2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ブログパーツ

無料ブログはココログ

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007年4月

WRXだからって迂闊に勝負を挑むと…

インプレッサWRXの覆面パトカーの写真

こんな卑怯な覆面パトカーに突然サイレンを鳴らされるかも。
京橋にある警察博物館前で体験乗車をやってたインプレッサWRXの覆面パト。

#うかつにナンバー晒して国家権力に目でも付けられたらシャレにならないので、一応ナンバーにはモザイクをかけといた(笑)。

ミニカー購入記(2007年4月29日号)

・KBモデル/スパークモデル #10 1/43 ポルシェ962C('88 ル マン)
アート・ミニカーGINZAで5,040円で購入。
高橋御大と岡田秀樹がクレマーレーシングからエントリィした際の962Cがスパークから出たので購入。
白/赤のケンウッドカラーがシンプルながらスピード感があってカッコイイ♪
でも、「あ、国さんの962Cだ」と脊髄反射で予約を入れたら、'88のスパーク製962Cがダブってしまったのはナイショ(汗)。

週間検索通信(2007年4月27日号)

[2007年4月26日]
「中間航路」「闇の中から来た女」
#寡聞にしてどちらの作品も知りませんでした。

[2007年4月25日]
「ザウバーメルセデスC8」
#ヤフオクで落としたイヴ・サンローランの香水に付いていたダイキャストモデルを持っていますが、配送時にシャシーが割れてしまいました…(泣)。

[2007年4月24日]
「合衆国を売った男」「アシャンティ」「フィゲロウア」「コードネームはファルコン」「テッド・オールビュリー」
#オールビュリーは、決して嫌いじゃないんですが、ちょっと肌に合わないんですよね〜。「何が」とはハッキリ言えないのですが…。
#『コードネームはファルコン』は未見です。あとのキィワードに関しては全く知りませんでした。

[2007年4月22日]
「佐々木」
#お探しだったのは佐々木考太…ですかね? '06の吉兆宝山 DIREZZA Zしか持ってません。

[2007年4月21日]
「ガヤルド」
#今年のSUPER GTの「ガイヤルド」がミニカー化されれば買うでしょうが、ガヤルドは今のところ持っていません。

[2007年4月19日]
「マイケル・バー=ゾウハー」「ゾウハー」「ロバート・リテル」「過去からの狙撃者」「二度死んだ男」「チャーリー・ヘラーの復讐」「マタレーズ暗殺集団」「失投 AND ロバート・B・パーカー」「マタレーズ」「ロバート・B・パーカー」「失投」「シャドー81」「マタレーズ暗殺集団 AND 上」「暗殺者 AND 上」
#たくさん検索して頂いたのに、『暗殺者』とパーカーのここ10年の作品しかヒットせず申し訳ないです…。『シャドー81』、『マタレーズ暗殺集団』も五つ星クラスの傑作です。ぜひお読みください。

[2007年4月17日]
「TAXI」
#アオシマの1/43とキャラウィールの406がありますね。

なんか、せっかく検索してもらったのに、ちっとも役に立って無くて落ち込むなぁ…○| ̄|_。

今年の日産モータースポーツDVDのデキやいかに?

DVDのパッケイジの写真毎年この時期に配布される、日産の前年のモータースポーツ活動を総括したDVDを今年もGet。
去年の内容が良かっただけに期待してたんだけど・・・。

や っ す い ト レ ン デ ィ ド ラ マ み た い な パ ー ト イ ラ ネ 。

佐藤政道のナレーションでまるで「激G」を見てるかのようなダイジェストパートや、今年は富士だったZの走行映像(今年のカメラアングルは、ドライヴァーズアイ/フロントスポイラー/チェンジレバー・ペダルさばきの3アングル)とか自体は良いんだけどねぇ。何を勘違いしちゃったのやら(´Д`;)。

なぜ2輪のニュースカテゴリィにサッカーの記事が?

