2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ブログパーツ

無料ブログはココログ

« “プラモデル”も商標だよ>NHK | トップページ | CM'sがついに1/43市場に参入!・・・か? »

「コピペ問題」は学生だけの問題じゃないという事例

ザウバーC7・C8についてウェブで調べていたところ、面白いものを発見したのでご紹介。
まずは少々長文引用になるけど以下の文章をご覧あれ(強調部分ブログ主)。

それから20年以上を経た1982 年、特異なスタイリングをしたマシンが、サーキットに登場しました。
スイスのレーシングカー・コンストラクターが作ったザウバーC6です。
F1のザウバー・ペトロナスチームで知られるピーター・ザウバーが製作したグループCカーで、このザウバーのスポーツプロトタイプカーは、ダイムラー・ベンツの技術者たちの大きな協力を得て開発されたマシン特にマシンのエアロダイナミクスについては、スケールモデルをベンツの所有する風洞でテストして開発するほど、このスイスの小さなコンストラクターとドイツの巨人は、親密な関係だったのです。
 その後、メルセデス・ベンツのレーシングエンジンを搭載するザウバーC7の開発がスタート
そして1986年、ル・マンにザウバー/メルセデスが登場します。
これがザウバーC8であり、メルセデスにとっては記念すべきル・マンへのカムバックとなります。
さらに1989 年登場したC9では、ドイツのナショナルカラーであるシルバーの車体、フロントノーズにスリーポインテッドスターをつけたシルバーアローが復活!
C9が搭載した5リッターV8エンジンは、当時のSクラス用エンジンがベースで、ターボを装着して700馬力を絞り出すほど。レーシングエンジンとしては、珍しいSOHCヘッドだったのですが、高出力と好燃費を両立。
このC9は、ル・マンにて1952 年以来の優勝を果たしたのです。
のちに4バルブ化され、さらに進化したC11が登場。1990年の世界スポーツプロトタイプカー選手権のチャンピオンを獲得しています。

出典:「TOM'S・サム中里のVIVA!モータースポーツ Vol.2 Mercedes Benz」(sildeliver.com)

読みましたか?
この記事はファイル名から察するに06年に書かれた記事の模様。
ではお次は、上の文章の強調部を意識しながら、01年に高橋二朗氏が書いた以下の文章をごろうじろ(強調部分ブログ主)。

 1982 年のレースに特異なスタイリングをしたマシンが登場した。スイスのレーシングカーコンストラクターが作ったザウバー C 6 だ。現在では F 1 のザウバー・ペトロナスチームで知られるピーター・ザウバーが製作したグループ C カーだった。このザウバーのスポーツプロトタイプカーは、ダイムラー・ベンツの技術者の協力をかなり得て開発されたマシンだった。特にマシンのエアロダイナミクスについては、スケールモデルをベンツの所有するウインドトンネルでテストして開発するほどこのスイスの小さなコンストラクターとドイツの巨人は親密な関係を築き始めた。

 そして、ベンツの R & D に所属していたエンジニアがやがてザウバーのテクニカルディレクターに就任することになり、メルセデス・ベンツのレーシングエンジンを搭載するザウバー C 7 の開発がスタートする。やがて、ル・マンにザウバー / メルセデスが 1986 年に登場する。そのマシンがザウバー C 8 だった。これは、メルセデスにとっては記念すべきル・マンへのカムバックだった。 1955 年にル・マン最悪の事故が起きてしまった。ストレートを走行中のベンツのマシン同士が接触して一台が観客席に突っ込み観客をなぎ倒し多くの死傷者を出してしまったのだ。それ以来ベンツはル・マンに参加することがなかった。実に 31 年ぶりにザウバーのシャシーにメルセデス・ベンツのエンジンが載ってル・マンにカムバックを果たしたのだった。この年、マシンにはフランスのイブ・サンローランの香水、<クーロス>のカラーリングが施されていた。チーム名も<クーロス・レーシング>としていた。敢えてメルセデス・ベンツの名前を前面には押し出していなかった。翌年の C 9 も同じくクーロス・レーシングの名前でエントリーしたものの、1988 年に世界スポーツカー選手権シリーズに集中してル・マンはスキップした後、1989 年登場した C 9 は、銀一色で、フロントノーズにスリーポインテッドスターをつけたシルバーアローだったのだ。そして、この C 9 は、1952 年にル・マンで勝って以来の優勝を果たすのだった。

出典:「Le Mans 24 h vol.5」(VividCar.com)

ね? 「だ、である」調から「です、ます」調への変換と多少の順序の入れ替え、独自に書き加えている点もあるので完コピとまでは言わないものの、高橋二郎氏の記事を「テンプレ」にしてるのは一目瞭然。
いや、これがシロウトが個人サイト向けに発表してる文章なら別にどうと言うことはないんだけど、商用サイト(紙)で、しかもトムスのスタッフなんて立場のヒトがやっちゃいかんのじゃないの? と思った次第。

« “プラモデル”も商標だよ>NHK | トップページ | CM'sがついに1/43市場に参入!・・・か? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16457/43114401

この記事へのトラックバック一覧です: 「コピペ問題」は学生だけの問題じゃないという事例:

« “プラモデル”も商標だよ>NHK | トップページ | CM'sがついに1/43市場に参入!・・・か? »