2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ブログパーツ

無料ブログはココログ

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006年4月

DTMも負けずに熱い

前々から興味はあったものの、映像ソフトを買うまでする熱意はなくてこれまで見る機会が無かったDTMを、ケイブルに加入したおかげでWTCCに続いて初観戦。
いやぁ、こっちも熱いねぇ。平気でガシガシ当ててるよ。
こんだけぶつけあってる割りには、クリティカルなコースオフやリタイヤを余儀なくされるような大破がほとんど見受けられず、そんなにイヤ〜ンな感じがしないのが不思議。
ドライヴァーもフレンツェン、ハッキネン、アレジなんかのF1リタイヤ組(とは言えさすがに速い)に、クリステンセンやシュナイダーといったスポーツカーやハコ車乗りの第一人者が競うんだから面白くないわけがない。
スターリング・モスの言うことにも一理あるとは思うけど、悪意やあまりにも無謀なツッコミでで押し出した挙げ句相手が結果リタイヤ…という論外なケースでもない限り、個人的にはむしろこのくらいの方がエキサイティングでOKかな。

で、2つの海外ハコレースを見て感じた妄言。
そもそもレースディスタンスが長いSUPER GTは、レース内容によってはどうしてもダレ場が出ちゃうから、それを防ぐために500と300クラスを分けて、それぞれ1時間ちょっとの二本立てでプログラムを組めば熱いスプリントレースが楽しめそうな気がするんだけど。
ついでに抜く方も抜かれる方もオーヴァーテイクに余計な気を使わずに済むようになって安全性も増すし(意図しない黄旗無視も無くなるだろうし)、場合によっては300クラスの方が内容の濃いレースをしているにも関わらず、どうしても500中心になっちゃう中継の公平さも増す、と、一石三鳥だと思うんだけど、単なるシロウトの無い物ねだりなのなぁ。

#そうそう、CSの番組って全部コピーワンスだったのね(^_^;)。

シュワンツレプリカジャケット考

以前、ヤフオクで↓のシュワンツレプリカジャケットが出品されてるのを発見し、なかなか良く出来たレプリカジャケットだったので落札。

シュワンツレプリカジャケットの写真

ところがジャケットにタグの類が付いてないので製造メイカーが分からない。
出品者に質問したところ光輪で購入したとのことなのでプリカーナ製だろうとアタリを付けていたものの、真相が分からず終いで購入以来ずっと奥歯に物が挟まったような感覚が。

ところが先日ヤフオクを漁っていると、ロックハートのカタログの出品があり、商品写真の中に、持っているのによく似たジャケットが載っているダイネーゼのアパレルページが(↓)。

カタログの写真

比べてみるとこのダイネーゼ製のレプリカジャケットは、肩にベンチレイションのホールがあったり、脇にメッシュ部分があったりと、写真だけでも分かるさすがの造りだし、ワッペンやグラフィックも細々と違うので、少なくとも自分が持っているジャケットはダイネーゼ製でないことが判明し、ほぼプリカーナ得意のノーライセンスレプリカの線が濃厚に。
いやぁ、5年越しの謎がようやく解けてスッキリした。

ただ一つ新たな問題が・・・
このダイネーゼのレプリカジャケット欲しくなっちゃった(笑)。

ミニカー購入記(2006年4月29日号)

・CM'S ラリーカーコレクション SS.4 スバル編

[サムネイル画像をクリックすると拡大画像が別ウィンドウで表示されます]


インプレッサWRC2006 プロトタイプの拡大画像へのリンク
インプレッサWRC2006 プロトタイプ
レガシィRS シークレットの拡大画像へのリンク
シークレット:レガシィRS #11 (RAC)
アリ・バタネン

あみあみの通販で6,379円(+送料500円)で購入。
CM'S(シーエムズ)のラリーカーコレクションの新作スバル編の第2弾が到着。
第2弾と言っても、新車はWRC2006だけ、しかもプロトなのでやや水増し感があるラインナップ。なので写真も新車のWRC2006プロトとシークレットのみご紹介。
グラフィックの処理がデカールからタンポ印刷になってやや品質感は増したけど…う〜ん、やっぱこれならスルーでも良かったかなぁ。
恒例のブログ主が買ったボックスの並びをご紹介。

シークレットインプレッサWRC2005
インプレッサWRXインプレッサWRX
インプレッサWRC1999インプレッサWRC1999
インプレッサWRC2002インプレッサWRC2002
インプレッサWRC2006プロトインプレッサWRC2006プロト
インプレッサWRC2004インプレッサWRC2004
箱手前

お、さすがに年代順じゃないけど縦1列コンプが復活。なんだ、箱買いしなくても良かったのか(^_^;)。しかし、なんで今回のボックスは黄色なんだろ?

