2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ブログパーツ

無料ブログはココログ

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年8月

『Ferrari Collection』のミニカーはどこ製か?

《Ferrari Collection》

29日から本屋に並び始めたアシェット・コレクション・ジャパンの『フェラーリコレクション』。実物を見てみたら、結構デキが良かったけど、やっぱこれイクソ製かな? なぜか本にもサイトにも、どこにも製造メイカーが明記してないんだよねー(『国産名車』の時は、ノレブ製ってことをアピールしてたのに)。
ミニカーコレクターからすれば、FAQに載ってしかるべき情報だと思うんだけどなぁ。
あと、F1はあるのに、333SPとかF40のル マン仕様が無いのが残念。

CM's 2007年イベント限定アイテム登場

「イベント情報」(CM's)

今年もCM'sがラリージャパンとモータースポーツジャパンの会場で、イヴェント限定品としてインプレッサWRC2007(メキシコ)とランサーWRC04(モンテ)を発売予定。
う〜ん、こりゃどっちも押さえないとなぁ。当日雨降らないといいんだけどね。

今年も全プレ?(笑)。JOMOの8耐キャンペイン

今年のJOMO8耐スペシャルサイトフォトコンテストを開催していたので(それにしても、このフォトコンテストの応募要項の不親切さは何なんだ(-_-#))、ヨシムラ優勝の現場に居合わせた証にでもなればと、ピットウォークで撮ったレースクイーン2人のベストショットで応募しておいたんだけど、なんと本日入選の通知メイルが!(゜∀゜)
メイルにはプレゼント商品が何かは記載されていないので、8末に商品が届くまでは何が貰えるのかは分からないんだけど、やっぱレースクイーンの写真で応募した人にはレースクイーンのサイン色紙が送られて来ちゃうのかなぁ?
オイラ的にはヨシムラグッズの方が嬉しいんだけどなー(笑)。

しかし、まさか入選するとはな〜。実は応募が少なくて、また全プレ状態だったんだったりして(^_^;)。

ザ・コン館の閉店セイルにほとほと愛想が尽きる

家のCubeに接続しているMacallyiceMOUSEが、クリックするとしばしばダブルクリック判定するようになってしまったので、新たなマウスを物色するため、25日から閉店セイルの始まったラオックス ザ・コン館へ。
Macのフロアをブラつくと、ヘッドフォンが30%オフになっていたので、以前iPod用に買ったフィリップスのSBC-HE580のゴムに取れグセがついてしまっていたこともあり、ついでにヘッドフォンも買うことにし、オーディオテクニカのインナーイヤー式の普及機であるATH-CM4(定価4,800円)を買い込み(2,436円)、本来の目的であるマウスは、サンワサプライOvalが、ボタンとホウォールのクリック感がしっくりきたのでこれのSサイズの方をチョイス(こちらは店頭価格から15%オフで1,938円)。

とまぁ、目的は果たせたんだけど、「完全閉店売り尽くし」なんてアオってる割には、特価品以外は表示価格から15%オフがメインで30%オフがチラホラという、ヨドバシやさくらやが10%ポイント還元なことを考えると、さしてお得感の無い「超処分特価」ぶりに白けつつ帰宅。するとポストに閉店セイルの案内DMが…。

メ ン バ ー ズ カ ー ド 会 員 に 今 頃 D M か よ ! (ノ`д´)ノ彡┻━┻

もう、いい加減愛想が尽きたし、ラオックスも先行き怪しいから、ラオックスのメンバーズカード退会手続き取ろうっと。

机の上をケイブルレスにするのがワイヤレスの目的でしょ?

「“世界最先端を行くキーボード”ことdiNovo edgeを使ってみた」(ケータイWatch)

充電のためにクレイドルを設置するスペイスとACアダプターが不法にタップを占拠することを考えたら、ワイヤードよりよっぽどうっとおしくないかえ? このキィボード(笑)

餃子イリュージョン

今日は天下一品に晩メシを食いに行き、ラーメンと餃子を注文。
先に出てきたラーメンを啜っていると餃子がやってくるが、店員のおねえちゃんが「1コ足リナイノデ、アトデ持ッテキマス」とのたまう。

(゜Д゜;)ハァ?

