2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ブログパーツ

無料ブログはココログ

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月

PC-Successが破産!?

「PC-Successのサクセスが破産発表を予告、一時本社は騒然」(AKIBA PC Hotline!)

えー!? ゆうべ会社帰りにMacのメモリィ置いてるか覗いた時はフツーに営業してたのに。なまじ買い物をしたことがある店だけにショック。
やっぱ、価格.com最安を目指す戦略はムリがあったのかねぇ?

ミニカー購入記(2007年1月31日号)

・ミニチャンプス 1/12 #46 ヤマハYZR-M1('06 MotoGP)
・ミニチャンプス 1/12 #15 ドゥカティデスモセディチGP6('06 MotoGP)
mamboxの通販で各5,700円(+3台分の送料1,050円)で購入。
05年のマシーンも出揃っていないのに、なぜかミニチャンプスのMotoGPシリーズから早くも06年型のM1とデスモセディチが登場。
M1は当然エースのロッシとして、デスモセディチはカピロッシばっかなのもつまらないので、グレシーニレーシングから移籍して心機一転を計ったものの、ケガに泣いてまさかの引退に追い込まれてしまったセテ号をチョイス。特に明記されてないけど、タバコ仕様を極力避けようという意図からか、イタリアGP特別仕様のトリコロールカラー。
結局のところ成績的にはカピロッシの方が圧倒的に良かったし(カピ3勝に対して未勝利)、最終戦で代役で走って優勝したベイリスの方が目立ったくらいだけど、まぁ引退記念と思えば。
ロッシはとことんセテのことを嫌ってた上、コケにもしまくってたけど、ティームメイトの大ちゃんの死を乗り越えて勝利を上げた03年の南アフリカGPでの姿は忘れないよ(つД`)。チャオ、セテ。

・ミニチャンプス/スパークモデル 1/18 アウディR8 #5('04 ル マン)
mamboxの通販で9,750円で購入。
04年に悲願の優勝を果たしたティーム郷のR8が1/18でミニチャンプスから登場・・・つっても、モデルはスパーク製。どころかパッケイジまでスパークフォーマットで、ロゴまでスパークの名前が堂々と。とゆーか、ミニチャンプスの「ミ」の字すら載ってない有様。一体、なんでこれがミニチャンプス扱いでリリースされたのか皆目見当がつかない。実はモデルがミニチャンプス製とか? スパークにしちゃスジボリも太いし、ダクト類とかの造形に繊細さが欠けるしね。
これにも荒にサインをしてもらいたいけど、これをサーキットに持っていくのは無理だなぁ(笑)。

しっかし、スパークのDBR9も入荷したし、なぜに予約したアイテムのうち高額品ばかり固まって入荷するか?(つД`)

ミニカー購入記(2007年1月30日号)

・京商 1/64 #100 レイブリックNSX('06 SUPER GT)
ヨドバシカメラマルチメディアAkibaで1,510円で購入。
ビーズコレクションの'06 SUPER GTシリーズから狙っていたレイブリックNSXがリリースされたのでGet。
1/64でこれだけプロポーションを再現している技術力もさることながら、目玉はボディ下半分のメッキデカール部分。糊(?)の曇りこそ出ちゃってるものの、カナードまで含めて複雑な面にシワひとつ無く張られているのには感心。
これが可能なら、エブロのMobil1 SCのメッキロゴも、技術的には決してあんなシワシワにならずに仕上げることは可能だったんでないの? とか思ってしまう。協力工場の実力差なのかな?

この写真はホームページ掲載NGだろう

「Windows Vista深夜販売:TSUKUMO eX.にレースクイーンが登場、ゲーム大会などで会場を盛り上げる」(AKIBA PC Hotline)

所属事務所さん、タレントさんの顔が縦に間延びしてる写真が掲載されちゃってますっ!
と、チクってみるか(笑)。

【1月31日追記】あ、いつの間にか写真が直ってる。誰かのファンが突っ込みでも入れたか?

ミニカー購入記(2007年1月29日号)

・ミシュラン特注ミニチャンプス #12 ホンダRA106('06 F1)
ミニカーギャラリーPITで7,350円で購入。
ホンダ直轄体制への移行が奏効したか、第3期F1参戦初にして、ドライヴァーのジェンソン・バトンとしても初勝利獲得マシーンとなったRA106のミシュラン特注パッケイジが登場。値上がりしたのは原油価格高騰の折、材料費が値上がりしたためか、それとも中国の人件費高騰のためか、はたまたF1から撤退するので最後に小遣い稼ぎをしていこうというハラか?(なんて、バトン:720台+バリチェロ:240台じゃ小遣いにもならんか)
メイカーバリにもなるし、プロドライブ特注でも良いかとも思ったけど、アレは激しくデキが悪いようなので、当初の方針通りミシュランパッケイジを購入。
もっともRA106は、通常版もミシュラン箱もタバコ広告禁止国仕様では無く、レーシングレボリューション仕様になっちゃったので、カラバリ狙いでバリチェロ車を買ったイミが無くなっちゃったんだけど(^_^;)。

いまさら良識派を気取られてもねぇ

「『あるある大事典』過去にもマユツバ番組」(Infoseek ニュース)

ぢゃあ、今回の発覚までお前さん方マスコミが何をしたと?

リサーチから導く強引な結論

「デイリーリサーチ - 電車の中で寝る人67%〜電車内の行動に関する調査」(japan.internet.com)

「電子書籍やニュースサイトなどを利用すれば、携帯電話でも読書はできるものだが、紙媒体はまだまだ強いと思わせる結果」って、一体どんだけの本が電子書籍になってると言うのか?
それに、この「どのようなものを読みますか」の選択肢の、「文庫・単行本」と「小説」っておかしくね?
電車内ではもっぱら「文庫の小説」や「単行本の小説」を読むオイラなら、両方に1票入れることになるけど、それってデータ的にイミがあるんか?

ずいぶん恣意的な設問と解釈するリサーチ会社だなぁ。

深夜のアキバにレースクイーンが舞い降りる

「Windows Vista深夜販売&イベント開催」(TSUKUMO ネットショップ)

な、なぜツクモがこんな豪華ラインナップを!?
いや〜、実に際どいラインナップだった(何がだよ)。

#こんな寒い時期にド深夜働かされて可哀想に、、、。

プロドライブ特注RA106の不思議

ホンダ特注=プロドライブ特注で1/43のRA106が出るようで、ミスタークラフト(既に完売)やヤフオクには並行輸入品か何かが出回り始めてますな。
普通に考えたらミニチャンプス製以外ありえないんだけど、オークションの出品の説明は、やれ「不明」だの、「エブロっぽく見えますが」だの、「プロドライブ製ということです」などなど、なんとも心許ないものばかり(こーゆー出品者からは落としたくないなぁ)。
ミスクラの商品情報や出品物の写真と手元のバリチェロ車と見比べてみると、どうやらベイスはミニチャンプスに間違いなさそうなものの、ピトー管やアンテナの仕上げが違ったり、Rising Sun仕様/通常版には無いミラー前のカナード(?)が付いてたりと、微妙に仕様変更されてる模様。こりゃF1コレクターは大変ですなぁ(´。`)y-~~。
何にしても8000台限定/4,935円でミニカーショップにも普通に入荷するようなので、慌ててヤフオクに手を出す必要は無いかと。

【1月27日追記】ショップで見比べてみたら、確かにミニチャンプス製ではない模様。う〜む、どこ製なんだろう? 気になる〜。
いまどきF1ミニカーをわざわざミニチャンプス以外のところに作らせるなんて、プロドライブも豪儀やな。

冬ボでレンズを買ったばかりなのに…

【伊達淳一のレンズが欲しいッ!】「キヤノン『EF 70-300mm F4-5.6 IS USM』」(デジカメWatch)

レースの写真を撮るとき、200mmだといまひとつ物足りないからな〜、やっぱ〜300mmクラスが一本欲しいよな〜。これなら価格も手ごろだし(なんたってEF-S17-55mmより安い)、買い足してもきっと損はないよな〜。でも、流し撮りの場合、ISとシグマAPO 100-300mm F4 EX DG/HCMのような明るめのレンズはどっちが有効なんだろう?

・・・って、おい! ますます深みにハマってるぞ!!Σ(゜Д゜|||)

「アナログレコードはCDより音が良い」はウソ?

「若者にしか聞こえない音 〜聴覚はけっこういい加減?〜」(ITmedia)

つい最近話題になったモスキート音の仕組みに絡めて、「CDの音質はアナログ音源に劣る」という通説に疑問を呈する科学コラム。興味深い!
するってぇと「真空管アンプの音は暖かみがある」とかも思いこみだったりするのかしらん?

ミニカー購入記(2007年1月20日号)

・エブロ 1/43 #6 Mobil1 SC('06 SUPER GT)
アート・ミニカーGINZAで3,192円で購入。
ついにスープラを捨てて新車のレクサスSC(=旧ソアラ)を投入(ただしサードと土屋エンジニアリングはスープラ継続)、信頼性にやや課題を残しつつも、終わってみれば投入初年度にトムスが王座を獲得したSUPER GTのトヨタ勢の06年型からは、カラーリングがEsso Ultrafloから親ブランドのMobil1に切り替わり、SC勢の中では一番カラーリングが美しかった上、第3戦 富士での飯田 VS 脇阪のバトルが印象的だったこともあり、チームルマンのMobil1SCをチョイス。
ちょっとボンネット回りがぼってりし過ぎちゃってる気がするけど、フロント回りが脳内イメージより厚めなのは、エブロのGTシリーズ共通の持病みたいなものだからしょうがないか。
ちなみにこのSC、当初Mobil1のロゴをアルミステッカーで再現する予定だったものの(製品情報ページの写真にその名残が)、そのヨレヨレぶりに対してトヨタがダメ出しでもしたのか(モータースポーツジャパンで「トヨタ承認待ち」となっていたことから邪推)、発売が延期されて印刷に仕様変更になったといういわくつき。
タミヤフェア2006とトヨタモータースポーツフェスティバル2006で、アルミで作っちゃった分を「アルミステッカー仕様サンプル品」と称して販売してたけど、個人的にはヨレヨレのアルミ仕様にはまったく魅力を感じなかったので華麗にスルー。

・CM'S ラリーカーコレクション SS.9 フォード編 #14 フォードシエラRS コスワース('87 トゥール・ド・コルス)
・CM'S ラリーカーコレクション SS.9 フォード編 #7 フォードエスコートWRC('98 モンテカルロ)
・CM'S ラリーカーコレクション SS.9 フォード編 #4 フォードフォーカスWRC03('03 フィンランド)
アイアイアド・カンパニーで、シエラ:700円、エスコート・フォーカス:各500円で購入。
発売日に覗いた時は、まだバラしが無かったので買わずにいたCM'Sのラリーカーコレクション フォード編が、Mobil1 SCを受け取りに行ったついでに覗いたら、折良くシエラ、エスコート、フォーカスの3車種が置いてあったので購入。出来ればエスコートの羽付きも欲しいけど、バラしで見つからなかったら見送りでもいいや。

ミニチャンプスのYZR-M1が、よりタバコ仕様にしやすく

もうすぐ発売が予定されているキャメルヤマハの'06 YZR-M1。なんと、タバコロゴ部分が、タバコ広告禁止国仕様の“Team”+ライダーの図柄ではなくのっぺらぼう。
こりゃ、どう考えてもタバコデカールが貼りやすいようにとの配慮だね。
それとも、ついに禁止国仕様すらNGになったんだろうか?(^_^;)

#つーか、'05のマシーンが出揃ってないのに、もう'06が出ちゃうのかよ(;´д`)。

サークルKサンクス×京商次回作はフェラーリコレクション第3弾

<Ferrari Minicar Collection 3>(京商)

サークルKサンクス×京商ミニカーシリーズ第15弾はフェラーリの第3弾(なんでフェラーリだけいつも組み立て式になるのかな?)。

う〜ん、わざわざF430 GTや575GTCをラインナップに入れておきながら、ナゼにレース仕様がない?(T_T)

ついにコンビニトイで1/43ミニカー登場

世界のレーシングカーコレクションの写真
大きさ比較のため、京商のメルセデスコレクションと並べてパチリ。小さい店舗だとメイワクこの上ないだろうなぁ、このデカさ
今日からサークルKサンクス限定で、<世界のレーシングカーコレクション>なる1/43のブラインドボックスミニカーが発売に(発売元はエムケイエンタプライズという、初めて聞く雑貨の輸入・卸売り業者)。 名前を聞いて「あれ?」と思った方、正解。 パッケイジにもちゃんと記載されてるけど、かつてデル・プラドから出ていたパートワーク『世界のレーシングカー』のミニカーをブラインド形式で再販したもの。 ネタに買ってみたら、『世界のレーシングカー』のブリスターパックそのまんまを箱に詰めただけ(だから箱がデカいデカい)だし、クルマのプロフィールを書いたカードすら入ってない有様。

こりゃあれだな、デル・プラドの債権者が、なんとか資金を回収しようと、「最近、コンビニでミニカー売ると売れるらしいな。じゃあ、この在庫の山からミニカーだけ抜いてコンビニで捌いちまえ」とか思いついて企画したんだな。──なんて意地悪を言いたくなるほど、安易というか、ミニカーに対する愛を感じない商品。
なので、車種別コレクターで、パッケイジ違いもバリとして揃えるような猛者以外には用無しかと。

イケダ渋谷店閉店

ミニカーショップイケダ渋谷店からのお知らせ

私どもでは、この度今日まで皆様に親しまれておりましたイケダ渋谷店を、2007年1月17日(水)をもちまして、閉店することになりました。

長い間のご愛顧、本当にありがとうございました。厚くお礼申し上げます。

なお、皆様がお持ちのイケダ渋谷店のサービス券につきましては、ミニカーショップイケダ日暮里店で使用可能です。
また、ニュース・マガジンを定期購読いただいているお客様には、引き続き日暮里店よりお送りします。
通信販売をご利用頂いているお客様で、渋谷店のサービス券をお持ちの方は、日暮里店で対応いたします。

こりゃまた突然どうしたことか? 店主が亡くなりでもしたか?
どうりでここのところ入荷情報が更新されないと思ったら、こういうことだったのかぁ(実はイケダからリンクを見つけたのも、あんまり更新されないんで心配になってサイトを見に行ったからだったんだけど)。
閉店の理由は開かされてないけど、こうやって業界屈指の老舗が店を畳んじゃうなんて、ミニカー業界が冬の時代を迎えたことを告げるものでなけりゃいいんだけど…。

イケダからリンクされてたとは

久々ミニカーショップイケダのウェブサイトをつらつらと眺めていたら、リンクコーナーが充実していることに気付く。
相互リンクさせて頂いてるはるてんさんひろさんを始め、あきおうさん《買わないで後悔するなら 買って後悔したほうがイイ・・・》さんなどの有名どころに混じって…

う ち の サ イ ト も 入 っ と り ま す が な (汗)

全っ然、気付かんかった(^_^;)。
しかし、これだけコレクターサイトが充実してるのによっきゅんさんのところが入ってないのが解せんなぁ。

ナゼに“ペコちゃんは”OKで“フェラーリ”はNGか?

7時のNHKニュースのトップ、不二家の期限切れ牛乳使用問題で「店からペコちゃんが消えました」のアオリ文句が流れてくる。
あれ〜? NHKが意味もなく商標読んでいいの〜? つい先日BS2で放映した『ビバリーヒルズ・コップ2』じゃ、フェラーリをわざわざ「イタリア車」なんてボヤかしてたクセにさ:-P。

ミニカー購入記(2007年1月14日号)

・エリゴール 1/43 #508 カマズ−4911カミオン('06 パリダカ)
タムタムで7,560円で購入。
パリダカのカミオンクラスを5連覇中のロシア製レイシングカミオン カマズ−4911がエリゴールから登場。
今年も前年覇者のウラジミール・チャギュインが前半戦でトップを走っていたものの、残念ながらリタイヤしてしまい、現在はMANのTGAがトップ(今年はケイブルTVのおかげで、カミオンクラスまでレース展開がデイリィで分かって便利だなぁ)。
これまでエリゴールのカミオンは1万5千円くらいしてて、梱包も発砲スティロールでガッチリ、一部別パーツが同梱されてたりと高級路線だったんだけど、このカマズはブリスターパック+紙箱の簡素なものになり、完全完成品で定価も9,000円と、ずいぶん手が出しやすい価格に引き下げられている。
確かに全体的なパーツ・仕上げの繊細さが損なわれた気がするけど、そこそこのデキをキープしている限り、揃えやすい価格帯で出してもらった方がありがたいやね。
しかし、ノレブがレンジャー出したのにもビックリだったけど、エリゴールが露助のクルマをねぇ。自分大好きっこのフランスブランドが他国の、しかもパリダカカミオンなんつうマイナーアイテム出すなんて、今ヨーロッパじゃカミオンが来てるのかな?

次回のちびっこチョロQはラリーカーファン必見

《東京オートサロン2007》のタカラトミーブースで、ちびっこチョロQの次回作を発見。

ちびっこチョロQ SWRTトランスポーターの写真

おー、ちびっこチョロQのトランポにニスモに続いてSWRT加わるぞ、やった〜!
あと、撮った写真がテカっちゃって使い物にならなかったので画像はアップしないけど、ちびっこチョロQリアルレーシングコレクション3には、ブルーバードSSSのサファリ仕様なんかも。
ラリーファンは発売日の3月12日(月)はセブン−イレブンにGo!

