってなってるしでワケワカメ。
もうすぐエブロから出るR88Cとの落差を見るのが楽しみっつーか怖い。

『隔週刊チャンピオン・バイク・コレクション』第36号の予定

「第36号 ジレラ125 '01 マヌエル・ポジアーリ」(DeAGOSTINI)

中身は宇井が乗ったデルビと同じってヤツだよね。
この年は宇井の方が目立ってた印象があるなぁ、まったくの身びいきだけど(笑)。

おじーちゃーん、今度のおうまさん「プリキュア」がいい〜

「プリキュア無傷3連勝G1制覇/阪神JF」(nikkansports.com)

とか孫娘にせがまれて付けるのかね? この手のキャラものの名前。

前から気になってたんだけど、無名で終わるならまだしも、こうやってG1馬になんかなっちゃった場合、商標的に問題ないのかね?

FZR750入庫

1/12 FZR750の写真《ローソン限定 ヤマハバイクコレクション》で当選した1/12 FZR750が家に届く。
最近買い物した覚えがないし、妙に箱がデカいので何が来たのかと思ったらFZRだった。
少々プロポーション的には納得行かない部分があるものの、零-50と同等のクオリティは保っているし、まず立体化されることが無い8耐マシーンがこのスケールで手にはいること自体が奇跡なので、ありがたくコレクションに加える。

思えば初めて見たレースが85年の8耐、しかも「TECH21の勝ちは間違いなし」とゴールを待たずに帰るなんて失敗(個人的には最後まで見たかったけど、グループで行ったから幹事の決定に従わざるを得なかったのだ)をしなかったら、そんなにレース観戦にハマらなかったかもなぁ。
観戦ノウハウが無くて、日焼け止めも塗らずに観戦したためヤケド状態になって、レース後2〜3日痛みが引かなかったなんてのも、今となってはいい想い出。
そういう意味でも思い入れがあるマシーンをコレクションに加えられたのは素直に嬉しい。
次はホンダのマシーンコレクションでRVFかVTRなんかどうっすかね?>ローソンさん

ミニカー購入記(2005年12月3日号)

・コーギー 1/43 害獣駆除S.W.A.T.ティームバン(『ウォレスとグルミット 野菜畑で大ピンチ!』)
ミスタークラフトで2,520円で購入。
来年3月公開予定のクレイアニメ『ウォレスとグルミット 野菜畑で大ピンチ!』に登場する、野菜畑を荒らすウサギ駆除に出動する際のバンとウサギ回収マシーン(でっかいダイソン式掃除機?)、フィギュアのセットがコーギーから(日本では)映画に先駆けて登場。
元々ウォレスとグルミットに登場するメカは丸っこいので、コーギーのディフォルメセンスとマッチしててイイ感じ。コーギー物としては珍しくウェザリングも入ってるけど、抑えめなのでちょうどいいリアル感を演出してるグッジョブな一品。あ〜ミニカーだけじゃなく映画も早く見た〜い。

コーギー ノンスケール サンダーバード2号
コーギー製サンダーバード2号のパッケイジ写真ミスタークラフトで5,460円で購入。
上のS.W.A.T.ティームバンを買いに行ったら見つけてしまったので確保。
以前出たマッチボックス版とほぼ同じサイズ、かつコンテナの外し方や脚の出し方などのギミックも同じ方式なので、マッチボックスの型の使い回しかと思いきやモールドの掘り方が違うし、チリの合いも良いので一応別モノ。マッチボックスでは省略されていた尾翼翼端やノズル等の各種ラインも入っているので上質感はやや上。
あとコンテナを外した状態で空を飛んでいる2号と、海上でコンテナから発進している4号のイメージを再現したディオラマ調のパッケイジが秀逸。

『隔週刊チャンピオン・バイク・コレクション』  No.33 1/24 #41 アプリリアRSV1000('02 WSB)
ミスタークラフトで1,780円で購入。
ヤマハからアプリリアに移籍、さらに1シーズン闘ったGPから身を引いてワールドスーパーバイクに再挑戦した02年にハガノリが駆ったRSV1000が登場。ちなみに例のミスプリのあったマモラのNS用台座付き。何かに利用できるかもしれないからとっとこうっと。
発売は火曜日だったけどすっかり忘れてた。どうも隔週刊ってのはチェックが洩れていかんね。

マジョレット 1/57 #7 フォードフォーカスWRC('04 ラリーメキシコ)
ミスタークラフトで336円で購入。
以前入荷した時に買い損なったカストロールカラーのフォーカスWRC(マルティン車)が再入荷してたのでGet。

ミニカー購入記(2005年12月1日号)

・ホットウィール 1/64 『バットマン ビギンズ』版バットモービル 2台セット
アソビットホビーシティで3,528円で購入。
従来のシリーズとは一線を画すリアルテイストで新機軸を打ち出したのが話題になった『バットマン ビギンズ』に登場したバットモービルが、改造前の軍用試作機ヴァージョンとセットで登場。
ホットウィールファンには悪いけど、ハッチオープンを実現してるとはいえ、この大味な造形で、しかも同じ型の色違いで4千円越えという価格の価値は個人的に全く見いだせないなぁ。ムダにデカいパッケイジもウザいだけだし。
ここはひとつスカイネットあたりにがんばってもらって、ヨンサンのバットモービルを出してもらうしかないな。

炎の英雄シャープ、ついに日本上陸!

《SHARPE 炎の英雄 シャープ》(たのみこむ)
「炎の英雄 シャープ DVD-BOX 1」(Amazon)
「炎の英雄 シャープ DVD-BOX 2」

うわぁぁぁ、み、見てぇぇぇ!
でもBOXかぁ、さすがにBOXは買えんな〜。
レンタルもしてくれ〜!!
それかBSでも放送してくれ〜!!

エブロ12月発売分延期予想!

「12月発売予定新製品」(エブロ)

【12月16日結果を追記】
今回も写真が無いの(904カレラ、SUPER GTフェラーリの2台)はダメでしょう。←的中
レースカーも、既に型があるののバリ(トヨタ7とSUPER GTのマレーシア仕様)はともかく、R88Cはダメな気がする。←トヨタ7延期、マレーシア仕様発売で半分的中
とゆーワケで、スバル360カスタムとホンダZ、1/10 カブ、プレミアムクラシックス以外は全滅と見たがどうか?←結局SUPER GTのマレーシア仕様とプレミアムクラシックス以外全滅というグダグダっぷりで大ハズレ

#しかも11月予定だったダイナシティ、ZENTはさらに延期だし(-_-#)。

« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »