2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ブログパーツ

無料ブログはココログ

« 400mm望遠が10万切りか… | トップページ | ミニカー購入記(2008年4月20日号) »

ディーナノが気になる〜の

バーとラジコンのミニコースが併設された京商の新感覚アンテナショップKYOSHO AKIHABARAdNaNo(ディーナノ)の現物を見るため、17日にグランドオープンしたばかりのアキバ・トリムに。
dNaNoは、1/43の標準スケールを採用したラジコンカーで、従来のラジコンの「シャシーありき」の設計ではなく、ボディごとにシャシーを設計するため、観賞用ミニカーばりのプロポーションを実現出来ることが自慢なのと、専用コースで走った際のラップタイムの記録が出来るICタグを搭載しているのが特徴。
観賞用としてのデキにも自信があるためか、“オートスケールコレクション”と称した、ラジコン走行不可なダミーシャシーとボディを組み合わせ、プラケースに収められた「観賞用」パッケイジも用意しているし、何といっても962Cや787Bなどのル マンカーもラインナップされているので、発売前からそのデキを注目していたのだ。
さすがに走行前提なだけに、最低地上高は高めだしタイヤは細め、アンテナも強度を保つために太かったりと「純観賞用」になりきれてはいないものの、ミラーは別パーツで再現されてるし、プロポーションについは、トップモデルあたりと比べれば遥かに「本格派」と呼べるだけのデキで、バリ揃え用としては十分なクオリティ。
何にしても、標準スケールのル マンカーがラジコンで遊べるというのはそれだけでも十分魅力的。早く持っていない車種のル マンカーが出ないかなぁ(゜∀゜)。

« 400mm望遠が10万切りか… | トップページ | ミニカー購入記(2008年4月20日号) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16457/40916206

この記事へのトラックバック一覧です: ディーナノが気になる〜の:

« 400mm望遠が10万切りか… | トップページ | ミニカー購入記(2008年4月20日号) »