2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ブログパーツ

無料ブログはココログ

« ミニカー購入記(2006年8月19日号) | トップページ | “ドリキン”がハリウッドデビュー!? »

ミニカー購入記(2006年8月22日号)

・エブロ 1/43 #38 トヨタ88C('89 ル マン)
アート・ミニカーGINZAで3,192円で購入。
89C-V 2台、88C 1台の3台体制で挑んだものの全滅に終わった89年のル マンで、デンソーカラーをまとっていた88Cがエブロから登場。この次期のデンソーカラーのCカーも強く印象に残っているので、'88のミノルタ・taka-Qカラーに続いて購入してしまう。
先行リリースされた2台の単なるバリエイションかと思いきや、テイルエンドやダクトの形状が改修されているのには感心。
この調子で90年代のCカーもどんどんモデル化していって欲しいなぁ。

・エブロ 1/43 #46 吉兆宝山 DIREZZA Z('06 SUPER GT)<
ヨドバシカメラで3,192円で購入。
前年、RECKLESS MR-SでGT300クラスチャンピオンに輝いた佐々木孝太を擁し、2台体制で今季のSUPER GTに挑んでいる吉兆宝山(MOLA)のZが早くも登場。
前半戦は、予選で2度もポールポジションを獲りながらも、決勝ではレーシングアクシデントに巻き込まれることも多く、なかなか速さが成績に結びつかなかったが、ようやく大混戦の第5戦 SUGOを制したことで波に乗れるかが注目。
実際、今年の吉兆宝山のカラーリングは、去年のMR-Sのよりはイマイチだと思ってるんだけど、それでも何で買ったかは・・・もう言わなくてもいいよね?(^_^;)

« ミニカー購入記(2006年8月19日号) | トップページ | “ドリキン”がハリウッドデビュー!? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16457/11332884

この記事へのトラックバック一覧です: ミニカー購入記(2006年8月22日号):

« ミニカー購入記(2006年8月19日号) | トップページ | “ドリキン”がハリウッドデビュー!? »