2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ブログパーツ

無料ブログはココログ

« Google Earthでサルテサーキットを攻める | トップページ | レプリカと市販レーサーを同列に語られましても… »

ミニカー購入記(2007年2月22日号)

・エブロ 1/43 EBBRO #96 BTEC MAZIORA 350R('06 SUPER GT)
アート・ミニカーGINZAで3,192円で購入。
長らく発売が期待されていた東京R&D設計、ヴィーマック・カー・カンパニー製造の少量生産スポーツカー、ヴィーマックのSUPER GT参戦車両がついにエブロからリリース。
2006年はTEAMマッハ(320R)、ディレクシブ(320R)、R&Dスポーツ(408R)とノバエンジニアリングの4ティームがヴィーマックを走らせ、リザルト的には第2戦岡山でディレクシブ、第3戦富士でR&Dがクラス優勝を遂げたものの、モデル化されたのはエブロがメインスポンサーを務めたノバエンジニアリングの350R。
せっかくリリースされたのだからバリエイション展開を期待したいところだけど、ティーム毎に仕様が違うのを理由に、今のところバリを広げるつもりはない模様なのが残念。
デキ的には、フロントセクションがややもっさり気味なのが気になるかな? あと、グレイ(シルヴァー)部分が、ちゃんと見る角度によって違う色が見えてくるマジョーラカラーチックなラメを再現しているのには感心するものの、こんなに「ねずみ色」っぽい色だっけ?

« Google Earthでサルテサーキットを攻める | トップページ | レプリカと市販レーサーを同列に語られましても… »

コメント

エブロのヴィーマックって、ヴィーマックの中で一番カッコ悪いカラーリングでしたよね(爆)。あのネズミ色のクルマだけは、どうしてもミニカーを買う気になりません。どんなにエブロが他のチームのマシンを出す気がなくても、あれだけは絶対買わないと心に決めています(笑)。

そうですか〜、よっきゅんさんはスルーしましたか。
カラーリングで言えばディレクシブが一番好きだったんですけどね〜。何せチームがアレでナニになっちゃったから、エブロがその気でも絶対出ないでしょうしね…(^_^;)。
せめてウィルコムは出て欲しいところですよねぇ。
まぁ、数がはければ気が変わるかな? とお布施の気持ちも込めての購入です(笑)。

そうそう、ウィ-マックにはディレクシブやウィルコムのような、白ベースにブルー系のカラーリングが良く似合うように思います。
僕も一番好きだったのはディレクシブでした。おっしゃるようにアレはまずモデル化されないでしょうから、ウィルコムに期待してるんですが・・・。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16457/14009752

この記事へのトラックバック一覧です: ミニカー購入記(2007年2月22日号):

« Google Earthでサルテサーキットを攻める | トップページ | レプリカと市販レーサーを同列に語られましても… »