ミニカー購入記(2007年1月13日号)

・CM'S ラリーカーコレクション #5 スバルインプレッサWRC2006('06 メキシコ)
東京オートサロン2006会場で500円で購入(ガシャポン形式)。
イヴェントのSTIブースでの定番になりつつある、ラリーカーコレクションのガシャ版が今年も登場。
今回はラインナップが発表されてなかったので、何種類あるか不明だったのでとりあえず1回だけチャレンジ。
WRC2006はプロトしか無いので、本線仕様が入手出来たのはありがたい♪

17-55mmはホールイヴェントで有効か?

先日買ったEF-S17-55mm IS USM。ポートレイト用としてはなかなか有効なことは分かったので、ホールイヴェントではどうなんだろうと、今度は年に一度のDQNクルマカスタムカーの祭典《東京オートサロン2007》に担いでいってみる。

もともとホールイヴェントでは車両は28mmまで、せいぜい引いても35mmあれば十分なので心配していなかったものの、人物(ぶっちゃけて言えばギャル)の場合は物足りなくなるだろうと覚悟していたら、60mm以上のズーム域がいるシチュエイションってのは、たいていステイジ上だったり人垣越しだったりと、いい画にならない場合が多く、意外にもあっさりと撮影を放棄出来ることに気付く。
それよりも何よりも、明るいレンズによってシャッタースピードが稼げる恩恵は計り知れなく、手ブレ補正機構とあいまって大ハズシ写真が激減。しかも描写力もあるので、シグマ 18-200mm F3.5-6.3 DCで撮った画像より明らかに色ノリも良くクッキリした印象の画になる上、18-200mmではつぶれてしまうような暗部も結構がんばって描写してくれるのがありがたい。
ということでホールイベントでも有用なレンズであることが判明。レース以外での常用レンズにしちゃってもいいかも。

JLOC ムルシェRG-1 LMの写真

今回の掘り出し物はムルシエRG-1 LM。あると思ってなかったので舐め回すように見てきてしまった(^_^;)。

ナイトライダーの写真

閉館間際に見つけたので詳細はまったく不明のナイトライダーのレプリカ(?)。LEDもちゃんと点滅。

それにしても、ひとP(板東親分が「ピー」や「ドキューン」な発言満載のトークショウでおばさん呼ばわりしてた(^_^;))がレースクイーンとして最後のイヴェント参加ってこともあって、レイブリックのブースはこの有様。

レイブリックNSXの写真

ウザすぎる(-_-#)。

『CYCLESOUNDS』休刊

「休刊のお知らせ」(CYCLESOUNDS)

どっちかって言うと『RIDING SPORTS』を買っちゃってた身で言えた義理じゃないけど残念無念。
どうして日本ってのはこうもモータスポーツ(特に2輪)は認知度が上がらないのかねぇ(´Д`;)。
『RIDING SPORTS』の方には何とか生き残って欲しいなぁ。

iPodを緊急時のメインテナンスツールとして転身させる

<TechTool Protogo>(act2)

こりゃ、買い増しして使わなくなったiPodを有効活用する、面白いかつ実用的なアイディアでナイスですな。

iPhone上陸はいつになるのか?

「Mac+iPod+携帯でスマートフォン超えを目指す『iPhone』」(ITmedia)

iPhoneキタ━━━━━(°∀°)━━━━━ !!!!

あとはいつ日本上陸が実現するかと、キャリアがどこになるかだなっ!
とはいえDoCoMoはあり得そうにないし、auもちょっと考えづらい、となると孫ちゃんのところ? それはカンベンして欲しいなぁ(;´д`)。

#しかし、ついにアップルのサイトすらIE5だと表示が崩れるようになったか…○| ̄|_。

CM'sのラリーカーコレクションに“プラス”シリーズが加わる

<ラリーカーコレクションプラス SS.11 ランチア編Part.3>(CM's)

ランチア編の第3弾は、ラリーカーだけでなく、ストラトスターボGr.5と、ベータモンテカルロを加えた特別編として登場。

なるほど、確かにこの方が水増し感は減ってコレクションの幅が広がっていいかもね。

痛車レポートのアイタタタタ

「【年始特別企画】国民よ! 辞書を修正せよ! “イタ車”ならぬ“痛車”大集合!(2006大晦日 PART1)」(Akiba2GO!)
「【年始特別企画】国民よ! 辞書を修正せよ! “イタ車”ならぬ“痛車”大集合!(2006大晦日 PART2)」

別に4代目ZをZ32と書けたぁ言わんけど、「ゼット」は無いだろう「ゼット」は。
あと、RX-7の「セブン」も、どっちかってぇとロータス/ケーターハムみたいで微妙な気が。
さらにブラックバードを「排気量1100ccの大型バイク」って、こんなレポートをする割にはどんだけバイクに興味が無いか?
つーか「記者」なら調べろよ。

『カーズ』は今世紀最高のレース映画か?

クルマ好きの大人の間でも絶賛の『カーズ』をDVDで鑑賞。 いや〜、こんなベタな展開にキャラ配置なのに、なんでこんなに面白く、心動かされるんだろう? アニメって表現方法が、実写でやるよりクサさにフィルターをかける部分はあるけど、やっぱシナリオが良く練られてるからなんだろうなぁ。 とにかく「クルマ好き」が作ったことが端々から伝わる細かいこだわり(レース中のコースではタイヤカスが飛び散ったりするのだ!)が素晴らしく、ハッキリ言って、『デイズ・オブ・サンダー』や『ドリヴン』(見てないけど絶対『ミシェル・ヴァイヨン』も入れていいと思う)なんかより、よっぽどちゃんとしたレース──を舞台にした成長物語──映画になっていて、クライマックスでドック・ハドソンの助言を実行してカウンターを決める当たりから涙腺が緩みっぱなし。まさに大人から子供まで楽しめる映画のお手本。

個人的にツボだったのが、かつて偉業を達成しながらも事故で引退を余儀なくされ、ラジエイター・スプリングスで隠遁生活を送っていたドックのカッコ良さ。声がポール・ニューマンってのがまた、後進を導くという役柄としても、レース経験有りという点でもハマり役で泣かせる。
ルイージとグイドの「いかにもイタリアGPなんかにいそう」な出で立ちのフェラーリ応援団や、泥が付くことを厭う都会育ちの軟弱ハマーに檄を飛ばすウィリスジープのサージなんかには大爆笑だし、フルコースコーションになり、タイヤ交換を強いられたマックイーンが、ピット作業をしてなおペイスカーの前に出て同一周回に残れるか!? なんて高度な盛り上げ方、ちゃんと分かってないと出来ない演出にも脱帽。
こういうクルマ好きが見て喜ぶくすぐりの数々はホントにクルマ好きだからこそ入れられるもの、やはり細部に神は宿るのだなぁ。キムタクが主演した『エンジン』のスタッフなんかに爪の垢を煎じて飲ませたいよ。ホント。

CG技術面でも、『Mr.インクレディブル』では、髪の毛の細かさや服の素材感の描写に感動したけど、今回は光の表現が素晴らしく、空気感が感じられる自然の風景や、夜のシーンの雰囲気なんかが秀逸。

そんな素晴らしい映画だけど、字幕に関して1点だけ重箱の隅つつき。あのシーン(の路面)の場合、「ダート」を「泥道」って訳すのは明らかに誤訳ぢゃない?(あ、字幕版で見たからチェックしなかったけど、吹き替え版はどうなってたんだろ?)

ミニカー購入記(2007年1月8日号)

・ミニチャンプス 1/43 #64 コルヴェットC5-R('04 ル マン)
Yahoo! オークションで3,980円(送料600円)で落札。
04年のル マンで、GT1クラス優勝を飾ったC5-Rが、ヤフオクでお手頃価格で出品されていたのでGet。
リリース当時、他に買う物が多く、「C5-Rならそんなにすぐに無くなったりしないだろう」ととりあえず見送っていたら、意外にもすぐさま店頭から姿を消してしまったためヤフオクでウォッチしていたもの。

EF-S17-55mm F2.8 IS USM雑感

今日は今年初の撮影会。年末に買ったEF-S17-55mm F2.8 IS USMをついに投入したので、軽く印象なんぞを(性能・画質面には触れてません、写りについてはEOS-D-SLR.netのレンズデータベースの方がよっぽど参考になるでしょう)。

実はEF50mm F1.8IIで逆光でのゴーストが気になったことが無かったので、「別にフードなんて無くても大丈夫じゃ?」とタカをくくってフードを買わずにいたら、いきなり逆光のシチュエイションでファインダーを覗いていても分かるゴーストが…。
う〜む、やっぱズームは単焦点よりゴーストが発生しやすいのねん。フード買ってこないとあかんなぁ。

