2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ブログパーツ

無料ブログはココログ

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月

「MotoGPクラスでは」が抜けてるぞ

「中野真矢選手のトークショーを開催!」(ツインリンクもてぎ)

「今シーズンフル参戦している唯一の日本人ライダー」って…、青山博一は? 高橋裕紀は? コヤマックスは?。

つーか、そもそも8耐ウィーク中に開催するってのがケンカ売ってるよなー(-_-#)。

道具は揃った。あとは場所選びと精進のみ

EF24-105mm F4L IS USMEF100-300mm F4.5-5.6 USMの2本体勢で挑んだ今年の8耐。
出発前は、「せっかく買った300mmを活かした画を撮れるよう、あちこち巡ってみよう」なんて考えていたものの、鈴鹿に到着してみるとあまりの猛暑っぷりに気力・体力がついていかず、歩き回る元気がみるみる奪われていってしまい、結局勝手知ったるシケインとスタンド席でお茶を濁すというテイタラクぶりに自分でヘコんでしまう。

そんな中で実戦投入したEF100-300mmは、さすがにこれまで使っていたシグマ18-200mm F3.5-6.3 DCより格段の解像感があり、ズーム端で遠景のピットを撮ったりすると、ピット内のディテイルまでしっかり描写しているのにビックリ。
画質的にも意外とシャープで、色ノリもLレンズに近いこってり具合なので、手ブレさえ気をつければ、ポートレイト用として使っても以外とイケそう、というのが正直な印象。
AFのスピードもそこそこあって、AI FOCUSモードで走行中のバイクを追うと結構追従してくれるし、よほど面積が大きい物が画面内を横切ったりしない限りは、フェンスのポールくらいはちゃんと無視してくれる精度を持っているので、条件さえ揃えばこのくらいクリアなショットが押さえられる、思った以上に実用的なレンズであることが判明。

トップ10トライアル走行中のヨシムラ 34号車 加賀山の写真

300mm・F6.3・1/200・ISO100・AWB

実はピクセル等倍で見ると微妙にブレてはいるんだけど、同じブレ方をしていても、シグマの18-200mmより解像感があるので許せてしまうから不思議(笑)。
主な用途として想定している流し撮り時は、ISが無いこと自体はそんな不利にはならないし、交換用として持ち歩く気になるコンパクトさでこの性能なら、4万ナンボというお値段は超お買い得なレンズじゃなかろうか?

で、300mmという超望遠域のレンズを手に入れたこともあって、今回シケインのフェンス際まで行って、ズーム端で撮ることで金網を極力ボカすというテクニックに挑戦。
シャッタースピードを優先させたので絞りの開け方が足りず、だいたいはう〜っすら霞がかかったような写真になっちゃったけど、何枚かはこのようにフェンスがほとんど気にならないショットも混じってて思わずニンマリ。

決勝走行中の桜井ホンダ 10 レオン・ハスラムの写真

300mm・F5.6・1/800・ISO100・AWB

こういう画が撮れるということが分かると、やはりちゃんと流し撮りのウデを上げたくなるのが人情というもの。あとは、良い場所を取る努力もやはり必要だよねぇ。
9月のGPまでに、GTのもてぎ戦でも行ってウデを磨こうかなぁ?

ミニカー購入記(2008年7月26日号)

・T2M特注スパークモデル #29 童夢S101.5−マーダー('07 ル マン)
GP COLLECTIONで8,190円で購入。
2007年、マシーンは童夢S101.5のLMP2仕様、ドライヴァーにレギュラーの山岸 大のほか、ギリギリまで決まらなかったサードドライヴァーに寺田御大を迎えてル マンに挑んだものの、トラブル続きで予選は最下位、決勝もラジエイターのウォーターラインの破損によってスタート後5時間半でリタイヤに終わったT2Mが、自ティームのマシーンを例年通り特注品としてリリース。
S101.5のLMP2仕様、しかも寺田乗車ということもあってリリース前から押さえようと思っていたものの、T2M特注ということで限られたショップにしか入荷しない上、スパークからレギュラー品は出ないとのウワサがあったので、入荷案内のあったGP COLLECTIONの西麻布店に走ったはいいけど、いつの間にか西麻布店はGP COLLECTIONから独立してしまったことから在庫は無関係になってしまっていて見あたらず。さりとてヤフオクでプレ値を出すほどの情熱はなかったので、ちょうど8耐に行くことだし、鈴鹿に行った時にGP COLLECTIONにまだ残ってたら押さえようと思って寄ってみたところ、幸い在庫があったので無事確保。
レア物を無事Get出来たのは良かったものの、個体差でウイングがちょっと傾いじゃってるのが残念(´・ω・`)。

今度のサークルKサンクス×京商ミニカー第29段はグループ4・5ファン必携?

<Porsche 934/935 Racing Minicar Collection>(京商)

今回は金型流用企画ですか。
935のマルティニカラーでル マン仕様がラインナップされてたら食いついたんだけどなー。
1個だけ買ってみて、ル マン仕様が出たらラッキィ、ってことにしとこうかな?

やりゃあ出来るじゃん、G+

G+でル マンハイライトがいよいよ放映に。
去年は「ル マンハイライト」ならぬ「中野信治物語」って作りでファンにすこぶる評判が悪かったけど、今年はそこそこツボを押さえた構成でちゃんとハイライトになってて一安心。
ってか、寺田御大や童夢の鮒子田が英語でインタヴュウに応えてることからも、今回日テレはほとんど取材をしてない模様。
ウォルフガング・ウルリッヒがアウディの「オーナー」? デイヴィッド・リチャーズがアストンの「オーナー」? とか細かい点での突っ込みドコロはあったけど、レースの全体像無視の「○○物語」になるくらいならこの方が全然イイ。もう、日テレはヘタにドキュメント風に番組制作しようとしないで、放映権持ってる間はずっとこの方式で行ってくれ。

#それにしてもデイヴィッド・リチャーズ、ル マンではしゃいでる場合ぢゃないだろー?(-_-#)

ミニカー購入記(2008年7月19日号)

・ミニチャンプス 1/43 #22 スーパーアグリF1 SA06('06 F1)
mamboxの通販で3,150円(ランチアLC2と合わせて送料400円)で購入。
SAF1が参戦初年度の06年シーズンの第12線ドイツGPから走らせた、本来の06スペックマシーンとなるSA06の佐藤琢磨車がようやくリリースされたので購入。
ところで「SAF1が06シーズンの後半に投入した」って意味では確かに後半戦仕様だけど、SA05と06じゃ名前からして別なんだから、なんでわざわざ「新規金型」をウリにする必要があるんだろうね? だからって第14戦のトルコGPから投入されたBスペックのことを指すとも思えないし…ようわからん。

・イクソ 1/43 #5 ランチアLC2('85 ル マン)
Yahoo!オークションで3,040円で落札。
フェラーリ308用のV8エンジンを積んだランチアのグループCカー、ランチアLC2が、イクソからダイキャストで出たので購入。
リリースされたのは85年のル マンでアンリ・ペスカロロのドライヴで7位に入った5号車(6位にはナニーニドライヴの4号車が入ってる)。
そう言えば、イクソのパッケイジがリニューアルされて、台座への固定方式がオートアートみたいに傾斜が付いて、かつミニカー自体も斜めに固定されるようになってから初めての購入だけど、この方式あんま好きじゃないんだよねぇ。印字のデザインはカッコ良くて好きなんだけど。

SA06だけで発送してもらうのは送料的に効率悪いなぁ、と思っていたら、折良くLC2を含むイクソの新商品も入荷、開始価格+100円で落札出来、一緒に発送してもらえたのでだぶ節約になった〜。

エコレーサーはマン島TTのスタートラインに立てるか?

「『CO2排出ゼロのバイク』による、世界初のレースが計画中」(WIRED VISION)

画餅に終わってしまうか、環境に負荷をかけないレースの在り方の第一歩となるか、まずは注目ですな。

ペイパークラフト古今東西

「ねとらば:JR西日本の『ペーパークラフト』がすごい」(ITmedia)

確かに情景パーツも用意してあってコンテンツとしては内容が濃いけど、「無料なのに本格的すぎる」って点で言えば、エプソンナカジマレーシングで配布してるペイパークラフトの方がすごいでしょ〜。
こうなると、塗るのを楽しむのがコンセプトとは言え、陸自(イミなく全画面すんじゃねぇ!)が配ってるペイパークラフトのショボさが際立つねぇ(笑)。

#そうそう、陸自が配ってる軽装甲機動車のタイトルが「車軽装甲機車」ってなってるけど、これミスタイプじゃないの???

鶴田竜二のノリックへの想いを見逃すな!

『蘇れノリック! 水野裕子が8耐で迫る伝説魂 〜執念のスペシャルドキュメント〜』>(パーフェクトチョイス)

うぇぇぇん、カネ払ってでも見たいけど、ウチで契約している東京ベイネットワークじゃ、パーフェクトチョイスは見れないんだよぉ(つД`)。
パーフェクトチョイスが配信される足立区民やJ:COMユーザーウラヤマシス(・ω・)。

8耐の準備、着々と

会社帰りにアキバのヨドバシカメラに寄って、こないだ買い損なったEF100-300mm F4.5-5.6 USM用のレンズフードET-65IIIを購入(1,848円)。
購入と言っても、レンズと同様溜まったポイントを利用したので一銭も払ってないケド。

去年の8耐で、接着剤の経年劣化でヴァルヴが取れてしまった、キャンプ用のエアマット(イスカコンフィマットレス165)も買ったし、これで今年の8耐対策は整った…かな?

自衛隊はショーバイ下手?

「自衛隊のオフィシャルスペース『自衛館』が渋谷にオープン」(日経トレンディネット)

“陸上自衛隊の「73式小型トラック」を模したチョロQや、海上自衛隊のイージス艦の模型なども。合わせて約20品が飾られている”って、展示だけじゃイミないだろー。
せっかくのアピールスペイスでチョロQやマスターワーク、ミリメシを売らんでどうするか?

ハヤカワPBだから、ハヤカワPBでさえ

父親に頼まれて、ハヤカワポケットブックスのSF・ミステリィを処分しに、以前ラビシリーズを買い取ってもらったことがある神保町の@WONDERへ。
持ち込んだのは、アシモフの『銀河帝国興亡史』『宇宙気流』『裸の太陽』、ブラッドベリの『火星年代記』にチャンドラーの『長いお別れ』、ライアルの『本番台本』『マクシム少佐の指揮』『クロッカスの反乱』、ローレンス・ブロックの『泥棒はボガートを夢見る』の9冊(…のハズ。メモるの忘れたので記憶頼りだけど(^_^;))。
中でもSF系はヤニ汚れが激しく(父親は喫煙者)、ブックオフなら間違いなく買い取りを断られるコンディションなので、「これはさすがに値段が付かないだろうなぁ」と思いつつも査定をお願いすると、なんと一応全部に値段が付いた・・・んだけど、やはりコンディションが足を引っ張り、全部で500円という、電車賃にしかならない低評価。
ま、値段はどうあれ、あんなコンディションでも引き取ってくれたのはさすがHPBと感心するとともに、いかなHPBといえどもコンディションが悪ければ二束三文なのね、と認識した次第。

8耐目前! 長玉導入!!

