2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ブログパーツ

無料ブログはココログ

« ヨシムラ、インターネット限定グッズ第4弾はスペシャルヘルメット | トップページ | 辞書データはリカバリできたものの… »

ミニカー購入記(2006年9月2日号)

・オートアート 1/18 #100 レイブリックNSX('03 JGTC)
Yahoo! オークションで6,800円で落札(送料600円)。
オートアートの1/18 GTカーシリーズから、TAKATA童夢に続いてレイブリックNSXが登場。
当初ポイント目当てでアキバのヨドバシでに買いに行ったものの、瞬殺だったのか見かけなかったので、ヤフオクで送料込みでも量販店より安い出品を見つけて落札。
全体的にはオートアート標準クオリティで満足いくデキなんだけど、エブロの1/43もそうだけど、どうもフロント回りがボテっとした感じになっちゃうのは、もはや解釈とかセンスの問題と言うよりも、強度とか技術上の制約から来るものなんだろうか? でも、GT-Rは結構繊細なラインを再現してたし…ようわからん。

・『隔週刊チャンピオン・バイク・コレクション』No.53 1/24 #5 elf-3('86 MotoGP)
ミスタークラフトで1,790円で購入。
“ロケット・ロン”ことロン・ハスラムが駆った、前後片持ちスウィングアーム、ハブセンターステアリングなどの革新的なメカ満載の意欲的なGPマシーンとして異彩を放っていたelf-3が、『隔週刊〜』のラインナップに登場。
この何ともユニークなマシーンの設計は、プジョー905やTS-020を設計したことで知られるアンドレ・ド・コルタンツ。先鋭的すぎで成績こそ振るわなかったものの、当時のGPを知る者には忘れられないインパクトのあるマシーン。

・hpi-racing 1/43 #5 スバルインプレッサWRC2006('06 モンテカルロ)
ヨドバシカメラで4,530円で購入。
なかなか昨年から続く迷走状態から抜け出せないインプレッサWRC2006の1/43スケールが、早くもhpiから登場。
R2と共通のスプレッドウィングスグリルへのフェイスリフトが行われたベイスの市販車は、かなりやっちゃった感が漂ってたのに、ブリスターフェンダーバリバリのWRカーになると結構サマになってるから不思議。
ボディカラーは、SWRTからパーツを取り寄せて研究したほどなので、ペイル過ぎたWRC2005より遙かに色合いやメタリック具合が脳内イメージに近くなっていてイイ感じ。
細部のディテイルも繊細だし、アンダーガードまで再現した気合いの入れように開発車のヤル気がヒシヒシと伝わってきて好印象。この調子なら、予定されている787Bや956も期待出来そう♪
WRC2005の時、グラベルイベントのラリージャパン仕様を車高の低いターマック仕様にしたことで散々叩かれたhpiだけど、あれは米本社からの横やりで開発者も泣く泣くのことだったそうで、当然巻き起こったクレイムの嵐に反省して、もう妥協はしないそうなので勘弁してやって(別にhpiの工作員ではないので。為念(笑))。

« ヨシムラ、インターネット限定グッズ第4弾はスペシャルヘルメット | トップページ | 辞書データはリカバリできたものの… »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16457/11705863

この記事へのトラックバック一覧です: ミニカー購入記(2006年9月2日号):

« ヨシムラ、インターネット限定グッズ第4弾はスペシャルヘルメット | トップページ | 辞書データはリカバリできたものの… »