2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ブログパーツ

無料ブログはココログ

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006年5月

ミニカー購入記(2006年5月30日号)

・サークルKサンクス限定 1/64 Mercedes-Benz Minicar Collection ザウバーC9 #63('89 ル マン ウィナー)
Yahoo! オークションで620円で落札。
サークルKサンクス恒例の京商とのコラボブラインドミニカー第9弾にラインナップされたザウバーC9の優勝車をヤフオクでGet。
これまた自分で引き当てようとしたものの、62号車しか出なかったのでカネで解決したもの。
レンタルショウケースでは千円台後半なのでヤフオクをウォッチしてみると、600円代で落とせそうだったので入札、無事620円のリーズナブル価格で確保…と思いきや、うっかり外出ついでにATMで振り込んだら振り込み手数料が600円もかかってしまってぎゃふん(>_<)。しっかし、いくら何でもこの手数料は高過ぎだろう。

ミニカー購入記(2006年5月28日号)

・イクソ 1/43 #10 三菱ランサーWRC05('05 モンテカルロ)
アート・ミニカーGINZAで3,192円で購入。
04年はすったもんだした挙げ句ラリージャパンを前にシーズン途中での撤退を余儀なくされたが05年は無事フル参戦を再開、開幕戦のモンテでパニッツィがいきなり3位表彰台をGetしたランサーWRC05がイクソから登場。
結局その後も優勝には至らなかったけど、マシンは着実に戦闘力を増し、ジジ・ガリの才能も開花しつつあったので、翌年は優勝争いにランサーの姿が? と期待されただけに、あのまさかのWRC活動休止宣言にはビックリするやら呆れるやら。

ちなみに、イクソは最近の入荷分から、台座にミニカーを固定するネジ山が三角形になって、専用工具を販売するようになったんだけど、個人的には台座から外すことがほとんど無いので買わずにいたら、今回の買い物でサーヴィスに付けてくれた。わざわざカネ払ってまで欲しいものでは無かったのでラッキィ♪

・ミニチャンプス 1/12 #46 ヤマハYZR-M1('05 MotoGP)
アート・ミニカーGINZAで7,560円で購入。
ヤマハ移籍2年目の05年に、11勝の圧倒的な強さでチャンピオンを獲得したM1のロッシ車がミニチャンプスから登場。今回から独占販売権を得たためか新たに“ヴァレンティーノ・ロッシ コレクション”と銘打ち、ロッシの写真や太陽マークがパッケイジにプリントされるようになってる。
05のM1は、カウルのデザインが全体にシャープさを増してカッコ良くなったんだけど、いかんせんダイキャストではシェイプが眠くなり、その魅力が再現しきれないのが残念。
タミヤのマスターワークに期待したいところだけど、ミニチャンプスが版権を押さえてしまったため、予定されているUSインターカラーもヴァレンシアの黄・黒ストロボカラーも、ロッシ車は再現出来なくなってしまいましたとさ(-_-#)。

ところで購入したショップでは、ミニチャンプス(つーか京商?)の4月からの仕切り値変更に合わせて販売価格が20%引きから10%引きになってしまい、それに伴う予約継続の意思確認の連絡があった際、どこもそうだろうと思ってキャンセルしなかったんだけど、アソビットホビーシティーでは(オートアートも)従来通り20%引きで売ってた(´Д`;)。さすがにこーゆー時は体力に勝るデカいショップの方がモノを言うんだねぇ。
最近バイクは割と安定供給されるから、年間予約してる分は予約継続確認があったらキャンセルしちゃおうかなぁ。

6月分のケーブルテレビ番組ガイドが到着

・・・(゜д゜)
・・・(つд⊂)ゴシゴシ。
・・・(゜д゜;)

ル、ル・マンの放映予定が無い…○| ̄|_。
何だぉ、ケイブルに加入した半分はル・マンの中継があるのを期待してのことなのにぃぃぃぃっ! ヽ(`Д´)ノ 。

ピエール北川のブログ記事によると、日本ティームやドライヴァーのエントリィが減少傾向で日本人観客の動員が見込めないため、今年は日本語場内中継が取りやめになってしまったらしいけど、こういう動きも影響してるのかしらん?
何にせよ世界的に通用しないGTに閉じこもったり、色々なイミで別世界のF1ばっか向いてル・マンのようなカテゴリィをおろそかにしてると、かえって世界が遠のくような気がしてしょうがないなぁ(´Д`;)。

サークルKサンクス限定ミニカー、次なるアイテムはボンドカー!

<007 J.Bond Miniature Model Series>(京商)

ほ〜、今度はキャラ物で来ましたか。ただしスケールはナゼか1/72。
しかしこれはまったくの予想外の展開。アストン各種とエスプリは欲しいなぁ。

アンチiPodも結構だが

「アンチiPodキャンペーン『iDon't』始まる」(ITmedia)

その「もうひとつの選択肢」とやらのSanta e200ってのがMac非対応ってんだから笑わせるっつーか、片手落ちっつーか、底が知れてるな、このキャンペーン。

ロケの面白さ

このところ、親しい友人も呆れるほどのカメラ小僧っぷりで、第4の趣味化しつつあるキスデジNでのきれいなおねえさんの写真撮影(ま、これも某RQが引退でもすれば沈静化すると思うけど)。こないだの日曜はロケを初体験する。
5月にしては日差しが強く暑すぎるくらいだったけど、風が無いので絶好の撮影日和に恵まれた。
実はロケ参加を目論んだの自体は3度目なんだけど、1回目は雨でロケ中止、2回目も雨の予報で中止になってしまったものの、降り出すまでは外に出ましょう、という主催者の計らいでスタジオ近くの公園でプチロケになったもの、すぐに雨が落ちてきてしまい、結局とっとと切り上げることになってしまったので、マトモなロケは事実上初なのだ。

レースなんかのイヴェントでは、なまじマニュアルで撮影することによって大ハズシをしてしまうのを恐れ、つい全自動モードで撮ってしまうけど、ここでは積極的にシーンに応じてホワイトバランスのセッティングやISO感度をいじってみたことで、色々と有用な知見を得ることが出来た。
何より、ホリゾントの色や照明のトーンを変えてくれたり、アクセントとして布や椅子を置いてくれたりはするものの、スタジオだとどうしても画が単調になりがちだけど、やはりロケは背景の入れ込み方で色々遊べるので面白いし、光がダイナミックに変化するので、レフ板を当ててくれてるとは言え影の処理が結構難しい、と、ロケならではの面白さを実感した次第。
しかも偶然とはいえ、「これってグラビアでも使えるんじゃね?」クラスのショットが取れた時のヨロコビはスタジオ以上。これがオキニのRQときた日にゃ、もう「やめられまへんなぁ」状態。まだまだここしばらくは通ってしまいそう。

とゆーわけで、次回もロケから参加で予約をポチとな、と(笑)。

高橋が勝ち、青山兄弟がバトルする! 今年は250が熱い!

「追い上げのレースでメランドリ今季2勝目を達成。ペドロサ3位で2戦連続表彰台に立つ」(ホンダ)

いやー、今年のMotoGPは誰が勝つか読めなくて面白いけど、何たって久々日本人が活躍してくれる250がメチャメチャ燃えるねっ。
日テレは地上波での250ccクラスの扱いをもうちょっと大きくして盛り上げるべきだと思う。

しかしケイブルテレビ加入しといて良かった〜。今回の高橋裕紀初優勝&青山兄弟のバトルなんて、見逃したら超くやしい思いをしたところだったもん。

新手のスパムか?

「アメリカ抽選永住権、グリーンカードのご案内」なるサブジェクトのメイルが届く。
新手のエロサイトかフィッシングサイト誘導スパムか? とか思ってメイルを開くと、「アメリカンドリューム」とか記述にヘンな部分はあるけど、一応ちゃんとグリーンカード抽選の説明をしている。
そんな制度があるなんて寡聞にして初耳だったので怪しいと思ってググってみると、JTBのサイトでもグリーンカード抽選の説明をしているので、どうやら制度そのものはまっとうなものらしい。
とは言え、「未承諾広告※」も付けずに(そー言えば最近これの付いたメイル見なくなったけど、付けなくて良くなったわけじゃないよね?)こんな案内を送りつけること自体怪しいのでゴミ箱行きに。
こうなると、あからさまなスパムの方がかわいげがあるように思えちゃうから困ったもんだ(-_-#)。

ミニカー購入記(2006年5月20日号)

・ミニチャンプス 1/43 #5 ウィリアムズホンダFW11('86 F1)
Yahoo! オークションで5,200円で落札。
FW11は、80年代にエンジンサプライヤーとして戻ってきたホンダのF1活動第2期において、ネルソン・ピケ、ナイジェル・マンセルを擁し、86年に初のコンストラクターズチャンピオンを獲得した記念すべきF1カー。先行してチャンピオンのピケ車が発売されたけど、ドライヴァー的にはマンセルの熱い走りが好きだったのでマンセル車をGet。
マクラーレンホンダはセナが乗っていたということもあってか、旧オニキス、ミニチャンプスともにモデル化したものの、なぜかウィリアムズホンダは、チャンピオンマシーンでドライヴァーも人気有りと、モデル化されない理由が全く無いのにスルーされたまま現在に至ってしまったという不遇なアイテムだっただけに、ようやく日の目をみたのはホンダファンとしては素直に嬉しい1台。

実はこのマンセル車、手違いで予約し損なった挙げ句、安売りでの入手にこだわったのが災いして結局手に入らなかったためにヤフオクの世話になるハメになったもの。

・エブロ 1/43 #5 童夢S101-Hb−無限MF408S('05 ル マン)
アート・ミニカーGINZAで3,192円で購入。
19年ぶりにワークスとしてル マンに帰ってきた童夢(エントリィ名はジョイントしたジムゲイナー名義)のS101-Hb(“Hb”はハイブリッドの略。03年レギュレイションのLMP900カーを04年レギュレイションのP1カーに作り替えたクルマ。ちなみにジャッドエンジンを積んだRfHのS101はLMP900レギュレイション)がエブロから今年も登場。
日の丸を背負ってル・マンに参戦するティームは数あれど、マシーンコンポーネントやドライヴァーはもとより現地スタッフまで日本人を採用するこだわりようや、当初参加が予定されていた脇坂寿一の途中降板など、良くも悪くも話題は尽きなかったものの、結果的には開発の遅れが響き、期待された早さを発揮できなかった上(林 みのるはポールを取れなかった時点で敗北宣言出しちゃうし)、ギアボックスの破損で残念ながらリタイヤ。
しかし、この林 みのるデザインの日の丸をアレンジしたという赤い水玉模様は、確かにインパクトはあるけどレースカーのグラフィックとしては正直・・・。もっとも、日の丸をテーマにしたがったのはJIM GAINERの田中慶治で、林 みのる自身は日の丸を取り入れたくなかったってハナシだけど、林みのるの天の邪鬼っぷりにも困ったもんだ。まぁ、レースクイーンが来た浴衣はかわいかったけどね(笑)。
ちなみにこのドット柄はタンポ印刷。その割りにはなかなかの精度なので感心感心。ま、RfHのあの市松模様を印刷で再現したエブロのこと、これくらいは朝飯前ってところ?
さぁて、次の撮影会で小田倉様にこれにもサインをしてもらいますか(だからドライヴァーのをもらえって)。

・エブロ 1/43 #36・#37 トヨタ88C('88 ル マン)
アート・ミニカーGINZAで各3,192円で購入。
87年からマシーン開発を童夢との協業からトムスに一本化してル マンに挑むようになって2年目の88年に、2台体制で臨んだもののジャグワァ(XJR-9)とポルシェ(962C)の後塵を拝し、ジェフ・リース/関谷/星野組の36号車が12位に入るのがせいぜいだったトヨタのCカー88Cがエブロから登場。
89C-Vの時もそうだったけど、taka-Qとミノルタはどちらもこの時期のトヨタのCカーの代表的なカラーで成績を加味しても1台に絞りきれず、1シーズン/1車種/1ブランド/1台のポリシィを曲げて2台とも買ってしまったもの。

週間検索通信(2006年5月19日号)

[2006年5月17日]
・「佐渡」
#去年のツーリングの記事がありますが、多分あまり参考にはならないかと…(^_^;)。

[2006年5月13日]
・「calbee AND プロ野球チップス」
#すみません。野球にはま〜〜〜ったく興味がありません(てゆーか検索エンジンと間違えた系?)。

[2006年5月12日]
・「城塞 AND キープ」「城塞」「ザ・キープ」
#『ザ・キープ』って、『マイアミバイス』や『ヒート』で有名なマイケル・マン監督で映画化されたホラーっぽいミステリィですよね? すみません、原作は読んでいません〜。

[2006年5月10日]
・「ローレライ」
#各種レヴュウを見る限り、福井晴敏は何かハダが合いそうにないので手を出してません。お役に立てず申し訳ないです。

[2006年5月5日]
・「LC2」
#スパークのLC2がありますがお役に立ちましたでしょうか?

[2006年4月30日]
・「サンバーディアスクラシック」
#すみません、実車・ミニカー問わず軽トラ属性はありません…。

[2006年4月22日]
・「マツダ」
#トミカが少々、ル マン関連でそこそこコレクションがありますがお役に立ちましたでしょうか?

三菱iの「i」はiPodの「i」?

「三菱自動車、未来形スモール『i(アイ)』の特別仕様車「i Play Edition」を発売」(三菱自動車)

いやぁ、iPod対応自体は今や珍しくもなんともないけど、専用特別仕様が出ちゃうってのはすごいね。
恐るべしiPodの影響力。

#しかし、どう見てもiって、スマートのパクりにしか見えn…うわなにをするやめr…

タイプミス天国

レース関係のニュースを漁っていたら、たまたま連続してウェブ上のタイプミスを見つけたので晒してしまおう。

《モタ・スポ!》(フジテレビ)

“番組内容”の画像内キャプションが「レーシ」に。一体全体、どんないい加減な校正手順を踏めば見落とすのだ。

「ピレリ「WRC撤退は選択肢の一つ」2007年以降の活動の見直しを示唆」(AUTOSPORT web)

本文で「ピレリ」が「プレリ」に。専門誌がやっちゃいかんだろー、このタイプミスは。

#そもそも2輪の話題はスルーのクセに「For All Motor Sports Fans」が聞いて呆れるけど。>『モタ・スポ!』

ミニカー購入記(2006年5月13日号)

・スパークモデル 1/43 #72 ポルシェ911(996)GT3 RS('05 ル マン)
アート・ミニカーGINZAで4,872円で購入。
ついに今年のパリダカを制し一流ドライヴァーの仲間入りをした元アルペンスキー王者のリュック・アルファンが、05年のル マンで走らせた911GT3がスパークから登場。
スパークの996は初めて買ったけど、シェイプはミニチャンプスより押し出しの強い感じが出ていてイイ感じ。フェンダーとタイヤが盛大に干渉してる個体が多かったけど、手に入れた個体はそんなことなかったし。
ミニチャンプスからも02年モデルのアルファン号が出てたものの、02年の996はタイサンを押さえてアルファン号はスルーしたので、ぜひ04年モデルを出してもらって見比べてみたいところ。
ところでアルファンのマシーンは、アルプスをモティーフにしたグラフィックが特長なんだけど、今年モデルは山裾側がシルヴァーから黄色くなっちゃったのは何でなんだろう? 個人的にはシルヴァーの方がしっくりきて好きだったんだけどなぁ。

実はこのモデル、先月末に入荷したのを受け取りに行ったらエキパイが取れちゃってる不良があり、店頭在庫が無かったので問屋まで差し戻してもらっていたため入手がズレこんでしまったもの。
エキパイくらい自分で付け直してもいいんだけど、在庫がある以上はマトモなものを受け取りたいからね。

・スパークモデル 1/43 #50 ジャグワァXJ220('93 ル マン)
アート・ミニカーGINZAで4,872円で購入。
XJ220は、最高速「220」マイルを目指してジャグワァがTWRと共同で開発したスーパーカーのル マン仕様。
ディティールカーやミニチャンプスからFIA-GT仕様等はリリースされたものの、ル マン仕様はお初なのでかなり「待ってました」感が。
購入したのは、市販車改造GTクラスが復活した93年のル マンに初出場してクラス優勝をしたものの、マフラーのレギュレイション違反が一ヶ月後に発覚して失格になってしまったといういわく付きの50号車。
ドライヴァーは、日本人にもラークマクラーレンで馴染みの深いデイヴィッド・ブラバム/ジョン・ニールセンに“ペヤング先生”ことデイヴィッド・クルサードという豪華な面々。
いやぁしかし見れば見るほど長いなぁ、このクルマ。とてもシケインを曲がりきれるようには見えない(笑)。

・CM'S ラリーカーコレクション SS.5 ランチア編
あみあみの通販で6,379円(+送料500円)で購入。
CM'S(シーエムズ)のラリーカーコレクションの新作ランチア編の第2弾が到着。
こちらのラインナップはスバルの第2弾と違って完全に使い回し(S4のトイボネン車にいたってはダブりだし…)なので、トヨタ編が出るまでの埋め草感があるのが否めない上、シークレットは037ラリーのマルティニカラー('83のサンレモ)って、ちっともシークレットらしいオドロキやヨロコビが無いのも×。
これはハッキリ言って買って損した。ピレリのストラトスとか、欲しいのだけ転売品を買えば良かった(-_-#)。というわけで写真も省略。
例によってブログ主が買ったボックスの並びは──

デルタ(マルティニ)デルタ(赤マルティニ)
デルタ(マルティニ)デルタ(赤マルティニ)
スーパーデルタデルタS4
スーパーデルタデルタS4
037ラリーストラトス
シークレットストラトス
箱手前

──と、ランチア編恒例(?)の縦2個ずつ並びのようなので、箱買いなんぞせずに地道にピックした方が吉と思われ。

サルササーキット?

「PS3のプレイアブルソフトを触ってきました」(ITmedia)

南米にあるサーキットか?

ミニカー購入記(2006年5月11日号)

・スパークモデル 1/43 #32 ローラB05/40−AER('05 ル マン)
タムタムで4,872円で購入。
ローラB05/40は、LMP1仕様だったMGローラEX275をLMP2のレギュレイションに合わせて仕立て直したEX264の別名で、開発したRMLではMGローラを名乗る…らしい。
MGローラは戦闘力はあるものの耐久性が無くて、ことル マンでは目立った結果を残せてないのが残念。クルマはカッコ良くて好きなんだけどなぁ。

ところで今回は、予約していたショップからショートしたため確保出来なかったとのメイル(サブジェクトが「エブロ」になってたから、赤水玉S101でもショートしたのかと一瞬焦った)があったので、久々タムタムで購入したもの。ミニカーを予約して買うようになってからは初のケース。
まさかこのローラがそんなに人気があるとは思わなかった(^_^;)。とは言えタムタムには普通にあったので、この辺のショップに対する割り当て量ってのがどうやって決まるのか皆目ナゾやなぁ。

やっと『スター・ウォーズ』旧3部作のVHSを処分出来る日が!

「『スター・ウォーズ』オリジナル版がDVDで発売」(eiga.com)

やたっ! さんざ悩んで『スター・ウォーズ トリロジーDVD BOX』をスルーしておいて良かった〜。

#でも、北米で今年末じゃ、日本は来年以降だなぁ…○| ̄|_。

先月のしわ寄せ

「5月発売予定新製品」(エブロ)

や〜っと赤水玉S101が出ると思ったら、予約してあるのが3台もカブってる〜○| ̄|_。

#スパークのローラとXJR220も今週入荷するようだし、21日のフェスタは断念するしかないなぁ(何のこっちゃ)。

童夢S101の赤水玉柄の真実

「大串 信さんの記事(Racing On)を読みながら、ふとつぶやいたこと。」(童夢)

今月号の『Racing on』読者必見の、林みのるが童夢特集の記事に「赤入れ」したコラム。

そーかー、日の丸にしたがったのはJIM GAINER側だったんだ。
しかし折衷案にしてももうちょっとやりようがあったんじゃ…(^_^;)。

#このヒト、ホント正直過ぎて損してるよなぁ(って、本人は別に損ともなんとも思ってないだろうけど)。

ミニカー購入記(2006年5月6日号)

・ミニチャンプス 1/43 #313 フォルクスワーゲンレーストゥアレグ('05 バルセロナ−ダカールラリー)
ミスタークラフトのバーゲンで3,150円で購入。
いやー、パリダカマシーンは基本的に優勝車しか買わないようにしたんだけど、ここ数年パジェロばっか勝ってしまうのでコレクション的に面白くないし、トゥアレグはカッコイイから残したい上、05年は元WRC王者カンクネンがトゥアレグで参戦(結果は残念ながらリタイヤ)したし、と、買いたい要素は満載だったけど何とかポリシィを守ってスルーしてたトゥアレグのカンクネン車が、ミスタークラフトのバーゲンで半額近い値段まで下がっていたのでついつい買ってしまった(´Д`;)。
ミニチャンプスらしく手堅いデキ…と言いたいところだけど、イヴェントプレイトやゼッケンの細部が省略されちゃってるのが納得いかない(-_-#)。

ピット作業の時間短縮を計りたいなら赤…(以下略)

「クラフト、ファン待望の新兵器・ザクをついに投入!?」(AUTOSPORT web)

で、このクラフトに導入されたザクはファーストのザク? 種デスのウォーリア?

#バクシードのサイトで紹介してないのが不思議。

バンダイSCが勝つんならダンブレックのサイン貰っとくんだった

各種SC430のバクシードの写真SUPER GT 第3戦 富士の会場で、6月発売予定のバクシード BANDAI DIREZZA SC430が先行販売、しかもGTの会場限定パッケイジというので、「限定」の文字に負けてGet(ちなみに午後には売り切れてた)。
写真は会場に展示されていた試作品なのか、あくまでも参考用カスタム作例なのかは不明の、バンダイをはじめとするSCユーザーティームのバクシード(オープンインターフェース、ZENT、Mobil 1)。スープラはイエローハットしかバリ出さなかったけど、SCは展開していくつもりなのかしらん?

実はピット裏をぶらついてる時、ダンブレックがサインに応じてるのを見つけたんで、これにサインして貰おうかと思ったんだけど、「ダンブレックにサインもらうならCLRだよなぁ」と思って(ウソですごめんなさい。いくらなんでもそんな不謹慎なこと考えません。単に不意のことだったので出すのが面倒だったのと、どうせならサインは1/43のミニカーの方がいいと思ったからです(汗))もらわなかったんだけど、初勝利を挙げた日のサインは良い記念になったのになぁ、失敗した。

ちなみにバクシードのブースで、SCお買いあげのお客さんにバクシードガールズのサインがもらえたんだけどスルーしてしまった。ホラ、オイラ小田倉様一筋だから(馬鹿)。

ミニカー購入記(2006年5月3日号)

・サークルKサンクス限定 1/64 #62 ザウバーC9('89 ル マン)
サークルKサンクス限定京商ミニカーも早第9段。
今回は89年のル・マンウィナーであるザウバーメルセデスC9がラインナップに含まれているので、発売開始日の2日に勢い込んでサークルKへ出撃…したにも関わらず、4軒巡ったどこも未入荷で、やむなく本日出直して7個お買い上げ。
何とかC9が1個出たものの、残念ながら優勝の63号車ではなくジャンールイ・シュレッサー乗車の62号車。
まぁ1台もレースカーが出ないのよりはマシだけど、メルセデスの一般車両には、BMWやアルファ以上に思い入れがないので、これ以上ブラインドで頑張る気は起きから63号車は転売品を買ってしまおう。

タカラ ストラクチャーモデルで1/64市場に参入

「外観のカッコ良さの次に挙げられるのは、やはりエンジンの存在・・・」(タカラホビー.com)

ご託はいいから、「とりあえずスカイライン(GT-R)から」って発想の貧しさだけは何とかなしてくれんか?
そーゆー点じゃCM'sはチャレンジ精神があって評価出来るよなぁ。

#合併後もタカラが企画したものはあくまでも「TAKARA」ブランドで出るのね。
#いやはやしかし、きょうび見出し画像にalt指定しないページ作るなんて、タカラのウェブサイト制作者はどんだけアクセシビリティに興味ないか?

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »