2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ブログパーツ

無料ブログはココログ

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

2006年3月

ミニカー購入記(2006年3月31日)

・スパークモデル 1/43 #70 マーコスLM600('95 ル マン)
タムタムで4,872円で購入。
資料がほとんど見つからないため、イギリスのスポーツカーメイカーということぐらいしかプロフィールは知らないながら(^_^;)、グロテスクと紙一重のマッチョなボディラインのユニークさに惹かれて購入。
エントリィした2台とも目立った成績は残していないので、ガチガチのマカーとしては、結果はリタイヤとは言え、翼端板にアップルのスポンサースティッカー(95年っつったら、ジョブス復帰直前の一番ヒドイ時期だから、多分英アップル独自のカネだと推察)が張ってある70号車をチョイス(ちなみに70・71号車とも、ミラーにリンゴロゴステッカーあり)。
しかし、こんなにラインが入り組んでいるのに、トータルなシェイプはどこも破綻させずにまとめるセンスはすごいなぁ。しかもこれだけアグレッシブなデザインでありがながら、イギリス車ならではの品格も感じさせるから不思議。日本やアメリカじゃ絶対こういう繊細なラインは出せないよなぁ。やっぱ国民性まで踏み込んだセンスの成せる技?

ツナギ姿でTT大会(笑)

「まさにガチンコ。バイクメーカー7社がプライドをかけ『ツーリスト・トロフィー』で対決——レース大会」(ITmedia)

GPライダーを呼べとは言わないけど、せめて国内の現役ライダーに対戦してもらわないと、「ガチ」とは言えないなぁ(笑)。4輪(Gran Turismo)なら国内トップドライヴァーが対戦することもザラなんだし。

しかし、TTのラインナップにはハーレー無いみたいだけどハーレーの人は何で競ったんだろ? やっぱビューエル?

恒例のサークルKサンクス限定ミニカー、第10弾はメルセデス

<Mercedes-Benz Minicar Collection>(京商)

発売は5月2日から。
なるほど、今度はベンツですか。しかもC9あるし。
こりゃ63号車出るまで買い続けきゃいけないぢゃないか…○| ̄|_。

#どうせCLK-GTR作るならル・マン仕様も用意してくれりゃいいのに(´・ω・`)

ミニカー購入記(2006年3月26日号)

・ハウザック 1/43 #47 ホンダNSX('94 ル マン)
アート・ミニカーGINZAで3,192円で購入。
2月に出たクレマーレーシングの48号車に続き、チーム国光の47号車が到着。ドライヴァーは国光御大に“ドリキン”土屋、飯田 章のトリオ(どーも、この時の印象が強くて、いまだにドリキンと飯田 章には「ホンダの人」ってイメージが(^_^;))。
当然ながら素直に48号車のカラバリなのでモデルのデキについては割愛。せっかくケンウッドカラーがカッコイイのに…なんでミュージアムコレクションラインで出してくれなかったかなぁ(#SIGH#)。
48号車の時あれだけこき下ろしておきながら買ってしまったのは、万一エブロからバリが出なかった時用の保険としての意味合いから(48号車と同時に予約してしまったのでキャンセルが効かなかったから、というのもあるけど)。

ネックストラップ式ヘッドフォンを買ってみた

外でshuffleを使う時は、shuffleにあわせて購入したPHILIPSSBC-HE580を使っていたものの、ブログ主は四六時中聴きっぱなしにするわけではないので、ヘッドフォンを外した時コードが分離しないSBC-HE580では、外したレシーバーと共に長いコードがうっとおしくてしょうがないので、SONYのネックストラップ式ヘッドフォンNUDE MDR-NE2 (W)を購入。
shuffle用ということはすなわち音の善し悪しを論じるようなシーンでは無いことがほとんどなので、お安めのNE2をチョイス(ワンランク上のNE3はストラップ部分がメタリック調かレザー調でやや質感が良い。レシーバーの形状も違うので音もそれなりに違うのかもしれないけど)。
試しに室内で聴いてみたところ、やや不自然なくらい低音が強調されているけど、音のディテイルが損なわれているわけはない。全体的にはマイルドな印象で高音のシャキシャキ感は物足りない。でもまぁ、外で聴くことを考えると、このくらい中低音寄りに振ったチューニングの方が聴きやすいってのはあるかも。
とは言え実売1,980円というお値段を考えると結構しっかりした音が出てるので、ネックストラップ式のヘッドフォンを探している人には良い選択肢なのでは?

週間検索通信(2006年3月24日号)

[2006年3月23日]
・「クリス・ライアン」
#クリス・ライアンはデビュウ作の『襲撃待機』だけ読んで、後はスルーしてしまっていますので参考にならなかったかも知れませんね。

[2006年3月22日]
・「snoemobile」
#何を求めていたのか全く不明ですね…。

[2006年3月21日]
・「2010年宇宙の旅」
・「2061年宇宙の旅」
#どちらもレヴュウがありますが参考になりましたでしょうか?
#個人的にはクラークの作品の中ではあまり評価は高くないのですが…。

[2006年3月11日]
・「787b」
#トミカ、チョロQ、1/43、1/18とコレクションしていますがお目当てものは見つかりましたでしょうか?
#そういえばniftyのサイト内検索機能って、全角/半角は見分けるんだろうか?

・「カウンタック」
#スーパーカー世代ですが、カウンタックはそんなに思い入れが無いのでトミカくらいしかコレクションしてませんね〜。

[2006年3月5日]
・「ドラゴンランス」
#未読です。ハリポタは読みますが、それほどファンタジィ属性が強いわけではないので。

[2006年3月1日]
・「藍沢香々」
#S耐の時の写真が1カットだけですね。ご期待に添えず申し訳ないです。

[2006年2月28日]
・「Xanavi AND nismo AND GT-R」
#1/43だと02モデル、1/18なら03のラストGT-R、あとトミカが少々ありますがお目当てのアイテムは見つかりましたでしょうか?

『隔週刊チャンピオン・バイク・コレクション』第43〜45号の予定

「第43号 ドゥカティ998R '02 ピエール・フランチェスコ・キリ」(DeAGOSTINI)
「第44号 アプリリアRSW125 '02 アルノー・ヴァンサン」
「第45号 ホンダCBR600 '02 ファビアン・フォレ」

なぁんか、今回もどうでもいいマシーンばっかだなぁ。スルースルー。
つーか、02ばっか出ても面白くもなんともないいだけど…。

今年こそWRC & ル・マン制覇を狙え、ロゥブ

「ル・マンはやみつき、ローブが今年もル・マン24時間に出場を宣言」(AUTOSPORT web)

よ〜っぽどロゥブはル・マンを気に入ったみたいだね(^-^)。
今年の体制だとWRCのタイトル獲得は簡単じゃないだろうけど、がんばって偉業達成に挑んで欲しいなぁ。
セブリングではディーゼルのR10が勝ったり、参戦を表明しているJLOCのムルシェRG-1がSUPER GTで初勝利を挙げたりと、今年もル・マンから目が離せませんなぁ。

2GBのCFで多い日でも安心

キスデジN導入以来、どうも撮影時のカット数が増える一方で、本体を買った時に同時購入した1GBのCFカードでは使い切ってしまうケースがままある上、今度、小田倉様の撮影会に丸一日参加する予定が出来たので、若松通商トランセンド製の2GBのCFカード(TS2GCF120)を14,800円を仕入れてくる。

価格.com口コミには「キスデジNで認識しなかった」なんて書き込みもあったのでやや不安だったものの、とりあえず試写してみたところ、特に問題なく使えている模様で一安心。
さ〜、これでバリバリ撮りまくるど〜。

ミニカー購入記(2006年3月18日号)

・プロドライブ特注 イクソ 1/43 #1 スバルインプレッサWRC2004('04 ラリー・ジャパン)
アソビットホビーシティで3,780円で購入。
日本でのWRC初開催となった記念すべき第1回ラリー・ジャパンウィナーであるインプレッサWRCのソルベルグ車が、アソビットの春のセイルで、通常の20%引きの4,200円からさらに10%引きになっていたのを確保。
もともと04年のラリー・ジャパン出場の4大ワークスマシーンは、「初開催記念」に買うつもりでいたものの、インプレッサはこのバカデカいプロドライブ箱がイヤなので通常品待ちをしていたら一向に出る気配が無いので、通常品には見切りを付けてプロドライブ箱でガマンしようと諦めていたところ、ちょうどお買い得品があったので購入。
箱のデカさには辟易とするけど、表彰台に乗ったクサラ、フォーカスが出た暁にはこのボックスに並べられるかも…と、妄想が膨らんじゃったりも。

ミニカー購入記(2006年3月17日号)

・スパークモデル 1/43 #17 ポルシェ962C('88 ル マン)
アート・ミニカーGINZAで4,872円で購入。
80年代無敵を誇りつつも、80年後半にはその強さに陰りが見え始め、88年のル マンではジャグワァXJR-9の後塵を拝したものの、ワークスの意地を見せ17号車が2位に入ったシェルカラーの962Cがスパークモデルから登場。購入したのはまたもや成績よりもアンドレッティ親子が駆り6位になった19号車をチョイス。
正直スパークがこんなメジャーカーに手を出すとは夢にも思わなかった(笑)。とは言え旧ビテス・カルツォ以来久々に最新の技術力でモデル化してくれたのは素直にうれしい。
モデルのデキは、低く構えたCカーらしさはミニチャンプスのよりいい感じかも。車体全体にあしらわれたグラフィックも、ラインの複雑さを考えれば上等の部類。
ちなみにちょっと前の入荷分から、紙箱の窓がさらに大きくなって枠が細くなってる。なんでわざわざこんな微妙なマイナーチェンジを?