今月末の8耐を控え、ちょっと前にした検討から導き出されたEF100-300mm F4.5-5.6 USMを買いに行くことに。
一応、中古も探したんだけど、覗いてみた店には無かったし、やっぱレンズのような精密機器で「安物買いの銭失い」になるのもイヤので、結局新品を購入することにしてヨドバシに行ったら、事前にヨドバシドットコムで一応調べて「在庫有り」になってるのを確認してあったのにも関わらず、なんと品切れになってるとのたまう。
錦糸町店なら在庫があると言うので、しょうがないから他の用事を済ませてから錦糸町のヨドバシに向かうと、今度はレンズ本体はあったもののフードが品切れ…○| ̄|_。仕方なく、レンズ本体のみを41,700円を溜まったポイントで購入。
さぁて、300mmがどれほど威力を発揮してくれるか、楽しみだなぁ(^ω^)。

それにしても何と間の悪かったことか。せっかくのニューレンズ購入に高揚してた気分にすっかり水差されちまったぜ(゜Д゜#)。

ミニカー購入記(2008年7月5日号)

・ミニチャンプス 1/12 #1 ホンダNSR800('89 WGP)
mamboxの通販で9,750円(ザウバーC9と合わせて送料500円)で購入。
84年・86年・88年と、ヤマハで3度のチャンピオンを獲得、89年にホンダに電撃移籍し、序盤こそ苦戦を強いられるものの、“ステディ・エディ”の名に恥じぬクレバーなライディングにより、移籍1年目にも関わらず見事ホンダでもチャンピオンを獲得したエディ・ローソンのNSR500がミニチャンプスから登場。
例によってヒストリカルなチャンピオンマシーン共通のギフトボックス仕様で、ロスマンズカラーのためロスマンズロゴはオミットされてしまってる(ここまできたら、ロスマンズデカールはスペンサー車とセットにしません?>ミュージアムコレクション)。

当時のGP界は、一度ワークス入りすると、そのメイカー専属となってキャリアを全うするケースがほとんどだったので、ローソンのようなビッグネイムの移籍に本当にビックリしたなぁ。
で、結局1年でホンダからヤマハに出戻ったわけだけど、当時、「もともとティームロバーツ入りする予定だったものの、アゴスティーニのティームから当時立ち上がったばかりのロバーツのところに移るとアゴに義理を欠くからホンダを経由した」なんて説もあったけど、実際のトコロどうだったんだろう?

・hpi-racing 1/43 #61 ザウバーC9−メルセデス('88 ル マン)
Yahoo!オークションで5,580円で落札。
先日リリースされた'87のクーロスカラーに続いて'88のAEGカラーのC9がリリースされたので、mamboxのヤフオク出品にて落札。
AEGカラーのC9は、クーロス同様マックスモデル版を持ってるけど、ヤフオクで落としたこの個体、経年劣化でデカールの割れが目立ってしまっていたたので、ちゃんとしたデキのをコレクションしておきかったのだ。

・トミカリミテッド 三菱ジープJ3R
ヨドバシカメラ マルチメディアAkibaで510円で購入。
4月にトミカリミテッドのラインナップに加わっていた三菱ジープをようやく購入。
リリース情報をキャッチした時は、「ジープコレクターとしては押さえねば」とか思ってたクセに、最近トミカ熱がすかり冷めてしまっているのですっかりチェックを忘れていたというテイタラク。
これ手に入ったから、J3R目当てで買ったトミカ30周年記念限定セットVol.1は処分品回しかな?

・京商 1/64 #26 ポルシェ911GT1('98 ル マン)
ヨドバシカメラ マルチメディアAkibaで1,510円で購入。
ビーズコレクションに911GT1の'98ウィナーが加わったのでお買いあげ。

JOMO '08 鈴鹿8耐カウントダウンタイマーブログパーツ期間限定設置

《2008 鈴鹿8時間耐久ロードレース スペシャルサイト》(JOMO)

おっとっと、もうスペシャルサイトがオープンしてたのか。
仕事が忙しくてチェック漏らしてたら、日替わりの壁紙Getしそこなっちまっただよ(´・ω・`)。

さて、今年のJOMOが採用したウェブトレンドアイテムは、8耐決勝日までのカウントダウンタイマーブログパーツ。早速8耐から帰ってくるまでの期間限定で設置。

そーいや、今年もフォトコンやるのか。よ〜し、パパ、今年こそヨシムラグッズ賞狙いで応募しちゃうぞ〜。

ミニカー購入記(2008年7月3日号)

・イクソ 1/12 #65 ドゥカティデスモセディチGP6('06 MotoGP)
タムタムで4,032円で購入。
イクソが1/24シリーズを捨てて(?)1/12のGPマシーンシリーズに進出。ミニチャンプスとカブってない車種・ライダーは一応押さえようと思っていたものの、いざリリースされてみると、イクソの、しかもバイクミニカーとしては珍しく瞬殺で手に入らなかった'06 デスモセディチのカピロッシ車が、ナゼか今頃になってタムタムに再入荷していたのでお買いあげ。
ミニチャンプス製と違ってカウルはプラスティックなので、ダイキャストのミニチャンプスよりは微妙なラインを再現出来ているものの、協力工場の技術上の限界なのか、単にコストをかけてないからなのか、エッジ部分はマスターワークに比べれば遙かにダルい上、パーツのディテイル感や精度なども、「マジ1/24を倍にしただけじゃね?」つーくらい大味なので、塗装やタンポ印刷の質を覗けばニューレイと大差無いデキってのはちょっとねぇ。
正直、1/43とは違って、ミニチャンプスとローテで押さえたくなるほどのクオリティではないね。
あくまでもミニチャンプスが出さない車種やカラバリを揃える時用の控えって感じ。

ホント、「人は忘れる動物」なのね

とあるリーガルサスペンス小説を読み始める。
そこそこ面白く読み進めるが、どうも端々で覚えがあるシチュエーションが出てくる…。
でも、明確に「あ、あの小説ぢゃん!」という記憶も甦ってこないので、奥歯に物が挟まったような思いを抱きつつも読み進め、感想が形を成しだすと、「あれぇ? 確かにこんな感想を抱いた小説があったよなぁ…。でもまぁ、リーガルサスペンスだから似たような展開になっちゃうこともあるかもね」などとさらに読み進めるが、どうにもこうにもディジャヴュは増す一方。
で、いよいよキモチ悪くなってきたので本家の読書コーナーをサルベージしてみたら…。

やってもうたぁ! この本読んでんぢゃん!(゜Д゜;)

うわー、前に一度既読の本を買っちゃったことあったけど、それは読み始めてスグにダブリに気付いたのに、今回は上巻読み終わるまで気付かなかったよー○| ̄|_。
でも、ことここにいたって結末を思い出せないんだから(それはそれでどうなのよ?ってハナシが…(^_^;))、いっそこまま読みきっちゃうか?(笑)

サーキット撮影の基本をおさらい

「【特別企画】デジタル一眼でフォーミュラ・ニッポンを撮る」>(ケータイWatch)

そうだよね〜、露出はやっぱマニュアルの方が良いよねぇ。
つい無精してシャッタースピード優先モードで撮っちゃうけど、40Dの露出計がえらい敏感なのか、5月のGTで撮った写真なんか、えらいドアンダーな写真(ライトの光に合わせちゃったか?)が頻発してたからなぁ。8耐ではいっちょマニュアル露出に挑戦しますか。

これぞホンモノの「ポチッとな」ボタン

「全国の女子高生のみなさ〜ん、なんと、あのボタンが出ちゃいました!」(タカラホビー.com)

太郎商店自爆ボタンを始め、この手のボタンいろいろ出ちゃった後だけに今さら感はあるけど、まぁ、本家の味わいということで。

バイクがタディ車なんだからメットも揃えたいよねぇ

<アライ RX-7 RR5 OKADA>(アライ)

新しいタディレプリカかっけぇー!(゜∀゜)
欲スィなぁ、でも、普段被りにRX-7は大げさっつーか、もったいないんだよね〜。
東単別注でアストロかラパイドベイスのタディレプリカ出してくんないかなぁ。

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »