2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ブログパーツ

無料ブログはココログ

« スパークの童夢S102、東海大、テラモスのクラージュが発売中止に | トップページ | データを持ち帰れないトンデモ撮影会 »

ミニカー購入記(2008年8月21日号)

スパークモデル 1/43 #4 ジャグワァXJR-14('90 ル マン)
アートミニカーで5,376円で購入。
FAIのゴリ押しでNA3.5リッターエンジンに燃費制限を撤廃した新規定に移行したSWC(WSPC)に向け、ロス・ブラウン指揮のもと短期間で開発されながらも、F1マシーンの技術を随所に取り入れた革新的な設計が奏功してシリーズでは他を圧倒。3年ぶりにシリーズに組み込まれた91年のル マンでは、スプリント仕様のXJR-14では信頼性の問題から勝負にならないと踏み、ACOに義理立てして予選だけ走り、ポールポジションタイムを出しながらも決勝には「予定通り」出なかった、「スポーツカーの皮を被ったF1」XJR-14が再生産されたので購入。
初回入荷の予約が始まった時、注文書上は“テスト”名義だったので予約しないでいたら、いざ発売されてみれば実は予選出走車であることが判明したので慌てて買いに走ったものの、初回入荷分はスパークにしては珍しく瞬殺だったために手に入れ損なって悔しい思いをしていたところ、ほどなく再入荷の案内があったので今度はすかさず予約して無事入手。
本戦仕様至上主義者のブログ主としては、本来なら予選のみに出走したクルマなんかはコレクトの対象外なんだけど、グラマラスで美しいボディデザインは何とも魅力的だし、翌年はマツダからMX-R01として出場したり、後にTWRポルシェWSCに転用されて優勝(それも96・97年と連覇!)を飾ったりするという、設計の優秀さを証明するエピソードも面白い、Cカー史に残る傑作車とあれば、ポリシィくらいヘーキで曲げてしまうのだった(笑)。

・エブロ 1/43 #23 ザナヴィニスモGT-R('08 SUPER GT)
アートミニカーで3,780円で購入。
昨年10月の東京モーターショーでのお披露目と同時に08年のSUPER GTへの参戦を発表。2009年レギュレイションを先取りして開発されたため、俗に「08年と09年の良いとこ取り」(なので特認車両扱い)と言われる圧倒的なパフォーマンスを発揮して開幕戦鈴鹿と第2戦岡山で圧勝、10年ぶりのGTにおける連勝を達成するという華々しいデヴュウを飾ったザナヴィニスモGT-Rがエブロから早くも登場。
まぁ、個人的には、そもそもベイス車両のR35のデザインを全く評価してないし(だって、フロント〜サイド〜リアと、各部のデザインが有機的なまとまりを欠いてるんだもん。顔だってヒラメ顔でマヌケだし)、どう考えたって前半2戦は三味線の弾きあいにならざるを得ないいびつなルールの中、「別モノ」のクルマが買ったからってどうよ? って感じで、R35 GT-Rに関しては、ベイス車両に対してもレース車両に対しても、実に冷めた見方しか出来ず、どうも世間の熱中っぷりについていけないんだけど、これって少数派なのかしらん。

・エブロ 1/43 #101 apr MR-S('07 SUPER GT)
アートミニカーで3,780円で購入。
前年、新田守男/高木真一のヴェテランコンビがドライヴしたトイ・ストーリー MR-Sを、トヨタ・ヤングドライバーズ・プログラム出身の若手コンビである大嶋和也/石浦宏明が引き継いだことが話題になり、ランキング2位の紫電のコンビと同ポイントながら、優勝回数の差(トイ・ストーリー:2回/紫電:0回)でGT300クラスのドライヴァーズチャンピオンを獲得したトイ・ストーリー レーシング MR-Sが、紆余曲折(一時は発売がアナウンスされたが結局中止になった)を経てようやくエブロから登場・・・と言っても、版権の問題から、再現したのは、トイ・ストーリー名義で参戦しなかったセパン仕様(恐らく、ラナの持っているライセンスの使用範囲が日本国内のみだったのだろうと推察)。
というわけで、いささかマヌケというか画竜点睛を欠くんだけど、事情が事情だけに、出ただけでもマシかと妥協して購入。さ、出番ですよ。ミュージアムコレクション(笑)。
ラナが自社製品としてエブロに別注して「ちゃんとした」トイ・ストーリー MR-Sをリリースすりゃ丸く収まるとおもうんだけど、どうしてそうならないのかねぇ(´д`;)、

さて今回のエブロのロット、個体差…というレヴェルでは済まない不良がかなりの率で混入しているようなので、これから手に入れる方はよ〜く検品するべし。
MR-Sはデカールの張り忘れ or 脱落箇所があるのを見つけたし、GT-Rにいたっては、組み付けがいい加減で、シャシーとフロントフェンダーの間が浮き上がってる個体が、チェックした6〜7個のうち3個もあったので避けたものの、さすがに店ではチェック出来ない反対側が見事に浮き上がってたし…(´Д`;)。
発売延期の上ショート、その挙げ句このクオリティじゃ信頼失いまっせ。エブロはん(゜Д゜#)。

« スパークの童夢S102、東海大、テラモスのクラージュが発売中止に | トップページ | データを持ち帰れないトンデモ撮影会 »

コメント

こんにちは!
#23は一応通販で予約してるので来てからの
お楽しみになりそう(汗)

GT-Rはテストカーの出来を見ると何か面白そう・・・でもあのテストカーの買い易さをみると
#22はひょっとして余るお店が出そうですね。

それと質問ですがこのモデルって知ってます?
http://www.bugzees.com/
SGTのHPにも掲載されてるし
一応『初のSGT公認モデル』って言うふれがき
のモデルなんだけど、1/32ってスケールが
中途半端なんですよね。

幸い、ショップの在庫が捌ける前で、交換に応じてくれたのでマトモな個体を手に入れることが出来ました。
でも、通販でこんな個体が当たってしまったら悲惨ですね。
完売ってことになってますし、ショップによっては交換に応じてくれるかどうかは微妙ですからね。
こばさんさんの個体が「当たり」であることをお祈りしています。

ところでBugzeesの件ですが、一応チェック済みですが、おっしゃる通り、スロットカー準拠の1/32というハンパなスケールのためスルーの方向です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16457/42232620

この記事へのトラックバック一覧です: ミニカー購入記(2008年8月21日号):

« スパークの童夢S102、東海大、テラモスのクラージュが発売中止に | トップページ | データを持ち帰れないトンデモ撮影会 »