2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ブログパーツ

無料ブログはココログ

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月

このクオリティで許諾するGTAの審美眼って…

「缶コーヒーBOSSとSUPER GTミニカーがコラボ! 3/3スタート」(SUPER GT.net)

こ、このディフォルメのクオリティの低さは一体何事か?(゜Д゜)
モドQ版のNSXのカッコ悪さはありえん!
あと、ザナヴィのブラッシュパターンなんて、本来シルヴァーの部分まで黒で塗ってるから全然イメージ違っちゃってるし。
こんなのを許してちゃいかんだろう?>GTA
ホンダ・S-GTとコレクションする要素は揃ってるけど、これは完全スルーだな。
つーか、サントリーにこれで売れると思われたらかなわんから、みんな買うのよせ。

ミニカー購入記(2009年2月28日号)

・イクソ 1/43 #12 日産240RS('83 サファリラリー)
ヨドバシカメラ マルチメディアAkibaで3,520円で購入。
前からダイキャスト版が欲しかったものの、イクソからリリースされたのが既にビザール版を買ってしまった84年のイヴェント出場車両だったので他の年待ちをすることにしていた240RSが、ようやく83年のサファリに出場したものの、バイオレットで成し遂げた4連覇を引き継ぐには至らず4位に食い込むのがやっとだった12号車がリリースされたのでGet。
やっぱりダイキャストでそれなりの完成度のミニカーと比べちゃうと、ビザールのダルい造形がオモチャっぽく見えてきちゃうのはまぁしょうがないことか。
ま、何はともあれ、これでようやく240RSの日産ワークストリコロールカラーが手に入ったよ〜ヽ(´∀` )ノ。

テラモスのLC70、結局スパークから発売に?

スパークのサイトが更新されていたので最新モデルのページを覗いたら、あ、あれ? テラモスのクラージュがあるぞ、おい。
東海大学は再予約開始してたけど、これは案内無かったよね? 一体どうなっているのだ、最近のスパークは???

アジアン・ル マン・シリーズは岡山で開催

2月27日「日本で行われるアジアンルマンシリーズは富士から岡山へ変更 4月30日にエントリーリスト発表」(Sports-Car Racing)

工工工エエエェェェ(゜Д゜)ェェェエエエ工工工
富士なら見に行けると思って楽しみにしてたのにぃ。
でも逆に考えると、ここは一念発起してガッツリ休みを取れば、WTCCとアジアン・ル マン・シリーズを一挙に楽しめるってことでもあるか…(魔笑)。

結局悪いのは国際貿易なのか? スパークなのか?

昨年の10月末に回収があったKBモデルのポルシェ962C GTIがよ〜〜〜やく届いたとの連絡が入ったのでショップにて受け取ってくる。これで最近掴まされた不良品は全て交換完了。やれやれ(・ω・)。

それにしても時間かかったねー。
こんだけかかったってことは、デカールだけ補修させるんじゃなく、作り直させでもしたんだろうか?
何にしても、もうこういうことは無しで頼んますよ。>国際貿易

ティーム郷・リターンズ

「チーム・ゴウがポルシェRSスパイダーでル・マンに復帰! ドライバーはマーセン、荒、国本に」(AUTOSPORT web)
「郷和道代表『もう一度ル・マンで優勝できるチームを作りたい』」
「【NAVI TEAM GOH】NAVI TEAM GOH ルマン24時間レース参戦決定!」
【ポルシェジャパン】2台のRSスパイダーがル・マン24時間へ参戦
2月26日「ルマンに復帰するチームゴウ 2009年のRSスパイダーの実力は!」(Sports-Car Racing)

ををっ! モータースポーツ界に寒風吹きすさぶこのご時世、久々燃えるニュースがやってきましたよ!
サテライト体制(?)とはいえ童夢もお目見えするし、どちらも今年は優勝争いは無理としても、結構見所が出来て楽しみになってきたねー。

・・・と喜んでいた矢先、S102のレンタル先が雲隠れしたため、残念ながら童夢は参戦断念…○| ̄|_。

#しかし、T2MがS101.5をパクったまんまだったとわ…。レース界はそんなんばっかか?(゜Д゜;)

キャンペイン価格でiPhoneのパケット定額料金がおトクに

「iPhoneにキャンペーン価格、パケット上限額の値下げも」(ケータイWatch)

あわてるな、これは「今年のWWDCで第2世代iPhone 3Gが発表されるんじゃないか?」と憶測して買い控えしているオイラのようなユーザーを釣ろうという孔明の罠だ!(笑)

#パケット定額料の上限が下がる「パケット定額フル(キャンペーン)」の方は魅力的だけど、買うなら第2世代を一括購入だからなぁ。

「ヒュンダイ」と発音することに何の不都合があるのだ? NHK

今日の『クローズアップ現代』(韓国経済の苦境を伝える特集)を見てて改めて思ったんだけど、なんでNHKは、現代自動車自ら名乗り、恐らく一般的にも通りのいい「ヒュンダイ」ではなく、わざわざ「ヒョンデ」と発音するのだ??? NHKのガイドラインはサッパリわからん(゜д゜)。

apr 74号車の以外な由来

「apr、74号車アクシオの体制を発表 井口/国本雄資組が決定」(AUTOSPORT web)

「ゼッケン74は全国のカローラ販売会社の総数に由来するとのこと。」

バイクレースファンから言わせてもらうと、正直、そんな理由でMotoGP界の永久欠番「74」を使って欲しく無かった(・A・)。

ミニカー購入記(2009年2月19日号)

・エブロ 1/43 #10 童夢S102('08 ル マン)
アートミニカーで4,200円で購入。
2004年レギュレイションの施工と2010年以降のLMP1クラスの屋根付き化を睨んでブランニューに開発され、08年のル マンで空力的に攻めた美しいデザインは注目を浴びたものの、マシンの熟成不足が露呈してメカニカルトラブルが続出し、初参戦ながら光る走りを見せた伊藤大輔を始めとするドライヴァー(立川祐路/伊藤大輔/片岡龍也というトヨタ系!)陣の奮闘空しく、上位進出が望めなくなった段階でデータ取りのための完走狙いに切り替え、結果完走車中最下位の33位で終わったS102がエブロから登場。
このS102、当初スパークからリリース予定があったものの突然キャンセルされてしまい、その後エブロからレジン製でリリースされることになり、それならどうせスパーク製だろうとホッと胸をなで下ろしていたら、実はスパーク外注で無いことが判明した上、スパークはスパークでこっそり(?)海外マーケットではリリースしているといういわく付きのシロモノ。いったい何なんだろうか? このコレクターをないがしろにしたメイカー間の駆け引きは?(・ω・)
しかもスパーク版を購入したコレクターによると、デキはスパークの方が圧倒的に良いというハナシで、せっかくリリースされた喜びもシオシオのパー。
とは言うものの実物を観察すると、サイドのエアアウトレット部分の複雑なカタチのフィンやルーバー、補機類とかもそれなりに再現されているし、比べさえしなければそれなりのデキにはなってるんじゃないかな?

ところでなんで商品名が「DOME S102 Le MansRace Car」なんて、ゼッケンはおろか年度も入ってない素っ気ないのになっちゃってるんだろ? 台座もリッパな資料なんだから、もうちょっと気を使って欲しいよねぇ。

・サークルKサンクス限定 ポルシェミニカーコレクション3 1/64 #6 ポルシェ936/78('78 ル マン)
アストップのレンタルショウケースで1,400円で購入。
サークルKサンクス×京商ミニカー第34弾のポルシェミニカーコレクション3にラインナップされた936/78が欲しかったものの、USAスポーツカーの時に配列情報がアテにならなかったのに懲りて(情報提供者は悪くない、極悪アソートを組む京商が悪いのだ)、936/78は素直に(笑)転売品を購入。今回買ったのもGT40を買ったのと同じケースから。
それにしても、同じ936でも、優勝した76や77じゃなく、なんで78をモデル化するんだろう??? 京商の考えるこたぁ分からん。

#ところでそうそう、スパークのS102のドライヴァー名表記、伊藤大輔が「Hito」にされちゃってるんだよね。以前、オニクスのパノスで飯田 章が「Lida」にされちゃったことがあったけど、そんなに「I」で始まる名前って違和感あるのか?

何と、グッスマまでもがダイキャストミニカー市場に参入!

「ミク痛車がスケールモデルで発売決定! リン・レンのデカール作例展示も」(萌えよ!アキバ人ブログ)

14日に秋葉原UDXで開催されたWonderful Hobby Life for You!! 9(ワンホビ9)で、グッドスマイルレーシングが1/43スケールのダイキャストミニカー開発の計画を発表した模様。
その謳い文句たるや・・・

【 5大特徴 】
1:いままでの概念を超えた超精密ディテール再現
2:感動を伝える、他社にないラインナップ
3:世界有数のトップモデラーが手がける造形
4:圧倒的クオリティ実現のためのフルデータ設計
5:クルマ好き全世代を虜にする壮大な世界観

いやー、大見得切ってますな〜(笑)。
ここまで言ったからには、最低限BBR完成品の完成度を超えて貰わないと困りますなぁ(´。`)y-~~。
とは言え、これが額面通り実現したとしたら、1万クラスの価格帯になると思うんだけど…。
しかし、「アメリカンマッスル」なんて、少なくともオイラにとってはま〜〜〜〜〜ったく興味無いカテゴリィなので実物を手にする機会が無いのが残念だなぁ。

#てゆーか、ミニカー界で「トップモデラー」って言われてもピンと来ないよね?(^_^;)

漢検協会絡みのニュースでジムゲイナーの名前が挙がるとは…

「漢検 収益をレース投入か 理事長長男の会社がスポンサー」(Yahoo!ニュース)

なんか、いささかこじつけがましく感じるのはこっちがレース好きだからか?
それはともかく、

「ルマン24時間レースへの挑戦も計画しているという。」

え、ジムゲイナー、今年のル マンに参戦する予定でもあるの?:-P

なんつう混ぜっ返しはさておき、恥ずかしながら「ジムセンター=日本統計事務センター」だったってことをこの報道で初めて知っただよ(ミニカーでも買わなきゃ、いちいちスポンサーについて調べたりしないからね(^_^;))。

それにしても、少なくともジムゲイナー側には落ち度っつーか、叩けば出てくる埃が無いことを願うのみ。

#と思ったら、早速林みのる御大がぶち上げてますな。

はみだしブックレビュー:『童夢へ』

童夢のサイト先着100名にプレゼントしていた林みのるの自伝『童夢へ』を読了。 本が届いた時のエントリィにも書いたけど、「若いときのエピソードは別にいいかな〜?」とか思ってたんだけど、いざ読んでみたら、いや面白い面白い。

「この親にしてこの子あり」を地でいくような父君の自由さや(お年玉付き年賀状を発案したのや、牛乳瓶のフタを開ける輪っか付きのピンを発明したそうな)、『ロケットボーイズ』に出てきた母親を彷彿とさせる、我が子の放埒ぶりに怒り、胸を痛めつつも最後は味方してくれる母君の人となりも読ませるながら、やはり、徒手空拳でレースカー造りに挑み続ける日々に遭遇した破天荒な人物やエピソードの一つ一つがとにかく面白く、散文的でまとまりに欠いているという難点を補って余りある読み応え。
煎じ詰めると、学業そっちのけで好きなことに打ち込むものの、周囲からの理解を得られず苦労した日々…といった戦後の起業家のサクセスストーリィの定番が書かれてるわけだけど、本人が「企業したつもりも経営しているつもりも皆無」と言って憚らないだけに、「成功者に学べ」的小説や自己啓発本/ビジネス書なんかで往々にして見られる作為というかイヤラシサが皆無なのが清々しい。
林みのるの、言うとめんどくさい性格(個人的にはあの超シンプルな性格は嫌いじゃないんスよ。為念)が、どのように形成されたかを知る上でも、日本のレース界の黎明期の空気を知る上でも貴重な資料なので、レース好きなら読んで損無し・・・少なくとも「みのるタソ」とか揶揄するヒト以外なら(苦笑)。

というわけで続編の『童夢から』はちゃんと買うので早く書き上げてくださいな。

パリダカのオンリーイヴェントが3月開催

「ダカールラリー2009 参戦報告会 」(パリダカ日本事務局)

これまでにもメイカー毎のイヴェントはあったし、モータースポーツジャパンでのトークショウなんかでパリダカが採り上げられることが無かったわけじゃないけど、こうして単独でのイヴェントって画期的じゃない?
でも、「日本人競技者がチームを越えて一堂に集まる」なら、増岡や拓磨も呼んで欲しいなぁ(´∀`)。
それはさておき、申し込んでみたら受け付け通ったけど、発表から丸一日経って定員の110名に達して無いって…。

#しかし、東京国際フォーラムで金銭の受渡が禁止されてるとは知らなかった。ぢゃあ、イヴェントやってもグッズとか売れないわけ? イヴェント開催側としてはやり甲斐なくね?

べ、別に落選したからケチ付けてるワケじゃないんだからねっ

「2009年シーズン チーム新体制、車両新デザイン発表のお知らせ」(STGT痛車チーム広報課 ☆ 初音ミク×BMW ☆)

確かにインパクトはあるけど、なんかペンキが飛び散っているようでキチャナク見えるのはオイラだけか?

それにしても我がデザインを選ばないなんて、関係者も見る眼が無いなぁ。とか言ってみちゃったりなんかしちゃったりしてこのこのぉ(笑)。

エブロの交換対応の姿勢にあえて苦言を呈してみる

届いた交換品の写真危うく見落とすままに終わるところだったマッハ号320Rのデカール不良
11日の夕方に発送しておいたら、今朝早速届いて無事交換は完了。エブロの素早い対応には感謝感謝・・・

ではあるんだけど、今回の交換にあたり、少々気になったことがあったのでツッコミを。
交換依頼の電話をエブロにした際、「購入時のレシートはあるか?」「購入の証拠になるので出来ればとっておけ」って言われたんだけど、京商の時はそんなこと言わず黙って交換したぞ?
だいたいがミニカー界って返品・交換が利く文化とは思ってないから、買った時のレシートなんかとっておかないのが普通じゃんね?
しかも、ショップには当然通達したんだろうけど、量販店には伝わらないだろうし、専門店だって予約の履歴とかが残ってないと購入者に伝えきれないんだから、不良発覚後即サイトでアナウンスするとかの努力をするのがスジってもんじゃない?
それをこっそり(?)交換対応しておいて、購入した事実の証明を求めるなんて本末転倒もはなはだしいと思うんだが。
あと、「順番に対応してるので、届くのに2週間から3週間は見てほしい」って言っておきながら即日届くってのは、「伝えた時期より遅くなってモンク言われるくらいならマージンをとっておけ」って発想なんだろうけどさ、あまりにも乖離があると、逆に「自分とこの仕事の把握出来てんのか?」って不信を招きかねないから、もっとリアルな日程を伝える努力をした方がいいと思うぞ。

・・・って、思ったんだけど、単なるクレイマー発想かなぁ?(・ω・)

「メイド・イン・ジャパン」がウリのUSBサブディスプレイがI-O DATAから

「USBケーブル1本で、どこでもマルチディスプレイ!WVGA(800×480) USB 2.0接続7型ワイド液晶ディスプレイ」(I-O DATA)

を、写真で見る限り、この間チェックしたCENTURYのヤツより高級感があるっぽくていいかも〜。その上日本製ときたら、買うならこっちかなぁ?

#つうか、さして活用するアテが無さそうなのに、なんでオイラはマルチディスプレイを欲しがってるのだ?(^_^;)

ミニカー購入記(2009年2月12日号)

・1/43 hpi-racing #2 ジャグワァXJR-9('88 ル マン)
Yahoo! オークションで3,500円で落札。
hpiがXJR-9をリリース、優勝した2号車はイクソ版を持っていることからゼッケン違い待ちをしていたところ、2・22・23号車の3台セットは出たものの単品売りされる気配が無いので、去年末のニスモフェスティバルに出店していたhpiのスタッフにゼッケン違いの単品売りはしないのか聞いてみたところ「予定はありません」と言われてしまったので、デキ的には残すならhpiの方が良さげだし、イクソ版のゼッケン違いはそのうち手に入るだろう、ということで手持ちのイクソ版はリプレイスしてしまうことに。
とは言えショップ店頭から既に在庫は消えてしまったのでヤフオクを漁っていたら、新品が3,500円の即決という超リーズナブルな出品があったので落札。
んー、悔しいけど(ナゼ悔しがる?)やっぱデキはいいねぇ。
あ、でも、hpiってタバコデカール付けないのが困るんだよね。
プレゼントキャンペインはとっくの昔に終わっちゃってるし、シルクカットのデカールどうしよう?
どっかからこれ用のサードパーティ製のデカールって出てるんだっけ? 探してみないとだわ。

しかし、企業の体力的にやむを得ないんだろうと理解は出来るけど、人気の無いゼッケンは「セット」の名を借りた抱き合わせでしか売らなかったり、デカールを期間限定のプレゼント方式でしか頒布しなかったり、なぁんか最近のhpiの物の売り方には釈然としないものが残るわー。

今年の童夢のピット周辺はエライことになりそうだね…

「2009年 童夢GT参戦体制発表」(童夢)

をいをい、ただでさえ混雑するピット前がYOSHIKIファンで埋め尽くされちゃうでわないか(´Д`;)。
え?「どうせピットウォークは『コース側』なんだから無問題だろ?」って? ハイ、ごもっとも(^_^;)。
それはさておき、TAKATAがメインスポンサーを下りちゃったから、今年の童夢はどんなカラーリングになるんだろう? とか思っていたら、こんなつまんないカラーリングになってしまうとわ…。
別にYOSHIKIにゃ何の悪感情も無いけど、今シーズンのNSXのミニカーは童夢の線は消えたな。

ミニカー購入記(2009年2月11日号)

・1/43 レッドライン #59 フェラーリF40 GT Evolution('96 ルマン)
Yahoo! オークションで7,480円で落札。
“日本一のフェラーリ遣い”太田哲也が96年のル マンで乗ったF40(決勝はリタイヤ)が、ヤフオクで半額近くで出品されていたので入札・落札。
太田哲也ドライブフェラーリということでコレクトするつもりではいたものの、発売当時は予算不足だったのでとりあえずスルーしておいて、折を見ては特価品や中古品、ヤフオクなんかをウォッチしてたんだけど、なかなか良い出物が無くて入手出来ていなかったところ、ようやくお買い得品をGetすることに成功。
別にイクソでもいいんだけど、太田号は全然出してくれないんだよね〜。

hpi製ラリーカーの新作はST165&ST185

「ニュールンベルグ トイフェア発表新製品」(hpi-racing)

hpiが今年のニュルンベルグトイショウにおいて、新作としてセリカのラリーカー2種(ST165ST185)を発表した模様。
当然185は赤パンダに決まりとして、165は何のバリを買おうかね?
ラリーカーだけでなく、165の『私をスキーに連れてって』ヴァージョンなんかも出してくれると楽しいんだけどね。
それにしても・・・

相も変わらずの後出しジャンケンぶりですなぁ、hpiは(笑)。

林社長! ありがたく拝読します!

夕方、夕飯の支度をしていると宅配便がやってくる。
「ハテ、ヤフオクでの落札も、通販で届く予定の物も無いのになんだ?(・ω・)」と思いつつ応対するとメイル便を手渡される。
ん? これはもしや・・・

林みのるの自伝『童夢へ』キタ━━━━━━(゜∀゜)━━━━━━ !!!!
いやー、童夢のサイトプレゼントしてたのに応募してたんだけど、1ヶ月近く経っても届かないからてっきり滑り込みアウトだと思ってたヨ〜。
実は、童夢設立後ならいざしらず、若い頃のエピソードなら買うまでも無いかな? とか思ってたんだけど、『Racing on』3月号のコラムや、ミニカーコレクター仲間のよっきゅんさんの「面白い!」という声で買う気になっていたところだったので、危うくダブるところだったー(^ω^;)。
では、『童夢へ』は林社長の好意に甘えさせてもらうことにして、続編として予定されている『童夢から』はゼヒ買わせて頂きますとも、ええ。

今度はエブロの'08 プロμ マッハ号 320Rで不良が発覚

hpi製GT-Rの突然の発売中止のアナウンスが、どっかにキャッシュが残っていないかググっていて偶然見つけたんだけど、1月発売アイテムのプロμ マッハ号 320Rに、フェンダー上のゼッケンが無いという不良情報が。
で、慌てて自分の個体をチェックしてみたら・・・

プロμ マッハ号 320Rの不良箇所の写真

オイラの目はこんなクリティカルなエラーに気付かないほどの節穴か?…○| ̄|_

それはさておき(おくな)、エブロに連絡すれば交換(完売だから修理?)してくれるそうだけど、サイトにはその情報載ってないんだよねぇ。
せっかく交換対応するのに、ナゼに情報をオープンにしない? そーゆー態度はかえって不信を招くと思うぞ。>エブロ

hpi製リーボック&ユニシアジェックスGT-Rに何があった?

「新製品 発売中止のご連絡」[PDF](hpi-racing)

今回の発売中止に至りました背景と致しまして、ライセンサー様となります関係チームより、突然の許諾解除通告を受けました。
以降、製品化許諾への継続交渉を行ってまいりましたが、チームスポンサー様よりの製品化異義申し立てを理由に、当状況を好転させることができず、このような結果となりました。
(リリースから一部引用)

リーボックって、確かトミカエブロで出る時にも権利関係をクリアするのがタイヘンだったって話を聞いた気がするから、リーボック号にNGが出たのはそれ絡みと容易に想像付くけど、ユニシアジェックスも共倒れってことは、実はハセミモータースポーツがトミカに義理立てして競合品はつぶすことにした?・・・いやいや、hpiに脅威を覚えたトミカ or エブロが長谷見さんのところに手を回して・・・な〜んて穿った見方をしてしまいたくなるネタですな(笑)。

#って、記事が削除されてる〜。のでリリースをサルベージ。
#やっぱ「関係チーム」だの「チームスポンサー様」だの、相手が特定出来る情報を載せたのがまずかったのかな?
#と思ったら本家サイトにPDFのリリースが掲載されていてのでリンク先を変更。

三菱から パリダカ取って なに残る

「三菱自動車 ダカールラリーのワークス活動終了について」(AUTOSPORT web)

せっかく開発したレーシングランサーを、負けっぱなしでお蔵入りさせることになるなんて…。
WRCからは撤退しても、パリダカ参戦は継続した矜持は評価してたんだけどなぁ。残念。

#パリダカは基本、優勝車両に絞ってるけど、こうなると今年のレーシングランサーのミニカーは記念に買っておかないとね。

ミニカー購入記(2009年2月3日号)

・イクソ 1/43 #63 コルヴェットC6-R('07 ル マン)
ヨドバシカメラ マルチメディアAkibaで3,520円で購入。
07年のル マンでアストンに屈してしまったC6-R、C6-Rはスパークとローテイション制(そう言えばミニチャンはすっかりコルヴェットを出さなくなっちゃったねぇ)を取っているものの、リュック・アルファン号との兼ね合いもあるので07年型はイクソ製を買うことにし、イクソから12月中旬にリリースされたC6-Rを今になって購入。
なんで今まで買わずにいたのかと言うと、ヨドバシ入荷待ちをしているうちにすっかり忘れていただけ(^_^;)。

そっかぁ、現実はマクロの空も突き抜けなかったか

「マクロス:“完成”の2009年2月が到来 秋葉原で伝説の“進宙式”再現」(まんたんウェブ)

うわー、とうとうマクロスの設定年も来ちゃったのかー。
結局バルキリーも実現しかったねぇ(´・ω・`)。<巨人による侵略の脅威も無いのに実現するか
お次は何の設定年が来てガッカリするんだろね?(^ω^;)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »