2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ブログパーツ

無料ブログはココログ

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年3月

ミニカー購入記(2007年3月30日号)

・ノレブ 1/43 #302 三菱パジェロエボリューション('06 パリダカ)
アート・ミニカーGINZAで5,460円で購入。
アルペンスキーヤーからレーサーに転身し、ル マン、パリダカとアドヴェンチャー性の高いレースに挑戦し続け、三菱ワークスでパジェロを駆るようになって3年目の06年、ついにパリダカを制覇したリュック・アルファンのパジェロエボリューションが今年もノレブから登場。
パリダカマシーンとしては珍しくシュノーケルが付いているので、第13〜14レグあたりの仕様ってことになるのかな?
ル マンやパリダカに挑戦する、というだけでレーサーとしての株が上がっちゃうブログ主的には、アルファンにはぜひともル マンも勝ってもらいたいんだけどなぁ。今年もワークスコルヴェットとアストンマーティンレーシングの壁はさすがに厚いかなぁ?

誤りはそれだけぢゃないでしょが>『ミニカーファン』

「2007年3月26日発行いたしました『ミニカーファンVol.16』に誤りがありました。」(えい出版)

DBRS9のことを、「DBR9のホモロゲモデル」とかいいかげんなこと書かんでくれ(-_-)。
ホント、プレミア煽る以外、能が無い雑誌なんだから。

ん?いつの間にか検索窓が…

ココログにもよ〜〜〜〜やくブログ内検索が付いて便利になったけど…機能追加のアナウンスとかってあったっけ?(^_^;)

NHK時計ウィジェット登場!

「NHK時計にMac OS X版」(ITmedia)

おー、こりゃいいや。
ブログにペタペタ物を張らないヒトなので、ブログツールは導入しなかったんだけど、これは早速ダウンロードしようっと♪

#しかし、なんでこんなもんのダウンロードに個人情報がいるのだ?

ミニカー購入記(2007年3月21日号)

・BBR完成品 1/43 #88 フェラーリ550マラネロ('03 ル マン)
ラッキーベイフォートのインターネット限定特価品を17,850円(送料700円)で購入。
レジン製ハンドメイドモデルカーの高級ブランドBBR完成品のプロドライブ550が、インターネット特価でなんとほぼ半額の17,850円(定価は34,000円)になっているのをたまたま見つけ、かねてからBBR完成品は1台くらいは欲しかったし、ちょうどリュック・アルファン号を優先したため、GTSクラスウィナーにも関わらずスルーしていた'03のプロドライブ号だったので、思い切ってポチッとなしてしまう。
シェイプ自体はレッドラインもそんなに負けてないように思うけど、クリアーの艶やダクトの彫りの深さ、ボンネットピンまでエッチングの別パーツ化されてる芸の細かさ等はさすがのBBRクオリティで、フンパツしただけの甲斐があったのでご満悦♪

BBR完成品 550GTSの写真

もうCM'sはいらない? 今度のサークルKサンクス×京商ミニカーはフィアット&ランチア

<Fiat&Lancia Car Minicar Collection>(京商)

おお、これはまたうかうかしてるとあっと言う間に店頭から消えそうなラインナップですな。
ストラトスと131アバルトラリーはゼヒ欲しいけど、京商のことだから混入率低いんだろうなぁ。
しかし、ナゼに037ラリーとインテグラーレのラリー仕様がない?(-_-)
・・・って、フェラーリの時も同じようなこと言ってますな、オイラ。

シーグランドからもアナログ音源をデジタル化出来るコンポ登場

「シーグランドがターンテーブル付きコンポ『GENE SOUND』」(ITmedia)

お、以前チェックしたサイテックのデジタルジュークボックスよりは、いくらかしっかりした造りっぽくて良さげ。どうせ買うならこっちかな〜。

ラリーカーコレクションの新作はトヨタのパート2と新井コレクション

<ラリーカーコレクション SS.12 トヨタ編 Part.2>(CM's)
<ラリーカーコレクションエクストラ 新井コレクション>

メイカーのサイトにはまだ情報が上がってないけど、CM'sのラリーカーコレクションの新作が発表になった模様。
第12弾はトヨタのパート2。セリカツインカムターボとスープラが魅力ですな。
また、“エクストラ”と銘打ち、トシ新井が転がしたWRカーのみ集めた新井コレクションも予定に。
全9種で1ボックス10個ってことは、ボックスで買えばムダなくコンプ出来るのかしらん?

加治GTA事務局長、SUPER GTが「愛される理由」を語る(笑)

J SPORTSの『SPORT 360°』という番組でSUPER GTの特集が。
番組のテーマは、採り上げたスポーツが「愛される理由」についてで、今回はGTAの加治事務局長(旧)が、自分のワンマンぶりも含め、SUPER GT“成功”の秘訣を、それこそ自画自賛してたわけだけど・・・。

あえてこの時期放送に踏み切るのはなんかの当てつけですか?(笑)

#まぁ、収録しちゃった以上、放送するしかないんだろうけど。

じっくりレーシングカーを観察出来るPotential for Your Driving NISSAN MOTORSPORTS

98年型 R390 GT1 30号車の写真予約してあったミニカーを受け取りに銀座に行ったついでに、日産本社ギャラリーでやってるPotential for Your Driving NISSAN MOTORSPORTSを覗いていく。
サイトで公開されていた展示車両をチェックしたところ、見たことあるクルマばかりなのでデジカメを持って出なかったんだけど、いざ行ってみると、'98 R390 GT1は今まで撮ったことがない30号車だし(写真はケータイのカメラ。なので暗めに映っちゃってる)、ギャラリーの照明は明るく、全方向から見られるゆったりとした展示の仕方をしていて、実はヘタなモータスポーツイヴェントより写真を撮るのには好条件だったのでちょっと後悔。
同じようにスルーを決め込んでいる方がいたら、もったいないので迷わず銀座へGO!

ミニカー購入記(2007年3月17日号)

・京商 1/64 #23 日産R390 GT1('97 ル マン)
アート・ミニカーGINZAで1,510円で購入。
京商のビーズコレクションに赤黒のR390 GT1が登場。21〜23号車まで一挙に登場した中で、やはりエースナンバーで星野/コマス/影山組乗車の23号車をチョイス。
デキは京商標準で特に問題なし。1/43への期待が高まるけど、ハウザックじゃなきゃいいんだけど…。
これまで点数が少なかったから気楽に手を出してた1/64サイズだけど、なんかR88Cも出るようだし、今後ビーズコレクションでル マンカーが充実してくると泥沼だから、深みにはまらないうちに手を引かないとね。

Boot Campを体験

Boot Campと言っても、元鬼の新兵訓練教官みたいな黒人のおっさん考案の超ハイテンションエクササイズではもちろんなく、Intel MacでWindowsを走らせることが出来るようになるファームウェア環境の方。
仕事でVistaで検証する必要があるものの、仕事用のXP環境をVistaに移行してしまうのは、何かと不都合があるし、今のところVistaの使用頻度は高くないので、先日導入してもらったMac miniに入れちゃえという目論見。

インストールそのものは、各種レヴュウ記事が書いているとおり、Boot Camp Assitantの指示に従えば何の問題もなく完了し、見事Mac miniでWindows Vistaが起動する。
ただ、Boot CampがVistaに正式対応してないせいか、ウチの環境ではMacintosh Drivers CDのインストールが失敗してしまい、Vista側に「起動ディスク」が追加されず、起動時のOptionキィ押下でOSを切り換えるしかないのがチト不便。
それでもキィボード問題以外は、特に何の不都合も無くMac上でVistaが動いてしまうんだから、キモチワルイことこの上ない(笑)。いやぁ、技術の進歩ってすごいなぁ。

しかし改めてVIsta触って思ったけど、どう考えても通常版で5万の価値は無いよ(いや、DSP版やアップグレイド版の2.5万でもまだ高いと思う)。

週間検索通信(2007年3月16日号)

[2007年03月15日]
「asia AND travel AND package」
#何か最近、英語での検索エンジン勘違い系が増えたけど何なんですかねぇ?

[2007年03月14日]
「プジョー406」
#クーペならデザインが好きなのでミニチャンプスの1/43とWellyの1/64を持っていますが、英語ラベリングなので、日本語ラベリングの『TAXi』の劇中車しかヒットしませんでしたね。

[2007年03月12]
「autoart AND 1/18 AND evo AND vi AND wrc」
#すみません、ランエボの1/18は持ってません〜。

[2007年03月11日]
「福井」「亡国のイージス」
#福井晴敏は、少なくとも関わった映画2本(『戦国自衛隊1549』『ローレライ』)を見た限り、あまり内容に感心しなかったので、多分読まないと思います。

「ウィンドウズビスタアルティメットの32ビット版のDSP版の…

…フロッピィドライヴとセットのやつください」って、長ぇよっ!ヽ(`Д´)ノ

しっかしさー、OSなんだからCPUと対でしか買えない/使用出来ないってぇのならハナシは分かるけど、メモリィとかハードディスクとかと買ってもいいクセこいて、その周辺機器との組み合わせじゃないと使えないっておかしくね?
しかもDSP版(=OEM供給したOS)のサポートは放棄って無責任すぎない?
OSの中身はともかく、こーゆーあこぎなショーバイで世界一の金持ちになってるってところがいけ好かんよなー。

今年のバンダイSC430はVer.Ka

「これがBANDAI DUNLOP SC430ニューカラー」(AUTOSPORT web)

なんだ、カトキ立ちしてないじゃん(するかい)。
Ver.Kaを名乗るんなら、今年のバクシードのパッケイジはGFFフォーマットにしないとね(笑)。

#今年のSCはバンダイにしようかな。

中途ハンパなレプリカだなぁ

「三菱自動車、ダカールラリー7連覇・通算12勝を記念した『パジェロ』特別仕様車「ラリーレプリカ」を発売」(三菱自動車)

ベイスカラーも全然違うし、これで「レプリカ」名乗るのはチトつらいねぇ。
どうせならフルレプリカにした方がラリーファンには受けが良いのに。

富士山の標高は3376m!?

「中国の地図と日本の都市ランキング」(デイリーポータルZ)

ライターは見落としてるけど、この地図、富士山の標高を3376って誤記してるよね?(^_^;)
さすがチャイニーズクオリティ。それとも何かの情報操…うわなにをするやめr…

Honda Racing THANKS DAYの裏で、素晴らしいイヴェントが開催されていた

今日の『カーグラフィックTV』で、難病の子どもたちの夢・願いを叶えることを目的とするボランティア団体《メイク・ア・ウィッシュ オブ ジャパン》主催で富士スピードウェイで開催された《富士チャリティライド2006》というイヴェントの紹介が。
去年の11月23日に開催されていたので、普通モータースポーツファンの目は《Honda Racing THANKS DAY》に向いちゃうところだけど、「クルマ好きの子供の夢を膨らませるようなことをしたい」を目的にしたこのイヴェントでは、なんと平 忠彦によるYZR-M1(TMSF2006でも走ったヴァレンシア仕様のロッシ車)のデモ走行あり、荒 聖治によるR8(もちろんティーム郷の'04ウィナー!)のデモ走行ありと、あるイミTMSFより充実した内容で、事前に情報をキャッチ出来なかったのを地団駄踏んで悔しがってしまった(^_^;)。
しっかし、こんなイヴェントの開催情報をキャッチ出来ないようじゃまだまだですなぁ。また開催するようならゼヒ見てみたいから、今年はもうちょっとアンテナを高くしようっと。

週間検索通信(2007年3月9日号)

[2007年3月8日]
「YZR-M1」「YZR=M1」
#ミニチャンプスの1/12、イクソの1/24なら各種取りそろえております。

「塾澎其畏絢欷」
#エエェェ〜〜、なんですかこのキィワードは? 中国からのアタックでつか???(;´д`)

[2007年3月7日]
「order AND cialis」
#今度は勃起不全治療薬ですか。どうすりゃウチのサイト検索で情報が得られると思うんだろう。しかも英語で???

