2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ブログパーツ

無料ブログはココログ

« ミニカー購入記(2005年12月28日号) | トップページ | ミニカー購入記(2006年1月4日号) »

単焦点の威力

先日の撮影会でEF50mm F1.8IIを初投入。
シグマ 18-200mm F3.5-6.3 DCと交換しながら撮影。せっかくの単焦点なので、実験がてら絞り優先モードで絞りを変えながら色々撮ってみた。
このレンズを買うときにネットで調べたとおり、解放側ではピントが激シビア。どこにピントが合ったんだか良くわからない画や、意図してない場所にピントが合ってしまった画を大量製造してしまう(ま、そのための実験だし。こーゆー実験が気軽に出来るのがデジタルのいいところ)。
それでもピントがバッチリ来た画は、解像感といい、シャープさといい、シャドー部分の色ノリといい、確かに多焦点レンズにはない描写力の高さがハッキリと出てビックリ。なるほどこれはハマる魅力を持った悪魔のレンズだわ。
あと、多焦点だとISO感度を上げないとシャッタースピードが稼げない暗さでも、ISO100のままでも撮れてしまうレンズの明るさはやはり強力。
積極的に撮影ポジションを変えないと画が単調になってしまいがちというデメリットはあるものの、やはりこの写りの良さは魅力的。状況さえ許せば、撮影会なら単焦点1本で通したくなるほど気に入ってしまった。

« ミニカー購入記(2005年12月28日号) | トップページ | ミニカー購入記(2006年1月4日号) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16457/7911206

この記事へのトラックバック一覧です: 単焦点の威力:

« ミニカー購入記(2005年12月28日号) | トップページ | ミニカー購入記(2006年1月4日号) »