2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ブログパーツ

無料ブログはココログ

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月

週間検索通信(2007年11月30日号)

[2007年11月23日]
「プジョー406クーペ」
#いやー、なんだか406クーペは定期的に検索されますね。にも関わらず日本語ラベリングじゃないためにヒットせずに申し訳ないです。

[2007年11月19日]
「12 AND years」「T AND Y AND O」
#んー、これは何を探してたのか見当が付きませんねー。

[2007年11月17日]
「以外」
#当サイトでこんなキィワードが検索されるのが以外です。

[2007年11月12日]
「DARK AND TOWER」「ダークタワー」
#『ダークタワー』は未読です〜。ってか、ホラーは苦手なので、キングが比較的ソフトな作品しか読んでおりませぬ。

[2007年11月10日]
「キャンギャル」
#お目当てのコは見つかりましたか〜?(このキィワードにはこれくらいしかコメントが思いつかなひ)

ミニカー購入記(2007年11月29日号)

・ローソン限定 SUPER GT MINIATURE MODEL 1/80 #23 ザナヴィ ニスモ Z('07 SUPER GT)
ローソンで240円で購入。
今朝、駅に向かう途中、念のため近所のローソンを覗いてみたら、商品の補充がされていてようやくザナヴィ発見! これでやっと3メイカーのエースが揃ったヨーヽ(´∀`)ノ。
てことで、昨日保険に買ったモチュール オーテックはお払い箱だな(むごい)。

ローソン限定 1/80 ザナヴィ ニスモ Zの写真

ところで、スターティンググリッドを模したコレクションケースもあるみたいだけど、これも全然見当たりませんな〜(´・ω・`)。

ミニカー購入記(2007年11月28日号)

・ローソン限定 SUPER GT MINIATURE MODEL 1/80 #22 モチュール オーテック Z('07 SUPER GT)
・ローソン限定 SUPER GT MINIATURE MODEL 1/80 #100 レイブリック NSX('07 SUPER GT)
ローソンで各240円で購入。
Z代表のザナヴィを求め、昨日地元で2軒、今日も出先でローソンをチェックしても見つからないため、万一23号車が手に入らなかった場合の保険として同じニスモの22号車を購入(その後23号車を入手したので22号車はお蔵入り)。
結局その後3軒チェックしたけど23号車の姿は杳として見あたらず。ナゼに本山車だけこんなに品薄なのか?(つД`)
で、レイブリックもお目にかかる率が低い気がするので、NSX制覇に乗り出した時の障害にならないよう、今のうちに念のため確保(笑)。

ローソン限定 1/80 モチュール オーテック Zと レイブリック NSXの写真

来シーズンのSBKは日本人だらけ

「来期について」(青山周平オフィシャルブログ)

へ〜、周平君もワールドスーパーバイクに行くんだ。
それじゃなに? ハガノリ、ユッキー、中冨君(は確定じゃないけど)らレギュラー陣に加えて、BSBから清成、WGPから玉やんと周平君が合流したら総勢6名? まるで全日本やん(笑)。

ミニカー購入記(2007年11月27日号)

・イワヤ スーパーサウンド ライトニング・マックイーン(『カーズ』)
トイザらスで1,499円で購入。
久しぶりにトイザらスを覗いてみたら、イワヤスーパーサウンドシリーズに『カーズ』の主人公ライトニング・マックイーンが加わっていたのでGet。
ノンスケールだけど、同社の他シリーズとだいたい同じヴォリュウム。タイヤで比較すると1/43の二回りくらい大きいスケール感。このくらいの手頃なマックイーンが欲しかったブログ主的にはジャストサイズ。
サウンドは、加速音、減速音、スキール音の3種類が収録されてるんだけど、「カッチャウ!」も入れて欲しかったところ。

それより、ローソン限定のS-GTミニカー、今日も2件ローソン巡ったけどXanaviが見つからないお(つД`)。

ミニカー購入記(2007年11月26日号)

・ローソン限定 SUPER GT MINIATURE MODEL 1/80 #1 宝山 TOM'S SC430('07 SUPER GT)
・ローソン限定 SUPER GT MINIATURE MODEL 1/80 #8 ARTA NSX('07 SUPER GT)
ローソンで各240円で購入。
ローソン限定で、指定ブランドのコーヒー2缶に1個SUPER GTマシーンが付いてくるキャンペインが27日からスタート。
念のため会社帰りに地元のローソンを覗いてみたらフライング売りしていたので購入。
各メイカーのエースティームのマシーンを買う予定だったのでザナヴィも買うつもりでいたんだけど、Zは23号車だけ並んでいなかったのでとりあえずSC430とNSXのみ押さえることに。
エブロの金型のデータを縮小したものをベイスにしているだけにプロポーションは良好だし、ヘッドライトは別パーツ(NSXはテイルライトも)、エアアウトレットなどもかなり細かくモールドが掘られていて密度感もなかなか。
う〜ん、エースティーム3台だけにしとこうかと思ったけど、ホンダ党としてはNSX勢を全ティーム揃えたくなっちゃったなぁ(^_^;)。

ローソン限定 1/80 宝山 TOM'S SC430とARTA NSXの写真

ミニカー購入記(2007年11月23日号)

・イクソ 1/43 #8 プジョー908 HDi FAP('07 ル マン)
アート・ミニカーGINZAで3,192円で購入。
05年一杯でWRC活動を停止して1年半、プジョースポールは新たな挑戦として、ディーゼルエンジンを搭載したクローズドボディの908 HDi FAPで14年ぶりにル マンへ復帰することを宣言。テストの意味合いも兼ねて07年のLMSへ参戦するや開幕戦モンツァで見事デヴュウウィンを果たし、続く第2戦バレンシアでも勝利を重ねた勢いを得て、耐久性が不安視されるなか本番のル マンに乗り込むことに。
雨に翻弄された予選で8号車(ペドロ・ラミー/ステファン・サラザン/セバスチャン・ブルデー組)がポールポジションを獲得するという幸先の良いスタートを切るものの、迎えた決勝では、オープニングラップでその8号車がコースアウトを喫してライヴァルアウディR10に先行を許してしまい、以降次々とトラブルが襲いかかりながらもスピードと経験、地力を活かして先行するアウディ勢を前に8号車は2位に甘んじ、元F1チャンピオン ジャック・ヴィルヌーブらが乗り込んだ7号車は、3位走行中に残り1時間でエンジントラブルによりリタイヤしてしまったという、なんとも悔しいル マン復帰となった2007年型908がイクソから登場。
908は既にスパークからもリリースされているけど、ダイキャストマンセー野郎としては、とりあえずイクソ待ちと相成った次第。購入したのは、当然2位に入った8号車。
アウディばっか勝っても面白くもなんともないから、来年の908の活躍に期待!

・ミニチャンプス 1/43 #22 スーパーアグリF1 SA05('06 F1)
タムタムで3,528円で購入。
2005年11月、元F1パイロットでARTAを率いる鈴木亜久里がホンダの第2ティームとして2006年からF1に参戦することを発表。それからわずか5ヶ月で自ティームのマシーンをシーズン開幕戦バーレーンGPのグリッドに並べるという離れ業をやってのけたスーパーアグリF1ティームが製作したのがSA05。
とは言え、当然新規にマシーンを造る時間や資金があるはずもなく、中身は4年落ちのアロウズA23のシャシーを流用した急造品だったので、毎戦「完走するのがやっと」といった状況だったけど、ホンダエンジンの供給ティームだし、関係者のチャレンジ精神に敬意を表してGet。
なんでも、一時期SAF1のスポンサー候補として取りざたされていたソフトバンク(孫 正義)は、「供託金は出すけどスポンサーはしないよ〜ん、でもティーム名には“ソフトバンク”の名を冠してもらわないと困りますなぁ、フォッフォッフォッ」(だいぶ悪意の入った意訳)などというトンデモな条件を突きつけてきたので、亜久里側が飲めずに(そりゃそうだ)お流れなったんだそうな。
まったくソフトバンクってのはどこまで品性にk…(以下自粛)。

ヨシムラ 2007 JSBチャンピオン記念Tシャツ到着♪

ヨシムラ 2007 JSBチャンピオン記念Tシャツの写真今年、渡辺 篤が18年ぶりにヨシムラに全日本のタイトルをもたらした記念に制作された、JSBチャンピオンTシャツが到着〜♪
Tシャツ代3,800円+送料1,000円+代引き手数料300円+消費税255円で計5,355円也。

・・・え〜、8耐の優勝記念Tシャツの時より送料が高くなってるのはなぜですか?(・_・)?

クシタニの店舗でも販売されるというので、送料と代引き手数料もバカにならないし、当初は近所のクシタニで買おうと思って予約出来るか聞きに行ったら、その時点で既に予約分で完売してしまっていたので、慌ててヨシムラのサイトで注文して入手した次第。

う〜ん、やっぱクリスマスパーティにTシャツとか持参で参加してサイン貰いまくるしかないかな?(^ω^)

Macでの閲覧実現以前にGyaOに望むこと

「『GyaOがやっと、Macで見られます』——MS「Silverlight」対応で」(ITmedia)

まだ「新作映画5作品のプロモーションビデオ」しか見れないのに「Macユーザーに吉報! PC環境を選ばずに話題作が視聴可能に」て見出しは詐欺ぢゃねぇの?
その上、その見出しに登録ページへのリンク張るたぁどういう了見だ?
あと、「画面上でクリックはできません。ご了承ください。」って意味不明かつ無意味なメッセイジダイアログ出すのもイラッとするからやめろ(゜Д゜)。
もうちょっとユーザビリティの事を学んで出直してきやがれ。

'94の日本GP、あのバトルを生で見たことを誇りに思う

アマゾンで予約注文しておいた、先日亡くなったノリックの追悼企画としてリリースされた'94年の日本GPのDVDが到着。 この日本GPは、当時ナゼか録画し損なっていて(多分観戦準備に気を取られて予約を忘れたんだと思う)、後から全クラスの模様を収録したダイジェスト版のVHS版を買ったのがあるのでスルーするつもりでいたんだけど、商品説明を読んでみたら、テレビ大阪の実況を収録したノーカット版ということだったのでGetすることに。 実際問題、千年屋アナのあのキンキン声の絶叫はあんま好きじゃないんだけど(むしろ場内実況してたみし奈昌俊の音声の方が嬉しいくらい)、少なくとも今の日テレのヘボアナウンサーより、中継対象に対する知識と愛(現にノリックのお葬式にはちゃんと行っていたらしい)が伝わってくるのは好ましかったし、やっぱりあの頃のGPの雰囲気を味わうには最適だからね。

いやぁ、それにしてもこのバトルは何度見ても見応えがあるなぁ。
当時、シュワンツファンのブログ主的には当然シュワンツを応援をしていたんだけど、前年チャンプのシュワンツとノリノリだったドゥーハンを向こうに回し、1年落ちのNSRで一歩も引かずにトップ争いを繰り広げたノリックの走りに熱くなったもんだ。
三者三様のライディングスタイル・スキルを駆使し、駆け引き一切抜きで豪快なパワースライドやシケインでの突っ込み合戦を披露しつつコーナー毎に順位を入れ替える、今ではすっかり影を潜めてしまった壮絶なバトルは、ノリックの活躍を抜きにしてもGP史上に残る名勝負で、今までDVD化されてなかったのが不思議っちゃ不思議なGPファン必携のDVDですな。

ところでこのDVD、予選の模様がテロップだけってのと、オールプレイが無いってのは、チト不親切だと思う。
決勝終了後のノリックのインタヴュウも、なんかインタヴュウアが慣れてないのか、マイクに声が届いてない部分とかがあるんだけど、どうせならこういう箇所はテロップでフォローとかして欲しいところ。
せっかく歴史的なレースの記録なんだから、慌てて出すことより丁寧な仕事をして欲しかったなぁ。

ミニカー購入記(2007年11月17日号)

・エブロ 1/43 #100 レイブリックNSX('07 SUPER GT)
アート・ミニカーGINZAで3,780円で購入。
今シーズン圧倒的な強さを見せつけ、ドライヴァーズランキングの1〜4位を独占したNSX勢のうち、チャンピオンのARTA(さすがに瞬殺だった)、TAKATA童夢、レイブリックの3台がエブロから登場。
ローテイションにより、今シーズンはドライヴァーズランキング3位になったレイブリックを購入。
ホントは、今シーズンから新たにNSX勢に加わった、金石勝智・年弘コンビのREAL NSXが出たらREALにしようと思ってたんだけど、どうやらその気配は無さそうなので久々レイブリックに落ち着いた次第。

・トゥルースケールミニチュアズ 1/43 スナップオン ガレージシリーズ
・トゥルースケールミニチュアズ 1/18 スナップオン ガレージシリーズ
アート・ミニカーGINZAで1/43:2,940円、1/18:3,990円で購入。
サンリッチというアメリカのディストリビューターのオリジナルブランドトゥルースケールミニチュアズから、1/43・1/18それぞれのスケールのミニカーと組み合わせることで雰囲気アップが図れる工具のミニチュア、しかもちゃんとスナップオンのライセンスを得て、スナップオンのツール類をモデル化したものが発売されたのでお買いあげ。

スナップオン ガレージシリーズとミニカーの組み合わせ写真

こんな風にミニカーの横に配置すると、臨場感がグッと増していいもんですなぁ(^ω^)。

マッキネン? サインズ? 誰?

「バレンティーノ・ロッシ コラム:Thanks for all your support !」(ヤマハ)

えー、どっから突っ込もうか?(笑)

「コーリン・マクレー」
延ばさないし(・A・)。

「カルロス・サインズ」
濁らないし(´Д`;)。

「トミー・マッキネン」
延ばさないし、つまらないし(゜Д゜)。

まぁ、Colinは発音上は延ばしてるようにも聞こえるし、エドワーズのファーストネームとの表記の統一もあるから間違いとは言い切れないし、「トミー」は三菱の資料でも延ばしてたのがあったから情状酌量の余地があるけど、一般メディアならともかく、モータースポーツ関連企業のサイトで「マッキネン」に「サインズ」はねぇ…。

ミニカー購入記(2007年11月14日号)

・タイサン特注(エブロ) 1/43 #35 ポルシェ962C('94 JGTC)&#40 フェラーリF40('94 JGTC)
タイサン特注 ポルシェ962C&フェラーリF40セットのパッケイジ写真タイサンの通販で18,000円(送料・代引き手数料1,160円)で購入。
タイサンがGT選手権100レースを記念して、初年度の94年にエントリィしていた962C(第3戦 富士ウィナー)とF40(第5戦 MINEウィナー)のセットを特注品として発売。エブロ名義だけどモノ自体は962Cがスパーク製、F40がレッドライン製というミニマックスとのコラボ製品。
特典として94・95年のレースの模様(どうやら三洋信販──現ポケットバンク──が当時制作したPRヴィデオ)や関係者のインタヴュウを収録したDVDも付属している嬉しい逸品。
さらにオマケとして、タイサンの卓上カレンダーと今年の第7戦 もてぎ優勝記念シールも同梱されてた。
モータースポーツジャパン2007の会場で申し込みチラシを貰って早速予約を入れたつもりが、予定の10月末を過ぎても音沙汰が無いし、最終戦の富士で売られていたという話しを聞いてタイサンに電話したところ、予約が通ってなかったことが発覚したので慌てて再発注を。
実はF40はアドバンカラーも出るし、962Cは単品売りを予定してるっぽいので、「いっそ単品売りを待つか?」とも思ったんだけど、F40の40号車は単品売りをしないみたいだし、DVDも欲しいのでGetすることに。
そしたらなんだか、FAXを流したその日のうちにタイサンから問い合わせの電話が留守電に残っており(ウチにはFAXが無いので外から送った)、「何だろう?」と思ってたらいきなり配達されてきた(・_・)?。
もしかして電話を受けた人が探せなかっただけで、実は予約は通っていて、たまたま神懸かり的なタイミングで行き違いがあったのかな? その真相は明日!

→とゆーワケでタイサンに電話してみたところ、やはり行き違いだったことが判明。なんだかなぁ(笑)。

ようやくR&D SPORTのヴィーマックがエブロから!

「#62 WILLCOM ADVAN VEMAC 408R ダイキャストミニチュアモデル発売決定!」(R&D SPORT)

ヴィーマックの本命エントラントなのにスルーされ続けたR&D SPORTのヴィーマックがようやく出ますかー!(゜∀゜)
かつて柴原眞介のサイトでやったミニカー化嘆願企画からもう4年? いやー、長い道のりだったねぇ(つД`)。

どうせ作る根気もウデも無いけど…

<1/12 ヨシムラスズキwithJOMO 2007 YOSHIMURA SUZUKI GSX-R1000耐久仕様 鈴鹿8耐優勝マシン #34・#12>(max motomodeling)

ほ、 欲 し い !

Le Mans Classic Japan 2007レポート

「過去においてルマン24時間レースに出場実績を有する車両と同形式のマシンによって争われるクラシックカーレース」《Le Mans Classic Japan 2007》に、ポルシェミュージアムから962C、911 GT1 '98などがやって来るというので、あまり冴えない天気予報の中、富士スピードウェイにお出かけ。
これらポルシェが走る「ポルシェデモラン」の他に「近代ルマンカーデモラン」というのも予定されていて、何が参加するかは事前に告知されなかったんだけど、1回目の時はティーム郷のアウディR8やマツダ787Bも走ったということもあり、今回も「おいしい」クルマが走ってくれるのではないかという希望的観測もあってかなり期待して見に行ったんだけど、結局「近代ルマンカーデモラン」で走ったのは、“素の”マクラーレンF1 GTRとメルセデス−ベンツCLK GTR、マツダ767Bに962C、911 GT1が加わっただけという、ちょっと期待はずれな内容。
まぁ、去年のモータースポーツジャパンでのデモを見損なった767Bが走ってるのを見れたのは収穫だったけど、どうせなら787B(展示はされてた)が走るのも見たかったなぁ。
そんな《Le Mans Classic Japan 2007》で撮ってきた写真(今回はEF-S 17-55mmとSIGMA18-200mmの2本体制で頑張ってみた)の内、うちのブログに来てくれる方が食い付きそうな写真をピックアップしてお届け。

まずは遠く独逸からはるばるやってきてくださった4台。

ポルシェ356 #46('51)

ポルシェ356の写真

ポルシェ962C #17('87ウィナー)

ポルシェ962Cの写真

ポルシェ911 GT1 #26('98ウィナー)

ポルシェ911 GT1の写真

ポルシェカレラRSR #8(タルガフーリオ)

ポルシェカレラRSRの写真

日本勢は、イマイチ新鮮味に欠ける(失礼(^_^;))クルマばかり。

ホンダNSX-GT #84('95)

ホンダNSX GTの写真

マツダ767B #202('89)

マツダ767Bの写真

マツダ787B #55('91ウィナー)

マツダ787Bの写真

日産R390 GT1 #23('97)

日産R390 GT1の写真

トヨタTS010 #33('92)

トヨタTS010の写真

ザイテック05S #22('07 JLMC)

ザイテック05Sの写真

お次はClass4(72年〜79年)に出走したコレクター(?)所有のルマンカー達。
わざわざ自分のコレクションを走らせるために日本くんだりまで来てしまう情熱に脱帽。
こーゆー人達の存在がモータースポーツ“文化”を支えてるんだろうなぁ。

マトラ−シムカMS670 #15('72)

マトラ−シムカMS670の写真

ポスターのメインヴィジュアルに使われていたから──とゆーわけじゃないんだろうけどMS670も来日。それにしてもちっちゃー!

ポルシェ936 #6?('78)

ポルシェ936

場内アナウンスでは2位に入ったクルマそのものだと言っていたので78年の936のハズなんだけど、エントリィリスト上は'79になってるし…良くわかんないや(^_^;)。

それにしても会場はガラガラで参加者・ギャラリーともおじさんばっか(苦笑)。
まぁ、クラシックカーレースなんだから、おじさんばっかになるのは当たり前なんだけど、ドリフトコースでやってたショップ主催のドリフト大会の方が若い衆がいっぱい集まって盛り上がってたってのが、日本のクルマ文化に欠ける“何か”を象徴してるようで印象的だったなぁ。
やっぱ、「いいオトナ」や「オカネモチ」がマジになって道楽としてクルマで遊んで、老若男女がそれを見て楽しむって余裕っつーか文化っつーかが育たない限りモータースポーツってのは育っていかないんじゃないかねぇ、と。
とまぁ、そーゆー堅い話は抜きにしても、素性は決して悪くないイヴェントなんだから、なんとか若い人を引き寄せるコンテンツも用意して盛り上がっていって欲しいんだけどなぁ。

アルミApple Keyboardのチルト角に不満をお持ちの貴方へ!

<Hacoa Keyboard Stand for Apple>(monDO)

シルヴァーボディにウォールナットの組み合わせってのが、ステンレスボディの拳銃に木製グリップ着けた時の組み合わせっぽくていいね〜(そーゆー食いつき方するか?)。
それはさておいても、ちゃんと角度も選べる実用性を兼ね備えているのはナイス。
ゼヒ欲しいところだけど、スタンドにキィボードとほぼ同額は出せないなぁ。
素材にこだわらなくていいから、もうちょっとお手軽価格のスタンドは出ないのかね。

週間検索通信(2007年11月9日号)

[2007年11月6日]
「ヘルメット」
#んー、ヘルメットのどんな情報をお求めだったんでしょうかね?

[2007年11月3日]
「XJR」
#XJRとの接点と言えば、VFRの前に乗っていたイナズマ750に着けたオーリンズのリアショックがXJRと共用だったくらいですねー。

[2007年11月1日]
「藤井まりお」
#2005年の8耐の時の画像しかありませんm(_ _)m。

[2007年10月29日]
「ルマン」
#お探しのミニカーは見つかりましたでしょうか?

[2007年10月27日]
「ロバート・ゴダード」「ロバート」
#ロバート・ゴダードは未読です。お役に立てませんでm(_ _)m。

[2007年10月26日]
「伊藤結美」
#今年の富士の時の写真が1カットだけありますが、目線が来てないんですよねー。

アナログレコードのデジタル化機器の本命登場か?

「ターンテーブル付きCDレコーダー『LP-R400』を新発売」(TEAC)

おお〜、ティアックならデジタル化時の音質には不安が無さそうだね。
あとは使い勝手が良ければ買いたいところだけど、実勢価格が7万弱ってのはちょっと厳しいねぇ。

つーか、8万代の高級版なら既にGF-650って機種も販売されてたんだね。知らなかった。
サンプリング周波数44.1kHzで記録してオーディオCDにしちゃうってことは、変な圧縮はかけないって理解でいいのかな?

ローソンで1/80 SUPER GTマシーンをGetせよ!

「ローソンの缶コーヒーでSUPER GTミニカーがオマケに!」(SUPER GT.net)

ローソンで11月27日から対象ブランドの缶コーヒー2本を買うと、今年のSUPER GTマシーンの1/80スケールミニカーが付いてるくるキャンペインを実施。
GT500の全車両(16台)がモデル化され、しかも原型はエブロが監修するとのこと。

その気になればフルグリッド揃うってのは、既存のミニカーでは出来なかったからすごいね。
スターティンググリッドのジオラマ作る猛者とか表れそう。

#あ、バンダイSCはVer.Kaじゃなくてガンダム00仕様なのね。

<SPACE CURRY>で宇宙飛行士気分を味わえ

「『SPACE CURRY(スペースカレー)』<ビーフ>11月5日から一部の科学館・ハウス食品通販チャネルで展開」(ハウス食品)

「スパイシーで味を濃くした」って、これはフツーにおいしいのでは?(゜∀゜)
ぜひ食べてみたいけど、科学館でのみの販売かぁ。
日本科学未来館のミュージアムショップって、入場料払わなくても入れるのかしらん? 入れたら日本科学未来館でGetするんだけどな。

来季のフィアットヤマハはマクラーレン化してしまうのか?

「2008年モトGP世界選手権 『フィアット・ヤマハ・チーム』体制について」(ヤマハ)

これはあれだ、自分とキャラがかぶってるロレンゾ(つーか、ロレンゾが“インスパイア”してるワケだけど(笑))といっしょくたにされるのを嫌って、「ブリヂストンを履きたい」という動機を隠れ蓑にロッシがティームを分けるよう画策したに違いない(んなこたぁ、ない)。

#しかしこの二人、ホントに上手くやってけるのかねぇ?

ミニカー購入記(2007年11月3日号)

・ミニチャンプス 1/12 #46 ヤマハYZR-M1('07 MotoGP)
mamboxの通販で6,000円(送料500円)で購入。
安全面と開発コスト高騰への懸念から、総排気量を800cc以下に、タンク容量22リットルから21リットルに縮小、タイヤの使用本数制限も導入された新レギュレイションに合わせたアップデイトを施し、自動車メイカーのフィアットをスポンサーに迎え心機一転。昨年ニッキー・ヘイデンに奪われたタイトルの奪回に燃えるヴァレンティーノ・ロッシが07年シーズンを戦ったYZR-M1が、仕事の遅いミニチャンプスから、何と滑り込みでシーズン中に(去年のチャンピオンマシーンすら出てないのに)登場。
今シーズンは、これまでミシュランが採ってきた、きめ細かいヴァリエイションのタイヤを用意することで様々なコンディションに対応させるという戦略が、タイヤの使用本数制限化においては諸刃の剣となり、ハマれば早いが外すとグダグダになってしまう傾向が今年はメイカーを問わず見られ、ロッシですらタイヤを理由にペイスを挙げられなかったレースが多く、表彰台を逃すレースもしばしばで、近年希にみる苦戦を強いられ結局ストーナーの独走を許すことに。
とは言え、ロッシ本人のスキルが落ちているわけでは全然ないので、マシーンのトータルパッケイジが向上しさえすれば、また強いロッシが戻ってくることは確実なので、タイヤメイカー・ワンメイク化への動き(とりあえず来シーズンは見送りになったけど)と共に来年以降も侮れませんな。

第40回 東京モータショー2007〜908に逢いたくて〜

ここのところ仕事が落ち着き気味(まぁ、ぶっちゃけヒマなワケ(^_^;))なこともあり、有休を取って東京モーターショーを見物に。

年々レースカーの展示が減っているわ、環境問題への配慮から、ひと昔前に盛んだったとんがったコンセプトカーも減ってるわで年々夢が無くなっているし、仕事でいち早く行った友人からは、2輪の展示スペイスがえらい狭くなってると聞いたので、「今年はいっそスルーしちゃうか?」とか思ってたんだけど、やっぱ見たいじゃん。






コンパニオンのおねえさん。

大野恵子さんの写真

じゃなくて(笑)。






ホントはコレ。プジョー908 HDi FAP━━━━━━(゜∀゜)━━━━━━ !!!!

プジョー908HDi FAPの写真1

しかも2位になった8号車(のモックアップ)だお(^ω^)。

いやぁ、もうね、きょうびドンガラとは言えル マンカーがモーターショーに来るとは思ってなかったら、908の本戦仕様が見られるとなったら行かなきゃウソっしょ♪ というわけで、OKテイクの全カットをお披露目。

プジョー908HDi FAPの写真2

プジョー908HDi FAPの写真3

プジョー908HDi FAPの写真4

プジョー908HDi FAPの写真5

プジョー908HDi FAPの写真6

プジョー908HDi FAPの写真7

プジョー908HDi FAPの写真8

プジョー908HDi FAPの写真9

プジョー908HDi FAPの写真10

プジョー908HDi FAPの写真11

プジョー908HDi FAPの写真12

プジョー908HDi FAPの写真13

プジョー908HDi FAPの写真14

プジョー908HDi FAPの写真15

朝イチ、いの一番に駆けつけたから、まるでプレス招待日みたいな風情(笑)。
四方から眺めることが出来るお立ち台だったので、普通なら覗くのが難しいボトム部分や、リヤカウルの中のスッカスカ具合(笑)とかもじっくり観察出来て、もーお腹いっぱい(^ω^)。
どうでしょう? ご堪能いただけました?

ミニカー購入記(2007年11月2日号)

・トミカ 第40回 東京モーターショー開催記念トミカ No.11 日産ディーゼル クオン
・トミカ 第40回 東京モーターショー開催記念トミカ No.12 スズキスイフトスポーツ
東京モータショー会場で各525円で購入。
有休取ってモーターショーを見に行ったので、恒例の開催記念トミカを購入。
今年は、3回ぶりに乗用車と商用車の合同ショウになったので、乗用車とトラックのトミカを1台づつ買うことにし、乗用車代表はJWRC仕様が待ち遠しい(出ないかなぁ?)スイフトスポーツ。トラックからは、色がデーハーでいかにも記念っぽい日産ディーゼル クオンをチョイス。

2007鈴鹿8耐のDVD到着…やっとね

2007 鈴鹿8耐のDVDパッケージの写真アマゾンで予約注文しておいた今年の8耐のDVDが到着。
今回、割引率が妙に良かったので(26%オフ)アマゾンで買うことにしたんだけど、発売予定日(10月1日)を過ぎてから発売延期の案内があって、結局今日まで待たされることに。
ところが、ヨシムラのサイトとか見てると5日には出荷してたみたいだし、先々週リンドバーグを覗いたら店頭にも並んでいたので、なんでアマゾン分だけがこんなに待たされたのか全くのナゾ。
さては安く売ろうとしたアマゾンへの版元からの嫌がらせか? などと穿ってみたり(笑)。

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »