2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ブログパーツ

無料ブログはココログ

« はみだしブックレビュー:『勝利のルール ル・マンを制した男 郷和道』 | トップページ | 週間検索通信(2007年10月26日号) »

4灯丸目テイルランプに思いを馳せてみる

「『日産GT-R』、怒涛の480psでデビュー」(WebCG) 11代目(V35)で4灯丸目テイルランプをやめた時は、あれが“スカイライン(少なくともケンメリ以降)の”アイデンティティだと(勝手に)思いこんでいたのですいぶんガッカリしたもんだけど、“スカイライン”の名を冠しない今回のGT-R(R35)には引き継ぐのね。 ってことは4灯丸目テイルランプってのは“GT-Rの”アイデンティティだったわけ? そんなことないよね? まぁ、V系とR系で役割を明確化して、よりホットなR系に「スカイライン≒GT-R=超高性能スポーツカー」としてのイメージ・血統を引き継ごうって意図なのかも知れないけど、一方でV系にも走りがウリのクーペもあるしなぁ…。 なんか、ブランド戦略に一貫性が無いように見えちゃうよね。 #しかし、GT-Rのマルチファンクションメーターがポリフォニー・デジタルデザインってのにはオドロイたね。

« はみだしブックレビュー:『勝利のルール ル・マンを制した男 郷和道』 | トップページ | 週間検索通信(2007年10月26日号) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16457/16877363

この記事へのトラックバック一覧です: 4灯丸目テイルランプに思いを馳せてみる:

« はみだしブックレビュー:『勝利のルール ル・マンを制した男 郷和道』 | トップページ | 週間検索通信(2007年10月26日号) »