ヨシムラ製のカーボンマウスパッドでパワーア〜ップ!

<ヨシムラ カーボン製スケール&マウスパッド>(ヨシムラジャパン)

「ヨシムラ」製で「カーボン」のマウスパッド(;´д`)ハァハァ。
100個以上の注文があった場合のみ製品化されるそうなので、ヨシムラファンの方はぜひ「ポチっとな」しましょう!

#現時点で注文数41じゃ、ちょっとキビシイかな?

日テレのMotoGPへの取り組み、一歩前進

「2006年 MotoGP TV放映日程」(ヤマハ)

少なくとも、開催日にほぼ決まった時間帯で放映するようになったのは素直に評価出来ますな。
あとは、日本GPがライブで1時間枠ってのだけなんとかして欲しいけど、まぁ一歩一歩、ね。

#そうそう、お願いだから中継アナウンサーの質も上げてね。

今年の8耐は仮面ライダーカブト VS バズ・ライトイヤー!?

「バズ・ライトイヤーが鈴鹿8耐に登場!」(MFJ SUPERBIKE)

SUPER GTの方の話題はAUTOSPORT WEBの記事をドゾー( ´∀`)つ「aprとトイストーリーが強力タッグ 新田/高木組でGT300に挑む」

こういう切り口でもいいからレースに親しむキッカケになって、裾野が少しでも広がればいんだけどねー。

#ミニカーの版権は、トミー(トミカ)でディズニーと繋がりがあるから、MR-Sのミニカーはトミカエブロから出たり…はしないか。

MC12、参戦延期

「マセラティは開幕戦に登場せず! 当面参戦延期へ」(AUTOSPORT WEB)

ありゃま残念(´・ω・`)。
でもまぁ、“ル マンウィナー”の看板しょってちゃ無様なレースは出来ないもんね。
早い段階での参戦実現を期待。

「野菜畑で大ピンチ!」公開まであと1週間!

「野菜畑で大ピンチ!」で使用したセットの写真「野菜畑で大ピンチ!」公開を来週に控え、日本橋三越で開催されてる《ウォレスとグルミットの世界展》を覗いてきた。

デパートのオープンスペイスでの開催なので、展示されていたのは「野菜〜」の撮影で使用されたセット2点と小物だけ、とやや寂しいものの、最新作のセットが公開と同時タイミングで見れるというだけでも、ファンにとっては価値あるイヴェント。
以前の展示会の時は気付かなかったけど、人物のクレイモデルの肌部分が結構紫色がかってたのにはビックリ。映像やスティルでは普通に肌色に見えてるところを見ると、クレイアニメ特有の、照明やフィルムとの相性を考慮したノウハウなんだろうか?
それにしてもセットの情報量の何と多いことか。ヘタすりゃ画面に入らないような小物一つにいたるまでとことん細部まで作り込んであるのにはあらためて感心してしまう。

マーリン・クロッシンガムさんの写真2時から始まった、セカンドユニットチーフでグルミットの担当アニメイターでもあるマーリン・クロッシンガムさんのトークショウは、後の予定が控えていため残念ながら最初の数十分しか聞けなかったけど、トークショウに先立つフォトセッションで、撮影に使用したウォレスとグルミットのクレイモデル(厳重にコンテナに梱包されていたので恐らく実物)が見れたのも収穫(写真は取り損ねたけど)。
映画がヒットしたら、また大規模な展示会を開いて欲しいなぁ(もっとも、スタジオの火事でセットは消失しちゃったからなぁ…)。

#Loppiで前売り券を予約購入すると貰える携帯マスコットが、普通にグッズとしても売られていてちょっとショック。なんだー、Loppi独占販売品じゃ無かったんだ〜(^_^;)。

カメラのストラップは細いに限る?

キスデジN付属の幅広のストラップは、上着(特に冬用の厚手のライディングジャケットなんか)を着たまま首から下げるとエリと干渉してうっとおしいわ、肩から下げるとズルズルと下がってきてしまうわと、どうもイマイチしっくり来ずにイライラしていたところ、デジカメWatch「軽いカメラなら細いストラップの方が滑りづらい」という記事を読み、それならばとキヤノン製の幅の狭いストラップEOSストラップII 23ブルー(ホントは黒が良かったのだが、このタイプには黒の設定が無いのだ)を買い込んでくる(1,848円也)。

で、今日、日本橋三越で開催されていた《ウォレスとグルミットの世界展》にキスデジNを持って行って下げてみたところ、首から下げてもエリとの干渉はほとんど気にならないし、肩から下げてもずり落ちるようなことは無しと、望み通りの効果を得ることが出来て一件落着。
これならカメラバッグに入れた時もさほど邪魔じゃないし、まさに一石二鳥のナイスアイテム。

『WRC Plus』がリニューアル?