結局、1個余計にサーヴィスで付けてくれたんだけど、そんなん、てっきり1人前がパックかなんかされてて間違えないようになってると思いこんでたからビックリしたわ。

ミニカー購入記(2007年8月25日号)

・hpi-racing 1/43 #14 ポルシェ956B('85 ル マン)
Yahoo! オークションで5,300円(+送料550円)で落札。
リリースしてきたミニカーがどれもデキが良かったのでゼヒ入手しかったんだけど、いずれも既存ブランドのを持っていたので手を出せずにいたhpiの956に、85年に2位に入ったキャノンカラーが加わったのでGet。
787B同様リアカウルが外れるのでワイドサイズのケースがウザいけど、この956も現時点のベストバイと言える出来映え。
リリースが予定されている、やはりリヤカウルが外れるエブロ製がどこまでこのクオリティに迫れるか興味深いですな。

・KBモデル(国際貿易特注ミニマックス) 1/43 #82 マツダRX-7 254('82 ル マン)
タムタムで5,040円で購入。
以前、アルナージュモデルからリリースされた、82年に寺田御大が乗ったRX-7が<マツダ ロータリー ル マン ヒストリー>の第4陣として登場したので、ムクでとてもミニカーと呼べるシロモノではなかったアルナージュ製とリプレイスするため問答無用で購入。

ところで、ショップはこのシリーズ「スパーク製」に分類してることが多いけど。ゼッケン違いがビザールから出ることだし、やっぱこのシリーズは「ビザール製」にしとくのが無難じゃないかねぇ。

「今日はマウスのセッティングが決まらず、思い通りのプレイが出来ませんでした」

「MicrosoftのSideWinderブランドがゲーミングマウスで復活」(PC Watch)

なんて言い訳をゲーム上でするようになるんだろうか?(笑)
いやー、マイクロソフトって、何でハード部門に限ってはこーゆーバカな発想でユーザーを楽しませてくれるんだろうか?

グッドウッドにゃチキチキマシンまで走るのか!?

BSフジで、今年のグッドウッド・フェスティヴァル・オブ・スピードの模様を6回に渡って放送する特別番組が今日から始まる(オフィシャルサイトはこちら)。
これまでグッドウッドの様子と言えば、参加したメイカーのウェブでのリポートか、カーグラTVでかいつまんだものしか見れなかったので、こんなにガッツリ放送してくれるのは何とも嬉しい限り。
今日の1回目を見て驚いたのは、レースカーに紛れて『チキチキマシン猛レース』登場のレースカー(?)までデモランしてたこと。
ゼロゼロマシンやハンサムV9、タンクGTといった迷車たちが、かなり気合いの入ったハリボテで再現されている上、ドライヴァーもちゃんとブラック魔王とかのコスプレ(ケンケンは着ぐるみ(^-^))してパレードしてるんだから呆れちゃう(もちろん良いイミでね)。
1902年製のパナールが動態保存してあるってだけでも大したモンなのに、その上この遊び心。やっぱ適わないわなぁ。

#“ペッター・ソルベルグ”はないんぢゃない?>字幕担当者

バンダイ 1/43 塗装済み組立キットを買ってみた

バンダイ 1/43 宝山 トムス SC430の写真

爆シードで味をしめたか(?)、バンダイが塗装・デカール貼付済みの半完成プラスティックモデルという、新たなアプローチで1/43のSUPER GTマシーン市場に参入したので買ってみた(ヨドバシカメラ マルチメディアAkibaで1,510円)。
第1段としてリリースされたトムスとセルモの'07モデルのSC430の2種類のうちチョイスしたのは、昨年のチャンピオンコンビ、脇阪寿一とアンドレ・ロッテラーが駆り、先週の鈴鹿1000kmでようやく今季初優勝を挙げた宝山 TOM'S SC430。

