2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ブログパーツ

無料ブログはココログ

« ミニカー購入記(2008年3月20日号) | トップページ | ウソつきマイコミジャーナルにまんまと騙された »

ミニカー購入記(2008年3月22日号)

・エブロ 1/43 #53 ランボルギーニムルシェラゴR-GT('07 ル マン)
アートミニカーで3,780円で購入。
06年に続いてル マンに挑んだものの、予選初日にブレイキトラブルによるクラッシュと火災に見舞われマシーンはほぼ全損。それでも諦めずにパーツを掻き集め、マシン修復に奔走したティームの努力を意気に感じたAOCが出した、「決勝日の朝に車検を受け、ウォームアップ走行で一定のパフォーマンスを見せること」という条件をクリアして何とかグリッドに着きつつも、スタート直後に駆動系のトラブルに見舞われ2週目でリタイヤの憂き目を見たJLOCのムルシェラゴが、先月の06モデルに続いてエブロから登場。
ただしモデル化されたのは、ホウィールが4本ともゴールド、ステッカーの仕様(サイドスカートのHIROTOのステッカーが再現されていたり、ヨコハマタイヤのステッカーの種類や位置)などから予選でクラッシュするまでのクルマ
せっかくなら、パーツを寄せ集めたため前後でホウィールの色が違う決勝出走時仕様の方が凄みがあって良かったんだけどなぁ。

・ビザール 1/43 #4 トヨタスープラ3.0i('87 サファリラリー)
アートミニカーで5,208円で購入。
87年から始まったグループA規定に合わせ開発したセリカGT-Four(ST165)のホモロゲイション取得に手間取ったことから、急遽ピンチヒッターとして投入されたものの、FRでは欧州メイカーの四駆勢にはとても歯が立たず、WRCにおいてはデヴュウ戦のサファリラリーで3位を獲得(ドライヴァーはラルス−エリク・トルフ)したのがやっとだったMA70スープラがビザールから登場。
スープラのような流麗なデザインのスポーツカーが、アニマルバンパーやら補助灯やらのサファリならではの装備をしてるのは、やっぱ何とも言えない違和感があるねぇ。でも、そこがまたたまらんのだけど(笑)。
なんかタイヤが小さく見えて、プロポーション的にバランスが悪い気がするんだけど、こんなもん?

・ノレブ 1/43 #504 日野レンジャーカミオン('07 リスボンーダカールラリー)
アートミニカーで7,140円で購入。
ノレブからレギュラー商品になりつつある日野レンジャーカミオンの'07モデルがリリース。
モデル化されたのは、10リッター以下クラスウィナーとなったチーム菅原の1号車(507号車)ではなく、総合順位では13位、10リッター以下クラス2位となった義正お父ちゃんドライヴの504号車。
しかし、なんで06モデルはスキップして、総合成績的にはイマイチだった07モデルをリリースしたんだろうか? ノレブの基準がようわからん(ま、毎年出されてもタイヘンなんだけどね(^_^;))。
なんでも菅原義正は、パリダカ最多連続参戦記録(25年)がギネスに認定されたとか。
今年はまさかの中止に追い込まれたパリダカだけど、今後もチャレンジし続けて記録を伸ばしていってもらいたいもんですな〜。

« ミニカー購入記(2008年3月20日号) | トップページ | ウソつきマイコミジャーナルにまんまと騙された »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16457/40596927

この記事へのトラックバック一覧です: ミニカー購入記(2008年3月22日号):

« ミニカー購入記(2008年3月20日号) | トップページ | ウソつきマイコミジャーナルにまんまと騙された »