2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ブログパーツ

無料ブログはココログ

« NISMO FESTIVAL 2008写真館 Part3 | トップページ | 「限定70セット」に踊らされたコレクター涙目 »

ミニカー購入記(2008年12月7日号)

・イクソ 1/43 #3 フォードフォーカスRS WRC06 ('06 ラリー・ジャパン)
ホビーギャラリーマーシュで3,990円で購入。
2005年のベイスモデルのモデルチェンジを受け、データ取りのために参戦した05年の最終戦ラリー・オーストラリアでデヴュウ、06年からWRCに本格投入され、ドライヴァーズタイトルこそ僅か1ポイント差でロゥブに攫われたものの、ダニエル・ソルドがマニュファクチャラーズ・ポイントに貢献出来なかったシトロエンと違い、プジョーから移籍したマーカス・グロンホルム、ミッコ・ヒルボネンの両名が安定して上位フィニッシュを重ねたことが奏功し、フォードに27年ぶりのWRCコンストラクターズタイトルをもたらした、イクソ製フォーカスRS WRC06を確保。
なんで今になって手に入れたかというと、当初はやはり優勝したイヴェントの仕様を狙ってたものの、「イクソのラリーカーなぞ楽勝で手に入るだろう」とタカをくくって予約せずにいたら、どうもイクソはモダンラリーカーは出荷数を絞り始めたらしく、モンテ、フィンランドと瞬殺で手に入らず終い(とゆーワケでC4 WRCも手に入ってない)。ラリー・ジャパン仕様は在庫を見かけるも、「やはり2位だからなぁ」と見送って様子見していたら、どうやら'06モデルのグロンホルム車は打ち止めっぽい雰囲気なので、背に腹は代えられないと、定価販売ながら在庫のあったラリー・ジャパン仕様を確保することに。
まぁ、地元開催イヴェントということに加え、たった約5秒差という、近年のWRCの傾向からすれば稀に見る僅差で手に汗握る展開が印象的だったこともあって、ラリー・ジャパン仕様でもなんら不満は無いんだけど、イクソまで早めに手を打たなきゃなくなってしまったこの状況、なんとかならんもんか?(´д`;)

« NISMO FESTIVAL 2008写真館 Part3 | トップページ | 「限定70セット」に踊らされたコレクター涙目 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16457/43346228

この記事へのトラックバック一覧です: ミニカー購入記(2008年12月7日号):

« NISMO FESTIVAL 2008写真館 Part3 | トップページ | 「限定70セット」に踊らされたコレクター涙目 »