2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ブログパーツ

無料ブログはココログ

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月

フジにとっちゃエクレストンよりJRAの方が怖いのか(笑)

本日の富士スピードウェイで行われたF1。2時間ルール(なんて、いかにもテレビ向けのルールがあるのを、F1オンチのオイラは初めて知っただよ)のおかげで、放送時間をギリギリまで延長することでゴールまでは中継出来たものの、競馬中継(スプリンターズステークス)に切り替えるため、表彰式はおろか公式結果すら伝えられないままブツ切りにされるという、F1ファンの人にとっちゃ恐らく噴飯物であろう形態に。
やっぱ、農水省の天下り先の番組をないがしろにすると、あとが怖いのかねぇ?(笑)

ミニカー購入記(2007年9月29日号)

・スパークモデル 1/43 #203 ポルシェ961('87 ル マン)
アート・ミニカーGINZAで5,040円で購入。
83年にポルシェが発表したプロトタイプ“グルッペB”をベイスにしたグループBマシーンである959で86年のパリ・ダカを制覇していながら、グループBというカテゴリィ自体が消滅してしまったため、961と名前を変えて同年のル マンにIMSA-GTXクラスで挑戦。初挑戦ながら見事クラス優勝をもぎとり、翌年の87年には962Cと共にロスマンズカラーをまとって(86年はストック状態のような真っ白)サルテに現れたものの、残念ながらリタイヤしてしまった961がスパークモデルから登場。例によってロスマンズデカールは別添付。
グループBらしい、ムキムキのマッチョボディがカッコイイ♪

・CM'S ラリーカーコレクション SS.14 日産編 ダットサンバイオレットGT('81 コート・ジボワール)
・CM'S ラリーカーコレクション SS.14 日産編 日産200SX('88 サファリ)
・CM'S ラリーカーコレクション SS.14 日産編 日産パルサーGTi-R('91 アクロポリス)
アイアイアド・カンパニーでバイオレットGT・200SX:700円、パルサーGTi-R:500円で購入。
CM'sのラリーカーコレクションももう14弾。
こんなにシリーズが続くとは思っていなかったので、最近はボックス買いする熱意が沸かず、アイアイアドで開封品を狙ってるんだけど、ちょっと出遅れてしまったので240RSが売れちゃっていて、バイオレットと200SXとパルサーGTi-Rの3台のみ確保。
時々造形的なハズレはあるものの、だいぶ品質も安定してきて安心して買えるようになってきたかな? 今回の日産車は、どれも細部までシャープな造形でなかなかのデキだし。
240RSをハズすわけにはいかないから、ミスタークラフトかアキバあたりのレンタルショウケースで探すか。

ヨシムラ 8耐優勝記念グッズ第2弾登場!

<2007鈴鹿8時間耐久ロードレース優勝記念グッズ第2弾>(ヨシムラ)

第2弾キタコレ!(゜∀゜)
でも、スプロケ時計かぁ。ちょっと惹かれないなぁ。
AFAM製とはいえ、2マン出して欲しいほどのアイテムぢゃないねぇ。

レプリカモデルに血が騒ぐお年頃

「カワサキ、海外向け2008年モデルを追加発表」(マイコミジャーナル)

おー、Ninja 250Rカッコイイじゃ〜ん!(°∀°)
このクラスのレプリカなんて何年ぶり?
でも、これは海外向けのラインナップだから、たぶん日本には入ってこないんだろうね。
おっちゃんなんか、レーサーレプリカ世代だから、いまだにこーゆーの見るとワクワクしちゃうんだけど、イマドキの若い子はレプリカなんかにゃトキメかないのかねぇ?(おっさん臭っ)

今度はオープン特集。京商のフェラーリミニカーコレクション

<Ferrari Minicar Collection 5>(京商)

えー、またフェラーリ?
正直、もうフェラーリネタはお腹いっぱいだヨー。

森口博子はいつ宗旨替えしたんだ?

「古谷徹さんが登場すれば森口博子さんも熱唱そして新作2タイトルも公開——バンダイナムコゲームス/バンプレストブース」(ITmedia)

“不思議なもので、自分の節目にガンダムが関係しているんです。デビュー曲はZガンダムですし、紅白歌合戦に出場したのはF91の主題歌。ガンダムがなかったらいまのわたしはいないですね”

ほぉ。だいぶ前だけど、なんかのヴァラエティ番組で、「私なんかデビュー曲ガンダムなんですよ〜」と、まるでそれが恥かのような発言をしていたヤツにしちゃ、えらい心境の変化があったもんだね(笑)。

モータースポーツジャパン2007に感じたそこはかとない懸念

モータースポーツジャパン2007でのル マンカー展示エリアの写真

今年も開催された《モータスポーツジャパン》。昨日のMotoGP 日本グランプリ疲れ(観戦疲れとゆーよりは帰り渋滞疲れだけど(笑))が残り、天気も昨日に引き続き天気が冴えないのを押して見物に。
今年は、走行エリアに少数ながら有料の観覧席を用意したり、飲食の物販を始めたりと、観客の利便性向上に努めている姿勢が伺えたし、何と言っても、公道でのレースカーのパレード(初日なので見れなかったけど)を実現するなど、関係者のイヴェントを盛り上げていきたいという姿勢がカタチになって現れていることは素直に評価出来ると思う。
まぁ、バイクファン的には相変わらずバイクレースを華麗にスルー(今年もDyDo MIU レーシングがブースを出して、高橋江紀とGP明けの渡辺一馬が来てたりはしてたけど)してるのが業腹なんだけど、それは措いたとしても、展示内容に違和感というか懸念を覚えることが少々。
去年は「F1」「ラリー」といったテーマ別のパビリオン形式だったんだけど、今年は大まかにエリア分けされて、クルマ個別の説明プレイトはあるものの、そのカテゴリィを体系的に説明するようなパネルは皆無。これは初心者にはいささか不親切では?
それに展示車両が去年と大差無いってのがどうも…。
そりゃ、歴史的価値があったり記録を残したクルマが限られてるってのはしょうがないんだけど、例えばル マン車がR390GT1が'98から'97に変わっただけで、あとは全く一緒(787B、NSX GT 95、R85V“Amada”)ってのはどうなの? と。
展示するだけなら別に動態保存してあるクルマである必要ないんだから、もっと色々ヴァラエティ豊かな展示をして欲しいってのはワガママなんだろうか?
こうなると、実は静態保存はおろか、スクラップになっちゃってるのがほとんどなの? とか疑いたくなっちゃうよなぁ。
あと、レースカーのコックピット乗車体験は確かにお子様向けには良いサーヴィスだと思うけど、もっとメカにも興味を持ってもらえるよう、展示車両のエンジンをかけるとか、かけるのが無理ならせめてエンジンを見せるとかの工夫もあっていいと思う。
スーパーアドバイザーのマッチは、「ドライヴァーのカッコ良さに憧れてレーサーを目指す子供が増えれば嬉しい」って言ってたけど、「レースカーを作る人になりたい」って人材を発掘する必要だってあるわけだし。
既に手狭になってしまった会場問題を初めとして、まだまだやるべきことは色々あると思うけど、期待してるだけに、一歩一歩でも進化していって根付いていって欲しいな。
なんたって、こんなメイカーの枠を超えたモータースポーツイヴェントをタダでやってるってのはスゴイことなんだしね(^-^)。

エブロからタイサン962C&F40メモリアルセット発売決定!

タイサンスターカード962Cの写真

今年も開催された《モータースポーツジャパン2007》に出店していたエブロブースをチェックすると、ブース内にタイサンの962Cが展示されていたので、「おっ、タイサンの962C出るんだ♪」と近づいてみると、ボンネットの上にタイサンスターカードの962CとF40がセットになったパッケイジのサンプルが!(゜∀゜)
なんとタイサン特注で、GT 100戦記念として94年に参戦した962CとF40の2台セットが企画されてるとのこと。
チラシではエブロ製と謳ってるものの、そばにいた社長さんに聞いてみると、案の定F40はレッドライン、962Cはスパーク製と、エブロオリジナルでは無いものの、これはなかなかツボを突いたナイス企画。
2台セットで18,000円とお値段は張るけど、いまのところ962Cを単品で売る予定は無い(ブースのスタッフ談)とのことだったし、タイサンの通販を利用して購入すると、94・95年のGTでの活躍をまとめた50分もののDVDが付いてくるそうなので、GTファン必携アイテムではなかろうか?

タイサン特注962C&F40セットのサンプルの写真

ミニカー購入記(2007年9月24日号)

・スズキ特注チョロQ スズキスイフト スーパー1600('05 JWRC)
モータースポーツジャパン2007のスズキブースで500円で購入。
なんだかお目にかかる機会が無くて存在を知らなかったスイフト スーパー1600のチョロQが、スズキブースで500円で投げ売り(定価は1,200円だったらしい)されてたのでお買いあげ。
もともとスイフトはチョロQ向きな寸詰まりフォルムなので、実にかわいくまとまっててナイス♪
トミカもせっかくスイフトをモデル化したんだから、JWRC仕様出せばいいのに。

・CM's 1/64 #7 スバルインプレッサWRC 2007('07 WRC)
・CM's 1/64 三菱ランサーWRC04 #9('04 WRC)
モータースポーツジャパン2007のCM'sブースで各1,000円で購入。
すっかり定番になった感のある、CM'sのラリーカーコレクションのイヴェント限定品として、デビュウ戦となったラリーメキシコ仕様のインプレッサWRC 2007と、ランサーWRC04のモンテ仕様が登場。
特定のイヴェントで同時に売る限定品なのに、ナゼかインプレッサが通常通りのブラインドボックスで、ランサーWRCは窓付きの紙パッケイジって違いがあるのが意味不明。なのでスタッフにグチっておいた(笑)。

・KBモデル(国際貿易特注ミニマックス) 1/43 マツダRX-7 252i 377('79 ル マン)
モータースポーツジャパン2007のミニカーショップコジマブースで4,800円で購入。
広島本社からの支援もなく、マツダオート東京独自の活動としてRX-7ベイスのシルエットフォーミュラでル マンに挑んだものの、生沢 徹は食あたりでまともにタイムアタックが出来ず、ロータリィエンジンに慣れていないクロード・ブシェがエンジンをブン回してしまったため、寺田陽次郎がアタックに入った途端エンジンが壊れて屈辱の予選落ちになってしまったという曰く付きのマシーンだけど、ボンネットに日の丸を大胆にあしらったカラーリングが印象的だし、事実上マツダ車として初のル マン参戦車両なので押さえようと思っていたものの、ポイント目当てでヨドバシに入荷するのを待っていたら、このRX-7に限って入荷せず終いの上、そうこうしているうちに割り引き店の在庫も捌けてしまったため静観していた252iが、モータスポーツジャパンに出店していたミニカーショップコジマのブースで20%オフになってたので確保。

ミニカー購入記(2007年9月22日号)

・イクソ 1/43 #61 フェラーリ550マラネロ('05 ル マン)
・イクソ 1/43 #64 コルヴェットC6-R('06 ル マン)
アート・ミニカーGINZAで各3,192円で購入。
マラネロは、ようやくイクソから待望のダイキャスト製が登場。
バリ展開が読めないし、ブルーベイスのカラーリングがカッコ良かったこともあり、選り好みせずファーストリリースのサーテック・モータースポーツ/ロシアン・エイジ・レイシングの61号車を確保。
レッドラインに比べれば、エッジがやや眠いけど、全体的なフォルムは良く捉えてるかな。
C6-Rは、前年に続いてライヴァルDBR9を打ち破り、3年連続でGT1クラス優勝、総合でも4位に入った64号車が登場。
ボディカラーが、今までの赤みが強い黄色からレモンイエロゥ寄りの黄色になってるけど、実車もこんな色なんかしら?
それにしてもこのクラスは、スパーク、イクソと実力が拮抗しているメイカーをローテイションで揃えられて楽しいなぁ。
コルヴェットはミニチャンプスからずっと出てたのに最近はすっかりお見限り。もう、ル マンに関してはドイツ車しかフォローしないのかね? あそこは。

そうか、もう東京モーターショーの季節なんだ

「ホンダ、東京モーターショー出展の二輪車を公開」(マイコミジャーナル)

CB1100Rカコ(・∀・)イイ!
750でこんなのが市販されたらトチ狂って買ってしまいそうだ。

#記事初出時に、CB1100Fの写真がCB1100Rになっちゃってたのは突っ込まないでおいてあげよう(笑)。

笑顔=良い写真ってもんでも無いと思うが…

「ソニー、「スマイルシャッター」のサイバーショット、CMなどを公開」(デジカメWatch)

これって、被写体が複数人いる時はどう処理するんだろ?
みんなの笑いが揃う前にシャッターが切れちゃったり、逆にあちこちで笑うたんびにシャッターが切れたりしないのかな?
第一、必ずしも笑ってりゃ良いポートレイトってもんでもないしねぇ。
確かに技術的にはすごいと思うけど、なんか最近のソニーって、技術の使いどころを間違ってるような気がするなぁ。RollyとかRollyとかRollyとか(笑)。

さすがに1D系は貸さないか(笑)

「キヤノン、F1日本GPでデジタル一眼の貸出サービス」(デジカメWatch)

あー、いいな〜。
EOS 40Dを、EF 70-200mm F4 L IS USMかEF 300mm F4 L IS USMの組み合わせで使ってみた〜い。
MotoGPの日本GPでもやっておくれよう(´・ω・`)。

#前にどっかのサーキットでカメラ(レンズ?)貸し出しを見かけた覚えがあるけど、ありゃGTだったか?

WTCCを開催する以上、ぜひ日本メイカーも参戦を!

「WTCC、ついに日本上陸! 来秋岡山で開催へ」(AUTOSPORT web)

おお、あのど突き合い(笑)が日本でもナマで見られるのか!
スポットで日本人ドライヴァーも参戦すると盛り上がるのにね。
つっても、さすがに岡山までは行く気がしないなぁ(^_^;)。

MotoGP lands in Tokyoでイヴェント屋の仕切りがとことんお粗末だった件について

本日新宿ステーションスクエアで開催された《MotoGP lands in Tokyo》
まー、イヴェント屋仕切りとは思えないほど手際が悪くてハラが立つことばかり。
開演1時間前に、並んでいた人をステイジ前のスペイスに移動させようとしたんだけど、特に整列させて捌く手筈も取らずに整理券を配りながら入れようとするもんだから、当然のように整理券を求めて人が殺到。パニック寸前になったので慌てて配布を一旦停止。
改めてステイジ前を通過させてステージ後ろに廻すようにしたんだけど、早くから並んでいたにも関わらず好位置を捨てることになる人続出で当然不満噴出。
それでも謝罪ひとつせず(非を認めるとなんか不都合があるんだな。ありゃ)、むしろ「混乱が起きるとイベント中止になりなねない」をタテに協力を強要(別に脅し口調ではないが、ありゃ、事実上の強要)するもんだから、会場のそちこちからヤジが飛ぶ険悪な雰囲気に。
事前に整理券配っといて、番号順に入れてりゃこんな混乱起きないのに、ホント、アタマ悪いイヴェント屋もいたもんだ(ロケイションは全然違うけど、つい先日行った、『ペールゼン・ファイルズ』の試写会での入場は、その手法で実に整然と入場させてた)。
それでも最終的には暴力沙汰一つ起きずに済むんだから、日本人って行儀いいっつーか、おとなしいよなぁ。これが外国だったら間違いなく暴動起きてるよ。
で、結局人が多くなりすぎて流れが止まってしまい、その方法でも整理券が捌けないので、スタッフが混雑をかきわけて配布するハメに。
それでもなんとかイヴェントが始まってみれば、抽選会ではMCの日テレアナとアシスタントのもてぎエンジェルに進行を任せっきりで、当選番号券の確保や番号の照合を、MCが「お願いしま〜す」と言い出すまで放置だし(この時ばかりは日テレのアナウンサーをかわいそうに思っただよ)、サイン会では色紙が足りなくなるという不手際まで。イヴェント屋が噛んでてこのテイタラクぶりは一体何なの?
ま、こんなところでやったら混乱が起きるであろうとシロウトでも想定出来る小屋(「小屋」じゃないか)をチョイスするセンスからしてダメダメだったワケだけど、もし、自分がイヴェントを開催する立場になっても(んなこと一生無いけど)、このシミズオクトってイヴェント屋だけは絶〜っ対使わないね、うん。

競艇場でノブ&治ちゃんがトークショウ!?

「イベント&ファンサービス」(平和島競艇)

◆トーキョーベイパイレーツトークライブ Vol.1 池田雷太選手&阿波勝哉選手
(1)時間:第4レース発売中
  場所:スタンド4階指定席
(2)時間:第6・7レース発売中
  場所:イベント広場ステージ
  ゲスト:青木兄弟(モトGPライダー青木宣篤氏&オートレース青木治親選手)
(太字強調ブログ主)

オートレース場ならともかく、ナゼに競艇場でこの二人がトークショウを???
もしかしたら選手同士が個人的に親交があったりするのかな?
「Hondaレースクイーン撮影会」ってのも脈絡なくていいわー(笑)

#つーか、ホンダのRQって、どこのティームになるわけ? ホンダドリームRTとか?

コリン・マクレーがヘリで事故死

「ヘリ事故の遺体を警察が断定 1995年WRC王者コリン・マクレー、死す」(AUTOSPORT web)

嗚呼、またもやスバルの元WRCチャンピオンが、天寿を全うすることなく鬼籍に入ってしまうとは・・・(T_T)。合掌。

#記事中で触れている“Xゲームズ・ラリー”をたまたまCSで見て、その健在ぶりに「相変わらずだなぁ」とか笑わせてもらってたのに…。

1年半前の自分に聞きたい

ハードディスクがパンパンになってきたので、撮影会で撮ったデータをバックアップしようと思い、以前、Adobe Bridge上で付けたレイティングが一部クリアされてしまっていた、なんてこともあったので、念のため古いデータをチェックしてみると、やはり何のハズミかクリアされてしまっているデータが膨大に…。
このままじゃキモチ悪いので、再度レイティング付けし直すという辛気くさい作業をヒマを見てはチマチマやってるんだけど、初期の頃のデータを見ると、ナゼかドピンボケや半目・目をつぶっちゃってるカットがぞろぞろ出てくる。
少なくとも今はこの手のNGカットは問答無用で捨ててるんだけど、何で当時取っておこうと思ったか皆目見当がつかない(^_^;)。
なんだろ? カネ払って撮ったもんだから、NGカットと言えどももったいないとか考えたんだろうか?
それとも何かしら反面教師というか参考にでもなると思ってたのかな?
頼む教えてくれ、当時のオレ(笑)。

ソフマップ本店に“近未来”は感じなかったが…

「『ソフマップ秋葉原本館』が6日に開店〜ソフマップタウンの旗艦店内を事前公開」(PC Watch)

今日、アキバに用があったから寄ってみたけど、期待してたホビーコーナーなんて、品揃えは超中途ハンパだし、値段はヨドバシに負けてるしで、オイラにとっちゃなぁんも魅力を感じ無い店だったなー。
デジカメフロアで、APOじゃない方のシグマ 70-300mm F4-5.6 DG MACROを15,800円で「限定特価!」とか言われてもねぇ。ヨドバシならフツウに15,800円で売ってるっつーの。
とゆーワケで、よほどのお買い得品でも無い限りもう行かないな。
品揃えの中途半端さは全フロアに共通してたから、これで長期的に人が呼び込めるかはいささかギモンだなぁ。

何だよ、ハンドルでの応募OKだったのか

そうと分かってりゃハンドルも書いといたのにな〜(・A・)。
リアルネーム晒すことになるから、恥ずかしくてネタに出来ないぢゃないか(-_-#)。
ホント、不親切な応募要項だったなぁ。>JOMO

ヨシムラ 8耐優勝記念グッズ第1弾登場!

<2007鈴鹿8時間耐久ロードレース 優勝記念グッズ第1弾!!>(ヨシムラ)

優勝記念グッズキタ━━━━━━(゜∀゜)━━━━━━ !!!!

とりあえずTシャツをポチっとな。
第2弾も楽しみー(^ω^)。

#Tシャツのデザイン、ちょっとシンプル過ぎるなぁ。もうちょっと凝ってても良かったのに。

ミニカー購入記(2007年9月8日号)

・シュコー 1/87 プジョー307WRC('04 WRC)
アート・ミニカーGINZAで1,134円で購入。
シュコーHOエディションに307WRCが登場。3年前の車両だけど、なんだか、もう懐かしい感じがするなぁ(^_^;)。
フロントがぼってりしちゃってるので、正面から見るとちょっと似てないけど、全体的な雰囲気は、このスケールにしては良く捉えてる方かな。

VFRがケモノ臭いお(´・ω・`)

先週、人様の愛車をソファー代わりにしてたネコ、どうやらVFRを自分の寝床と心得違いをし始めたようで、今日もカヴァーを外したらいやがった(今日は運転席側にいたから、めくるまでいるのに気付かずビックリした(´Д`;))。
しかも、バイクの上で移動しまくったらしく、シートには細かい引っ掻き傷がいくつも付いてるし、トップブリッジにまで毛が付いていた上、粗そう(マーキングかも)までしされていてシートカウルが汚れてる・・・(-_-#)。
こうなると、ネコに対して格段愛情深いとは言えないワタシとしては、徹底抗戦の構えを取らざるを得ない。
今度見つけたら目にもの見せてくれる。

週間検索通信(2007年9月7日号)

[2007年9月5日]
「クレムリンの密書」「シャドウボクサー」
#どちらも未読です〜。

[2007年9月2日]
「ゴダード」「ロバート・ゴダード」「ロバート」「ロバート・ゴダ」「ロバート・ゴダート」
#手を変え品を変え検索して頂きましたが未読のため徒労に終わらせてしまいましたね。申し訳ないですm(_ _)m。

[2007年8月31日]
「エクソン接収」
#これまた未読ですー。

[2007年8月26日]
「BOEING777−300」「BOEING777−300 AND モデル」
#飛行機のダイキャストモデルは、ポケモンジェットとスヌーピージャンボの747くらいしか持ってません。

「Arnage」
#一通りコレクションしてますが、今後ビザール製が出たら、どんどんリプレイスしていっちゃいます。

[2007年8月19日]
「チェルシー連続殺人事件」「パナマの仕立屋」
#どちらも読んでおりませぬ〜。って、ナゼ読んで無い本ばかり検索されるんだろ?(つД`)

[2007年8月18日]
「trains」
#これは何をお探しだったか推測出来ないキィワードですね。

[2007年8月17日]
「ドラえもん」
#ごめんなさい、ドラちゃんには興味無いですー。

「フランクリンミント」
#フランクリンミントのミニカーは持ってませんです。ハイ。

ミニカー購入記(2007年9月7日号)

・新世紀合金 1/12 パワーローダー(『エイリアン2』)
ヨドバシカメラ マルチメディアAkibaで15,870円で購入。
映画『エイリアン2』のクライマックスでリプリーがエイリアンクイーンと対決する際に乗り込んだパワーローダーが新世紀合金から登場。
車輪が付いてないヴィークルをこのコーナーで採り上げるのはちょっとためらったんだけど、ドロップシップやAPCと同じノリで買ってるし、一応建機みたいなもんだからいいかと(笑)。
こういうヴィークルは、ウェザリング仕様の方がそれっぽいので限定仕様の方も惹かれたんだけど、ニュートを助け出しに行く際にガムテで無造作に固定したのがカッコ良かった、M41パルスライフルと火炎放射器の方が欲しかったし、ドロップシップもウェザリング無しだので、統一感の観点からも通常版を購入。
実は仕上げだけじゃなく、機番も違う(通常版が4番で限定版が2番)ことを某有名レヴュウサイトの記事で知ったんだけど、ビショップのデキの悪さ加減(スケールが違うなんて論外だよね)を見ると、リプリーがクイーンと戦った2番機じゃなかったとゆー残念感より、武器の方がトータルな満足度では勝ってるかな。
箱のデカさの割には中身が詰まってないので軽いけど、なんでこんなにムダに場所取るパッケイジングにしたかなぁ。

ロッシのサインを貰えるチャンス到来!?

「MotoGPライダーが新宿に参上!〜MotoGP lands in Tokyo〜」(ツインリンクもてぎ)

先日ネタにした《MotoGP lands in Tokyo》の概要がもてぎMotoGPサイトで公表されてたけど。

“今シーズンの映像を見ながら、トークショーやMotoGPマシンを展示。”

うん、うん、定番だね。

“サイン会も予定”

・・・(゜д゜)
・・・(つд⊂)ゴシゴシ。
・・・(゜д゜;)

正 気 か !? Σ(゜Д゜|||)

#しかし、イヴェントは17時からか…朝から並びっぱなしじゃないとダメなのかなぁ。

サンディスクとドカがコラボ?

「サンディスク、45MB/秒の高速CF『Ducati Edition』を国内発売」(デジカメWatch)

CFカードのラベルにデスモセディチがプリントされてるよ、おい(゜Д゜;)。
そのうちストーナーレプリカとかカピロッシレプリカとか出るのかっ!?(たぶん出ない)
それともアキバのどっかの店にデスモセディチが展示されるとか?(゜∀゜)(それも無い)

iPod07秋のモデルチェンジ

「電話抜きiPhoneの『touch』、動画『nano』、大容量HDD『classic』——iPodが全ラインアップを改訂(ITmedia)

nano、随分ずんぐりむっくりでカッコ悪くなっちゃったなぁ(´・ω・`)。
nanoサイズのiPodに動画再生機能は求めてないし、デザイン的には現行機の方が圧倒的に好きだから、今のうちに押さえておこうかな(だから「押さえる」って発想はよせというのに)。

スズキも薄情だなぁ

「沼田憲保がテスト中のアクシデントで逝く」(MFJ SUPERBIKE)

同時代を走ってた大ちゃんや宇川のような華やかさはなかったけど、ガッツ溢れる走りが印象的だった記憶が。合掌。

それにしても、かつて全日本のGP250クラスで2連覇を達成してくれたんだから、お悔やみリリースくらい出したって良さそうなもんだ(・A・)。>スズキ

#後からワールドスーパーバイク ドイツラウンドの結果の中で、思い出したように触れてるけど、そういうもんか?

どうせ手榴弾型目覚まし時計を作るなら…

「投げて止める手榴弾型目覚まし時計」(ITmedia)

「ピンを外すとアラームセットで、戻さないと鳴りやまない」って方が臨場感が増して良くないか?(臨場感って何だよ)

#あー、ケータイ用の黒電話型受話器を出したトコロね。このメイカー、ちょっと注目株かも。

MotoGP Lands in Tokyoとはなんぞや?

MotoGPのサンマリノGPの中継で、《MotoGP Lands in Tokyo》なるイヴェントの告知がしれっとテロップで出ていた。
9月19日(平日かよ(´Д`;))に新宿ステーションスクウェア(新宿駅東口駅前ロータリー内の広場)でストーナーやロッシ(!?)などのライダーを招いてやるらしいけど、motogp.comにも、もてぎMotoGPサイトにも情報が載ってないので詳細が全く分からない…。
とりあえず休みが取れたら行ってみるつもりだけど、あんな狭いところでMotoGPのイヴェントやるなんて、国が国なら暴動が起きるぞ(笑)。

やっぱ、日暮里駅のホンモノも見に行かなきゃだね

佐藤修悦作品展の写真しばらく前にネットで話題になった“修悦体”の作品展の模様をデイリーポータルZが紹介していて、会場で売ってるライターが激しくカッコイイので、これはゼヒGetせねばと高円寺へ。
やはりライターは人気があったのか残念ながら売り切れていたので、缶バッジ(300円)と作品集の豆本(600円)を買って帰ってくる(実は8時から佐藤さんの実演があるそうなのだが、そんな時間まで待ったり、改めて来る根性は無いので残念ながらパス)。
ライターは再販の予定もしてるので、欲しい場合はネットをチェックしてくれとのこと。
でも、通販はお買いあげ金額1000円以上だから、こうやってリアル店舗で手に入る機会がまたあるといいんだけどね。

専門学校がこの辺にあったこともあり、学生時代はちょくちょく足を伸ばしていたけど、卒業してからぱったり脚が途絶えてしまったので、高円寺を訪れたのは十何年かぶり。
でも、全然雰囲気が変わっていないので、なんだか専門学校時代のキブンが甦って、すごい新鮮な感覚を味わえた1日でおました。

ミニカー購入記(2007年9月2日号)

・KBモデル/スパークモデル 1/43 #49 ポルシェ962C('91 ル マン)
まんだらけ 大車輪で3,675円で購入。
スパーク製のショートテイル962Cも、リーズナブルに手に入るなら1台抑えたいなぁ、と思っていたところ、修悦体の展示会を見に高円寺に行ったついでに中野のブロードウェイに寄ってブラブラしていたところ、まんだらけのミニカー専門店の<大車輪>で、日石カラーのショートテイル(リタイヤ)が4割り引きになっているのを見つけたので確保。

#しかしミニカー専門店でクラージュを「カレッジ」って記載しちゃうのは恥ずかしいぞ。

ネコって、何でバイクのシートが好きなんだろ?

出かけるため家のバイク置き場にバイクを出しに行くと、カヴァーがめくれ上がって、普通隠れているマフラーが見えてしまっている。
「あれ? そんな強い風でも吹いたっけ?」と思いつつさらに近づくと、タンデムシートのところがもっこりと不自然に盛り上がってる。
バイク置き場のフェンスの鍵が開いてたこともあり、一瞬イタズラで何かを突っ込まれたのかと思ったけど、「さては…」と思ってシートの上からもっこりをつついてみると、柔らかい感触とススッと移動する何かが…。
「やっぱり」と思ってシートをめくってみると、シートの下でネコさんがメンチ切ってる(タチバガ逆ダロ(´Д`;))。
しかしこのネコさん、なかなか肝が据わっていて、ちょっと突かれたり人間に見つかったくらいではどこうとしないのでカヴァーを外しにかかると、渋々と言った感じでようやく立ち退いてくれる。
時々シートにネコの毛が付いてることはあったけど、現行犯(笑)を捕まえたのはこれが初めて。
やっぱ、適度なクッションとカヴァーで狭くなってるバイクのシートって、ネコにとっては抜群の和み空間なのかな?(^_^;)

さて、JOMOのフォトコンの入選景品は…

当選した2007 JOMO 8耐レースクイーンのサインの写真今朝、平日に届いていたので再配達を依頼していたミニカーと一緒に、JOMOからフォトコン入選のプレゼント商品が届く。
薄い封筒だったので開ける前から予想はついたけど、案の定、レースクイーンのサイン色紙だったヨー○| ̄|_。
まぁ、レースクイーンの写真で応募すりゃ、そりゃサインの方が欲しいと想定するのが人情ってもんだわな。
でもさー、せめてプレゼントのコースを選ばせてくれるとかはして欲しかったなぁ。

ミニカー購入記(2007年9月1日号)

・ミニチャンプス 1/43 #6 ウィリアムズホンダFW11B('87 F1)
mamboxの通販で3,680円(+2台分の送料600円)
ミニチャンプスから、'87シーズンをマンセル/ピケのコンビで戦い、ホンダに初のコンストラクター・ドライヴァーのダブルタイトルをもたらしたウィリアムズのF1マシーンFW11Bが登場。
FW10はマンセル車を買ったので、FW11Bに関しては、ステディな走りで着実にポイントを稼ぎ、自身3度目にして結果的には最後のチャンピオン獲得となってしまったピケ号をチョイス。

・ミニチャンプス 1/12 #6 ホンダRC211V('05 MotoGP)
mamboxの通販で5,700円
「ロッシと同じパッケイジで勝つ」ことにこだわり、ブリヂストンを採用するホンダ・ポンスから、かつて原田哲也も所属したことがあるJiR(ジャパン・イタリー・レーシング)に移籍してミシュランタイヤを選び、メインスポンサーには光学機器メイカーのコニカミノルタ(当時はまだカメラを作っていたので、パンピーにはカメラ/フィルム屋のイメージが強かったけど)を迎え、白地にブルーの配色の爽快なイメージも斬新なカラーリングを纏ったRC211Vで'05シーズンに挑んだ玉やん号がミニチャンプスから登場。
04年には2勝を挙げてトップライダーの仲間入りを果たしたと思ったものの、この年は日本GPに3位に入ったのが最高位で、ランキングも前年6位から大きく下げて11位に留まってという低迷ぶり。
シーズン前半のケガもあったとは言え、そんな急にライダーとしてのポテンシャルが下がるとも思えないし、今年玉やんに変わってJiRに移籍してきた中野王子の低迷ぶりを目の当たりにすると、ライダーのせいじゃなく、ティームのマネイジネント能力の方に問題があるんじゃないかと責任転嫁したくなってきちゃうよね(^_^;)。
ところで、今回ブログ主が買った個体、タイヤの油分が浮きまくってて、ブリスターパックのそちこちがヌルヌルしてたけど、ミニチャンの品質管理大丈夫か?

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »