2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ブログパーツ

無料ブログはココログ

« もうPCの前で飲食してはいけないとは言わせない? | トップページ | ミニチャンプス 1/12 KR211V発売中止 »

ミニカー購入記(2006年7月26日号)

・スパークモデル 1/43 #28 リスターストームGTL('96 ル マン)
アートミニカーGINZAで4,872円で購入。
これまた実車の情報がほとんど無い、コレクター泣かせのリスターのGTカー(だったら買あなきゃいいぢゃんというツッコミは無しの方向で)ストームの96年仕様がスパークから登場。
この時期としてもすでに珍しい直線的な面で構成されたボディデザインがなかなかユニークかつカッコイイ。これまた一歩間違えばぶっさいくなデザインになりかねないのに、絶妙のバランス感覚で破綻させないセンスはさすが。さらにスポンサーのアディダスの大柄なストライプのカラーリングがいい味出してる♪

・スパークモデル 1/43 #15 童夢S101('04 ル マン)
アートミニカーGINZAで4,872円で購入。
'04年のS101のRfH号が'05年モデルに続いてスパークから登場。
'03年までの模様に比べたら大きいものの、ボディ全体を市松模様で覆ったカラーリングをスパークがどう処理するかが見物だったけど、エブロのような特別な製法は使っておらず、ごくごくオーソドックスにデカール処理されてた。
さすがに多少のシワや、デカール同士が合わさる部分で市松がズレちゃったりはしてるけど、手作業でこの程度で済ませているのは驚異的。エブロより多少高いだけの品質感はあるので、バリとして1台は押さえておいて損無し。

« もうPCの前で飲食してはいけないとは言わせない? | トップページ | ミニチャンプス 1/12 KR211V発売中止 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16457/11108357

この記事へのトラックバック一覧です: ミニカー購入記(2006年7月26日号):

« もうPCの前で飲食してはいけないとは言わせない? | トップページ | ミニチャンプス 1/12 KR211V発売中止 »