2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ブログパーツ

無料ブログはココログ

« ミニカー購入記(2008年12月30日号) | トップページ | 2008年に買ったミニカーベスト3 »

2008年に読んだ本ベスト3

年末年始の恒例企画となった2008年ベスト3企画。今年はどちらのジャンルについても選出に苦戦気味ながら行ってみましょ〜。まずは読書編。
去年までのようにテキストのみだとあまりにも素っ気ないので、今年から本に関してはアマゾンの商品リンクを張るようにし、併せて過去のランキングも同じ体裁に修正をば。

実は今年初頭、勤務地が変わって通勤時間が10分ほど延びて睡眠時間が削られたのが影響したか、行き帰りの電車で読書欲より睡眠欲の方が勝ってしまうことが多くなり、読むペースがすっかり下がっちゃったことに嘆いてたら、何とビックリ、年末になって勤務地が近場に変わり、体力的にはラクになったものの、朝はラッシュの時間帯で本を読む余地なぞ無いし、帰りは帰りで読む時間が少ないと、読書環境的には恵まれなかった2008年。その上「これだ!」と言えるような本もほとんど無く、ベスト3の選出にはかなり苦労させられることに。

第1位:『くらやみの速さはどれくらい』/エリザベス・ムーン

そんな今年の状況の中で一番良かった…と言うか印象的だったのは、<若き女船長カイの挑戦 シリーズ>でお馴染みのエリザベス・ムーンの代表作と言える本作。
自閉症患者(もっとも、症状的にはアスペルガー症候群という疾患の方が近いらしい)から見た世界という、「異世界」を体感させてくれるSFの醍醐味と文学的な味わい、その上爽やかな感動を味わえる、非常に濃密な作品でした。
ひとつモンクがあるとしたら「21世紀版『アルジャーノンに花束を』」ってキャッチフレーズかなぁ? こういうキャッチフレーズは、「二番煎じか?」とか「劣化コピィじゃないの?」といった先入観を与えるだけで、決して作者にはプラスに働かない気がするんだけどねぇ。


第2位:『町奉行日記』/山本周五郎

今年もランクインした山本周五郎。
『赤ひげ診療譚』も良かったけど、「もうちょっと今の赤髭に至った経緯とかが掘り下げられてるとなお良かった」という物足りなさがあり、やはり様々な人間模様が凝縮されてる短編集の魅力のほうが勝り『町奉行日記』の方が気に入ったためのランクイン。


第3位:無し

3位はまさかの該当無し。
2008年は星4つを『くらやみ〜』と山本周五郎にしか付けて無いため4つ星の中には他に選択肢が無く、さりとて3つ星から無理矢理選ぶのもなんか違うので、ここは素直に3位は無しということに。 一時は各所で評判の良い『チャイルド44』を入れておこうかとも思ったんだけど、個人的にはベストに推すほどの魅力は感じなかったのでこの結果に。

« ミニカー購入記(2008年12月30日号) | トップページ | 2008年に買ったミニカーベスト3 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16457/43538862

この記事へのトラックバック一覧です: 2008年に読んだ本ベスト3:

« ミニカー購入記(2008年12月30日号) | トップページ | 2008年に買ったミニカーベスト3 »