ISは条件が良ければ効かせない方が良いという説もあるけど、今日のところは重いレンズにまだ慣れていないのでONで撮影。
すると、ベストアングルを求めてフレイムを動している最中や、フォーカスを合わせてからフレイムをズラす時なんかにジャイロが働き、なんかユラユラする感じがするのがなんか気持ち悪かった(^_^;)。ま、慣れれば気にならないのかもしれないけど。

肝心のズームの威力の方については、ロケで積極的に背景を入れ込みたい場合、自分が動かずに色々試せるのはやはり便利だし、ロケでは参加人数が多かったため、同じポジションで引きと寄りの画角が押さえられるは確かにありがたかったものの、ポジションに自由が利く場合は、なまじズームが効くと、「何ミリの方がベスト?」とか「ここはズーム比を変えるより自分で動いた方がいいか?」などとかえって悩んでしまい、どうも画にもその「迷い」が出てしまった気が。これもまぁ慣れのモンダイなのかも知れないけど。

等々、ズームの良いところと悪いところを一通り体感した結果に。
今回の経験を活かして、慣れと運用でより良い写真が撮れるようがんばるど〜。

節度あるライダーからリプレイスマフラーが奪われないために

「騒音規制強化に伴うパブリックコメントについて」(ヨシムラ)

まぁた懲りもせず、結局のところ良識あるメイカーやいたいけなライダー(ま、オイラは経年劣化で規制値を超えちゃったアクラポ付けてる身なので、あまり大手を振って「いたいけ」とは言えないんだけど(^_^;))ばかりが、一部のバカのツケを払わされるような、近視眼的な対症療法を持ち出すのかよ(-_-#)。
まずは、駐禁を民間に委託してまで作った余力で、やかましいマフラー付けたり大音量でステレオ鳴らすバカデカスクをせっせと取り締まりゃいいぢゃねぇか。ったく。
世界をリードするバイク生産国の文化の火を絶やさぬ為にも、立てよ! ライダー!!

#それはさておき、ウェブでパブリックコメントを募っておきながらフォームひとつ用意出来ないのが、イカニモタコニモなお役所仕事っぷりだな(#SIGH#)。

ミニカー購入記(2007年1月5日号)

・ディズニー・ピクサー トミカコレクション カーズ・ライトニング・マックイーン
・トミカ 自衛隊 軽装甲機動車
イトーヨーカドーで、ライトニング・マックイーン:840円、軽装甲機動車:378円で購入。
「クルマ好きなら見ておくべし」の評価の高いピクサーの映画「カーズ」の主人公ライトニング・マックイーンが、イトーヨーカドー特注でリリースされたのでGet。
何でいまさら手に入れたかと言うと、「映画を見てないうちに、思い入れも無いのに買ってたらムダに物が増えるだけ。少なくとも映画を見てから!」と自分を戒め、通常版のリリース当時は控えたものの、結局映画は見に行かずじまいで、ミニカーの方もなし崩し的に買わずにいたらいつの間にか消えてしまっていて、DVDの発売を機に「やっぱ欲しいなぁ」とか思っていたら、年末にイトーヨーカドー限定が出てたとの情報を掴み、慌てて買ってきたもの(もっとも、トイザらスでも再販版が並んでるらしい)。いやぁ、良く出来ててかわいいなぁ。早くDVD借りて見なくちゃ♪
通常版(D-23、D-24)との違いは、箱にディズニーシリーズの連番が無く、目つきも違うちゃんとしたバリなので、トミカコレクターは要チェックですな。
aprがディズニー繋がりで今年はカーズレーシングを名乗って、マックイーンのカラーリングを施したマシーンで走ったら面白いのになぁ(そーいや、エブロのトイ・ストーリーMR-Sは何でポシャっちゃったかね)。
軽装甲機動車は、イラクへの自衛隊派遣を機に自衛隊車両のモデル化が相次いだ流れの中で、トミカとしては何十年ぶりかに軍用車両がラインナップに加わったことが話題に。
もともと買うつもりでいたものの、10月の発売時、箱パッケイジを扱う量販店に用が無くて静観していたら、何と珍しく売り切れてしまい、年末にようやく再入荷したので、マックイーンを買うついでにGetしたもの

週間検索通信(2007年1月5日号)

[2007年1月1日]
「風の影」
#タイトルではピンと来なかったのですが、ググってみると、欧米ではかなりのベストセラーになってるんですね。ボール1個分くらい好みのストライクゾーンからは外れてる気配がしますが、そのうち読んでみましょうか。

[2006年12月29日]
「アイコン」
#以前はMac本体のアイコンをマメに作っていたのですが、OS Xが128dotを要求するようになってからめんどくさくなってしまい、とんとご無沙汰です〜。

「レースクイン」
#惜しい!長音が抜けてます(^_^;)(このくらいなら曖昧さの範囲でヒットするのかしらん?)。

[2006年12月28日]
「Jota」
#イオタ大好きです〜。512BBについでフェイバリットなスーパーカーです(^-^)。と言いつつ、コレクションは京商の1/43が1台だけですが(^_^;)

[2006年12月27日]
「ブラックアウト」
#ブログ主のStufioDisplay LCDは、回路計がヤラれて逝ってしまいました。修理可能なトラブルであることをお祈りします。

[2006年12月15日]
「爆乳爆尻」
#お上品ぶるわけはありませんが、当サイトではそういったネタは扱っておりませぬ。






#そもそもスレンダー系が好みなので(をい)。

[2006年12月11日]
「ミラージュ」
#戦闘機のミラージュ? それとも三菱ミラージュ? ウチのサイトで探すんだからガルフミラージュが順当なところかな? ル・マン関係は英語でラベリングしとりますm(_ _)m。

ハズレ無し!?のアップル福袋

「Apple Store初売り、気になる“福袋”の中身は?」(ASCII24)

わたしゃどうも福袋ってシロモノは、「ハズレ」が5割以上だったら、金額がどうあれヘコむのが分かっているので手が出せないんだけど、このアップルの福袋は使えるものばかりで超お買い得やね。これなら並んでもゲッチュしたい鴨。

今年のブックオフの査定

年明け恒例になりつつある、1年間溜まった本を売りにブックオフへ。
今年はハードカヴァー12冊、文庫30冊(上下巻5組含む)、雑誌・ムック5冊、CD1枚を持っていく。
コンディション的にそう大差ないくたびれ方にも関わらず値段が付くのと付かないのがあったのが不思議だけど(どうも多少のヤレよりも日焼けに厳しい気がする)、ハードカヴァー1冊、文庫2冊、雑誌2冊以外は値段が付いて、計2,150円のお小遣いをゲッチュ♪
古本屋で3〜400円の文庫で5冊しか買えない金額だと思うと、イマイチリサイクル効率は良くない気がするけど、町の古本やじゃ引き取らないような本も買い取ってくれるのはやっぱありがたいやね。

最新インクジェットプリンターのハイテクぶりに目をみはる

インクカートリッジをセットした様子の写真

フラッシュのせいでよく分からなくなっちゃってますが、カートリッジがセットされると、スロット毎にインディケイターランプが点灯するのだ!年末に買ったものの、今使っているMD-5500のインクリボンを使い切ってから交換しようと、購入以来放置してしまっていたMP960。年明け早々に決定した撮影会に持参するプリントを印刷するため、ようやく設置に踏み切ることに。

プリンターは6年ぶり(領収書によると、MD-5500も年末に購入してる)の購入なので、その変化には色々と驚くやら呆れるやら。
機能だけ聞いた時は、「カードスロットなんて、PCに繋いでる以上無意味じゃん?」とか思ってたんだけど、実はまとまった数をイッキにプリントするのならソフトから出力するのよりラクチンだってことに気付いちゃったし(処理にパソコンのリソース食われないで済むしね)、スキャナは印刷物をブログのネタにするとき、デジカメで撮るより当然キレイなので活用しがいがあるし、コピーもあればあったで便利。と、普段は大艦巨砲主義的多機能機器には懐疑的なブログ主も感心する充実ぶり(全ての機能を試したわけではないので、使ってるうちに個々の機能で不満は出るかもしれないケド)。

セットアップ時に出たゴミの写真 イニシャルセットアップでこれだけのゴミ出ると、なんか罪悪感が…。

その上、必要な時には自動的に開く排紙トレイや、セットするとスロットごとに点灯するインクカートリッジのスロットなどは、実用性を越えてメカ好きの心を掴むギミックも嬉しかったり(笑)。

一方で、やはり7色のインクカートリッジってのは、いくらメイカーが回収をしたり、各種部品がエコマークを取得してるとはいっても、なんとなくゴミを増やしているような気にさせられてしまうのも事実。もうちょっとユーザーの心理的負担も軽減するうまい方法を考えてくれるといいなぁ。

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »