2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ブログパーツ

無料ブログはココログ

« サークルKサンクス×京商ミニカー第33段はマクラーレンF1 | トップページ | ミニカー購入記(2008年12月27日号) »

ミニカー肴にDTMのDVD鑑賞

今年は京商(サークルKサンクス)1/64にhpi製1/43と、155 V6 TIのミニカーの当たり年だったこともあり、155の活躍を改めて映像で見たくなったため『DTM 熱狂の時代』を入手、手元に京商とhpiのミニカーを並べながら鑑賞。
遠慮会釈無く当たりまくった挙げ句激しく転がることもしばしばの展開の中、メルセデス(190E Evo)/BMW(M3)/アウディ(V8クワトロ)がしのぎを削るグループA時代の迫力もさることながら、やっぱクラス1を採用した93年以降のアルファ(155)/メルセデス(Cクラス)/オペル(カリブラ)がカッコええのぉ(´Д`;)。
ナレーションがいかにも「分かってる人」向けで、もうちょっと親切っつーか充実させてくれた方がなお資料性が高くて嬉しかったり、「DTM」と冠している以上収録しないのは当然なんだけど、せっかく第1期をまとめて収録したのなら、どうせ1シーズンで終わったことだし、ITCになった96年も収録してくれたら最高だったんだけど、まぁ、エンディングでサラっと触れてるだけでも良しとしないとバチが当たるってもんか。
何にせよDTMの魅力を味わうには十分な、ハコ車レースファンのマストアイテムな1本。

あと、こうして映像を見ながらミニカーを眺めつつ、「アルファの赤の色は京商の方がイメージが近くてhpiのはちょっと暗いかな?」とか、「どっちも制約が許す中でがんばって再現してあるなぁ」なんて感慨に耽るのもミニカーコレクションの醍醐味ですな(^ω^)。

« サークルKサンクス×京商ミニカー第33段はマクラーレンF1 | トップページ | ミニカー購入記(2008年12月27日号) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16457/43537230

この記事へのトラックバック一覧です: ミニカー肴にDTMのDVD鑑賞:

« サークルKサンクス×京商ミニカー第33段はマクラーレンF1 | トップページ | ミニカー購入記(2008年12月27日号) »