2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ブログパーツ

無料ブログはココログ

« ミニカー購入記(2008年8月30日号) | トップページ | キャラホビ2008で痛GTカーを撮ってきた »

バッテリィグリップの修理完了とEF-S18-200mm

修理が完了したバッテリィグリップを受け取りにキヤノンサービスセンター銀座へ(ここへの持ち込みは、基本的に1週間預かりで特に完了の連絡は来ない)。
修理代金は5,985円也。
フタだけ交換するのかと思ったら、パーツがアッセンブル化されているのかカヴァーごと交換されていたので、結果的にクラックも直ったのはラッキィ。
併せて点検もしてくれていて、問題無く動作するとのことで一安心。

せっかく銀座に来たことだし、デジタルハウスを覗いて先日発表のあったEF-S18-200mm F3.5-5.6 ISを触ってきた。
展示されてたのは、合焦してもAFフレイムが点灯しないようなガチガチの試作機なので、製品版と違う点も多々あるだろうからあくまでも参考程度ってことで。
サイズ・重量は、そりゃ手ブレ補正無しに比べればかさばってしまうけど、そこそこコンパクトに抑えられているので、特に致命的なジャマ臭さを感じることは無さそう。
筐体そのものの質感やフォーカスリングを回した時のトルク感なんかは、キットレンズのようなチープさは感じられず、良くも悪くも値段なりといったところ。
フォーカスは、まぁこんなもんでしょレヴェルのそこそこのスピード。
気になるAFのモーター音は、今使ってるシグマに比べれば遥かに静かで、ボケボケ状態から合焦するようなハデな駆動時にウィ〜ンと音がするのが少々気になるくらいで、誤差を補正する程度の細かい駆動時の音はUSMとさして変わらないレヴェルなので、実稼働時にモーター音が気になることは、事実上無いと思われ。
後は実写の評判が聞こえて来たら、価格を含めたトータルなお買い得感を吟味して、シグマの手ブレ補正付き18-200mmとどっちがいいか判断しようっと。

« ミニカー購入記(2008年8月30日号) | トップページ | キャラホビ2008で痛GTカーを撮ってきた »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16457/42326112

この記事へのトラックバック一覧です: バッテリィグリップの修理完了とEF-S18-200mm:

« ミニカー購入記(2008年8月30日号) | トップページ | キャラホビ2008で痛GTカーを撮ってきた »