フェンダーやエッジ部分のシャープさはさすがにプラモデルの面目躍如と言ったところだけど、塗装・デカールの仕上げが、ダイキャストミニカーに比べると雑なのが残念。ブログ主が買った個体なんか、ドアのゼッケンに結構目立つ汚れがあったし(´Д`;)。クリアを吹いてないことがそう言ったアラを目立たせちゃってるのかも。
まぁ、販売価格を考えれば十分なクオリティだとは思うけど、このクオリティじゃ、エブロの代替はおろか、対抗馬にはなり得ないかな。
こうしてみると、エブロやスパークがあのクオリティを維持してるのってのは、つくづく大したことだと思うよ、うん。
何にせよこーゆーレースカーは、「人気があるようだからちょっと手を出してみるか」と参入はするもののすぐに撤退されると、コレクターにとっちゃメーワクなだけだから、地道にラインナップを続けることが出来るかどうかで真価を問われることを肝に銘じておくように。>バンダイ

【9月16日追記】ようやく写真を撮ったのでショートレヴュウを掲載。

サイドヴュウの写真

ボディとウィンドウグラスをツライチにするため、ボディは透明プラによる一体成形。
そのため、ただでさえ色乗りの悪い白なので、場所によっては塗料が薄くなっちゃってる箇所が。
台座が付いているものの、クルマはネジ留め出来るわけではなく乗せるだけ。
台を斜めに傾けるための脚も付属してるけど正直イラネ。
なんか、コレクターが悦ぶツボを外してるぞ、バンダイ。

フロントヴュウの写真

プラならもうちょっと全体的にワイド&ロゥなフォルムになるかと思ったら、プロポーション的にはエブロと大差無い仕上がり。もうちょっとダイキャストでは実現出来ないことにチャレンジして欲しかったなぁ。
あと、デカールの仕上げの粗さはやっぱり萎える。
つうか、あらためて最近のレースカーミニカーのデカールが、量産品であれだけの仕上がりを実現してるのには関心しちゃうなぁ。

リヤヴュウの写真

組み立てはスナップフィットということもあり、特に難しいところは無かったけど、デカールが難物。
水に漬けてからピンセットでちょっと引っ張ったら割れてしまった(´Д`;)。
しかも張る部分(シートベルトとハンドル、フロントパネル)にモールドがあるので、圧着させようと押しつけてる間もバキバキ割れてしまい、ムカついてシートベルトは張るの諦めてしまいました。
こんな質の悪いデカール初めて。これだったら付けてくれなくていいよ。

キヤノンの新レンズに妄想する

「キヤノン、IS搭載のデジタル専用低価格ズーム2本」(デジカメWatch)

嗚呼、このEF-S 55-250mm F4-5.5 ISの画角でUSMを搭載、F4通しの大口径ヴァージョンがあったら、オイラ的サーキットに持って行くレンズとしてベストマッチなんだけどなぁ(´Д`;)。

#それでもテレ端がシグマ 18-200mmより気持ち明るいから、安いし試しに使ってみようかしらん?

ミニカー購入記(2007年8月18日号)

・トミカ ホンダリトルカブ
・トミカ 前田製作所 かにクレーン
ヨドバシカメラ マルチメディアAkibaで260円で購入。
日本が世界に誇る傑作バイク、スーパーカブのカジュアルヴァージョンのリトルカブがトミカ化されたのでGet(これによりスーパーカブは絶版)。
女性向けを意識したパステルカラーのカラーリングと、足つきを良くするために14インチホウィールを装備しているのがスーパーカブとの大きな違いだけど、残念ながら足回りはスーパーカブの金型流用なためその違いは再現されず。

かにクレーンは、通常建機はウォッチ範囲外なんだけど、こういうメカメカしいギミックが再現されていると、無性に欲しくなることがあるのでGet。
キャタピラー(クローラー)では乗り越えられないような不整地では、折りたたみ式のアウトリガーを伸ばして四足歩行することで自在に移動可能という、リアルフチコマ/タチコマといった風情がカワイイ──って、ウソウソ、歩かない(^_^;)。

ちなみに先週タムタムを覗いたら既に売ってたけど、正式な発売日は今日。1週間もフライングしていいもんなんか?(^_^;)