『WRC PLUS '06 vol.2』(ニューズ出版)

本屋に買いに行ったら、恒例のラリーシーンの写真じゃなく、白背景に宣材写真のマシーンなんて、リニューアルしたかのようなノリが違う表紙だったもんで、しばらく見つけられなかっただよ(^_^;)。

#いやしかし、スズキのWRC参戦は楽しみだね(^-^)。

久々チームスズキMotoGPにスポンサーが

「チームスズキとリズラ 2年間のパートナーシップ契約を締結」(スズキ)

リズラってタバコメイカーだったのね(ん? なんでミニチャンプスのミニカー、ロゴを再現してるんだ?)。
それにしても今年型のGSV-Rは何かボッテリしてカッコ悪いなぁ。カラーリングもスーパーバイクの方がカッコ良かったし。

#GSX-R1000の加賀山号マダー? (・∀・)っ/凵 ⌒☆チンチン

「野菜畑で大ピンチ!」2冠達成!

「『ハウルの動く城』アカデミー賞逃す」(Yahoo! ニュース)

だ〜か〜ら〜、「ハウルが逃した」んじゃなくて、「ウォレグルが獲っ(以下略)

それはさておき、ドリームワークスと組んだ『チキン・ラン』“だけ”ノミネイトすらされなかったとゆーところに、そこはかとない面白さを覚えるのはナゼだろう。

ミニカー購入記(2006年3月4日号)

・『隔週刊チャンピオン・バイク・コレクション』No.40 1/24 #99 プロトンKR3('02 MotoGP)
ミスタークラフトで1,780円で購入。
02年に「マックおじさん」ことジェレミィ・マクウィリアムスが駆ったティームロバーツのオリジナルマシーンKR3が、よ〜〜やく「チャンピオン〜」からとは言え登場。書泉でもフライング売りしてたけど、ポイント目当てでミスクラで購入。
映像や写真で見ても決してカッコイイバイクではないけど、このスケールだとぼってり感が際だっちゃうなぁ(´・ω・`)。ま、仕方ないけど。
それにしても、せっかく型があるんだから宣篤車や他の年式も出そうよ。>イクソ

・ホンダダイレクトマーケティング特注チョロQ ホンダバモス
ミスタークラフトで1,365円で購入。
今でも「レクリエイションヴィークルのコンセプトカーだ」と言えば通用してしまいそうなキュートなデザインのバモスがチョロQで登場。リリースされたアイヴォリィホワイト、クリーム、グリーンの3色のうちグリーンを購入。
やっぱこういうユニークなデザインのクルマはチョロQになるとかわいいなぁ。ちゃんと幌が外れるのも芸が細かくてよろしい。
今でも「バモス」を名乗るクルマは存在するけど、コンセプトもデザインもこの元祖には遙かに及ばない単なる軽のワンボックス。まったく、いつからホンダはこーゆー馬鹿グルマを作れなくなっちまったんだか(-_-)。

ロボメーテル…

「公開されたメーテル姿の案内ロボット=28日午後、北九州市役所で」

コワイヨー(つД`)

新生タカラトミー発進

《タカラトミー》

きょうび、なんちゅうウェブサイトトレンドを外したサイトの作りしてるんだろうねぇ。
つーか、入り口を統合してコンテンツ集約しただけで、個々のページは「タカラ」「トミー」名義のまんまぢゃん。ホントに合併したのかね? これで。

#実は社内では「タカラ製品事業部」「トミー製品事業部」とかって、ガッツリ分かれたまんまだったりして:-P。

久々物欲を刺激するアップルの新製品

「アップル、Intel Core CPU搭載のMac mini」(PC Watch)
「Apple、iPod用スピーカーシステム『iPod Hi-Fi』−リモコン付属。重量6.6kg。乾電池駆動に対応」

おー、ウワサ通りIntel Mac miniが登場したか〜。
それにしても、使ってるソフトのユニバーサルバイナル化が済んで環境が安定するまでCubeでしのぐか、とは言えCS2/Bridgeを使ってるときのもっさり感にはイライラするので、手に入るうちにPowerPC版を押さえちゃうか…悩ましいわぁ。

あと、iPod Hi-Fiはマジ、欲しいわ〜。
これ、要はパソコン用スピーカーとしても使えるわけでしょ? 最近、音楽はiTunesでしかかけなくなっちゃったから、パソコン用のスピーカー物色してたところなんだよね〜。冬のボーナスの余りで買っちゃおうかな♪

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »