2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ブログパーツ

無料ブログはココログ

« ミニカー購入記(2009年1月27日号) | トップページ | 2009年、せめてLMPで盛り上がれ »

ACT2の英訳センスに腰を抜かす

Macのアーカイブソフトの定番StuffIt Deluxeが2009にヴァージョンアップし、発売開始キャンペインで通常価格より雀の涙ほどだけどお安くなっていた(アップグレイド版が4,200円→3,980円)ので、Windowsの人とやりとりする際のZIP圧縮用(OS標準のZIP圧縮だと、たまに相手が解凍出来ない場合がある)に、良い機会なので久々アップグレイド。
で、早速インストールして環境設定をするためにメニューを開いていたら・・・

DropStuff 2009のファイルメニューのスナップショット

何、このセンスのないっつーか、原文が分からないから恐らくだけど(英語版をチェックしてみようかと思ったけど、デモ版のダウンロードにも個人情報の入力がいるようだから止めた)直訳中の直訳のメニューは?(゜Д゜#)
内容はライセンスアグリーメントなんだから、意訳して「ライセンスについて」とかにすりゃいいだろうに。
昔からStuffItの日本語ローカライズは問題含みだったけど、これはヒド過ぎるだろう。

« ミニカー購入記(2009年1月27日号) | トップページ | 2009年、せめてLMPで盛り上がれ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16457/43877080

この記事へのトラックバック一覧です: ACT2の英訳センスに腰を抜かす:

« ミニカー購入記(2009年1月27日号) | トップページ | 2009年、せめてLMPで盛り上がれ »