「ローマのパヌッチ『相手をKOできたかもしれない』=欧州CL」(Yahoo!ニュース)

トピックススポーツ2輪レースと辿って来たら、サッカーの記事があったので不思議に思って読んでみると…。

“ボールを持って抜きに来た時は本当にすごい。バレンティーノ・ロッシ(※イタリア出身のMotoGPライダー。二輪史上最高のライダーとうたわれる)を思い出したよ。僕にもキャブレターが付いていれば後ろを追うことができたかもしれない。”

なるへそ。そーゆーことだったのね。

しかし、これがシューマッハを例えに出してたら、多分注釈は付いて無いよね。
海外と日本でのロッシの知名度の差が如実に現れてるようでちょっとフクザツ。

間違い探しかよっ!?

「【レポート】日産自動車、スカイライン生誕50周年を記念して歴代12モデルを展示 (2) 歴代12モデルが一堂に」(マイコミジャーナル)

ジャパンの写真がニューマンスカイラインの写真になっちゃってるしー。
R32とR33のキャプションが逆になってるしー。
(4月26日午前の時点)

ウェブの記事じゃ、多少のタイプミスや変換ミス、掲載写真の間違いくらいじゃ驚かなくなったけど、こりゃまた豪快じゃの〜。

手軽にノーファインダー撮影を可能にする小物

「エツミ『ビュープレーヤー 2.5インチ用(E-1578)』」(デジカメWatch)

あー、撮りたいけどノーファインダーで撮らざるを得ないシチュエイションの際、とりあえず最低限被写体を外さない目的としてはこれで十分かも。キスデジNの1.8型液晶対応版も出ないかな?
でも、普通にファインダーを覗く際に邪魔になりそうな悪寒。

F800との第2種接近遭遇

去年のモーターサイクルショーで一目見て気に入り、次期愛車候補ナンバーワンの座を占めたBMW F800S
ショーでの展示車両に跨ってみて(仮にこれを第1種接近遭遇と呼ぼう)ライディングポジションはチェックしたものの、スタンドに固定された0G状態なので、脚つきとか取り回しがチェック出来ず、VFRで重さが応えはじめたおっちゃん(T-T)に扱えるものかに一抹の不安が。
そこで撮影会の休み時間を利用して、スタジオ近くのBMWのディーラーを覗いてみると、F800がS/ST共に置いてあったので跨らせてもらえるか聞いてみると、Sは売約済み車両だからNGだったものの、STならOKとのことだったので跨らせてもらう。
雑誌のインプレで書かれている通りシートは腰高感があり、身長165cmのブログ主には足つき自体は良好とは言えないものの、サイドスタンドをかけた状態からの引き起こしはVFRや以前乗っていたTDM850より軽いので、少々左右に傾けてみてもそんなに不安感は無く、これなら十分許容範囲(゜∀゜)。
試乗もOKとのことだったけど、今日は時間が無かったので、乗せてもらうのはまた今度にして店を後にする。
一応試乗はしてみるけど、購入はもうほとんど既定の事実。あとは軍資金が貯まるのと(予定では2年後)、VFRに飽きが来るのを待つのみ。まぁ、VFRはかなり気に入ってるので、そうカンタンに飽きが来るかどうかは微妙なんだけど(^_^;)。

ちなみに、海外では純正オプションの設定があるアクラポビッチのスリップオンマフラー。日本での導入について聞いてみると、音量規制がクリア出来ないため予定は無いとのこと。残念(´・ω・`)。

ミニカー購入記(2007年4月21日号)

・チョロQ クラシック #63 メルセデス−ベンツ コレクション ザウバーメルセデスC9('89 ル マン)
ヨドバシカメラ マルチメディア錦糸町で1,130円で購入。
超リアル仕上げチョロQクラスのクオリティでメルセデス−ベンツのチョロQをリリースしているタルガから、'89のル マンにエントリィしたザウバーC9の3台が登場。買ったのは当然優勝した63号車。
造形はシャープで仕上げもキレイでなかなかのデキだけど、どうもリアカウルがハネ上がり過ぎてて、事故ってくの字になっちゃったみたいに見えるのがちょっと…。

ミニカー購入記(2007年4月19日号)

・エブロ 1/43 #39 サードスープラGT('95 JGTC)
タムタムで3,192円で購入。
JGTC開催2年目、本格参戦したスープラ4台の中でも、カストロールとともに代表的なカラーリングとして印象に残っている、サードのスープラGTがエブロから登場。まだデンソーのロゴすら無いシンプルなカラーリングが今となっては新鮮。
さあエブロさん、せっかく古いスープラの型を起こしたんだから、

ぜ ひ ル マ ン 仕 様 も !

