2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ブログパーツ

無料ブログはココログ

« ミニカー購入記(2006年12月1日号) | トップページ | 伊呂波の鳥丼絶滅の危機? »

NISMO FESTIVAL 2006

走行するR391の写真《NISMO FESTIVAL》を観に先週に引き続き富士スピードウェイへ(よっきゅんさん、チケットありがとう!)。
イヴェント広場やパドック裏にブース、ピットで歴代のレーシングカーを展示するという基本構成はTMSFと共通ながら(つっても、この手のイヴェントとしてはNISMO FESTIVALの方が先輩だから、TMSFの方が倣ったと言う方が正解か)、ガレイジセイルでレースカーのパーツを売っていたり、ピット展示では、車両によってはシャッター側まで回り込めるようになっていて、ちゃんと前後も見ることが出来るようになっていたりと(その分、展示クルマの数が減るのはやむを得ないトレイドオフかな)、なんとなくスキモノの喜ばせ方はニスモの方が巧いような感じが見て取れて面白かった。

さて、今年は去年のようなサプライズはなかったものの、ブログ主的には──

'97 R390 GT1の写真-1

これこれ、97年型のR390 GT1を見に来たようなもの。
ロングテイルの方はしょっちゅう展示されるので何度も見たことがあったものの、ナゼかこれまで黒赤のR390を目にする機会に恵まれなかったので舐め回すように見てきましたとも。
このR390、オートアートから1/18、京商が1/43のミニカーのリリースを予告していることもあり、ディテイルチェック用に写真をいっぱい撮ってきたのでドゾー( ´∀`)つ。

'97 R390 GT1の写真-2

こうして改めて実車を見ると、やっぱりタミヤのミニカーはちょっと車高が高くぼってりしちゃってますな。

'97 R390 GT1の写真-3

左後方から(°∀°)──

'97 R390 GT1の写真-4

ぐるっと回って右後方から(°∀°)──

'97 R390 GT1の写真-5

前から(°∀°)──

'97 R390 GT1の写真-6

後ろからはロゥアングルで覗いちゃうぜっ(°∀°)。
ちなみに京商製は「最新の金型技術により、リアバンパーのエアーアウトレットの穴までも実車同様貫通」するとか。

'97 R390 GT1の写真-7

スカートなんか、床スレスレから狙っちゃうぞ〜(°∀°)(°∀°)(°∀°)。

'97 R390 GT1の写真-8

排気口なんか寄りで狙っちゃうもんね〜(°∀°)。

'97 R390 GT1の写真-9

排気口を前側からもお届け。

しかし先週に続いて天気がイマイチだったんで、暗いレンズだとシャッタースピードが稼げず、走行中のマシーンをブレずに撮ることがほとんど出来なかったのは残念(´・ω・`)。
もうちょっと明るい望遠レンズが欲しくなってきちゃったなぁ…(レンズ沼キタ!)。

#あ、京商がエッチングパーツで再現する予定の給油口を取り忘れた…○| ̄|_。

« ミニカー購入記(2006年12月1日号) | トップページ | 伊呂波の鳥丼絶滅の危機? »

コメント

> スキモノの喜ばせ方

日産のファンはメカ好きが多いですから、
こういうのは大歓迎なんじゃないでしょうか?

> R390

僕も以前のニスモフェスで前期型を見た事がありますが、
写真を撮ろうとするとロープが車輛に被っちゃうような状態でした。
今回はまた絶妙なポジションで撮影されてますねぇ。羨ましい限りです。


その他、撮影してきた写真の蔵出しを期待してます(笑)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16457/12922047

この記事へのトラックバック一覧です: NISMO FESTIVAL 2006:

« ミニカー購入記(2006年12月1日号) | トップページ | 伊呂波の鳥丼絶滅の危機? »