2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ブログパーツ

無料ブログはココログ

« 京商 1/32 8耐コレクション2005続報 | トップページ | ル マン ファン必携の一冊 »

スパムとの終わりなき闘い

最近、本家サイトの掲示板へのスパム投稿が目に余ってハラが立つことこの上ない。
@nifty提供の掲示板の方は対策の施しようが無いので(niftyも何か対抗策を取れや(-_-#)。ったく)、しょうがなくマメにチェックして削除して対応中。
ミニカーコーナーに設置したYY-BOARDの方は、CGIファイル名がディフォルトのままなのでターゲットになりやすかったのだろうと、まずはファイル名の変更したり複数投稿があったIPはアクセス禁止にしたりすて対応。
これでしばらく沈静化したかに見えたが、またすぐにスパム投稿が目立ち始めたので、《掲示板改造支援サイト》さんを参考に、複数URLの書き込みを禁止してみた。
これは結構効果があり、しばらくは途絶えたのだが、敵もさるものひっかくもの。最近になって徐々にURLを一つしか記入しないスパム投稿が現れ始め、今日にいたっては半日程度で10数件の書き込みが(-_-#)。
これにはもう完全に頭に来たので、急遽日本語文字列の無い書き込みはブロックするようにしてみた。
これでまたしばらくは大丈夫だろうけど、これも突破されたら次はどうしよう? 本格的に《掲示板改造支援サイト》さん配布のスクリプトでも組み込むしかないかなぁ(´Д`;)。ああ、めんどくせ。

しかしかねがね不思議でしょうがないのだが、ロボットによる連続スパム投稿で宣伝する側は、掲示板利用者が明らかに不快に思うような手法で宣伝されたサイトを訪れるとホンキで思ってるんだろうか?
だいたいスパム投稿の多さに嫌気が差して掲示板を閉鎖されたら、宣伝の場自体が無くなるというのに。
だとしたら“バカ”以外の何者でもないと思うのだが、何よりハラが立つのは、こーゆーバカのために、我々罪のない一般ユーザーが不快な思いをさせられ、挙げ句、不都合不利益を被るという不毛さなんだよなぁ。

« 京商 1/32 8耐コレクション2005続報 | トップページ | ル マン ファン必携の一冊 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16457/10541933

この記事へのトラックバック一覧です: スパムとの終わりなき闘い:

« 京商 1/32 8耐コレクション2005続報 | トップページ | ル マン ファン必携の一冊 »