2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ブログパーツ

無料ブログはココログ

« シュワンツレプリカジャケット考 | トップページ | タカラ ストラクチャーモデルで1/64市場に参入 »

DTMも負けずに熱い

前々から興味はあったものの、映像ソフトを買うまでする熱意はなくてこれまで見る機会が無かったDTMを、ケイブルに加入したおかげでWTCCに続いて初観戦。
いやぁ、こっちも熱いねぇ。平気でガシガシ当ててるよ。
こんだけぶつけあってる割りには、クリティカルなコースオフやリタイヤを余儀なくされるような大破がほとんど見受けられず、そんなにイヤ〜ンな感じがしないのが不思議。
ドライヴァーもフレンツェン、ハッキネン、アレジなんかのF1リタイヤ組(とは言えさすがに速い)に、クリステンセンやシュナイダーといったスポーツカーやハコ車乗りの第一人者が競うんだから面白くないわけがない。
スターリング・モスの言うことにも一理あるとは思うけど、悪意やあまりにも無謀なツッコミでで押し出した挙げ句相手が結果リタイヤ…という論外なケースでもない限り、個人的にはむしろこのくらいの方がエキサイティングでOKかな。

で、2つの海外ハコレースを見て感じた妄言。
そもそもレースディスタンスが長いSUPER GTは、レース内容によってはどうしてもダレ場が出ちゃうから、それを防ぐために500と300クラスを分けて、それぞれ1時間ちょっとの二本立てでプログラムを組めば熱いスプリントレースが楽しめそうな気がするんだけど。
ついでに抜く方も抜かれる方もオーヴァーテイクに余計な気を使わずに済むようになって安全性も増すし(意図しない黄旗無視も無くなるだろうし)、場合によっては300クラスの方が内容の濃いレースをしているにも関わらず、どうしても500中心になっちゃう中継の公平さも増す、と、一石三鳥だと思うんだけど、単なるシロウトの無い物ねだりなのなぁ。

#そうそう、CSの番組って全部コピーワンスだったのね(^_^;)。

« シュワンツレプリカジャケット考 | トップページ | タカラ ストラクチャーモデルで1/64市場に参入 »

コメント

はるまきさんがDTM初見ってのは意外ですね。なんとなくモータースポーツ全般に精通しているイメージです。
私も昨日、待ちに待ったDTMのRd.1を見ました。やっぱり良いですね、DTM。オペルがいなくなってしまい、それぞれのメーカーから04、05、06と3種類ずつのマシンが出てはいるものの、 バラエティの豊かさという点から言えば寂しくなりましたが、レース内容は相変わらずでした。WTCCと比較するとどちらも派手なレースをしますが、改めてDTMの方がレベルが高いように感じました。
第2戦も終了して、昨年までの「若手vsベテラン」というよりも、「オジサン大ブレイク!?」って感じがして意外です。

> SUPER GT

1時間にしちゃうとドライバー交替が不要になるので、半分のドライバーが職を失います(笑)。
レースディスタンスという点では、実際にサーキットに足を運ぶ立場から考えると、1時間より短くなると辛いですね。コース内を移動するのも難しくなるし、チケット代を考えると、なんとなくPayできなくて損した感じがしそうです。

DTMでもレースがタレる事はありますから、問題はレース方式というよりも、ドライバーの質、オフィシャルの質の問題だという気がします、僕は。

> 半分のドライバーが職を失います

なるほど! それは考えが及びませんでした。さすがですね。

> ドライバーの質、オフィシャルの質

そうですねぇ。井出みたいに世界に出て行ったはものの、やいのやいの言われないで済むようなレーサーが育つ環境が整ってくれるといいんですけどね〜。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16457/9837722

この記事へのトラックバック一覧です: DTMも負けずに熱い:

« シュワンツレプリカジャケット考 | トップページ | タカラ ストラクチャーモデルで1/64市場に参入 »