2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ブログパーツ

無料ブログはココログ

« ミニカー購入記(2008年11月1日号) | トップページ | ウォレスとグルミットが帰ってくる! »

次期相棒選考委員会

F650GSの写真 1陽気に誘われ箱根までひとっ走りしに行ったところ、大観山のドライブインの駐車場で、BMWの試乗会をやっていたので、「ワインディングで次期愛車候補の試乗が出来るなんてなんてラッキィ」とばかりに参加。
当初はF650GSだけでいいかと思っていたけど、GS待ちの間にF800Sに乗れるとのことだったので、これはむしろ好都合とF800SとGSの両方乗り比べを実施。
試乗ルートは、下の地図のように、大観山ドライブインから箱根新道側に下り、箱根峠を十国峠側に左折して、ターンパイクで大観山方面に戻っていくというルート。

試乗会のルート図

ちなみに途中にあるターンパイクの料金は、なんと主催者が払うという気前の良さ。
そんな試乗会で感じた、それぞれのバイクの印象をカンタンにまとめてみると…。

<F800S>
ディーラーで跨ってみたことはあるものの、実際に走るつもりで跨るのはまた印象が違うものなので、実は腰高のポジションに不安を覚えていたんだけど、普通の状態なら特に足つきには不安は無し。取り回しも思ったより軽いので街乗りにも十分対応出来そう。
ただ、走り出してみると、かなり腰高に感じるポジションがなんとも落ち着かない上、ニーグリップするとシートの角が太ももに食い込んで結構痛いのが気になる。
走り出してみると、エンジンの回り方といい、コーナリングといい、実に軽快。ワインディングも、狙ったラインを何の意識をすることもなくトレイス出来るのが実に楽しい。
でも、4000回転あたりからかなり振動が出るのが気になる。高速とかだと結構不愉快なんじゃなかろか?
あと、低速が薄いのとアクセル全閉から煽り気味にアクセルを開けるとドン突きがあるのも気になり、もしかすると街乗りではかなりのネガ要素になるのではないかという印象。

F650GSの写真 2<F650GS>
さて、こちらはまったくの初対面。
シート高の一番低い、シート前寄りの位置での足つきは、F800Sより安心感があって取り回しも軽い。
ところがこの位置でライディングポジションに着くと、GSもシートの角の食い込みが気になる…。
で、ちょっと後ろ寄りに座ってみると、角はだいぶ気にならなくなるんだけど、咄嗟の時なんかの足つきにはちょっと不安が残る。
あと、ポジション関係では、ハンドルがフラット過ぎて、なんか腕が突っ張る感じがしてしまい、個人的にはもう気持ち垂れ角が欲しいところ。
走り出すと、F800Sに比べて低速トルクがあって(というかギアレシオの案配の良さ?)中低速域が実に扱いやすい。
F800Sにあった4000回転あたりの振動も抑えられているし、アクセルオン時のドン突きも無いので、中低速域のエンジンレスポンスのスムーズさはGSの方が圧倒的に心地よい。でも、振動が皆無ってわけではないのがちょっと…。
まぁ、振動はツインの持ち味というか特性でしょうがない部分はあるんだろうけど、TDMの時はよっぽど上まで回さないと振動が気になったりはしなかったからねぇ。
コーナリングはF800S同様軽快で、箱根くらいの中低速コーナーならヘタなスポーツバイクより軽快に走れる感じすらしたけど、その分、今日は試せなかった高速域が犠牲になってる気配はあり。

総合すると、F800Sは主に街乗りの時にネガティブ要素になりそうな点が多々見えてきたので、圧倒的にGSの方が有利って感じかな?
でも、GSも、ハンドルとシートの件が気になるし、高速巡航の快適さにイマイチ不安が残るので、正直、「何がなんでも買ってやるぜ!」という風には惚れ込めなかったんだよなぁ。

あと、両方、というかBMWバイクに共通して言えるのは、とにかくスウィッチ類が扱いづらい。
BMW特有のウインカーが左右別ボタンなのは慣れの問題で済みそうだけど、左ウインカーとホーンのボタンの位置が近すぎてとっさの時間違えそうだし(現に最初にウインカー出す時間違えた)、ウインカーキャンセルボタンの位置(角度)も微妙で何とも押しづらい。
あと、F800Sに関しては、サイドスタンドの蹴り出し用の爪が短すぎて出しづらくてしょうがないなど、細かい部分に関する設計思想が、どうもエルゴノミクス的にもユーザビリティ的にも、なんかユーザーに優しくない気がしちゃうんだよねぇ。
この辺はメイカーなりのポリシィだかこだわりなんだろうけど、ちょっと独りよがりな感じが否めずイヤ〜ンな感じ。
いや、これがそこらの国産と同程度の価格なら目くじら立てないんだけど、100万からするバイクで、こーゆー納得出来ないポイントがあるってのはちょっとねぇ。

う〜ん、困った。買う気マンマンで軍資金貯めてるのに、なんか出鼻を挫かれてしまったぞ(^_^;)。
つーか、「VFRって、文字通りウマが合ってるバイクなんだなぁ」と、ますますVFRへの愛着が強くなっちゃったんだけど(苦笑)。

« ミニカー購入記(2008年11月1日号) | トップページ | ウォレスとグルミットが帰ってくる! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16457/42984933

この記事へのトラックバック一覧です: 次期相棒選考委員会:

« ミニカー購入記(2008年11月1日号) | トップページ | ウォレスとグルミットが帰ってくる! »