2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ブログパーツ

無料ブログはココログ

« 京商×サークルKサンクスの1/100シリーズの第4弾はアルファロメオ | トップページ | 大掃除の怪 »

ミニカー購入記(2006年12月28日号)

・スパークモデル 1/43 #24 ローラB05/42−ザイテック('06 ル マン)
アート・ミニカーGINZAで4,872円で購入。
今年はビニー・モータースポーツからのエントリィとなった寺田御大のローラB05/72がスパークモデルから登場。
成績はLMP2クラス2位/総合13位と、日本勢としての最上位でもあり、御大自身27回を誇る現役最多出場回数を記念した“スピリット・オブ・ルマン”を受賞した年にふさわしい好成績に。

・ノレブ 1/43 #205 プジョー205T16('88 パリダカ ウィナー)
・ノレブ 1/43 #201 シトロエンZXラリー('91 パリダカ ウィナー)
アート・ミニカーGINZAで各5,040円で購入。
80年代後半から90年代前半まで、三菱と砂漠での覇権を争っていた頃のPSAの代表的なラリーレイドカーが一挙に登場。'90の405T16はイクソとカブるので、“砂漠のライオン”アリ・バタネン駆る'88の205T16と、“フライング・フィン”の代表格ユハ・カンクネンがハンドルを握った'91のZXラリーを購入。
ちなみに今回リリース分はウェザリング無し。こーゆー仕様の不統一は、並べると気になるからカンベンして欲しいんだけどなぁ。
あと、ZXは特に気になるところは無かったんだけど、205T16は、ショップが最初に出してきた個体はボディがシャーシーからパックリ外れてたし、替わりに出してくれた個体は、サイドのラインのデカールがヘロヘロに(-_-)。
手を広げるのもいいけど、値段も下がらずにクオリティが下がるようだったらもう買わないよ。>ノレブ

しかし、ここのところイクソがサボり気味なものの、ノレブががんばってくれるおかげでパリダカウィナーが揃うのは嬉しいんだけど、プロトタイプ時代のパジェロがなかなか出ないのが寂しいねぇ(´・ω・`)。

« 京商×サークルKサンクスの1/100シリーズの第4弾はアルファロメオ | トップページ | 大掃除の怪 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16457/13241431

この記事へのトラックバック一覧です: ミニカー購入記(2006年12月28日号):

« 京商×サークルKサンクスの1/100シリーズの第4弾はアルファロメオ | トップページ | 大掃除の怪 »