週間検索通信(2007年8月17日号)

[2007年月14日]
「ファントム謀略ルート」
#バー=ゾウハーは未読です。お役に立てず申し訳ありません〜m(_ _)m。

[2007年8月13日]
「ロケット」「ビッグクリークミサイルエージェンシー」
#『ロケットボーイズ』をお探しですよね(「ビッグクリークミサイルエージェンシー」ググると、ウチのページがトップになるのね。ビックリ)、あれは良い小説です。ゼヒ読んでくださいね。

[2007年8月9日]
「90cp」
#90CKも楽しみですねっ。

[2007年8月7日]
「dfv」
#表記の揺れがあって、搭載エンジンを記載する時としない時があるので、お目当てのアイテムは見つからなかったかも知れませんね。

[2007年8月5日]
「茶木ひろみ」「茶木宏美」「銀の鬼」
#少女漫画はほとんど読まないので、情報は皆無です〜。

ハリウッドに変形合体ロボムーブメント来たる?

「『トランスフォーマー』効果?『百獣王ゴライオン』が実写映画化へ」(eiga.com)

『ロボテック』の頃から、全然違うハナシをくっつけて一つのハナシをでっち上げるなんてことをヘーキでやれるメンタリティと、また、そんなハナシが通用するってのが、不思議っつーか、理解できなかったんだけど、どーやりゃゴライオンとダイラガーが一本のハナシになるのかねぇ?

モデル事務所に通報したろか?(笑)

撮影会で撮った画像のウェブへの掲載許可申請への回答が来る。
珍しく「写真は問題無いが、同じ構図は避けてくれ」と言う、NGと言うよりは留保のお願いが。
こちとら、まるっきりのシロウトではない(笑)ので、同じ構図の画像は使わないように心がけてはいたんだけど、コンディションによっちゃ歩留まりが悪くなること(「そもそも混んでてあんまりカット数が稼げなかった」とか、「構図は変わってるものの、ピンが甘いとか表情がイマイチだった」とかね)もままあって、今回はたまたま似た構図が固まっちゃったのは確か。
ま、この件自体は、差し替える画像はこっちが選んだものでいいというお墨付き(?)を得ていることもあり、適当な画像に差し替えることで決着するので、特にどうと言うことではないんだけど、ことほど左様にモデルさんの写真の扱いはデリケイトにすべきなのに、仮にも商業メディアがこーゆー写真を載せちゃいかんだろう、と改めて思った次第。

ミニカーコレクターにも波及したチャイナクオリティの危機

「鉛含有ミニカーなど中国製玩具1860万個回収」(YOMIURI ONLINE)

米玩具(がんぐ)大手マテル社(本社・カリフォルニア州)は14日、塗料に基準を上回る鉛が含まれているなど、安全性に問題のある中国製玩具約1860万個を、世界規模で自主回収(リコール)すると発表した。

 このうち、塗料に米国の基準値を上回る鉛が含まれている可能性のあるミニカーは、全世界で43万6000個が出荷されている。

 ミニカー以外の回収品は小型の磁石を組み込んだ人形など。磁石が脱落すると、子供が誤って飲み込む可能性があるとして、回収に踏み切った。


自分が集めてるのは大きなお友達用で、ケースに入れっぱなしなので触ることはまず無いし、ましてや口に入れる可能性に至っては皆無とは言え、メイド・イン・チャイナのミニカーがウン百台ある身にはちょっと気になるニュースですなぁ。

実戦投入もまだなのにSX4 WRCが早くもミニカー化

<ラリーカーコレクション スズキ SX4 WRC>(CM's)

情報だけは漏れ伝わっていた、CM'sの1/64 スズキSX4 WRCのリリース情報が、オフィシャルサイトにようやく載ったのでピックアップ。
今までのブラインドボックスとは違い、イグニス/スウィフトとの2台セットで、車種はチョイス化、さらにパートナーショップでのみ販売されるというのが目新しいところ。
個人的にはテストカー、プレゼンテイション仕様にはキョーミが無いので、実戦仕様がリリースされるまでは華麗にスルーのつもり。

ASCII.jpが8耐レポを掲載、でもね…

「“コカ・コーラ ゼロ”鈴鹿8耐 男たちのアツイ闘いとレースを彩る華!」(ASCII.jp)

他のメディアじゃ気にならないのに、なんでASCIIの記事で宇川やガードナーが敬称略にされてるとカチンと来るんだろ?(苦笑)
岩城滉一には氏を、ほしのあきにはちゃんをつけてるだけに、その不統一感に余計イラっとする。

それはさておき、

“30回記念大会ということで、28日(土)の前夜祭には、恒例の「バイクで会いたいパレード」が開催された。”

って、日本語的におかしくない?
あ、あと、

“30年を振り返ってみると、露出度の低いレオタードや水着などの初期から、バブル時期の露出度バリバリのハイレグレオタード&水着時代を経て、2000年代はコスプレチックなチラ見せ衣装。”

のくだりは、ほぼパンフのキャンギャル特集の引き写しね。
いずれにしてもこんな低レヴェルな記事をへーきで載せちゃうから、イマイチASCIIは信用出来んのだよなー。

#NGKスパークガールズの写真は明らかにNGだろう。

ミニカー購入記(2007年8月10日号)

・ジブリがいっぱいトミカリミテッドコレクション となりのトトロ オート三輪
・ジブリがいっぱいトミカリミテッドコレクション となりのトトロ 東電鉄バス
どんぐり共和国八重洲店でオート三輪:1,890円、ボンネットバス:1,575円で購入。
リミテッドの新ラインとして、スタジオジブリ制作のアニメに登場したヴィークル──いや、この場合は「乗り物」の方がしっくりくるな(笑)──をミニカー化したシリーズ3種のうち、『となりのトトロ』の冒頭、草壁家の引越しに使っていたオート三輪と、父親が通勤に使っていたボンネットバスをGet。
どちらも作中のレトロな雰囲気と柔らかいディフォルメ具合が再現されててイイ感じ。
しかもオート三輪は、荷物の間からサツキとメイが顔を出していたりする芸コマさも楽しい♪
ただ、コスト的には適正だと思うものの、子どもに買い与えるには値段がちょっとねぇ…。
まぁ、“リミテッド”だから、あくまでも対象は大きなお友達向けなんだろうけど(現に対象年齢は15歳以上)。

アルミ筐体iMacにCore 2 Duo搭載Mac mini。でも、気になるのは…

「Apple発表会現地速報」(PC Watch)

アルミ筐体の新iMacかっこええなぁ。
やっとCore 2 Duoを搭載したMac miniもいよいよ買い時な気もするし。
でも、今回の発表で一番心魅かれるのは何といっても新しいApple Keyboardだなぁ。タッチが気に入ったら即買いだね。

仮面ライダー電王とほしのあきのビミョウな距離感

「ほしのあき『子供と一緒に見たい』 劇場版公開」(まんたんウェブ)

へー、ほしのあきって電王の劇場版に出演してたんだ。
なのに、ほしのも電王も来場した8耐ではなんのプロモーションも無し?
なんか、不自然なハナシだなぁ。

「B・ロッシ」って誰だよ? J SPORTS

DTM 第6戦 ムジェロの中継で、マックス・ビアッジがゲストでやってきてDTMマシーンをドライヴする模様が報じられていて、原語のナレーションで2輪のライダーが4輪をドライヴする例としてロッシの名前も出してたんだけど、アテられてた字幕は「B・ロッシ」…。
いや、普通の番組ならそんな目くじら立てないんだけど、モータースポーツ番組でやっちゃいかんだろう、このポカは。

#しかし、ハッキネン以外の全車が一斉にピットロードに殺到するシーンには笑った。

8耐の次は日本GP! がんばれ日本人ライダー!!

MotoGPフル参戦ライダー7人の写真

G+でMotoGPの中継している関係で、汐留の日テレタワー内にあるゼロスタ広場で《MotoGP 日本人ライダー壮行会》が開催されたのを見物してきた。
今年各メイカーからフル参戦している7人のライダー(中野王子/玉やん/青山兄弟/高橋裕紀/関口太郎/コヤマックス)に加え、8耐を制し、日本GPへのスポット参戦が決まった秋吉耕佑を加え、日テレのアナウンサーの司会で今シーズンを振り返ったり、もてぎの見所(みんなボケ過ぎ(笑))、日本GPへの意気込みを聞いた後、サイン入りポスター2枚をかけたジャンケン大会というオーソドックスな流れの約1時間。
メイカー単位の壮行会はたびたびあるけど、こんな風に日本人参戦ライダーを一同に集めることが出来るというのは、やはりテレビ局のチカラはさすがやなぁ。
ただ、せっかくこんなイヴェントを開催したのに、展示されてたGPマシーンを、壮行会が終わった途端撤収しちゃうあたりに詰めの甘さ(?)を感じちゃうんだよね〜。
どうせなら、SHIODOMEジャンボリーに常設展を設けるくらいのことをしてもええんちゃう? 日テレさんよ。

週間検索通信(2007年8月3日号)

[2007年8月2日]
「プジョー206WRC」
#206WRCは、スケール/メイカー色々取りそろえていますが、いかんせん英語ラベリングですのでヒットしなかったでしょうね…。

[2007年7月31日]
「S2000」
#近年のホンダ車としては激しく萌えたので色々コレクションしております。参考になりましたでしょうか?

「京商」
#意外と持っていないので期待外れでしたでしょうね。申し訳ないです。

[2007年7月24日]
「燃える男」「クィネル」
#『燃える男』の人気は根強いですね〜、レヴュウが無くて申し訳ないです…。

「マーチ」
#クルマのマーチかな? トミカくらいしかありませんねー。あ、それともシャシー屋のマーチのことかな?

[2007年7月18日]
「横溝」
#ドライヴァーの横溝直樹か、はたまた作家の横溝正史か、いずれにしてもお役に立てる情報が無くて申し訳ないです。

[2007年6月30日]
「杉村陽子」
#姫の画像がほとんど無くてすみません〜m(_ _)m。

今どき往復はがきで応募かよ

「『装甲騎兵ボトムズ ペールゼン・ファイルズ』完成試写会開催決定!!!」(ボトムズWeb)

わざわざ往復はがきで応募させるってのは、ディジタルディバイドへの 配慮なんかね?

#ところではがきをスキャンして記入例に使っても大丈夫なんか?

ミニカー購入記(2007年8月2日号)

・hpi-racing 1/43 #8 ランチアデルタS4('86 WRC)
Yahoo! オークションで3,400円(+2台分送料550円)で落札。
hpiから037ラリーに続いて伝説のグループBラリーカー、デルタS4が登場。
S4と言えば当然トイボネン車を狙いたいところだけど、既にイクソ版を買ってしまっているため、86年のサンレモで1-2フィニッシュを決めた(ものの、プジョーの陰謀(^_^;)によりポイントがノーカウントになってしまった)際に2位に入った、Totipカラーのダリオ・チェラート車をチョイス。
デビュウシーズンにして1-2フィニッシュを飾った'85 RAC仕様を待つというのも一つの手だし、幻のチャンピオン、マルク・アレン車も歴史的に押さえておきたいエピソードの持ち主の上、ライトポッド付きということもあって食指が動いたんだけど、今回も見た目のバリエイション感を優先してTotipカラーを押さえた次第。

・Spark Model 1/43 #6 リスターストームLMP ハイブリッド('06 ル マン)
Yahoo! オークションで3,750で落札。
現代のスポーツカーメイカー随一の珍妙なデザインで我々の目を楽しませてくれるリスターが、06年のル マンに送り込んできたハイブリッド仕様のLMPカーを、ヤフオクでお安く出品されていたのでGet。
例によって完走すら果たしていないクルマだけど、何を考えて付けたか推測不能なフロントのコブ(?)のせいで、ますますバットモービルライクになったこの珍妙なデザインを見ると、ついつい手を出してしまうのだな。これが(笑)。

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »