2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ブログパーツ

無料ブログはココログ

« ミニカー購入記(2008年5月3日号) | トップページ | F-toysのカタナに萎える »

Lの誘惑に負けたヤツ

撮影会用にベストであろうとEF-S17-55mm F2.8 IS USMを愛用するようになって1年半弱。描写性能自体には何の不満も無いのだけど、某モデルさんの引退に伴って撮影会通いも途絶えた昨今(<行動が極端(笑))、17-55mmを展示会系イヴェントなんかに投入すると、正直「望遠側がもう少し欲しいなぁ」と思うことがしばしばあり、所有レンズの中での17-55mmのポジションが少々微妙な位置づけになってきたり。
さらに、保証期間が過ぎたとあって、埃がレンズ内に入り込むたびに1万円近くの出費を強いられるのもなんかなぁ、という思いも有り、望遠欲しい熱とはまた別のベクトルで、防塵の標準域ズームが欲しい熱も高まっていたんですわ。
で、ゴールデンウィーク恒例の富士でのGTを目前にして、冬のボーナスの残りと、ちょっと忙しくて残業代が稼げた月のプール金があるのに背中を押されて「ポチッとな」してしまいました・・・。

赤い帯のアイツ、に。

今回購入したのは価格.com最安値をマークしていた三星カメラ(あれ? 今見たら若干値上げされちゃってる)で、お値段は102,000円+送料300円+代引き手数料700円(普段は使わないんだけど、手元にヘソクったキャッシュで支払いたかったので、お金を移す手間を惜しんで代引きを利用)の計103,000円。
まぁ、レンズみたいなデリケイトな商品は、万一初期不良なんかがあった時にはヨドバシとかの方が安心なのは承知してるんだけど、ヤフオクで落とした(≒買った)17-55mmも問題なかったし、まぁ大丈夫だろうと(^_^;)。
第一、ポイントを加味しても1万5千円近い差(ヨドバシ価格なら129,400円+10%還元で116,460円)ってのは、ビンボーサラリーマンにはやはりデカイ。

広角側が若干失われることで、ダイナミックな構図の画は撮れなくなっちゃうだろうけど、写真は主に資料として残すことが多く、クルマとかを撮るときは、状況が許せばなるべく歪まないように24mmくらいからスタートしてる自分の運用上はさほど問題にならないかと。

さぁ、これで明日の富士でバンバン撮りまくるとしますか(・∀・)。

EF24-105mm F4L IS USMの写真

« ミニカー購入記(2008年5月3日号) | トップページ | F-toysのカタナに萎える »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16457/41074945

この記事へのトラックバック一覧です: Lの誘惑に負けたヤツ:

« ミニカー購入記(2008年5月3日号) | トップページ | F-toysのカタナに萎える »