2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ブログパーツ

無料ブログはココログ

« ケンウッドの電話だけは2度と買わん | トップページ | 週間検索通信(2006年6月30日号) »

モノ言う読者

サイモン・シンの『ビッグバン宇宙論』を購入。 今回は上下巻ということで、「おー、今回は上下巻でたっぷり楽しめるのかー」とかワクワクしながら本屋に行ったら・・・1冊が薄っ!(゜Д゜;) 総ページ数にしたら、前作の『暗号解読』が493ページ(巻末の付録除く)、『ビッグバン宇宙論』が上下合わせて582ページと、確かに増えてはいるが、わざわわざ上下巻にしなきゃならないほどでは決して無い分量。

ダン・ブラウンの『ダ・ヴィンチ・コード』や『天使と悪魔』が、文庫化にあたって上中下巻の3巻組になったことと言い、どうもこのところ出版界は、売れると見込んだ本を小分けにすることで小銭を稼ごうと必死になっているように見受けられる。
そりゃ、出版界の不況が叫ばれて久しい近年「そうでもしなきゃやってけねぇ」というのが出版社のホンネなのだろう。

でも、だよ。

きょうびハードカヴァーを(新刊で)買おうなんて、言わば優良顧客からそんな小賢しい手を使って小銭を巻き上げようとして、「やっぱ新刊は高いから古本で…」なんて思わせちゃったら、ますますお宅らがしきりに嘆く本離れに拍車をかけることにゃなりゃしませんか?ってんだ:-P。

« ケンウッドの電話だけは2度と買わん | トップページ | 週間検索通信(2006年6月30日号) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16457/10723512

この記事へのトラックバック一覧です: モノ言う読者:

« ケンウッドの電話だけは2度と買わん | トップページ | 週間検索通信(2006年6月30日号) »