2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ブログパーツ

無料ブログはココログ

« ミニカー購入記(2006年9月23日号) | トップページ | モータースポーツジャパン2006でエブロの新製品を激写 »

モータースポーツジャパンはグッドウッドの夢を見るか?

ホンダF1 RA106の写真

「日本版グッドウッド」を目指して今年から始まった《MOTOR SPORT JAPAN 2006》を覗いてきた。
無料のイヴェントということもあり、モーターショーのモータースポーツコーナーとレースの時のイベント広場を足した程度の規模を想像していたので、実はあまり期待していなかったんだけど(サイトのイヴェントインフォメイションが開催当日まで公開されなかったのも不安に拍車をかけた)、蓋を開けてみれば、船の科学館前の駐車場を一杯に使った会場の展示車両は新旧取り混ぜて意外と台数が用意してあってそれなりの見応え。
実車走行も、グループNのランサーが走り、増岡のパジェロがターマックを爆走したかと思えば本山のR390が駆け抜け、RA106がドーナッツターンを見せつけるといった具合に、1社企画のイヴェントではお目にかかれないヴァラエティの豊かさがなかなか楽しく、無料のイヴェントとしてはかなり頑張った方で、関係者の尽力は素直に評価したい。

ただ、展示車両についてもアトラクションについても、既存のモータースポーツ関連イヴェントで見られる内容の域を脱し切れていないのは正直残念。
展示車両は、いずれもどこかで見たことがあるような(あるいはどこにいけば見られるか分かっている)クルマばかりで、もうちょっとあっと驚くような展示があった方がうれしいし、デモ走行も狭いエリアをグルグル回るだけならこれまでにもあったこと。仮にもグッドウッドの名前を出すなら、もっと歴史的な車両の走行やドライヴァーがなかばマジになるようなタイムトライアルなんかがあっていいと思う。
むろん、安全面や動態車両が存在しないなど、色々ハードルはあると思うし、今回が初めてのイヴェントのこと、主催者側も手探り状態なのはやむを得ないこと。いきなり質の高いイヴェントが実現するとはこちらも思っていないので、徐々にでいいから一般の人やマニアを初め、参加者自身が出場することを楽しみに出来るようなイヴェントに育つよう、長い目で見守っていきたい。

そうそう、昼メシを会場の食べ物の出店で済ますつまりでいたんだけど、何の制限かひとつも無かったのには閉口した。
周囲にはコンビニくらいしか無く、マトモなものを食べようとしたらヴィーナスフォートまで行かなきゃならないのも考えもの。
ホンダの試乗会ですら屋台が出るんだから、こういった点も解消していかないと、「文化的」なイヴェントにはならないと思うなぁ。

あ、あと肝心なことを書き忘れてた。DyDo MIUレーシングのブースこそ出ていたけど、「モータースポーツ」という括りである以上2輪も採り上げて欲しいところ。グッドウッドを目指すなら、こういう4輪と2輪の世界の壁も取り払っていって欲しいな。

#787Bのエンジン始動が日曜だけで聞くことが出来なかったのが心残り(´・ω・`)。

【9月23日追記】え"! 767Bはエンジン始動だけじゃなくて走行もしたの!? キィィ、悔しい!

« ミニカー購入記(2006年9月23日号) | トップページ | モータースポーツジャパン2006でエブロの新製品を激写 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16457/12008295

この記事へのトラックバック一覧です: モータースポーツジャパンはグッドウッドの夢を見るか?:

» MOTOR SPORT JAPAN レポ-1 [Garage 43 blog]
はるまきさんを始め、既に色んな方がアップされていますが、 昨日、この土、日にお台場で開催されたMOTOR SPORT JAPANに行ってきました。 このブログにも遊びにきてくれるmizuさんも現地に行かれるって事で、 「んじ... [続きを読む]

« ミニカー購入記(2006年9月23日号) | トップページ | モータースポーツジャパン2006でエブロの新製品を激写 »