2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログパーツ

無料ブログはココログ

« ミニカー購入記(2008年10月4日号) | トップページ | あ、掲示板が… »

早くもマンネリ? モータースポーツジャパン2008

モータースポーツジャパン2008

行ってきた

てか

行かないわけないじゃん

みたいな

どうだったかって?

う〜ん

微妙

なんつうか

もうマンネリ?

てか

層が薄いのが

見えてきちゃった?

みたいな

なんか流行ってるみたいだからやってみたけど、自分でイラッと来たから止めた(笑)。

冗談はさておき、3回目を迎えた《モータスポーツジャパン 2008》を見てきたんだけど、う〜ん、なんつうんだろうねぇ、「日本のモータースポーツ文化の発展と継承」が目的なら、もっとヒストリックカーを展示しないとイミないんじゃなかろか?
ま、実のところ、ホンダのように保存に熱心なメイカー以外は、動体保存はおろか、みんなスクラップにしちゃってんだろうけど、それならそれで、レストアして復活させるとかして、「あの×××が甦る」なんて働きかけ抜きで「文化を継承」なんてしたり顔で言われてもねぇ。
日産なんか、ニスモフェスティバルでレストアしたオールドレーシングカーをお披露目したりしてるんだから、そういうの持ってくればいいのに(え? ニスモフェスティバルでの目玉が無くなるって? そんなこと言ってるからいかんのだ)。
走行イヴェントにしても、そりゃ、注目は集まるだけろうけど、F1マシーンやGTカーがグルグルして「ワーワー、キャーキャー」だけでいいのか? と。
仮にもグッドウッドを目指しておいて、こういうところでこそ「歴史」(あるんならね)を披露しないでどうすんの? と。
そんなこんなで、言ってることとやってることとの乖離に少々疑問が残るものの、この規模のイヴェントをタダで開き続けてること自体驚きだし、「継続」を目指しているのも評価できるので、さらなる充実を期待して、長い目で見守ることにしましょうかね。

さて、今回、車両的にはそんなに目新しいものは無かったので、ネタ的なスナップをご紹介。

INGルノーF1の展示用トレイラーの写真

INGルノーのショウカーを積んだ「トレーラーロードショー」が会場の周辺を周回。
「ING」を「アイエヌジー」と呼ぶのを、このトレイラーで初めて知ったブログ主はガチのF1オンチ(笑)。

ザナヴィ ニスモ GT-Rのボンネットの写真

日産の「レースカーのパーツってこんなに軽いんですよ」デモに、GT-Rのボンネットが登場。写真には写ってないけど、裏にはちゃんと「nismo」のロゴが。

RA108の写真

みんな大好きF1マシーンは、走行準備のためスタッフが張り付いてるし、囲んでいる観客の人数も多いのでこれが精一杯。

長谷見昌弘とエブロの木谷社長のツーショット写真

おお! エブロのブースで長谷見昌弘と木谷社長が談笑中。
次のトミカエブロ製品の打ち合わせか?(違)

中嶋 悟の写真

各ブースでは、監督・ドライヴァーが熱心にプロモーション。
PIAAのブースでは、グッズを買うと中嶋 悟とのツーショット写真が撮れる企画を。

山野哲也の写真

SUPER GTエリアのクスコDUNLOPスバルインプレッサの前で山野哲也がプチフォトセッション。
シゲルマツザキ並に黒いなー(笑)。

三橋 淳の写真

ラリーエリアでは、アンケイトに答えると三橋 淳とのツーショット写真が撮れる企画を。
なんか、すっげぇいい人光線出してたわー、この人。

hpi製アルファ155V6 TIのヴァリエイションの写真

大人気のhpi製アルファ155V6 TIに、予想通りマルティニカラーも加わる模様。こりゃ、予約必至ですな。

« ミニカー購入記(2008年10月4日号) | トップページ | あ、掲示板が… »

コメント

こんにちは!!
うーん・・・
このイベントって盛り上がってるんですかねぇ?
当初の目的としては『モータースポーツの気軽に
触れ合う』ことだったんだけど
年を重ねる毎に『玄人好み』のイベントになって
ますよね。

英国のグッドウッドのようなイベントにしたい
らしいんだけど・・・にしても会場規模が小さすぎない??
本家グッドウッドはあの広大な敷地だから
展示や敷地内の道路でタイムアタックなんか
やれてる訳なんだけど、このイベントではSGTや
F1のマシンを走らすにはあんなクルクルしてる
だけじゃ迫力がいまいち伝わらないですよね?

それだったらもてぎや富士で自動車各メーカーの
秘蔵のマシンたちを引っ張り出して展示や
走行したり、またコレクターや博物館が所有する
マシンたちを展示させてもらったりして、
『この機会だけ』って言うのがないと今のままでは
『はたらく自動車大集合』と大差ないですよね。

人数は集まってますが、アドバイザーのマッチが期待しているように、お台場に遊びに来た人がついでに…という層がどれほど来てるかは疑問ですねぇ。
やはりグッドウッドになるのには、クルマ屋・レース屋だけでなく、広大な場所を提供したり、大事にコレクションをする“ジェントルマン”の存在も必要なんでしょうね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16457/42682914

この記事へのトラックバック一覧です: 早くもマンネリ? モータースポーツジャパン2008:

« ミニカー購入記(2008年10月4日号) | トップページ | あ、掲示板が… »