2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ブログパーツ

無料ブログはココログ

« だから「自動車レースを捨てた」とか言われるんだよ | トップページ | ミニカー購入記(2008年12月7日号) »

NISMO FESTIVAL 2008写真館 Part3

Part2からの続き]

ピット内に展示されてた車両の続き。
前回のニスモフェスティバルや、他のイヴェントで度々展示されていたクルマは省略して、まずはS耐参戦車両から…と行ってもS耐はほとんどウォッチしてないので情報が貧弱なのについてはご勘弁を。

■S耐

MOTUL NISMO GT-Rの写真

#35 MOTUL NISMO GT-R(IP-4クラス)
影山正美/田中哲也/星野一樹組

十勝24時間にMOTULのコンペティションオイルをテストするために参戦した時の車両。
これはモータスポーツジャパンでも展示されてましたな。

ENDLESS ADVAN Zの写真

#1 ENDLESS ADVAN Z(ST1クラス)
青木孝行/藤井誠暢組

Cenote ADVAN Zの写真

#10 Cenote ADVAN Z(ST1クラス)
田中哲也/星野一樹/岡本武之組

ヨコハマ ecoMOTION Z satoの写真

#24 ヨコハマ ecoMOTION Z sato(EC2クラス)
近藤真彦/荒 聖冶/横溝直輝/一条智也組

バイオエタノール燃料使用、天然ゴムを使用したエコタイヤ装着で十勝24時間挑んだ車両…だそうで(^_^;)。

岡部自動車ディクセルZの写真

#15 岡部自動車ディクセルZ(ST3クラス)
長島正明/イゴール・シュスコ/小松一臣組

高見沢接骨院☆真東☆TC神戸Z33の写真

#19 高見沢接骨院☆真東☆TC神戸Z33(ST3クラス)
高見沢一吉/池上慎二/奥沢敏明組

UNT Racing☆ings ZとエクセディH.I.S. イングスZの写真

#113 UNT Racing☆ings Z(ST3クラス)
伊橋 勲/堤 昭彦組
#333 エクセディH.I.S. イングスZ(ST3クラス)
前島秀司/佐々木昌弘組

屏風浦工業ニューテック-Zの写真

#777 屏風浦工業ニューテック_Z(ST3クラス)
福山英郎/DRAGON/吉田基良組

以上が今年のS耐参戦車両、その他、ちょっと古いファルケン☆GT-Rなんかも。

FALKEN☆GT-Rの写真

#1 FALKEN☆GT-R('01〜'02 クラス1)
竹内浩典/田中哲也組

このファルケン☆GT-Rは、01年にチャンピオン、02年にランキング2位になったクルマ。

続いて海外のレースに参戦していたクルマ達。

プリメーラGTの写真

#6 プリメーラGT('99 BTCC)
デイヴィッド・レスリー

99年のBTCCで、ドライヴァー、マニュファクチャラー、ティームの3冠を獲得したP11プリメーラ。詳しくは今月号の『Racing o(以下略)

の写真

#23 スカイラインGT-R LM
星野一義/長谷見昌弘/鈴木利男組

このGT-R LMは、以前は大森のニスモの前に展示されてたんだけど、日産に召し上げられて(?)しまったため久々のお披露目。

当時コンデジで撮ってあったけど、デジイチで取り直せたのは助かった。

今年は海外レース50周年記念ということで、R390やR92CPらお馴染みのクルマの前には、トロフィーや当時のポスター、新聞記事なんかも展示されてたのが目新しかったところ。

R390 3位獲得記念ポスターの写真

'98 R390の前には、3位表彰台を獲得した時の記念ポスターとトロフィー。

デイトナ24時間のトロフィーの写真

デイトナ24時間優勝記念ポスターと新聞記事の写真

そして当然92年のデイトナを制したR91CPの前にもトロフィーとポスター、新聞記事が。

さて、お次はエンジン展示。
エンジンの展示に熱心なところは「技術の日産」の面目躍如というところか?

■エンジン

VRT35エンジンの写真

グループC向けのVRT35エンジン(JSPC仕様)

VRH35Lエンジンの写真

R390に搭載されたVRH35Lエンジン。

VRH50Aエンジンの写真

R391に搭載されたVRH50Aエンジン。ベイスはインフィニティQ45のエンジン。

VR38DETTエンジンの写真

R35 GT-R専用に開発されたVR38DETTエンジン。これは十勝24時間に参戦したGT-Rに搭載された仕様。

VQ30DETTエンジンの写真

02年のJGTCでGT-Rに搭載して以降、07年のZまで仕様されたのがこのVQ30DETT。

RB26DETTエンジンの写真

グループAで戦うGT-R向けに開発されたRB26DETTエンジン。

RB26DETTエンジンの写真

同じくRB26DETTながら、JTC終焉後のJGTCに参戦するようになったGT-R向けにモディファイされた仕様。

FJ24エンジンの写真

グループB向けに開発、240RSに搭載されたFJ24エンジン。

SR20DETエンジンの写真

グループAのパルサー(サニー)GTI-Rに搭載されたSR20DETエンジン。
FJ24と共に、レースフィールドでは決して成功したとは言えないエンジンも展示するところは潔いですな。

これにて今年のニスモフェスティバルのフォトレポートは終了。
チケットを譲って頂いたよっきゅんさんに改めて感謝m(_ _)m。

« だから「自動車レースを捨てた」とか言われるんだよ | トップページ | ミニカー購入記(2008年12月7日号) »

コメント

はじめまして。

NP35はエンジンじゃなくてクルマの名前です。
VRT35ですよね?

nonさんコメントありがとうございます。
ご指摘ありがとうございます。全くもってその通りでございます。早速訂正させて頂きました。
NP35の説明ととっちらかっていました(^_^;)。

スバル、スズキ関連の検索から来ました。

GTI-Rは成功失敗以前の問題ですぐ撤退してしまったのですよ。
あの時日産はヨーロッパのワークスを切り捨てたのです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16457/43322388

この記事へのトラックバック一覧です: NISMO FESTIVAL 2008写真館 Part3:

« だから「自動車レースを捨てた」とか言われるんだよ | トップページ | ミニカー購入記(2008年12月7日号) »