それがダメなら、せめて元WGP世界チャンプのガードナーが乗った'96とかはモデル化して欲しいんだけどなぁ。

捏造スレスレ? ASCIIの低レヴェル記事

「公売オークションに“萌え萌え出品”登場の舞台裏」(ASCII.jp)

こんな低レヴェルな質疑応答だけで「アニメ好き」のレッテル張られて担当者さんもかわいそうに。
オイラがこの担当者さんだったら名誉毀損でASCIIに謝罪と保証を要求しちゃうな。

変形合体電源プラグで世界中のコンセントも思いのまま

「変形合体ロボのような電源プラグ」(ITmedia)

まるで電動ブロックみたいでおもしろーい(゜∀゜)。
しかしプラグの形が国によって様々だってのは知ってたけど、こんなに種類があったとわ…。

ミニカー購入記(2007年4月14日号)

・イクソ 1/24 #3 ホンダRC211V“レプソルホンダ”('05 MotoGP 以下全て)
・イクソ 1/24 #69 ホンダRC211V“レプソルホンダ”
・イクソ 1/24 #15 ホンダRC211V“モビスターホンダMotoGP”
・イクソ 1/24 #33 ホンダRC211V“モビスターホンダMotoGP”
・イクソ 1/24 #6 ホンダRC211V“コニカミノルタホンダ”
・イクソ 1/24 #5 ヤマハYZR-M1“ゴロワーズヤマハ”
・イクソ 1/24 #46 ヤマハYZR-M1“ゴロワーズヤマハ”
・イクソ 1/24 #46 ヤマハYZR-M1“ゴロワーズヤマハ”アメリカGP仕様
・イクソ 1/24 #46 ヤマハYZR-M1“ゴロワーズヤマハ”バレンシアGP仕様
・イクソ 1/24 #10 スズキGSV-R“チームスズキ MotoGP”
・イクソ 1/24 #19 カワサキ Ninja ZX-RR“カワサキレーシングチーム”
・イクソ 1/24 #56 カワサキ Ninja ZX-RR“カワサキレーシングチーム”
・イクソ 1/24 #7 ドゥカティ デスモセディチ“ドゥカティマールボロチーム”
・イクソ 1/24 #65 ドゥカティ デスモセディチ“ドゥカティマールボロチーム”

アート・ミニカーGINZAで各2,352円で購入。
イクソの1/24 GPマシーンシリーズの05年モデルが、07シーズンも開幕してしまった今になってようやく入荷。ただし今回はありがたいことに全種一斉発売ではなく、キャメルホンダ、フォルトゥナヤマハ、ティームダンティン、ティームロバーツの6台を除く14台のリリースに(ま、予算は確保してあるのでイッキでも構わないんだけどね)。
Altaya用としては結構前から供給があったのにここまで遅れた理由は皆目不明。06年モデルはいったいいつになるのやら(´・ω・`)。
ルーティンアイテムとは言えここまで遅れると、なんかときめかないねぇ。しかも、パーツの造形の繊細さこそ勝っているものの、塗装や印刷、デカールなんかの仕上げ面じゃ、半額以下のタミヤの方が上ってのもねぇ。
タミヤが毎シーズン全ティームをフォローしてくれるんだったらタミヤに切り替えちゃうところなんだけど。
ところでゴロワーズの2台、ロッシ車とエドワーズ車で青の色味がずいぶん違うけど、写真や映像で見てた限り、こんなに違ってたようには見えなかったんだけど…。

そんなことはさておき今回ハラ立ったのは、ミスクラやイケダのような大手には先週出荷してるのに、オイラが予約したアート・ミニカーのような零細ショップが後回しにされたこと。
代理店からすれば、扱い量の多いところを優先させるのは当たり前なのかもしれないけど、結果的に本来の客であるコレクターの心証を悪くして何の得があるのか?>国際貿易

1/64ストラトス対決。勝者は京商かCM'か?

ストラトスの京商版とCM's版の比較写真の拡大画像へのリンク4月10日から発売がスタートした、京商×サークルKサンクスブラインドボックスミニカーシリーズ第16段FIAT & LANCIA Minicar Collection。今回はストラトスと131アバルトのラリーカーがラインナップに含まれているので11日に近所のサンクスに出撃してとりあえず7個購入。するとなんとなんと、ストラトスと131それぞれのアリタリヤカラーが!
人気車種やシークレットの混入率が吝いことで有名な京商のブラインドボックスなので、ストラトスともなると相当苦労するかと思いきや、935に続きイッパツで望みのアイテムが手に入ってしまった(^-^)。
デキの方はさすがの京商クオリティ。ちょっとアリタリヤカラーのグリーンが濃い気がするけど、特に問題無し。
で、気になるのはCM's版との差。
比べてみると、京商版のホウィールの穴が抜けていること以外は、CM's版の方が全体的にエッジやスリットの彫りがシャープだし、ミラーやテイルフィンなんかが別パーツなこともあって、意外なことに全体的な繊細感はCM's版の方が上。
とは言え、別に京商版のデキが悪いわけではなく、販売価格の差(京商:420円/CM's:735円)によるコストのかけ具合が反映されてるだけって感じで、どっちを買ってもそれなりの満足感が得られるのでは。

週間検索通信(2007年4月13日号)

[2007年4月7日]
「ホーガン」「ソウヤー」
#ホーガンは、アップしてあるレヴュウは『星を継ぐもの』だけですが、実は『ガニメデの優しい巨人』『巨人たちの星』まで読み終わっていて、鋭意レヴュウを書いている最中です(^_^;)。
ソウヤーについてはあいにく未読です〜。

[2007年4月2日]
「Maisto」
#マイストは206ccのプルバックカーくらいしか持ってませんねー。お役に立てず恐縮です。

[2007年3月26日]
「春のオススメ?」
#検索エンジンと勘違い系…ですかね。

[2007年3月23日]
「935」
#エブロの1/43、京商の1/64、その他ミニチャンプスのモビーディックなどがあります。

[2007年3月22日]
「レースクイーンに花束を」
#誰かお好みのコは見つかりましたか〜?

[2007年3月17日]
「t312」
#ミニチャンプスの1/43と京商の1/64くらいしか持ってませんが参考になりましたでしょうか?

DS使って君も高荷義之に!

『こころが目覚める 男たちの塗り絵』(タミヤ)

下書き付きPainterだとでも思えばいんだろうけど、「見本にしたがってタッチペンで塗っていくだけ」って。それであんな絵が描けたら苦労しませんって。
それにしても、消しゴムのカスが溜まったら、息を吹きかけて飛ばすってイミがあるのか無いのか良くわからん機能まで搭載されてるのがお馬鹿でいいね(笑)。

レーザーガンよりはスピードガンという説も

「レーザーガンみたいな天文ガイドが登場」(ITmedia)

拳銃型ってところにもグッときたけど、それより何より、わざわざ黒いスーツを着てジェイムズ・ボンドを気取ったお馬鹿(ホメ言葉)な写真にヤラれました(笑)。

一眼レフにアングルの自由度を加えるガジェット登場

「Seculine Zigview S2B〜一眼レフカメラを「ライブビュー付」にグレードアップできる!」(デジカメWatch)

イヴェントでどうしてもギャラリーごしになっちゃう時、激しくライブヴュウが欲しくなる時あるけど、さすがに4マンは出せないなぁ。

確かに見かけは「宮殿」だけど…

「『焼肉のたれ 宮殿』は本当に宮殿で作ってるって言うけど本当か?」(デイリーポータルZ)

なぁんだ、中国とかでナントカ宮殿を買い取って中に工場を作った、とかそーゆーコトじゃなかったのか、つまんないの(笑)。
それにしても、創業者とバンコのブロンズ像を並べたり、宮殿工場の壁紙を用意するってセンスがスゴイな。

教育テレビでアードマン作品が毎週見れる!

『ひつじのショーン』(NHK)

ををっ! こんなウォレグルのスピンオフシリーズがあったのか〜。これは楽しみ♪・・・って、時間が「激G」とモロかぶりやん!(T-T)。
でも、手間のかかるクレイアニメのこと、そんなに本数は無いハズ・・・と、期待したい。

個人情報流出被害…か?

「会員さま情報記載の流出について」(club-F)

気になるのが、件のメルマガがウチには届いてないから、自分の個人情報が晒されてしまったのか分からないトコロなんだよなー。
とりあえず流出対象者かそうじゃないかは連絡して欲しいな。

もはやアキバのイヴェントにレースクイーンは必須アイテムか?

「レースクィーン3人によるイー・モバイル開業記念イベントをソフマップで開催」(ASCII.jp)

この場合、レースは関係無いんだから、“レースクィーンとキャンペンガール”っつー表記は「馬から落馬」的表現だろう・・・と突っ込みたくなるのはカメラ小僧くらいですかそうですか。

emobile“レースクイーンによる”ってリリース出してるのがいかんのだな。

油断できないiTunes Storeのラインナップ

久々iTunes Store内をブラついていると、BOOWY(個人的な表記ルール上、単語内で全角半角混じりにしたくないのでφは使ってません。あしからず)やら1986オメガトライブやらの、若かりし頃ハマった楽曲が結構増えているのを発見。
BOOWYはあらかたリッピングしてあるので、レンタルや中古でも見つからずリッピングを断念していた1986オメガトライブの『君は1000%』を早速ポチっとな。
残念なのは、ファーストアルバムの『Navigator』しか登録されてないこと。
『Super Chance』と『Cosmic Love』もすごい好きだったんでデジタル化したいんだけど、他のアルバムは登録しないのかなぁ?

ミニカー購入記(2007年4月1日号)

・ミニチャンプス 1/12 #15 ホンダRC211V('05 MotoGP)
mamboxの通販で5,700円(送料600円)で購入。
前年までの好調さとロッシの移籍という好材料から、「05年こそチャンピオン獲得の好機」と期待が高まったもののいまひとつ振るわず、結局1勝も出来ないままに終わってしまったものの、ビアッジとバロスのワークス勢がさらにパっとしなかったため、最終的にはホンダ勢最上位のランキング2位を得たセテ・ジベルノゥのRC211Vが入荷。
この年からモビスター単体ブランドのグラフィックに変更されたものの、このロゴがカッコ悪いので、グラフィック的には去年までのテレフォニカモビスターカラーの方が良かったなぁ。

京商 8耐コレクション2006発売決定!

2006鈴鹿8時間耐久ロードレースマシンシリーズ案内パネルの写真1

東京モーターサイクルショー2007の8耐アピールブースで、サークルKサンクス限定、京商 2006鈴鹿8時間耐久ロードレースマシンシリーズ発売の発表が。
今年も7月末の8耐の時期にあわせて店頭に並ぶ予定で、優勝したTSRを始め、トイ・ストーリーRT、セブンスターホンダ、ヤマハブルーレーシングなどなど、去年の8耐の主要マシーン16台がラインナップ。

  • #778 CBR1000RR“TSR”(優勝)
  • #101 CBR1000RR“ハルクプロ”(2位)
  • #12 GSX-R1000“ヨシムラ”(3位)
  • #1 GSX-R1000“スズキカストロール”
  • #5 ZX-10R“トリックスター”
  • #7 CBR1000RR“セブンスターホンダ”
  • #11 CBR1000RR“セブンスターホンダ”
  • #17 ZX-10R“BEET”
  • #19 CBR1000RR“モリワキ”
  • #21 YZF-R1“YSP & PRESTO”
  • #33 GSX-R1000“Moto Map SUPPLY”
  • #39 YZF-R1“TEAM 茶LLENGER”
  • #044 CBR1000RR“ウイダーホンダ”
  • #45 YZF-R1“ヤマハブルーレーシング”
  • #48 CBR1000RR“TSR”
  • #65 GSX-R1000“MIIR”
残念ながら、今年も仮面ライダーRTと桜井ホンダが無いけど、エブロが断念したトイ・ストーリーが予定されてるのは嬉しい限り(京商に出来て、エブロに出来ないこの差はどっから来るんだろう?)。

2006鈴鹿8時間耐久ロードレースマシンシリーズ案内パネルの写真1

現時点では版権がクリアになってないのか、トイ・ストーリーRTのCBRがシルエットになってるのが笑えますな。

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »