2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ブログパーツ

無料ブログはココログ

« 40Dで桜を撮る・2年目 | トップページ | 人類は“ジャッジメント・デイ”を避けられるのか?《ターミネーター展》 »

ミニカー購入記(2009年4月4日号)

・ミニチャンプス 1/12 #27 ドゥカティデスモセディチGP7('07 MotoGP)
・ミニチャンプス 1/12 #6 ヤマハYZR-M1('07 MotoGP)
mamboxの通販で各6,000円(送料800円)で購入。
予約していたミニチャンプスのMotoGPシリーズのうち2台が入荷。
デスモセディチは、06年にMotoGPクラスにステップアップしてLCR入りし、思いきりの良いアグレッシヴなライディングで注目を集めるも転倒が多く、デヴュウイヤーはポイントランキング的には8位で終わったものの、翌年ドゥカティに移籍すると、ピーキーなエンジン+グリップの良いブリヂストンというGP7のパッケイジングと抜群の相性を見せ、開幕戦で移籍後初優勝を遂げると、以後も10勝を挙げる快進撃により20歳の若さにしてチャンピオンを獲得したストーナー車。
デスモセディチは例年エースのカピ車を買っていたんだけど、前年のライディングが印象的だったので07モデルはストーナー車を予約したら、なんとも間の良いことにチャンピオンを獲ってくれたので、「カピ車を予約したがために両方買わなくちゃならなくて涙目」なんてハメに陥らず助かった〜(笑)。
M1は、コニカミノルタホンダでの2年目も低迷から抜け出せないまま放出されてしまい、06年からダンロップと組むようになったテック3ヤマハに移籍したものの、ダンロップタイヤの性能不足に泣かされ、シーズンが終わってみれば18位という屈辱的なポジションに甘んじることになった上、ついにMotoGPでのシートすら失うことになってしまった玉やん車。

« 40Dで桜を撮る・2年目 | トップページ | 人類は“ジャッジメント・デイ”を避けられるのか?《ターミネーター展》 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16457/44560214

この記事へのトラックバック一覧です: ミニカー購入記(2009年4月4日号):

« 40Dで桜を撮る・2年目 | トップページ | 人類は“ジャッジメント・デイ”を避けられるのか?《ターミネーター展》 »