2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ブログパーツ

無料ブログはココログ

« スバルのブランドイメージを下げた張本人が何を言う | トップページ | サークルKサンクス×京商ミニカー第33段はマクラーレンF1 »

ミニカー購入記(2008年12月20日号)

・hpi-racing 1/43 #5 アルファロメオ155 V6 TI('96 ITC)
アートミニカーで5,481円で購入。
DTMの人気に目を付けたFIAが国際シリーズに昇格させ、95年はDTMと併催、96年にはITCに一本化する形で再編し、メルセデス−ベンツ、アルファロメオ、オペルといった欧州メイカーがワークス参戦して熱戦を繰り広げたものの、競争が激化したレースのご多分に漏れず、開発費の高騰が問題となって撤退を表明するメイカーが相次ぎ、たった2年で幕を閉じることになったのがITC(国際ツーリングカー選手権)。
そのITCにDTMに続いて参戦、それなりに勝利数を挙げたものの、チャンピオンを獲得するには至らなかったアルファ155 V6 TIが、DTM仕様に続いてhpiから登場。
hpiがモデル化したのは、既に発売されたものも含め、'96年の最終戦(元々はTIで開催予定だったのがキャンセルされてしまい代替開催となったんだそうな)にしてITC自体のラストレースとなった鈴鹿仕様で、購入したのはマルティニカラーが鮮烈な5号車(ドライヴァーはニコラ・ラリーニ)。
この頃、四輪のレースと言えば、ル マンとパリダカ、WRCくらいにしか目を向けて無かったから、こんなオイシイレースが日本で開催されているのに気にも留めてなかったんだよねぇ。今にして思えば、何とももったいないハナシだよなぁ…という後悔を将来しないためにも、WRCとWTCCは見ておきたいんだけど、東京人からするとやっぱ敷居が高いよね、北海道と岡山での開催ってのは(^_^;)。
DTM仕様の時は結構な争奪戦になったのに懲りて予約したけど、そういう時に限って割と潤沢に出回ったようで(苦笑)。

・エブロ 1/43 #38 ゼントセルモSC430('08 SUPER GT)
アートミニカーで3,780円で購入。
'08シーズンのSC430は、シーズン前は白黒が渋くてなかなか気に入っていた吉兆宝山カラーが継続すると思いこんでいたトムス36号車を買うつもりでいたんだけど、実際のところ新スポンサーとしてついたペトロナスカラーがイマイチパッとしないデザインで気に入らず、さりとてトムスからクラフトに移った吉兆宝山カラーも、'07の時には無かったゴールドのラインが入ったことで品が無くなってしまったし、ルマンのエネオスカラーもオレンジのベイス色がシュミじゃないし…と消去法で残ったのがセルモと土屋エンジニアリング。
で、この2台なら、ローテイションからするとセルモかねぇ、といういささか消極的な理由でのチョイスとなったものの、結果的にGT-Rの圧勝で終わった今シーズン(9戦中7戦がGT-R!)、SC勢で唯一の勝者となった38号車(とは言えティームチャンピオンは、勝てはしなかったが、取りこぼしも少なかったトムス。これが勝負の綾ってヤツですか?)を押さえることになったんだから、まぁいいか(笑)。

・エブロ 1/43 #10 スカイラインターボC('83 WEC JAPAN)
アートミニカーで3,780円で購入。
日産の耐久レース参戦に向け、ハセミモータースポーツ主導、追浜ワークス・東京R&Dの手により、スカイラインシルエットフォーミュラを切った張ったしてCカーに仕立て上げたという伝説のスカイラインターボCがエブロからついに登場。
ベイスのシルエットフォーミュラ仕様からさらにマッシヴになったフォルムは問答無用のカッコ良さ。
当時の記憶は全然無いんだけど、今で言うとGT500車両を改造してLMPカーをデッチあげるようなもんでしょ?(違うか)無茶苦茶っつーかなんつーか、熱い時代だったよねぇ。
バリエイションとしては、鈴鹿1000km仕様が先月リリースされ、トミカエブロからは富士1000km仕様がリリース予定。
「トミカスカイライン」なんだからトミカエブロを押さえた方がオフィシャル感があって良いかしら? と思いつつもデヴュウ戦の富士500km仕様にしたのは、さして明確なポリシィがあったわけでは無く、なんとなく(笑)。

« スバルのブランドイメージを下げた張本人が何を言う | トップページ | サークルKサンクス×京商ミニカー第33段はマクラーレンF1 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16457/43468489

この記事へのトラックバック一覧です: ミニカー購入記(2008年12月20日号):

« スバルのブランドイメージを下げた張本人が何を言う | トップページ | サークルKサンクス×京商ミニカー第33段はマクラーレンF1 »