・イクソ 1/24 #11 ドゥカティデスモセディチ('04 MotoGP)
ミスタークラフトのバーゲンで1,000で購入。
よ〜っぽどのお買い得品でもなければ買うつもりが無かった、04年のMotoGPマシーンで唯一スルーしていたダンティンドゥカティのシャウス車が1,000円で投げ売りされてたので確保。なんだかんだといいつつ、結局'04シーズンもコンプリしてしまった(^_^;)。

・エブロ 1/43 #3 G'ZOX ハセミ Z('05 SUPER GT)
ミスタークラフトのバーゲンで2,100円で購入。
え〜、なんで'05のZはカルソニックを買ったのにG'ZOXを買い直したかと言うとぉ、G'ZOXのカラーリングはNASCAR風というかアメリカンというかなハデさが結構気に入っていたものの、「まずはカルソニックを抑えてG'ZOXは06モデルで買おう!」という計画でいたら、何と今年のハセミモータースポーツはまっ黄っ黄で面白味のないカラーリング(あ、別にイエローハットに含むところはありまへん。為念)に切り替わってしまったので、グラフィック的には毎年代わり映えしないカルソニック(失礼)よりは、G'ZOXを優先的に残すことにしようと作戦変更し、やむなくカルソニックはお蔵入りにすることにしたもの。1シーズン/1車種/1ブランド/1台のポリシィを貫くのもなかなかタイヘン、というお話し。




別に↓がしたくて買ったわけでは決してない(^_^;)。いやホントホント。

'05 G'ZOX ハセミ ZとG'ZOXレディの写真

超合金EX 1/8 ASIMO

欲しかったものの、1万円は出す気がせずスルーしていた超合金EX ASIMOが、ヤフオクで半額で出品されてたのを見つけて落札。
1/8というと、ちょうど去年Getしたスナップオンのミニチュアツールボックスが同じスケールなので、某超有名レヴュウサイト風のネタ画像をアップ。

スナップオンツールボックスとの組み合わせ写真1

「おーいASIMO。エアラチェットレンチ持ってきてくれる?」
「了解シマシタ」

スナップオンツールボックスとの組み合わせ写真2

「エ〜ット、エアラチェットレンチハ確カコノ棚ニ…」

スナップオンツールボックスとの組み合わせ写真3

「ハイ、オ待タセシマシタ」

なんて時代がいずれ来るのかな?(^-^)
お次は、スケール的には一回り小さいギロイの1/10スケールのバイクならこのASIMO君にちょうどいいんじゃないかとRC211Vの大ちゃん車に乗せてみたら…。

RC211VにまたがったASIMOの写真1

おお、ジャストフィット。
ホンダテクノロジィ、夢のコラボレイションって感じ。これで飾っておこうかな。

RC211VにまたがったASIMOの写真2

実はお尻がちょっと浮いちゃってますが、ステップはしっかり踏んでるし、タンクがお腹を支えているので安定はしてます。

RC211VにまたがったASIMOの写真3

ウイニングラン。
さすがにシュワンツ風スタンディングガッツポーズは出来ませんでした。残念。

#ところで久しぶりにギロイの211Vを箱から出して触ったら、タイヤから油分が分離してヌルヌルしてた(´・ω・`)。こんな状態になったミニカーは始めてだよ。さすがスペイン製。

MI6も新聞広告でスパイを募集

「『英国民が頼りにしている』 MI6、新聞に初のスパイ募集広告」(goo ニュース)

以前ネタにしたMI5に続き、SIS(MI6)も新聞広告を出したそうな。
チャーリー・マフィンやサム・マクレディみたいな有能なスパイが見つかるといいっすね(笑)。

妄想レーシングチームでトップを目指せ!

《FANTASY RACE JAPAN》

SUPERGT.netで紹介されたの見て初めてこんなゲームがあるのを知っただよ。
え〜っと、要はPOG(ペーパーオーナーゲーム)のモータスポーツ版って理解でいいのかな?

#肝心の参加費とかがどこにも書いてないのが怪しさを醸し出しちゃってるケド(笑)。

SUPER GT 第3戦でBANDAI DIREZZA SC430を先行Get!

「5/3・4アタックキャラバン IN SGT第3戦」(バクシード)

プラモデルラジコンショーの時のセパン仕様シールはイマイチ嬉しくなかったけど、今度の「SUPER GT会場限定パッケージ」ってのはいい鴨。

#トミカやチョロQにはOK出したんだから、いい加減エブロにもOK出してよ。>バンダイ

今更になってWinnyに脆弱性?

「Winnyにバッファオーバーフローの脆弱性、回避策は『利用の中止』のみ」(ITmedia)

これはWinnyを何とかして駆逐しようとする政府の陰謀に違いないっ。

by 陰謀論者

WTCCってこんなに熱かったのね

GAORAで放送が始まったので初めてWTCCを見た。
クルマがストックに近いフォルムだからあんまり燃えないかなぁと思ってたらとんでもない。
お行儀の良い日本のGTではあまり見られなくなったハデな縁石乗り上げに激しいインの取り合い、露骨なラインのふさぎあい等々、バンダイSC430の特攻っぷりがかわいく思えてくるような「当たって当たり前」のレース展開が熱い熱い。いやはやこっちの方がよっぽど「4輪格闘技」だわ(つまりはダンブレックはヨーロッパ流のレースをしちゃっただけ?)
第2ヒートのリバースポジションって制度(第1ヒートの1〜8位までが、第2ヒートでは逆順──つまり8位がポールポジション、1位が8番グリッド──に並ぶ)も日本のGTの多分に政治的側面が大きい性能調整より分かりやすいし、バトルが発生しやすくて見た目にも面白い。
こういったレースの「演出」に対する考え方というか姿勢の違いが分るのも大変興味深い。ま、中継のピエール北川も呆れてたけど、壊れたバンパー引きずったままでも走らせちゃうってのはどうかと思うケド(^_^;)。
ザナルディやラリーニなんかの馴染みがあるドライヴァーも走ってるし、クルマも結構カッコイイ(これまたレッドブルがスポンサーセアトレオンが以外と(笑)カッコ良かくてミニカーが欲しくなっちゃったり)し、見ていてかなり楽しい。いやお見それしました。放送してくれてありがとう! GAORA。

『Potential for Your Driving NISSAN MOTORSPORTS』DVD

DVDのパッケイジの写真日産のサイトで申し込むとタダで貰える、日産の05年のモータースポーツ活動をまとめたDVD『Potential for Your Driving NISSAN MOTORSPORTS』が到着。
去年のDVDはどちらかと言うとモータースポーツ初心者向けで、日産のモータスポーツ全般を網羅的に紹介した内容だったのでちょっと食い足らなかったのに対し(あと、中途半端にシナリオアドベンチャー風にクイズに答えないと次に行けなかった作りがうっとおしかった)、今年版はSUPER GTに的を絞った内容で、'05年のレースダイジェスト、オンボード/コースサイド/ピットとカメラアングルが切り替えられる鈴鹿1周分のZの映像(しかも音声は5.1ch)、本山に話を聞いたオーディオコメンタリーなどコアなファンでも十分楽しめる内容で、日産ファン、GTファンならGetしておいて損は無いDVD。来年もぜひこの路線で作って欲しいなぁ。

週間検索通信(2006年4月21日号)

[2006年4月17日]
・「デイヴィッド・ファインタック」
#シーフォートも最初の頃は良かったんですが、だんだん抹香臭さが鼻につくようになってしまって、巻を重ねるごとに評価が低くなってしまっています。気に障らなければ良かったのですが(^_^;)。

・「ドン・ウィンズロウ」
#ややデキ(とゆーか好き嫌い?)にバラ付きがありますが、あのテイストは捨てがたい魅力がありますね(^_^)。

[2006年4月16日]
・「プジョー106」
#英字で検索して頂ければビテスの1/43がヒットしたのですが…。
#しかしこうして履歴を見てると、日本語と英字の両方試さないのが普通なんですね〜。勉強になります。

[2006年4月15日]
・「米中開戦」
・「すべてがFになる」
・「ファイアーアロー奪回作戦」
#すみません、どれも読んでません。ご期待に添えず申し訳ないです。

[2006年3月26日]
・「MLX」
#たぶんMLX01をお探しだったんでしょうね。1/160のダイキャストも持ってますが、ウェブにはチョロQのみ掲載してあります。

[2006年3月24日]
・「デズモンド」
・「敵」
#『敵』はバグリイの作品の中でも好きな作品のひとつです…の割には、なんでレヴュウがこんなにあっさりしてたんだっけ?(汗)これぢゃ全然参考になりませんねm(_ _)m。

どうなる?どうする?ロッシの今後

「ロッシ、フェラーリ入りについては6月までに決断?」(AUTOSPORT web)

それにしてもF1コミュニティってのはホント保守的・閉鎖的なんだねぇ。その昔ミハエル・シューマッハがF1入りした時、「誰やねん?それ」って言ってたらしいし。
彼らの目が節穴だってことをロッシが証明してくれると痛快なんだけどなぁ。

アマゾンの支払いがネットバンキング可に!

「Amazon.co.jp、コンビニ・ATM・ネットバンキングによる決済に対応」(INTERNET Watch)

オイラ基本的に「いま、そこにあるカネ」で物を買いたい、クレディットカード嫌いのヒトだからこりゃ助かるわ〜。
その分、Amazonでガンガン買い物してしまう危険性が高まってしまうとゆー説も(汗)。

宇野社長、Macユーザーに慈悲の手を

「Windowsが使えるもう1つのMac環境『Parallels Workstation』」(PC Watch)
「Mac OS Xで作業しながらGyaOを見る、は本当か?——『Parallels Workstation』を検証する」(ITmedia)

ほらぁ、同時多発でこんな記事が載るくらいなんだからニーズは結構あるんだってば〜。
仮にも「パソコンテレビ」を謳うならMacもサポートしておくれよう。

GyaOのトップページにアクセスすると出る「画面上でクリックはできません。ご了承ください」ってメッセージの意味を誰か教えてください。

CLIE、ようやく現実的なバッテリー交換料金に?

「有償修理時の料金のめやすについて」(ソニー)

あれ? 割と最近調べた時に1マンくらいしたんで「え〜、じゃあPDA工房なるべく安く済ますか、MissingSyncの日本での先行きも不安だし、いっそT5にでも乗り替えちまうか?」とか思ったんだけどな。こっそり値下げした?
何はともあれ、バッテリーの減りが異常に早いから、なんかしら手を打たないとなぁ。うちのCLIE。

朝はiPodに起こしてもらおう

「丸紅、iPod用クレードル型クロックラジオ」(PC Watch)

「お、こりゃ便利かも。うまいこと考えたね〜」とか思ったけど、よくよく考えると、目覚ましを止める時なんざ、無意識のうちに乱暴にはたいたりするから、iPodをベキッっとやっちゃったりする可能性が…(^_^;)。

ローラ−アキュラ、クラージュ−アキュラの誕生!?

「ホンダ、アキュラ・ブランドで07年からALMSに参戦へ」(AUTOSPORT web)

うぉぉぉぉ! とりあえずアメホン独自の活動だしエンジン供給のみとは言え、スポーツカーレースでホンダエンジンが走るってのは燃えるねっ。
末はル・マンにホンダエンジンが帰ってくる可能性も…(;´д`)。<先走りしすぎ

1/10 中野王子レプリカヘルメットストラップ

<2005ver.ヘルメットレプリカストラップ>(マイタン)

携帯フィギュアで一世を風靡したマイタン製のミニチュアヘルメット付き携帯ストラップが4月17日発売。06年ヴァージョンも登場予定。

へ〜、中野王子のパーソナルスポンサーもやるんだ。
マイタンがこんなにモータースポーツに興味のある企業だったとは知らなんだ。
この規模のスポンサーフィーがいくらかは知らないけど、ケータイフィギュアで結構儲かったのかしらん?

2005年8耐の興奮が1/32スケールで蘇る!

<1/32スケール2005鈴鹿8時間耐久ロードレースマシンシリーズ>(京商)

またなんだって1/32なんてハンパなスケールを…(´Д`;)。1/24ならイクソのシリーズと統一が取れたのにぃ。
とは言え8耐のマシーンがミニカー化されるなんて画期的なこと。京商製ならクオリティも折り紙付きだし、これは8耐好きとしては箱買いせねばなるまいて。

#え〜、セブンスターホンダがタバコスポンサーのせいで「7ホンダ」なんてワケワカメなティーム名になってるのがなんともマヌケですな。

頼むマサヨシ、本当の電話番号を教えてやってくれ

昨日今日と知らない番号から着信が続いたので出てみると(ケータイ番号を教えた相手は、相手の番号も登録してあるので、基本的に知らない人からの電話はかかってこないハズなので、知らない番号の着信はデフォで無視してるのだ)、なんと去年も「マサヨシ」にかけてきてたおっさん(゜Д゜#)。
いーかげんハラが立ったので「何度も同じ間違い電話しないでもらえる?」と突っ込むと、「この番号って聞いたから」などとのたまって切られてしまったが、この1年何度間違ったと思ってんの? いい加減この番号は違うって認識しろやヴォケェ!

「アキバ系写真家」?

「JCBまで“萌えフィギュア” オタクの財布に期待」(ITmedia)

ニュースそのものより「アキバ系写真家」ってジャンルが存在することにビックリした。
具体的にはどんな人・作品を言うの?

Google様に聞いても、今のところヒットが0なんだけど。

「ガンダムをイメージしたレーシングスーツ」

「2006スーパーGT第1戦鈴鹿サーキットレポート!」(バンダイ)

って言うから、てっきり胸のところが青でお腹が赤、腰から下が白なんて配色を期待したんだけど・・・これのどこがガンダムなんスか?

バイクもレッカー移動されちゃう時代

アキバBlog記事によると、アキバのドンキ前で駐車違反のバイクのレッカー移動が行われていたそうな。
ほ〜、「レッカー移動」つっても、窃盗団ばりにトラックの荷台に積み込んで持ち去るのね。くわばらくわばら。これからは駐め場所に注意しようっと。

レッドブルのお味

レッドブルの缶の写真セブン-イレブンで独占先行販売されたレッドブルを飲んでみた。
レッドブルとはタイ発(海外での販売権はオーストリア資本の企業…セブン-イレブンでの説明がオーストリア産ってことになってるのはこの辺の事情からか?)の健康ドリンクブランドで、F1パリダカWRCDTMMotoGPなどなど、およそメジャーなモータースポーツほとんどにおいてスポンサードしている(なのに3大レースの二つであるル・マンとインディでは不思議と見ない)ことで、モータスポーツファンにはロゴだけは馴染みがありつつ、日本には正規輸入されていなかったので、そのお味を知る機会がなかなか無かったもの。
その香りと味は、微炭酸入りなところも含めまんまオロナミンC系の健康ドリンクで、心配 or 期待したほどの違和感は特になし。ただ、飲んだあと、妙に香料とかの後味が残るのが結構不愉快。値段も値段だし(250mlで275円)、たぶん2度とは飲まないだろうなぁ。長年どんなお味だろうと想像を巡らせてただけにちょっとガッカリ(´・ω・`)。

#co.jpドメインは工事中だけどjpドメインは生きてますな。

MacでWindowsが走った日

「アップル、Intel MacでWindows XPを起動できるツールを公開」(PC Watch)

Windows XP on the Intel Macとの違いについてはASCII 24の記事をドゾー。

をを、これでわざわざWintel機を買わなくとも、Mac非対応のコンテンツを見る環境が構築出来るのね。
Leopard出たらIntel Mac miniでも買っちゃうか?

赤い雄牛、日本上陸

「セブン-イレブン独占先行販売!『Red Bull Energy Drink (レッドブル・エナジードリンク)』 を発売〜欧米No.1ブランドが日本初上陸〜」(セブン-イレブン)

97年にレッドブルヤマハで初めて目にして以来、どんなもんだか気になってしょうがなかったレッドブルを試せるチャンスがようやく!(F1グッズのショップで並行輸入品を600円くらいで売ってるのを見かけたことあったけど、シャレで試すにはチト高かったからね〜)
しかし、ず〜っとスポーツドリンクだと思ってたら、どっちかって言うと栄養ドリンクだったのねん。

ウェブサイトも用意されてるけど、今のところ「工事中」で見れませんな。

ミニカー購入記(2006年4月4日号)

・エブロ 1/43 #21 ノマド フェラーリ550 GTS('05 SUPER GT)
アート・ミニカーGINZAで9,450円で購入。
2004年にマシーンをマクラーレンF1 GTRからスウィッチした一ツ山レーシングのノマド フェラーリ550 GTSの05年モデルがエブロから登場。と言っても、ジムゲイナーのF360同様、これも中の人はレッドライン製。
前年までJLOCをスポンサードしていたNOMAD(しかし何やってるかよくわからん会社だ(^_^;))のロゴがシンプルに配されているのがカッコイイ。F360よりはベイス車両(プロドライブ550)のシェイプを保っているのも個人的には好印象。
ところでメッキのノマドロゴ、なんとデカールではなくエッチングパーツ! なるほど、これならエブロの'04 G'ZOXのようにシワシワにならずに済むもんな〜。ちょっとしたコロンブスの卵ですな。その代わり、複雑な面の部分は馴染まず浮き上がっちゃってる部分もあるけど、これはシワシワとのトレイドオフでやむを得ないところ。
とは言えそれでも張るのが難しいらしく、メッキ面に接着剤の拭き取り跡が着いちゃってるのは致し方ないか。

ちなみにこの550、今季は一旦出荷状態にリカバリ(リカバリって言うな)してJAPAN LE MANS CHALLENGE(現時点で4ティームしかエントラントに名を連ねてないけど大丈夫なんか?)のGT1クラス参戦用に仕立て直しちゃうそうな。ル マン(のGTSクラス)やFIA-GTでは成功を収めたプロドライブ550も、残念ながら日本のGTでは目立った活躍を見せることなく姿を消すことになってしまったのは残念。JLMC(ひいてはル マン?)での活躍を期待。

赤水玉S101はまだかいな

「4月発売予定新製品」(エブロ)

ゼントセルモスープラが後期仕様(?)になって再販されるのはコレクターにとっては望ましい英断やね。
しかしまぁ、数といい、金型使い回しの車種ばっかなことといい、何とも寂しいラインナップですなぁ。トイ業界に影を落とし始めてる中国の人件費の高騰・人民元の切り上げも関係してたりするのかしらん?

#一体いつになったら赤水玉S101を撮影会に持ってけるんだよー。<をい

ケーブルテレビでモータースポーツ三昧(の予定)

住んでいる集合住宅が、来る地上デジタル放送への切り替えを見越してケーブルテレビの導入をすることになり、しかも今回の工事に併せて契約すれば、初期費用(加入金:31,500円+事務手数料:5,250円+工事費:)が無料になるとのことなので、こりゃ入らにゃ損損とばかり、本日引き込み工事と同時に加入。
その場でセットトップボックスも設置していったので、これからはケーブルテレビでMotoGPやらSBKやらWRCやらSuperGT等々等々が心おきなく楽しめることに♪(建物全体の工事が終わってないので、まだちゃんとは見れないんだけど)

しかし留守録は「セットトップボックス側に電源が入り、Irコントローラーで連動してレコーダー側の電源オン&録画動作が始まる(しかもレコーダー側がちゃんとライン入力になってないとダメ)」そうだけど、それだと起動の遅いHDD/DVDプレイヤーの場合頭数分が欠けちゃわない? さりとてEPGで予約するんだから、「それを見越して予約時間を2〜3分早める」ってのも出来ないし…。しかもうっかり電源がオンになってるとオフにしちゃって録画出来ないみたいだし。
するってぇと、Irコントローラーは連動させず、録画動作はレコーダー側の留守録でやるってのが結局確実ってこと? なんだか便利なんだか不便なんだか良くわからんなぁ(´Д`;)。その点だけがちょっと心配&わずらわしい。

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »