2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ブログパーツ

無料ブログはココログ

« MI6も新聞広告でスパイを募集 | トップページ | ミニカー購入記(2006年4月29日号) »

超合金EX 1/8 ASIMO

欲しかったものの、1万円は出す気がせずスルーしていた超合金EX ASIMOが、ヤフオクで半額で出品されてたのを見つけて落札。
1/8というと、ちょうど去年Getしたスナップオンのミニチュアツールボックスが同じスケールなので、某超有名レヴュウサイト風のネタ画像をアップ。

スナップオンツールボックスとの組み合わせ写真1

「おーいASIMO。エアラチェットレンチ持ってきてくれる?」
「了解シマシタ」

スナップオンツールボックスとの組み合わせ写真2

「エ〜ット、エアラチェットレンチハ確カコノ棚ニ…」

スナップオンツールボックスとの組み合わせ写真3

「ハイ、オ待タセシマシタ」

なんて時代がいずれ来るのかな?(^-^)
お次は、スケール的には一回り小さいギロイの1/10スケールのバイクならこのASIMO君にちょうどいいんじゃないかとRC211Vの大ちゃん車に乗せてみたら…。

RC211VにまたがったASIMOの写真1

おお、ジャストフィット。
ホンダテクノロジィ、夢のコラボレイションって感じ。これで飾っておこうかな。

RC211VにまたがったASIMOの写真2

実はお尻がちょっと浮いちゃってますが、ステップはしっかり踏んでるし、タンクがお腹を支えているので安定はしてます。

RC211VにまたがったASIMOの写真3

ウイニングラン。
さすがにシュワンツ風スタンディングガッツポーズは出来ませんでした。残念。

#ところで久しぶりにギロイの211Vを箱から出して触ったら、タイヤから油分が分離してヌルヌルしてた(´・ω・`)。こんな状態になったミニカーは始めてだよ。さすがスペイン製。

« MI6も新聞広告でスパイを募集 | トップページ | ミニカー購入記(2006年4月29日号) »

コメント

突然のコメント、どうかお許しください。
この2006.04.29付けで行われているレビューに登場する「スナップオンのミニチュアツールボックス」という商品の正式な商品名を教えては頂けないでしょうか。
ふと、アシモについて検索した歳にこのサイトのレビューを見つけ、サイズがピッタリなこのミニチュアに魅力を感じまして
色々検索をかけてみたのですが、同メーカの商品こそ見つかれど同一の商品についての情報が見つからず、困り果ててしまいました。
そこで、一か八かと詳細を直接お尋ねしにコメントをさせて頂きました。

レビュー自体が数年前の事で、検索をかけても他の画像が見つからないという事は発売から長い年月が経過してしまっている事は承知しておりますが
どうにか、商品についての情報を少しでも知りたく思います。

どうか宜しくお願い致しします。

通常「名無し」のコメントにはリアクションしない主義なのですが、内容が真剣なものなのでイレギュラー回答いたします。
パッケージに記載された商品名は“KRL Series Workstation Bank Replica”となっています。
また、製造メーカーはCROWN PREMIUMSというところになります。
参考になれば幸いです。

礼儀知らずへの親身な回答、ありがとう御座いました。
即日回答を頂けていたのに、お礼の返信が遅れてしまって申し訳ありません。
商品詳細を知ることが出来て非常に助かりました。
何とか、オークションや実売店舗を見回ってどうにか入手したく思います。
 
いつ頃になるかは検討も付きませんが、もし入手が叶えば、この場にご報告のコメントを入れさせて頂きたいのですが構いませんでしょうか?
 
名無しと名乗ってしまった都合上、今回までは名無しで変身させて頂きますが、上記した一報
あるいは他記事へのコメントをする際は何らかのハンドルネームを付けて書き込みするように気をつける所存です。
 
本当に、ありがとう御座いました。

そこまで萎縮されてしまうとこちらも恐縮してしまいますが、書き込み自体は歓迎です。遠慮無く書き込んでください。
無事入手出来ると良いですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16457/9813581

この記事へのトラックバック一覧です: 超合金EX 1/8 ASIMO:

« MI6も新聞広告でスパイを募集 | トップページ | ミニカー購入記(2006年4月29日号) »