[2007年3月4日]
「saly」
#あ〜、ツーショットで写ってるのが何点かあったんですけど、ラベル付けしてないからヒットしませんでしたね。すみませんm(_ _)m。

[2007年3月4日]
「piaa」
#ミニカーか、はたまたレースクイーンか? どちらにしても期待には応えられなかったかもしれませんね。

ゲームの次世代インターフェイスは脳波?

「脳でゲームを操作する技術、新興企業が披露」(ITmedia)

この技術とエースコンバットを組み合わせれば、少なくともゲームの世界ではファイアフォックスが実現しそうですな(°∀°)。

#脳の活動パターンを測定するなら特定言語を習得する必要もなさそうだしね。

マルサンがバイクミニカーに参入

《鉄馬》(マルサンの鉄馬プロジェクト)

ソフビ、ブリキ玩具の老舗のマルサンが、本格的ダイキャストのバイクミニカーシリーズを発表。第1弾はZ2。
1/12じゃないところにビミョーな残念感が漂うけれど、ミニチャンプスやリリース予定のオートアートなどの専門メイカーに対して、マルサンがどのようなクオリティのものを出してくるかは興味深いですな。

なぜにワンフェスにストラトスが???

「ワンフェス2007 [冬] 企業ディーラーが揃える至宝の萌えフィギュアを見よ!(Vol.2)」(ASCII.jp)

しかも奥には037ラリー。
どうやらグッドスマイルカンパニーマックスファクトリーの合同ブースらしいんだけど…。

一 体 ナ ゼ !?

おのれ謀ったな、新潮っ!

山本周五郎の『樅ノ木は残った』を読み始める。
例によってブックオフで仕入れてきたんだけど、以前違うブックオフで上中下の3巻揃いだったのを見かけていたので3巻組だと思っていたら、買いに行ったブックオフには上下巻しかないし、“下巻”の著作リストには上下巻と書いてあったので、あれは気のせいだったのかと、特に気にも留めずに、その上下巻をお買い上げ。
で、山本周五郎の重厚な筆さばきにどっぷりと漬かりつつ読み進めて下巻に取りかかってみると、どうも話が繋がらない。とゆーか、明らかに欠落したエピソードがあることに気付く。
慌ててアマゾンで検索してみると、やはり上中下の3巻組であることが判明。あわてて3巻組で置いてあったブックオフで中巻を買い込んできて読み始めると、無事(笑)抜けていたエピソードがあらわれ、下巻で読んだ章まで辿り着いてようやく話が繋がる。
ここで改めて奥付を見てみると、どうやら初版は2巻組で出ていたものの、平成15年の改版時に3巻組にこっそり(だってカヴァーには「新装版」とか明記されてないし)変更した模様。
つまり最初に買った“上下巻”は、3巻組の上巻と2巻組の下巻だったというわけ(-_-)。
そりゃ、改めて見てみりゃカヴァーも全然違うんだけど、いちいち並べて見たりは(SFで良くある、上下巻の表紙を並べると絵が完成するような仕掛けでもして限り)しないので気付かなかった次第。

ま っ た く 、 セ コ イ 商 売 し て ん じ ゃ ね ぇ よ 。 新 潮

#え? 良く調べずに買ったお前が悪いって? (∩゜Д゜)アーアーきこえなーい

レース開催すんのって大変なのよ。分かってる? 慎ちゃん

開幕を目前に控え、何やらSUPER GTがキナ臭いことになっている模様(キナ臭いは不穏当か)。
ゴタゴタの最中だからか、オフィシャルサイトは当たり障りのないニュース以外は沈黙しっぱなしだし、トーチュウが運営形態の変更を伝えたくらいで、AUTOSPORT webは記事を出してないし、Sports-Car Racingはなんだか歯切れが悪いわで、現時点では会長に就任した板東親分を始め、GT-Eの関係者が奔走してるらしいってことくらしか分からず、何とももどかしい状態。
まぁ今のところは、どんな形にせよ運営・参加者、観客双方にとって改善となる方向に動いてくれるのを願うだけですな。

で、だ。
今、日本で一番集客があるレースのGTですらこの有様なのに、「マン島にあやかって島で公道レースやれば復興に繋がるだろう」なんて安易な発想で、しかも元プロが危険であることに太鼓判を押したレースをゴリ押し開催したってとうてい長続きはしませんぜ。都知事。

これはフェラーリのロッシ獲得の布石に違いない!

「MotoGPに出場する“ヤマハ・ファクトリー・レーシング”チームスポンサーについて」(ヤマハ)

とまぁ、なまじ何度もロッシをテストに誘っているフェラーリがフィアット傘下であることから、埒もない妄想に耽ってしまう訳で(笑)。

しかし、“フィアット・ヤマハ・チーム”って言うと、フィアットが車体/ヤマハがエンジンみたいな共同プロジェクトティームに聞こえて紛らわしいですな。

諸君、爆弾の処理に必要なのは経験と勘だ

「時限爆弾処理で目覚める朝」(ITmedia)

こんなRCA端子みたいなぶっといプラグじゃイマイチ気分でないな〜。
やっぱ、時限爆弾のコードはニッパーで切らなきゃね(笑)。
それにどうせなら、フタを開けてコードが出てくるってゆー、正しい作法(笑)も再現してくれなきゃだわ。

#ちなみにタイトルの元ネタは『MASTERキートン』ね。

ミニカー購入記(2007年3月3日号)

・KBモデル(国際貿易特注ミニマックス) 1/43 #48 シェブロンB16−マツダ10A('70 ル マン)
タムタムで5,040円で購入。
国際貿易の企画で、マツダのロータリーエンジンでル マンに挑戦したレースカーを、ミニマックス製のミニカーでラインナップしていく<マツダ ロータリー ル マン ヒストリー>の第一弾として、シェブロンB16、シグマMC73、シグマMC74がリリース。
MC73・MC74はビザール通常版(シグマの2台が通常版から何らかの改修が加えられているかは不明)を押さえてあるので、ロータリーエンジン初(と同時に日本製エンジン初)のル マン挑戦となる、10A型ロータリエンジンを搭載したシェブロンB16(リタイヤ)を購入。
デキは、ここのところ仕上げが粗くなってきたビザール製にしてはまぁまぁ。国際貿易がちゃんとクオリティコントロールしてるのかな?
ところでこのシリーズ、パッケイジに国際貿易のロゴとともにスパークのロゴが冠されてるけど、プラケースはビザールフォーマットだし、ビザールブランドでリリース済みのアイテムは当然流用品。ミニマックスファミリィと考えればウソじゃないけど、これを“スパーク”と言って売るのはちょっとねぇ。
新規分もビザール製だとすると、最近クオリティ下がり気味だからちょっと心配。

週間検索通信(2007年3月2日号)

[2007年2月27日]
「サンダーバード」
#マッチボックス、ポピニカ、近年のタカラ関連など、そこそこ取りそろえております。

[2007年2月26日]
「CBR」
#ミニカーだとしたら京商の8耐シリーズの1000RRがありますが、実車だとしたらお役に立てません〜。

[2007年2月23日]
「仮面」
#ライダー系のトイでもお探しだったかな? だとしたら、特撮属性があまり無いのでお役に立てません。

[2007年2月21日]
「enlarge AND penis」
#・・・(笑)

[2007年2月19日]
「そのときは彼によろしく」
#すみません、恋愛小説はカヴァー範囲外です〜m(_ _)m。

[2007年2月16日]
「二重螺旋」
#え、え〜と、完全に対象範囲外のジャンルの小説のようです(汗)。

「lupin」
#トイ関係をお探しだったんですかね? プライズのフィアット500だけあるのですが、ラベリングが日本語なのでヒットしませんでしたね。

エブロのSUPER GTシリーズが値上げ!

「【Super GTシリーズ】価格改定のお知らせ」(エブロ)

何ヶ月か前の『model cars』の社長のコラムで、値上げを匂わせていたから覚悟はしてたけど、一気にほぼ1000円アップは痛いなぁ。
でも、まぁ、それでもレースカーを一律値上げするのではなく、SUPER GT以外は価格を据え置いてくれるんだから良心的と言えるのかな?

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »